kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2017年01月30日

北アイルランド紛争について、英国政府が「過去の書き換えは許さない」と語るとき

こういろいろあると、「せめて記録だけは」とかいうことすら、やる気がなくなってくる。ブログに書くべきだと考え、書こうとしたことがあっても、下書きにもならないうちに気持ちが薄まっていく。1週間もすればそういうのが自分の中で落ち着いて、沈殿物のようなものが残るから、それを書けばいいと思ってはいたが、1週間(いや、実際には1週間以上)まったく途切れなく次々と「すさまじいこと」が起こり続けているので、対応しきれない。結果、ときどきTwitterで断片的な発言だけする、ということになっている。特に英国のテリーザ・メイ首相という人がどういう政治家なのかは、日本語圏では全然踏まえられていないので、1箇所にまとまった文章を書いておくとよいだろうとは思っているのだが……(日本語圏はナントカの一つ覚えみたいに「過激派対穏健派」の図式に固執していて、メイについても「レファレンダム前にはEU残留派だったので、穏健派だろう」と思い込まれているようだ。まったくばかばかしい。内務大臣として彼女がどういうことをしてきたか、在英日本人、特に英国人と結婚して英国で暮らすことになったspouseの人たちに聞いてみるといい)。

さて、そんな中でも唯一、ある程度は書いているのが北アイルランド関連だ。といっても、マーティン・マクギネスの政界引退というドでかい話題があったから書いているのであり、それがなかったらどうだったか、わからないが。

そして本日(29日)のニュース。ガーディアン/オブザーヴァー(ガーディアンの日曜)のインターナショナル版のトップページで、久々にNorthern Irelandの文字を見たと思ったら、こんな話だ。

Troubles inquiry focusing too much on police and army, says James Brokenshire
https://www.theguardian.com/uk-news/2017/jan/29/troubles-inquiry-focusing-too-much-on-police-and-army-says-james-brokenshire


記事自体はPress Association(通信社)の配信記事で、これを「インターナショナル版のトップページ」に持ってくる編集判断は、なかなかすごいと思う。

guardian29jan2017b-min.png

※画像クリックで原寸表示。なお、キャプチャ取得時になぜかまたガーディアンのフォントが読み込まれない症状が再発しているのでフォントがおかしい。また、キャプチャ取得のソフトウェアの動作の具合によって、一部つぶれている部分がある(上段のトランプ政権に関するニュースの部分)。

この記事は、英国政府のジェイムズ・ブロークンシャーNI大臣がサンデー・テレグラフに寄稿したものを抜粋し、その背景を簡単に解説するもの。1〜2分もあれば読める分量だ。

【続きを読む】
posted by nofrills at 02:54 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

北ベルファストでの警官銃撃事件(2017年1月23日発生)

さて、「北部」のシン・フェインのリーダーがミシェル・オニールに決まったとアナウンスされる少し前、ベルファストから「テロリストによる銃乱射」のニュースが入っていた。

場所はCrumlin Road, 毎年夏の「水かけ祭り」の季節(最近は水かけをやらなくなったが)にニュースになる北ベルファストの地名に明るい人ならピンとくる地名だ。そしてあのあたりは、ここ2〜3年ほどは非常に静かになっているが(「暴れ」を抑制できている)、大変に緊張感の高いエリアである。といっても「カトリックとプロテスタントの対立」というよりも、「リパブリカン側での対立」があるためだ(これを「内部の対立」と呼ぶのは不正確だが、「北アイルランドはプロテスタント系住民とカトリック系住民が対立して」云々という古いナラティヴを今でも適用可能なものとして信じている人向けには「内部の対立」という言葉を使うのが伝わりやすいだろう)。

その詳しい状況については、2016年10月に「内輪もめ」について詳細を報じたベルファスト・テレグラフの記事を参照。この記事で言及されている「住民団体」(プロテスタントの行進に反対する住民グループのひとつ)の名称は、夏の「水かけ祭り」などに関連してよく出てくるので、「ああ!」とピンと来る方も多いだろう。アードインという地域では、この「住民団体」を含むディシデント・リパブリカン(非主流派のリパブリカン)と、シン・フェイン(リパブリカンの主流)の間の対立や、ディシデント・リパブリカンの別々の組織間の対立が、一般のニュースに出てくる程度に激しい。

そういう地域で、警察を標的とする銃撃事件が起きた。場所はクラムリン・ロードのガソリンスタンド……ってそこは基本的に住宅街だろうが! 「紛争」期のフィクションで多用されていた類型に、「IRA(プロヴィジョナルIRA)は軍隊的で統制が取れているが、IRAとは別のリパブリカン武装組織は狂犬の集団だ」というものがあるが(例えばトム・クランシーの『愛国者のゲーム』)、それらはまったくのフィクションというわけではなく、今もまだ武装闘争至上主義を掲げて活動を継続しているディシデント・リパブリカンの組織は、本当にいろいろと見境がない。子供たちが大勢通る通学路であることなどおかまいなしに、何を標的としているのかよくわからない爆弾を仕掛けたりもしている。そしてそういうディスデント・リパブリカンのことを、マーティン・マクギネスを筆頭に、シン・フェインの政治家たちは非常に強い言葉で非難してきた。そしてディシデンツは、そのことを「変節」と解釈している。ディシデンツは、地方にある拠点の町だけでなく北アイルランドの首都ベルファストの主流のシン・フェイン(つまりプロヴィジョナルIRA)の支配地域で活動し、そこで勢力を拡大することで、彼らなりの目標を彼らなりに達成しようとしている。

【続きを読む】
posted by nofrills at 02:00 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

北部(北アイルランド)のシン・フェイン、マーティン・マクギネスに代わる新たなリーダーは40歳の女性だ。

moneilltwt.png北アイルランド紛争(1969〜1998)を生きてきた元「IRA司令官」、マーティン・マクギネスの後任は、1977年生まれの若い政治家……シン・フェインはピンチをチャンスに変える技能のワールドカップがあったら優勝候補と呼ばれることは間違いないだろうと思われるような政党だが、今回もまた「これまでずっと頼ってきた屋台骨が第一線を退く」というピンチをチャンスに変えることができるのだろうか。

1月23日(火、現地時間)、北部のシン・フェイン(彼らは「北アイルランド」という言い方をしない)が、マーティン・マクギネスに代わるリーダー(「党首」ではない)として、現在の自治政府で保健大臣を務めるミシェル・オニールを選んだと告知した。詳細は下記。

Northern Ireland: Michelle O'Neill named Sinn Fein's new northern leader
https://chirpstory.com/li/344753


