kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2016年07月14日

テリーザ・メイ政権発足。私の閣僚人事の予想が的中した。



13日(水)、月曜日に保守党の党首となっていたテリーザ・メイが首相就任の手続き(国家元首による任命という形式をとる)をした。

メイさん、のっけからぶっとばしていた。

Brexitを支持した大衆紙The Sunが、Brexitに反対していたメイを最大限にdisるつもりだったのだろうと思うが、12日にこういう1面を作ってきた。




そして13日、女王のもとに赴き、首相として任命されるという儀式的な手続きに臨んだとき、メイの履いていた靴が……ぶほっ。




姐さん、パネェっす。(^^;)

日本時間で14日午前3時半ごろのBBC Newsのキャプチャ。


【続きを読む】
posted by nofrills at 23:55 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

英国、次の首相がテリーザ・メイに決まった顛末(レドサムの撤退について)

日曜日にブログを書いて
レドサムのことを説明した
テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ
テュリャテュリャテュリャテューリャーリャー
月曜日にレドサム降りた
あたしの作業は無駄だった
テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ
テュリャテュリャテュリャテューリャーリャー

「政治においては、24時間はとても長い時間である 24 hours is a long time in politics」ってよく言うんですけど、この決まり文句の元って労働党のハロルド・ウィルソンなんですよねー。ただし元ネタは "24 hours" ではなく "A week" だったけど。情報化社会が進展して、通信・伝達の速度が速くなって、かつて「1週間」が単位だったものが「24時間(1日)」になり、「リアルタイム・ニュース」が普及した最近では「数時間」になりつつある。

……という、私が高校生のころに「現代文」の問題集などでたんまりと読んだ「現代社会を憂える論説文」のような話なのかどうかは知らないが、えらく古風(←婉曲表現)な思想を持ち、「草の根保守」の支持を集めていた保守党党首候補のアンドレア・レドサム議員が、当方が「この人、こんな人なんですよ」ということを書いてから24時間たたないうちに、党首選から撤退した。

EUレファレンダムでの「EU離脱」という結果を受けて辞任することになったデイヴィッド・キャメロンの後をうける保守党党首(&自動的に英国首相)を決める保守党内での党首選は、10日ほど前に立候補届けが締め切られ、1週間前、先週の火曜日(5日)に最初の投票で5人の立候補者の1人が脱落し、もう1人が撤退を表明、続いて木曜日(7日)に2度目の投票が行われてさらに1人(ボリス・ジョンソンを「背中から刺した」マイケル・ゴーヴ)が脱落し、アンドレア・レドサムとテリーザ(テリーサ、テレサ)・メイの決選投票になるということが確定していた。最終的な投票は夏休みを挟んで9月上旬に締め切られ、「新首相」が確定するのは9月上旬という予定だった。
https://en.wikipedia.org/wiki/Conservative_Party_%28UK%29_leadership_election,_2016

英国のEU離脱について、EUの側は「とっとと出て行け」という態度を明確にしているのだが、離脱の交渉を率いる首相になる人物を選ぶ保守党の党首選は、ずいぶんとじっくり時間をかけるのだなあ(←婉曲話法)と思っていた矢先に、2人の候補の1人が辞めてしまったので、自動的に(無投票で)次の党首はメイに決定した。

2007年に労働党が同じように、任期途中で首相(党首)が退陣し、それに代わる新党首が自動的に首相になったのだが(トニー・ブレアからゴードン・ブラウンへ)、「選挙で選ばれていない」ゴードン・ブラウン首相への反発はじわじわと増幅されて、ついに2010年に行われた総選挙ではそれが爆発し……という《物語》を描けたら気持ちいいんだけど、そうならなかったんだよね、当時の保守党が弱すぎて。2010年の総選挙は、周知の通り、「だれも勝者(単独過半数)がいない」形で決着し(hung parliament)、一番たくさんの議員を出した保守党と、3番目のLDが連立政権を作った(英国では非常に珍しい)。労働党は少なくとも「信任を得られなかった」ことは動かしがたい事実なのに、なかなかそれを認めようとせず、選挙結果が出て24時間くらいは「うちもLDと連立すれば過半数になるぞ」ということでいろいろと画策していた。そのことは当時のブログに書いているが、英国の有権者が労働党にうんざりしてしまった理由には、そのような、有権者ほったらかしでウエストミンスターだけで数合わせをやっているような態度を党が平気で見せていることも入っているだろう。

ともあれ、保守党は2010年は冴えなかったけれど、2015年はバカ勝ちした。2005年に党首になったときには「線の細いおぼっちゃん」キャラで、エコ・フレンドリーな姿勢をカメラに撮らせるなど「若者にアピールする現代的な保守党」を描いてみせ、「伝統的」なゴリゴリ系保守党員にはイマイチ受けてなかったデイヴィッド・キャメロンは、2010年の選挙では「あの不人気なゴードン・ブラウンが相手でもスッキリ勝てない党首」だったが、その後いろいろあって、2015年にはガッツリと勝ったわけだ。その「いろいろあって」の中に、党内でキャメロンの路線に反発する人々の要求を受け入れる、というのもあった。その最大のものが、「EUメンバーシップについてのレファレンダムを行なう」という公約で、2015年の総選挙で勝利したキャメロンは、そのレファレンダムを実施して、そして、こうなった。もうね、アホかバカかと……ということはあちこちでさんざん書かれている通りだ。

【続きを読む】
posted by nofrills at 11:00 | TrackBack(1) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