特に党内で選挙のようなものが行なわれたという話は見かけていないのだが、シン・フェインなりのやり方で選ばれたのだろう。前週後半にマクギネスが第一線を退くことを明かしてからの数日の間だったか、あるいはマクギネスが自治政府の副ファースト・ミニスターを辞してからの2週間の間だったかははっきり覚えていないが、その間にマクギネスやジェリー・アダムズと同世代でばりっばりの「元IRA」の大物政治家が「私はリーダーにはならない」とメディアで発言するなどしていたので、世代交代するんだろうなと思ってはいたが、それにしても現在40歳の人をトップに持ってくるとは、ずいぶん思い切ったものだと思う。

シン・フェイン全体のトップはジェリー・アダムズだが(実に30年以上、このポストにある)、2009年、アダムズの実の弟が実の娘に対し性虐待を加えていたということが虐待被害者本人によって明かされたあと、いろいろとしどろもどろな応対をしたりしたが、結果的には生まれてこの方ずっと拠点としてきた西ベルファストを離れることにし、2010年に「翌年(2011年)のアイルランド共和国総選挙に出馬する」と表明してそのときに保持していたウエストミンスター(英国下院)の議席(議席は持っていても、シン・フェインなので出席はしない。その点の詳細はこちら参照。「英国政府への抗議」云々とはちょっと違う)を返上、選挙区をボーダーの向こう側のラウスに移し、相変わらずなぜか余裕で当選した。そのあとのアイルランド共和国の総選挙でも議席を落としていないので、アダムズは現在「ジェリー・アダムズTD」(TDはアイルランド共和国下院の議員のこと)であり、シン・フェインの党首(プレジデント)である。そういうことができるのも、シン・フェインはアイルランド島全域の政党だからだ。

で、そのアダムズのもと、共和国のシン・フェインは何人かの副党首を置いている。そのひとりで最も重要な役を務めているのがメアリ・ルー・マクドナルド。1969年、ダブリンの生まれで、北アイルランドとは特に関係はない(元々はFFのメンバーだった)。現在ダブリン・セントラル選挙区選出の下院議員である彼女は、党大会はもとより、党主催のイベントの数々(「歴史を振り返る」系のとか、「政府の政策に抗議する」系のとかいろいろ)でスピーチなどを行なっており、共和国の報道で顔写真を見ることもとても多い。

というわけで、シン・フェインは南(共和国)も北も、「女性政治家」の存在感がぐっと増してきているのだが、視野を広げるとより壮観である。まず、今日解散した北アイルランド自治議会のエクゼクティヴ(自治政府)のトップ(ファースト・ミニスター)が女性(DUPのアーリーン・フォスター)。北アイルランド自治議会では閣僚を出す主要5政党のひとつであるアライアンス党もトップは女性だ(ナオミ・ロング)。かくして、北アイルランドは主要5政党のうち3政党が「トップが女性」ということになっている。(時間軸をさかのぼると、SDLPもマーガレット・リッチーが党首だったことがあり、主要5政党で女性をトップにしたことがないのはUUPだけとなる。)

さらに広い範囲を見ると、英国首相が女性(保守党、テリーザ・メイ)、スコットランド自治政府のファースト・ミニスターが女性(SNPのニコラ・スタージョン)となっており、仮に3月の選挙後も北アイルランドの2トップが現状のままだとすると、British-Irish Councilの主要メンバー(英国・英国内自治政府とアイルランド共和国政府)は女性の方が2:1の比率で多くなる。

……という話で盛り上がっているのをちょっと見かけたのだが、個人的にはもはや「女性だから」と珍しがっている時代でもあるまい、と思っている。それよりも、北アイルランドという文脈では、世代だ。

【続きを読む】
posted by nofrills at 23:59 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

マーティン・マクギネス政界引退

この人に代わる政治家は、おそらくいないだろう。そのくらい、北アイルランドの政治において特異的な人物であり、重要な政治家であった(といっても、紛争期からポスト紛争期にかけて仕事をしてきた北アイルランドの政治家には特異的な人は何人もいるのだが)。

beltel20jan2017-min.pngバラク・オバマ米大統領が退任し、ドナルド・トランプの就任の儀式が始まるのとタイミングを同じくして、「マーティン・マクギネスの政界引退」というニュースが北アイルランドから入ってきた。現地の時間で19日(木)夜のことだ。ニュース系を中心に、関連のツイートはざっくりとアーカイヴしてある

マーティン・マクギネスについては説明不要だろう。

……というのでは「不親切だ」とくさされるだけなので、少しは書いておこう。まず、ワタシ的には「知らない人からの電話に出た人」(笑。あのときのことを思い出すと今でも大笑いできる)だが、それでわかる人は、「知らない人からの電話」のときに一緒にきゃっきゃうふふしていたヲチャ仲間だけだろう。

一般的には「元IRA司令官」と言われ続けている人だが、それはそれで違和感がある。北アイルランド紛争の時代にIRAのトップクラスの幹部だったことは事実だが、IRAでの活動したよりもずっと長くの時間を「リパブリカンの政治家」として政治の第一線で過ごしてきたからだ。日本では、女王と握手したときにニュースになった。

……と書いていて、もう飽きてきた。そういったことはこのブログに細かく記録してきたし、繰り返す気にはなれない。そういう「過去に書いたことの繰り返し」で消耗してしまう前に、今書くべきことを書かねばならない。どこの誰とも知らない「読み手」のために周知の事実を書いている間に、私の指先と頭の中からは、私が書きたかったことが形を結ぶ前に雲散霧消していく。「それってだぁれ」という方は、当ブログのサイドバーにある検索窓を使うなり何なりして、ご自身でお調べいただきたい。(→と、自分でもちょっと調べ物をしたときに偶然遭遇した2009年11月末のエントリが、とてもわかりやすいと思う。)

ともあれ、「IRAの司令官」だったマーティン・マクギネスは、武器を置いて政治家になり、そして政治家としてIRA(をいわゆる「武装部門」として抱えている「リパブリカン」という運動体)を、「武装闘争の停止」という方向に牽引してきた。それは、文章にしてしまえば一言だが、とてつもないことだった。マクギネスがまだ運動体(組織)の何番目かの幹部だったころ、トップは「武装闘争至上主義」とでも呼ぶべき思想で動いており(それをphysical-force Republicanismという)、運動体の目的である「統一アイルランドの実現」のためには、絶対に武力で「英国人 (Brits) を追い出す」ことになるという理念を中心にすえていた。「銃による武装闘争だけではその目的は実現できない」として「投票箱による政治的な闘争」との両立を主張したマクギネスやジェリー・アダムズの世代のリパブリカンの活動家たちが主導権を握ったのは、1980年代のことだ(そのときにアダムズ&マクギネスのいわば「新世代」のリパブリカンと袂を分かった武装闘争至上主義の人々の集団が、「リパブリカン・シン・フェイン」という名称の政治団体と、「コンティニュイティIRA」、つまりCIRAという武装組織である。CIRAは今も「武装闘争」を続けている)。

シン・フェインがアダムズ&マクギネスのもとで「銃も投票箱も」の方針に転換しようとしていたころのリパブリカン内部の人たちの証言を読むと、それは非常に難しく、忍耐力を要求されることだったということがよくわかる。その「組織の路線転換」を実現させたことが、アダムズ&マクギネスの第一の成功であり、後の北アイルランド和平へとつながっていく第一歩となった。

マクギネスは、そういう時代から実に30年あまり、リパブリカン・ムーヴメントの第一線で政治家として仕事をしてきた。そして今から10年前の2007年5月、仇敵だったユニオニスト過激派の親玉であるイアン・ペイズリーとのパートナーシップのもと、北アイルランド自治政府(ストーモント・エグゼクティヴ)のトップとなった。爾来10年。

北アイルランド自治政府は、ファースト・ミニスターと副ファースト・ミニスターの2トップでひとつという体制である。どちらかが辞すればもう一方も辞することになり、またエグゼクティヴ(自治政府)自体も、それを選出するアセンブリー(自治議会)も解散することになる。

今回、マクギネスは、政界引退を表明する前に、2007年以来ずっと就いてきた副ファースト・ミニスター(以下「DFM」)を辞した。それによってストーモントの自治議会は解散ということになり(解散の日付は1月26日、最後の召集は25日)、選挙が行なわれることになる(投票日は3月2日)。

マクギネスがDFMを辞したのは、ストーモントの政治がもうどうしようもないところに来ているからだった。

2016年の晩秋以降、北アイルランドの政治で浮上したスキャンダルがある。詳細は書いてるヒマがないのだが、地球温暖化対策として、冬季の暖房を化石燃料から再生可能エネルギーに切り替えていくために、設備を更新した事業者にはインセンティヴを出すというプログラムが問題を引き起こした。実体のない「切り替え」に対しても補助金が出るということで、元々暖房を入れていない物置に再生エネの暖房を入れて補助金ガッポリ……みたいなことが横行していた。仕組みが穴だらけだったとも言われているし、あまりにひどく悪用されたとも言われている。いずれにせよ、それによって一部の業者が甘い汁を吸いまくった。




【続きを読む】
posted by nofrills at 23:48 | TrackBack(1) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

メモ(北アイルランド紛争時のshoot-to-killを実行した兵士訴追の件)

表題の件、BBC Newsの「今日の主なニュース」、2016年12月23日付けより。

Newspaper headlines: Uni 'anti-Semitism' and Berlin suspect
23 December 2016
http://www.bbc.com/news/blogs-the-papers-38411847

The Sun interviews a former Army paratrooper who says he has been betrayed by the government because he could be charged with murder in relation to the shooting of an IRA gunman in 1972.

The 67-year-old veteran complains he is being treated like a terrorist for doing his job.

The paper adds that concerns have been raised about the chief prosecutor who will decide whether to bring the case.

Barra McGrory has previously acted as a solicitor for Martin McGuinness and Gerry Adams.

http://www.bbc.com/news/blogs-the-papers-38411847


↓↓↓このThe Sunの一面(NSFW)↓↓↓

【続きを読む】
posted by nofrills at 00:50 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

北アイルランドの「パロディ・アカウント」の「中の人」の正体が判明したのだが……(いろいろとすごい)

よく訓練された北アイルランド・ウォッチャーのみなさん、こんばんは。

2012年秋のベルファスト・シティ・カウンシル(市議会)での決定を受けて、シティ・ホール(市役所)での英国旗(ユニオン・フラッグ)の常時掲揚が廃止され、英国旗はメインランド(ブリテン島)の自治体と同じく、特別な日・機会にのみ掲揚することになったあと、2012年末に勃発したflag protests, すなわち「旗騒動」と当ブログで簡略化して呼んでいるもののことは、当然どなたさまもご記憶のことと思います。

市議会でのデモクラティックな決定(普通選挙で選出された議員による議場での議論を経た後の採決での決定)に対し、「俺たちの声を聞け」と、大事な大事なユニオン・フラッグを掲げ(中には上下さかさまに掲げている人もいましたが)、シティ・ホール周辺に連日押しかけたのは、「ロイヤリスト」の人々でした。仕事についていそうにもない若者も大勢、この「抗議行動」に参加していました。

中には建物内に乱入する者が出たりと大変な騒ぎとなりましたし、「騒動」勃発時はクリスマス直前のショッピングの時期であったため、ベルファスト中心部での買い物を控える人が出て(市の人口のほぼ半分を占める「ナショナリスト」のコミュニティの人は、わざわざロイヤリストの集団が大騒ぎしている中には、行きたがりはしませんよね。「ユニオニスト」のコミュニティの人も、「粗暴な若者たち」が大挙してきている場所は、避けようとする人が多いですよね)、商業に顕著な悪影響を及ぼすなどして、連日大ニュースとして扱われていました。「抗議行動」参加者の「エリート」に対する激しい感情は――「感情」だけで内容はないよう、であったにせよ――市の中心部を外れた東ベルファストで、アライアンス党の政治家への言語による攻撃や、その政治家の事務所への攻撃(ペイント・ボムなど)という形でも噴出しました――それらは「旗騒動」が起きていなくっても行なわれていたことであったにせよ。

この「抗議行動」を組織していたのが、悪いことはすべてIRAのせいにしてしまうことで知られる「いつものあの人」的中年の活動家と、2016年9月の現在では「ちょ、おま、なんでシン・フェインと……」ということになってる人なんですが、当時は「ワーキングクラス・プロテスタント/ロイヤリストの若者代表」のようにふるまい、そのようにみなされていた1990年生まれの若き活動家、ジェイミー・ブライソンでした。ジェイミーは「旗騒動」の前から過激な活動(ただし直接的武装闘争ではなかった)を行なっていて、ネットでも積極的に発言してきた人です。その「知る人ぞ知る」活動家がBBCやベルファスト・テレグラフのような大手報道機関に普通に出てくるようになったのは、「旗騒動」とその後の逮捕、およびデモ参加禁止、携帯電話使用禁止などの条件での保釈といった「ニュース」で「時の人」となってからでした。今では、「北アイルランド・ウォッチャーなら顔写真を見るだけでどういう名前のどういう人かがわかる」ような有名人の一人となっていますね。

さて、2012年年末の「旗騒動」のあと、ネット上にひとつのもんのすごい「パロディ」ムーヴメントが誕生しました。デモクラティックな手続きによる決定に反対する「旗騒動」を皮肉ってLoyalists Against Democracy, 略してLAD……彼ら「旗騒動」参加者の多くが "lad" と呼ばれる男性たちであることを踏まえた、完璧すぎるネーミングです。さすが詩人たちの国、言葉の国、とアイルランドのステレオタイプで納得してしまってもゆるされるほど、見事だと思います。Twitterのアカウントは@ladfleg, "fleg" というのは「旗騒動」の参加者たちの発音する "flag" という語を音声的に忠実に再現した表記です。

ladfleg.png
※ケン・ローチのアカウントがフォローしているとは……映画化決定か?(爆笑)


このアカウントは、「婚姻の平等」(つまり「同性カップルも異性カップルと同じように結婚できるようにすること」)の実現を求める運動に参加しているので、現在はアバターがレインボーカラーになっていますが、元々はオレンジ色(ロイヤリストの色)でした。このアカウントがどういうアカウントなのかは、活動開始から1年を迎えた2013年12月にSlugger O'Tooleのライターの一人がアカウントの「中の人」である「ビリー」(笑)に話を聞いて書いた記事があります。

【続きを読む】
posted by nofrills at 19:00 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

ブラディ・サンデー事件の「刑事事件」としての手続きに一区切りがついたそうだ。

1972年1月30日の「ブラディ・サンデー事件」が、英当局が当時調査してまとめた公式見解の言うような「武装勢力が英軍相手に攻撃してきたので英軍が反撃した」という事態ではなく、「非武装の民間人に対し、英軍が発砲した」という事態だったことが正式・公式に認められたのは2010年6月のことだった(サヴィル報告書)。早いもので、もう6年以上が経過した。サヴィル報告書は、1998年に設立され、2004年まで6年の時間をかけて行なわれた調査の結果を、これもまた6年の歳月をかけてまとめたもので、報告書公表の日から今までの時間を1つの単位として過去を見ると、実に、改めて気の遠くなるような思いがする。

さて、そのサヴィル報告書の公表で、「英国政府が事件当時の『ウィジャリー報告書』で公式見解として流布した《虚偽の説明》を、人々がみな知っている《真実》と置き換えること」という当事者の目標は(事件から40年近い歳月のあとではあったが)達成されたことになり、デリーの人々の意識・関心は、「では、このあとは」ということに移った。あの日に殺された13人(と、後にあの日の負傷に関連して亡くなった1人の計14人)のご遺族の中でも、その点で考え方は割れた。サヴィル報告書が出たことで「英国政府に《真実》を認めさせる」という目標が達成されたので、もう終わりにしようという人々もいた。一方で、13人(と1人)が不法な形で殺されたと認められた以上は、加害者に法の裁きを受けさせなければならないという人々もいた。(英国には「時効」はないので、1972年の殺人者は2006年でもそれ以降でも訴追の対象となりうる。)そのことは、サヴィル報告書公表を以て、毎年1月30日に近い日曜日にボグサイドで行なわれてきた「あの日をたどり、犠牲者を追悼するデモ行進」が終わることになったときに、議論されていた(現在は、ブラディ・サンデー事件の追悼イベントは、その機会に国家の暴力などについて考えるため幅広いテーマに沿って行なわれるレクチャーなどは従前どおりに行なわれているが、デモは「行進をしたい人たちだけが行進する」形になっているようだ)。

「終わりにする」か、「追求を続ける」か……大きく分けてこの2つの立場のうち、どちらが「正しい」かといえば、後者である。それが "justice" というものである。それを追求することは、当事者にとっては時として、とてもつらいことになる。事態が進展する見込みなどほとんどありはしないときに、その「正義」を求め続けるということは、起きてしまったひどい出来事が常にすぐそこにあるという状態をともなう。起きてしまったひどい出来事を「過ぎ去ったこと、過去」にして、自身は先に進む (move on) ということが難しくなる。だから、「正しさ」とは別に、「もう私は終わりにしたい」という心情があることもまた、当たり前のことだ。しかし、その心情を前提にしてしまうことは、間違っている。サヴィル報告書公表時の英首相(英国政府の代表者)の、英国政府の非を認める言葉は、rule of lawの観点から「終着点」ではなく「出発点」になるべきものだ。

... the conclusions of this report are absolutely clear. There is no doubt. There is nothing equivocal. There are no ambiguities. What happened on Bloody Sunday was both unjustified and unjustifiable. It was wrong.

...

Mr Speaker, these are shocking conclusions to read and shocking words to have to say. But Mr Speaker, you do not defend the British Army by defending the indefensible.

https://www.gov.uk/government/news/pm-statement-on-saville-inquiry

※読みづらくなることを避けるため、改行を変更した箇所がある。


同じ声明で、当時の英首相デイヴィッド・キャメロンは、"For those people who were looking for the Report to use terms like murder and unlawful killing, I remind the House that these judgements are not matters for a Tribunal - or for us as politicians - to determine." とも言っている。ブラディ・サンデー事件の真相究明運動とよく似た過程をたどった「ヒルズバラの悲劇」の真相究明運動では(両事件の類似についてはデリー・ジャーナルも指摘している通りである)、ブラディ・サンデー事件とは異なり、(「パブリック・インクワイアリ」ではなく)「事件当時の司法手続きのやり直し」が進められ、「コロナー・インクェスト(死因審問)」という司法制度上の手続きで《虚偽》が《虚偽》として確定された(2016年4月)ため、その場で "unlawful killing" という言葉で「警察に過失があったこと」が認められた。しかしブラディ・サンデー事件については、その言葉が出てきていない。

その言葉を得るには、また、司法の場で手続きをとる必要があるのだ。

【続きを読む】
posted by nofrills at 22:00 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

「党は関係ない」……って、そんなことがあるわけな……ななな、NAMAで北アイルランドの政界大激震の件、続報

┃_・) じーっ

よく訓練された北アイルランド・ウォッチャーのみなさん、こんばんは。昨日の「ジェイミーに "指示" を出していたのはシン・フェインのMLAだった」っていう衝撃ニュースの続き、一緒にウォッチしましょう。



お 約 束 の 全 否 定
キタワァ.*:.。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*☆


なお、BBC News NIのトップページで使っているマーティン・マクギネスの写真は資料写真で(でもなぜこの画質の悪い、ビデオからのキャプチャなのかはわからない)、記事本編に埋め込まれているビデオ(今日の突撃インタビュー)のとは違います。今日のビデオではダンガリーのシャツの上に暖かそうなニットを羽織っているので、北アイルランドはもう寒いのかな……と、BelTelで確認すると、最高気温が17度。実にうらやましい。



ともあれ、インタビューを聞けば「 きたわぁ 」感に満たされること必定です。

にしても、記事本文は、シュールだな……。

【続きを読む】
posted by nofrills at 04:00 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

ほぼ1年前、2015年9月のあの「ロイヤリスト活動家」による議会証言の件が、今、ものすごい結果を生じさせている。

よく訓練された北アイルランド・ウォッチャーのみなさん、こんばんは。

毎年、7月12日のオレンジ祭りが夏の水かけ祭りになるかどうかをウォッチして(最近は11日の夜のボンファイアが巨大化しすぎて、近隣家屋が水かけ祭りになってますが)本格的な夏の始まりを実感し、8月第一土曜日のベルファスト・プライドで「神様」系の人たちがアイリス・ロビンソンの発言内容を思わせるプラカードを持って並んでいる勢力圏が年々縮小している様子に微笑みながら真夏を実感し、日本で暦が「秋」になり、「終戦の日」として知られる日が迫るとデリーのアプレンティス・ボーイズのパレードはきっと今年も「何事もなく終了」ということになるのだろうと予期しつつ、念のためニュースのアンテナを高くしておき(今年はディシデンツの巨大すぎるボンファイアが出てましたね)、8月15日は1945年のことを思いつつも1998年のあの赤い車を思い、それが奪った29の生命のことを考えて8月が後半に入ると、そろそろ夏は終わり。これからはクリスマスにクライマックスを迎える「政治の季節」ですね。さあ、今年は国技「エクストリーム交渉」が行なわれるのでしょうか。

……とフザけたことを書いているのは、台風が関東をかすめて通っていったあとに北からびょ〜んと伸びてきた前線に向かって、台風が連れてきたすさまじい熱気 with 湿気がだらだらと流れ込み続けるという、不快指数250くらいの天候の中でとんでもないことが起きているから。

まさか、ほぼ1年前のあれが、よみがえってくるとは。しかも、こんな形で! さすがは「政治的ゾンビ」の名産地。

Northern Ireland: NAMA scandal: Sinn Féin's Daithí McKay resigns as MLA
http://chirpstory.com/li/325823

詳細は↑、読んでください。というか↑に埋め込んであるIrish News(元の報道……リーク文書)やSluggerなどの記事を読んでください。

いやぁ、ほんと、何とも……。誰がどの勢力と「対立」しているのか、北アイルランドは本当にわからないですね。それが「体質」みたいになってる。英国の植民地主義の暗黒の残滓がたまっているところはたいていそうだという話もあるけど、北アイルランドは本当に、何というか……。

【続きを読む】
posted by nofrills at 03:00 | TrackBack(2) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

【訃報】エドワード・デイリー神父(後に司教)〜ブラディ・サンデー事件で白いハンカチを掲げ、負傷者を搬送した神父

edwarddalyrip.png「エドワード・デイリー司教が非常に重篤な容態である」というBBCの報道が流れてきていたのに気づいたのは、日本時間で8月8日の午後4時台、7日夜(現地時間)に北ベルファストでUDAの「著名なメンバー」が射殺されたというニュースをTwitter上で追っているときのことだった。ベルファストのBBC Newsは「重篤な容態である」と言い、一方デリーのBBC Radioは、それに加えて病院名も書き、「親族が病室に集まっている」と伝えていた(ちなみに病院は、デリーの周辺地域の基幹病院で、ベッド数は500床だそうだ)。

政治家など、名の知られている人について、このような「ニュース」が流れることはときどきある。高齢であったり、「かねてより病気療養中」であることが知られていたりする場合だ。明示されることはないが、そのような報道がなされる目的は、「死にゆく者への祈り」の呼びかけである。時には「容態が安定し、家族が感謝の意」といった続報があることもあるが、多くの場合は、24時間もしないうちに訃報が流れる。なので「重篤な容態」の報道が流れてきたときに、「ああ……」と言葉にならない気持ちになりながら、次の報道の内容を、言葉は大げさだが「覚悟」していた。

デイリー神父の訃報は、思いのほか早くやってきた。「重篤な容態」の報道に私が気づいてから1時間ほどあとのことだった。

それまでの間に、私はデイリー神父についてTwitterに少し書いていた。"ブラディ・サンデー事件、現場で取材に応じるエドワード・デイリー神父の映像。(当日は、公民権要求デモの取材のために多くのカメラと記者が現場にいた。その目の前で、英軍は13人を撃ち殺し、「攻撃されたので反撃した」との虚偽をばら撒いた)" として、下記のビデオをツイートした。

※デイリー神父の「証言」は、エンベッドした映像の最初の1分くらいです。その後は英軍側の証言(ウィルフォード大佐)、現場の様子の映像と、解説のナレーション。

それから、"負傷者を運ぶ人々を先導するときにデイリー神父が掲げていたハンカチについて、7年前に書いています" として、2009年1月の「記念日」の拙ブログのエントリをリンクした。

2009年01月31日 Free DerryがFree Gazaになり、あのハンカチがMuseum of Free Derryに
http://nofrills.seesaa.net/article/113444195.html


信仰を抱かぬ私ではあるが、かろうじて、デイリー神父を見送ることができたと思う。

先ほどから「デイリー神父」と書いているが、その後司教になられているので、肩書きとしては「デイリー司祭」と書くのが正確だ。しかし、デリーの教区の信徒でなければ、この方を認識する人は「あの神父さん」として認識していることがほとんどだろう。私もそうだ。なのでついつい「デイリー神父」と書いてしまう。それがご本人のお気持ちに反するような失礼な間違いにはならないことを願いつつ、本稿では「あの神父さん」を悼みたい。

edwarddaly-p137.jpg


【続きを読む】
posted by nofrills at 22:30 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

北ベルファスト、ロイヤリスト内紛か(UDAメンバーの射殺)

北ベルファストの住宅街の路上で、人が銃で撃ち殺されるという事件があった。TwitterでNIのリストをさかのぼると、90年代の英国のガール・グループ、All SaintsがFeile Belfast(ベルファストの「アイリッシュ・ナショナリスト」の側で開催される毎年夏の文化祭)でステージに立っているのとだいたい同じタイミングで発生していたことが確認できる。ひとつは「あの紛争 (the Troubles)」の残りカスが根を張って新たに育ったような部分の出来事で、もうひとつは「あの紛争」が過去のものとなったことを改めて確認するような出来事だ。

nbjb2.png


初報はPSNI(北アイルランド警察)のこのツイート。



【続きを読む】
posted by nofrills at 20:00 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

北アイルランド警察と「あの紛争」の残りカス〜ビリー・ライトの神話化と、shoot to killをめぐって

北アイルランド警察の動きについて、少し気になるようなことが伝えられている。2件をまとめて1つのエントリにしようと思う。

今年1月、Be Like Billというインターネット・ミームを北アイルランドの警察がネットでパロディ化して(そう。警察が、ミームのパロディを作ったんです。コメディランドでもなかなか発生しない事態)、ニュースになったことがあった。

それから半年。その警察は今なお、そのミームのパロディを使っていたそうだが、そこで今度は本当に物議をかもす(というよりそれ以上の)展開になっていることを、The Irish Newsが報じている。(The Irish Newsはベルファストのメディアで、ダブリンのThe Irish Timesとは全然別。)

PSNI Facebook Dissident Dan posts 'wholly inappropriate'
Connla Young, 06 August, 2016 01:00
http://www.irishnews.com/news/2016/08/06/news/psni-facebook-dissident-dan-posts-wholly-inappropriate-says-councillor-639559/

やらかしたのは、最初にBe Like Billのパロディ、「ディシデント・ダン」をFBで投稿したクレイガヴォン警察署。問題となった投稿は7月21日付け(「夏のオレンジ祭り」の翌週)。

The Irish Newsの記事では、メインの画像としては問題となったのとは別のFBの投稿(棒人間の「ディシデント・ダン」を使っている)を使い、問題となった投稿は、サイドに小さく表示させている(クリックで拡大できる)。

その「問題となった投稿」については記事本文にも説明があるが、画像を拡大表示させれば記事に書かれていない部分も(一部だけ)読める。FBの写真投稿にしては長文なので、キャプチャには全文は入っていない。

クレイガヴォン警察のアカウント担当者は、この投稿で、銃の訓練としての標的射撃で使っている「標的」(板に、こちらに銃口を向ける男の絵が描かれたもの)のことを「ダン」と読んでいる。書き出しは、"This is 'Dan'." だ。

ミームのパロディでは、書き出しは "This is dissident Dan." だった。

今回の投稿にはdissidentという言葉はないが、"This is 'Dan'." のDanにくっついている引用符は、「例のダン」という意味を明示している。

なので、このターゲット・プラクティス用の板を普段から「ダン」と読んでいるといういいわけは通用しない。

既に練習に使われて銃弾による穴がいっぱい空いた状態のこの「標的」の写真に、クレイガヴォン警察のFB担当者は次のように書き添えているということを、記事は本文で書いている。引用されているのは冒頭のほんの少しだけだ。だが、それだけで十分である。

A message from an officer believed to have taken part in the training said: “This is 'Dan'. He was my 'training partner' a couple of days ago and as you can see...he didn't have a great day...."

http://www.irishnews.com/news/2016/08/06/news/psni-facebook-dissident-dan-posts-wholly-inappropriate-says-councillor-639559/


続けて記事は書く。警察によるこのような行為が、なぜ「問題」となるのかを。

【続きを読む】
posted by nofrills at 23:00 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

カール・フランプトンの勝利と2枚の旗

日本時間で7月31日(日)の昼ごろ、米ニューヨークでボクシングのタイトルマッチが行なわれていて、英国では早朝4時とかいう時間帯だったにも関わらず、NIのリストはけっこう賑わっていた。タイトル保持者であるメキシコのボクサー、レオ・サンタクルスに挑んだのは、北アイルランドのカール・フランプトンだった。

ボクシングは競技団体がひとつではなく、体重別の階級も細かくて、普段、特に関心を持たずにいる自分には難しいのだが、この試合は「WBA」という競技団体の「フェザー級」という階級のタイトル戦だった(階級についてはウィキペディアに一覧表がある)。試合は、目の肥えた人々が口々に「すごい試合だ」とツイートするような充実した内容だったようだが、判定の結果、フランプトンが2-0で勝ち、チャンピオン・ベルトを掲げた。

それだけでも北アイルランドは盛り上がるだろうが、さらに、今回フランプトンは、1つ下の階級(スーパーバンタム級。かつて「ライトフェザー級」と呼ばれていた階級)から1つ上げてフェザー級で王者に挑んだのだが、以前の階級であるスーパーバンタム級では既に世界を制していた。つまり、「2階級制覇」だ。これは、北アイルランド出身のボクサーとしては史上初の偉業達成となる。

というわけで、1ヶ月ほど前にはフランスでサッカーの代表チームを応援してぴょんこぴょんこしていた人たちが、また「うわぁい♪」と盛り上がっている。

cfrmpt-bt-min.png


サッカーは、今年のEuro 2016の大会まではかなり「オレンジか、緑か」の区別が目立っていたのだが(北アイルランド代表をサポートするのは「オレンジ」側で、「緑」の側でサッカーに熱心な人々はアイルランド共和国代表をサポートする、というのが基本的な図式だった)、ボクシングは「オレンジ」も「緑」もなく、北アイルランドの人々をひとつにまとめるスポーツだ。

というか、あの「紛争」の時代に、ボクシングをそういう存在にした人がいる。フランプトンの所属ジムの「おやっさん」で、80年代にボクサーとして活躍したバリー・マクギガンである。

そこらへんのことは、既に書いたものをご参照いただきたい。

2016年02月28日 ベルファストのボクサーと、「クロス・コミュニティ」
http://nofrills.seesaa.net/article/434378595.html


ニューヨークでのタイトルマッチで、判定の結果が告知されフランプトンが勝利を手にしたときに、リング上で喜びを爆発させるバリー・マクギガンの写真が報道写真として回っている。とてもいい写真だと思う。

【続きを読む】
posted by nofrills at 21:00 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

東京の道路の制限速度の写真が、北アイルランドの紛争後社会の説明にちょっとだけ役立った件。#flickr #CreativeCommons

2004年10月にFlickrを使い始めてから1年が経過したころの写真がある。何の変哲もない、道路の路面の写真だ。11年近くも前のことで、どこで撮影したのかも思い出せない。

50-50

むしろ、こんな写真をアップしていたことも忘れていた。先ほど、Recent Activityのページにこの写真がひょこっと出てくるまでは。

flcusntc.png


……お茶ふいた。 (・_・)


【続きを読む】
タグ:flickr
posted by nofrills at 07:30 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

イースター蜂起から(日付上の)100年にあわせ、ダブリンでシン・フェインが党大会を開催

今日、4月24日は、アイルランドのイースター蜂起開始から100年の記念日である。といっても、アイルランド共和国での「100周年記念行事」は、毎年の記念式典と同様に、宗教的祝祭の日である「イースター」に合わせて行なわれたため、既に書いた通り、3月の間にもう終わっている。アイルランド共和国が宗教色の薄い国家だったならば、そのような記念行事も「イースター」に合わせてではなく毎年4月24日に行なわれていただろう。

100年前、1916年4月24日は、イースター・マンデーだった。対英武装蜂起を準備してきた武装勢力(アイリッシュ・ヴォランティアーズ、つまりアイルランド義勇軍など)はこの日、放送設備のあったダブリンのGPO (the General Post Office) を占拠した。しかし実はこの蜂起は、武器調達の不備(ロジャー・ケースメントの逮捕)といった事情により、直前の日曜日に中止命令が出ていた。そのため、予定していたよりずっと少ない人数で圧倒的武力を有する英軍に対して決起してしまうことになった反乱軍は、「アイルランドから英国を撤退させる」にはまったく及ばず、月曜日に始まった蜂起は金曜日にはほぼ鎮圧されていた。……といった経緯は、ウィキペディアの日本語版でもかなり詳しく書かれているので、そういったページをご一読いただきたい。

GPOに立てこもっていた蜂起の指導者たちは、28日金曜日に壁に穴をあけて、近くの長屋作りの商店街の一軒に逃れた。この商店街が「ムーア・ストリート」で、蜂起指導者たちが逮捕前に最後に身を置いたのが16番地(魚屋)だった。ダブリンの中心部にあるこの通りは、現在でも、「ダブリンで最も古い野菜・果物の露天市」が立つ通りとして知られているが、1990年代の「ケルトの虎」の好況期(不動産ブーム)に再開発計画が持ち上がり、以降、経済が失速しても、破綻してIMF/EUのベイルアウトを受けることになっても、その再開発計画は生きながらえていた(市の中心部なので、そうなることはわからんでもない)。その計画では、「古い長屋作りの商店街は取り壊し、近代的な建物を建てる」ことになっており、すなわち、イースター蜂起の最後の記念地が、取り壊されることになる。

これに対し、「ムーア・ストリートを守れ」というキャンペーンを主導したのが、1916年の共和国樹立宣言署名者の親族(子孫の代だが)やナショナリスト政党のシン・フェインで、そのキャンペーンが奏功し、行政がムーア・ストリート16番地を「国の史跡」として保存・保護することを決定したのが、今年3月だった。ただし、どうやらこれにも抜け穴があるようで、長屋作りの建物のうち16番地は保護されるが、それ以外は……といったあたり、雲行きが怪しそうだ。詳細は3月20日付のガーディアン記事を参照:
http://www.theguardian.com/world/2016/mar/20/dublin-moore-street-protesters-easter-rising

ともあれ、こうして「英雄たちの記念すべき場所」であるムーア・ストリート16番地を取り壊させないというキャンペーンを成功させたシン・フェインは、今年の党大会を、イースター蜂起の開始された4月24日に一番近い金・土(つまり22日金曜日と23日土曜日)に、ダブリンで開催した。今年の標語は、Join the Rising. ウェブサイトは次のように、「蜂起の英雄たち」を配したデザインになっている。

sfaf16m.png
※画像クリックで原寸大のキャプチャを表示。



【続きを読む】
posted by nofrills at 23:53 | TrackBack(1) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

来期からSPLで復活するオールド・ファームのライバル関係について、今から半笑いしておく。

4年前の2012年、スコットランドのサッカー、プレミアリーグの強豪のひとつ、レンジャーズFC(Rangers FC: RFC)が、4部リーグにまで格下げされた。理由は、サッカーそのものとは関係のない、経営上の問題だった。ウィキペディア日本語版より:
2012年2月14日、会社更生法の適用申請を行い、クラブの経営権が管財人の手に渡った。この時点では大口債権者に対して4900万ポンド(約58億8000万円)の負債を抱えており、裁判の結果次第では7500万ポンドまで膨らむ可能性があった。この破産により、リーグ規定で勝ち点10を剥奪されたほか、新戦力の獲得や登録に制限を課される可能性が生じた。同年7月、リーグ所属クラブによる投票によって4部に相当するスコティッシュ・フットボールリーグ3部への所属が決定した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%BAFC


RFCといえば、ウィキペディア日本語版にも書いてあるし、当ブログでも以前に書いたが(←リンク先だけでなく何度か書いてる)、同じグラスゴーに拠点を置くセルティックFC(Celtic FC)との「ライバル関係」だ。「オールド・ファーム Old Firm」と呼ばれるこの両者の関係については、日本語でも多く書かれているし下記の翻訳書にも詳しいので、関心がある方はぜひ読んでいただきたい。一言でまとめると、両者の「ライバル関係」はただの「サッカー上のこと」ではなく、「宗派(教派)対立」であるということ。そして北アイルランドのセクタリアンな紛争と呼応しているということ。それが「北アイルランド紛争」が終わって20年にもなろうかという今も、以前と同様であるということ。

4560080240英国のダービーマッチ
ダグラス ビーティ Douglas Beattie
白水社 2009-09

by G-Tools


で、レンジャーズFCの降格が決まったときにセルティックFCのサポは「ざまあwwwwwwwwwww」みたいなパフォーマンスをものすごい勢いでやったのであるが、それを見ながらレンジャーズFCのサポの側では「覚えておきやがれ」とニラニラしていたのは当然のこと。そして2012年の降格から4年後、2016年の現在、既に2部リーグにまで上がってきていたRFCは、来期(2016-2017)は1部リーグ(スコットランドのプレミアリーグ)に戻ってくる。そのニュースについて、私は次のようにツイートした。

【続きを読む】
posted by nofrills at 23:58 | TrackBack(1) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

50年以上も生きてるシャチと、北アイルランド紛争期のデリーの子供たちの話を、4月1日に聞いた(でもエイプリル・フールではない)。

2016年4月1日、これは「あれ」じゃないというお話を追っていたら、北アイルランド紛争真っ只中のデリーに迷い込んで、当時小学生だった人たちの思い出話などを読んでいた件。
順を追って話そう。

英国のメディアの「エイプリル・フール」の嘘記事の基本形は、「とにかくもっともらしい」というものである。多かれ少なかれ衝撃的な見出し(それは記事で伝えられる話題の内容である場合も、「本紙独占」という派手な文言である場合もある)に、もっともらしい記述が続き、やがて読んでる人が「あれ……?」と思うように話が流れ、にやにやし始めたところで「嘘記事」であることが明らかになるような文言があり、最後に「今日の日付」について改めて強調する、といった形だ。

映像ニュースの場合も同様で、現場の記者が真顔でもっともらしくレポートし、関係者のインタビューで関係者がもっともらしく答えていたりする。あるいは関係者が真顔でもっともらしく語っている映像に乗せて「新奇な発明」などが紹介される。日本でも毎年Googleが作っている「ニセものの新機軸」の映像などが同様の形式だが(今年のは「もっともらしさ」が新次元に到達していた)、原型はBBCの「今年もイタリアでは、スパゲッティの収穫が最盛期を迎えています」(1957年)で、細部は時代に合わせたかたちになっているものの、この基本形に乗っ取った「大真面目なレポート(のように見える何か)」で4月1日をお祝いするという風習は、現在も続いている。これこそまさにフォークロア、伝統芸能と言えよう。

そんな日に、これを見たのだ。「スコットランド沖で、1970年代のキラー・ホエールを発見」。

kwsctlnd.png


「キラー・ホエール」は日本語にすれば「シャチ」で、何ということもない動物の名称(俗称)なのだが、独特の語感がある(いかにも「小学生が大喜び」しそうな感じ)。しかもそのシャチにつけられている名前が、Dopey Dick。ひどい名前だ。 「キラー・ホエール(人殺しクジラ)」→メルヴィルのMoby Dick……という連想だろうか。

このシャチが話題になったのは1970年代というから約40年前の話だ。当時夢中になった子供が40代後半から50代のいい大人になっているくらい昔の話。
【続きを読む】
posted by nofrills at 06:00 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

アイルランド、「これまでの100年」から、「これからの100年」へ。

というわけで28日のイースター・マンデーも、アイルランドからは「イースター蜂起100周年」の話題がたっぷり流れてきていた。100年前に実際に蜂起が決行されたのはイースター・マンデーのことで、ダブリンでは "Reflecting The Rising" と銘打ったRTE(公共放送)主催のイベントが市内各所で行なわれていて、#ReflectingTheRisingのハッシュタグでその様子が報告されていた。

内容は、RTEのサイトを参照すると:
http://www.ireland.ie/events/rte-1916-reflecting-rising
RTÉ 1916: Reflecting the Rising is a large-scale multi-location public event that will take place in Dublin on Easter Monday 2016 from 11am to 6pm, with hundreds of talks, walking tours, music, dance, street art, street theatre, and moments of reflection and celebration.

RTÉ 1916: Reflecting the Rising aims to provide Irish people of all ages with a one day canvas on which to explore the Rising and our relationship with it, both historically and contemporaneously. In locations on both sides of the River Liffey and on the river itself, the event is a public invitation to commemorate, to celebrate and to understand this significant moment in our collective history.
Hundreds of free events with a historical element are planned over eight city centre public zones which will be open to all.


……という感じで、講演・ディスカッションあり、音楽あり、演劇あり、ゆかりの場所をめぐるウォーキング・ツアーあり、展示ありと盛りだくさんで、ディスカッションなど屋内のイベントは入場は無料だが整理券が必要という形で、ずいぶん前に整理券がはけてしまっているものがたくさんあったようだ。



蜂起が行なわれた現場では俳優さんたちが蜂起を再現するイベントもあった。

【続きを読む】
posted by nofrills at 17:00 | TrackBack(1) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

イースター蜂起100周年の記念式典と北アイルランド

先ほどまで、オンラインで全世界に公開されていたRTE(アイルランド共和国の公共放送)の生中継で、ダブリンでのイースター蜂起記念式典を見ていた。式典は毎年行なわれ、毎年RTEがリージョンによる制限をつけずにネットで中継しているが、100周年の今年は式典も拡大版、RTEの番組も拡大版だった。

式典は、コアの部分(大統領による献花、軍人による1916年の共和国樹立宣言の読み上げ、最後の空軍によるフライパストといった部分)は例年とあまり変わらなかったが、その後のパレードが拡大版で、軍だけではなく警察も、刑務所当局も、沿岸警備隊も、消防隊も、果ては救急隊までパレードに参加していた。救急車がパレードしてるのなんて、初めて見た。つまりは、アイルランドという国家が、「国のため」に保持している機動力が全部集合していたのだが、ここは中立国のアイルランドゆえ、ミサイルなどではなく、消防車や救急車や沿岸警備隊の救命艇がパレードしていたという次第だ(軍の装甲車は出ていた。アイルランド軍は世界各地の国連のPKO、特に地雷除去に参加しているので、国連の水色のベレー帽をかぶった退役軍人もパレードしていた)。

この100周年という大きな節目のイベントについての現地のツイートは、いつも見ている「北アイルランド」のリストをベースにしてアーカイヴしている。(現在、関係ないものを取り除く編集作業中だが、しばらくかかる。)
http://chirpstory.com/li/309321

ダブリンでは「国家」をあげての行事となったが、それと北アイルランドとのかかわりは、例によって、一筋縄ではいかない。ダブリンの式典を中継するRTEの画面にはマーティン・マクギネスの姿があったが(あと、SDLPの代表団も参列していたことはツイートされている)、シン・フェイン(の名称を現在に受け継いでいる政党)のトップ、ジェリー・アダムズは、例年のごとく、ベルファストのミルタウン墓地――「北アイルランド紛争」で死んだIRAのメンバーたちが埋葬されている墓地――でスピーチを行なった。「リパブリカン史観」全開の内容だ。


【続きを読む】
posted by nofrills at 23:36 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

イースター蜂起から100年。

何年か前までは、「2016年のイースターの時期は、私の視界はイースター蜂起100周年であふれるのだろう」と思っていた。しかし現状、イースター蜂起100周年関連は、多くが「あとで読む」の状態である。このエントリも「あとで書く」の状態で見切り発車でアップしている(→その後、最後まで書きました)。

というわけで今日は「グッド・フライデー」、イースターの週末の始まりである。次の日曜日が「イースター・サンデー」で、それからの1週間が「イースター・ウィーク」だ。
https://en.wikipedia.org/wiki/Easter_Week

「イースター」というと「欧米の春の行事」というイメージが強いのか、「イースター蜂起」という概念が通じないことがよくある。「プラハの春」について「古都の春は美しいのでしょうねえ」などとすっとぼけた反応があるのと同じような感じだ。「イースター蜂起」は、うららかな日差しの中、子供がうさちゃんの着ぐるみで卵型のチョコを食べているといったイメージとはまったく関係がない。

1916年、英国の支配下で約束された自治(ホーム・ルール)が第一次世界大戦を理由・口実に停止されたまま宙ぶらりんにされていたアイルランドで、イースター・ウィークに、(数としては少数の)武装主義者がダブリンで対英武装蜂起を決行した(決行直前に中止命令が出されたため、ダブリン以外の諸都市では大規模な蜂起にはならなかった)。目的はアイルランドの英国からの独立。今もディシデント・リパブリカンが掲げている「英国人はアイルランドから出て行け」という標語はこのころのものだ。

月曜日に始まった蜂起は、土曜日に武装勢力の降伏という形で終結。ダブリンは多くの街路が破壊され、反乱軍の側は82人の戦死者と1600人を超える負傷者を出し、英軍は157人の戦死者と300人以上の負傷者を出した。戦闘の巻き添えとなって落命した非戦闘員(一般市民)の死者は200人を上回り、負傷者は600人を数えた。ウィキペディアの日本語版がかなり充実しているので(百科事典にしてはちょっと詳しすぎるくらいだ)、興味のある方はご一読いただきたい。(なお、本段落の数字の出典はウィキペディアの日本語版である。)

蜂起の指導者たちは5月上旬に死刑を宣告され、銃殺された。それにより、「恐ろしい美が生まれ出た」――詩人のウィリアム・バトラー・イエイツはこの蜂起をうたった詩、Easter 1916で、そのように言語化した。"A terrible beauty is born".



【続きを読む】
posted by nofrills at 23:00 | TrackBack(1) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む