保守党党首選で最後まで残っているアンドレア・レドサム(レッドサム)について

「いずれにせよ、英国の次の首相は女性」という表面的な見方がされているが、男とか女とか、そんなん結局はゴシップにしかならないわけで、その人が女であることより、どういう理念を抱き、思想を持ち、政策を実行していくかのほうが重要なのは、当然のことである。保守党党首選挙の最終ラウンド(2人の候補による1対1の投票)を前に、そういった「理念」「政策」系の話がここ数日増えてきている。

アンドレア・レドサム(レッドサム)という議員は、今回の保守党党首選までは、ほぼ「無名」だった。より厳密にいうと、保守党政権で要職に入ってはいても閣僚ではなく、日々のニュースに出てくるような人ではなかった。
https://en.wikipedia.org/wiki/Andrea_Leadsom

EUレファレンダムの結果が出たあと、デイヴィッド・キャメロンが退陣することになり、ニュースの関心は瞬時に「次は誰になるのか」に集まった。そのときはまだボリス・ジョンソンが最有力と言われていたが、既報の通り、マイケル・ゴーヴに「後ろから刺されて」失脚、そのゴーヴは保守党党首選に立候補はしたものの、最後まで残ることはできなかった。

ジョンソンが消えたあと、一貫して「最有力」と言われているのはテレサ(テリーザ、テリーサ)・メイ内務大臣で、この人は英国ではしょっちゅうニュースに出てくるおなじみの顔だ。

そのメイと、最終的に党首の座を競うことになったのが「無名」のレドサムだが、この人が注目されたのは、Leave陣営の政治家たちが推しまくっていたからだけではなく、無名政治家ゆえの「新鮮味」があったからだ。だが、「テレサ・メイやマイケル・ゴーヴなんかより、まし(まとも)な人かもしれない」という期待を抱いてアンドレア・レドサムについて記事を読む、ググるなどした人々(投票権のある保守党員に限らない)の多くは、ガックリと肩を落とすなり、見なかったことにするなり、乾いた笑いを浮かべるなりすることになっただろう。

ネットでは多くの「まとめ」記事が出ていると思うが、私がたまたま見て「わかりやすい」と思ったのは下記のMetroの記事である。レドサム議員ご本人のブログをいろいろ掘って、まとめたものだ。

Here are some brilliantly bizarre things Andrea Leadsom believes
Thursday 7 Jul 2016 5:31 pm
http://metro.co.uk/2016/07/07/here-are-some-brilliantly-bizarre-things-andrea-leadsom-believes-5993147/

「両親がそろっていない子供は犯罪者になる」とか、「結婚もせずに子供を作る者は、子供を虐待することになる」とか、いわゆる「家族の価値」至上主義者で、ぶっちゃけ、トンデモさんである。同性結婚に反対していることはすでに大きく報じられていたので、この記事では特に取り上げられていない。

英国であれ日本であれ、そこそこ進んでるはずの社会にこういう価値観の人がそれなりに実力のある立場に存在するというと、「いまどき、そんな人が……」という反応が返ってくることがよくある。特に都会の、育ちのよい「リベラル」の人たちはそうだ。周囲にこういう人がいないのだろう。だが、現実に、こういう価値観の人は存在するし、それも決して「広い世間のごく一部」とはいえない。英国でBrexitの結果を得て勢いづいている「草の根保守」は、都会人が都会で作っているメディアが描き出す「モダンでリベラルな価値観を広く共有する社会」に違和感を覚えていた人たちでもあり、レファレンダムの結果が出たときに「自分たちと同じ選択をした人々」が、実は、社会の過半数であることに安心し、喜んでいる人々である。

かつて、イラク戦争反対運動の最盛期に、反戦運動の側のスローガンで We are many. というのがあったが(同名のドキュメンタリーもある)、Leave陣営の「草の根保守」の人々はまさに、We are many. という心境だろう。

アンドレア・レドサムは、そういう人たちの支持を受けている。

【続きを読む】
posted by nofrills at 23:30 | TrackBack(1) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

2005年7月7日から11年。今日、「テロリズム」について何か1本読むとしたら、まずはこの文だ。

7月7日である。あれから11年が経過した。

昨年、10周年のときに書いたことについて「ああ、言われてみればそういうこともありましたねー」という反応があったし、USA Todayはつい最近のツイートで「あれ」を「近年ヨーロッパで起きたテロ攻撃」に入れていないし(でもスコットランドのロッカビー上空での飛行機爆破は入れている)、きっとロンドン以外では誰も「騒いで」いないのだろう。きっと、多くの人が、米国でのマス・シューティングをいちいち覚えていないのと同じことだろう。昨年、10周年で作成したNAVERまとめのページのview数は、今(2016年7月7日、23時近く)の時点でこんなものである。(何をどこでどう書いたらどう共有されるのか、私にはさっぱりわからないが、これは「誰も関心を持っていない状態」と言ってよいだろう。)



この11年の間に、日本では「海外なんかに行くからテロなんかにあうんだ」という「なんか」的言説が完全にメインストリームになった。うちの祖母が、素朴な感情としてお正月のテレビで雪山で遭難した人がいるというニュースを見ながら言っていた(そして即座に、その場にいた親戚一同に「ほかに休みが取れない」と反駁されていた)「めでたいお正月に雪山なんかに行かんでもいいのにね」に含まれていた「なんか」。

でも、それは、ロンドンの2005年7月7日のそれは、人々が「海外なんかに行くから」被害にあったのではない。それは、そこに暮らして学校に通い、出勤し、面接を受けに行っていた人たちを襲った。1995年3月20日の東京と同様に。

(1995年3月20日についても、きっと、素朴な感情から「東京なんかに行くから」、「東京は怖いねぇ」と言っていた人たちはいただろう。うちはずっと東京暮らしだから、うちの親戚などにはそういうことを言う人はいなかったが、いわば「サイレント・マジョリティー」的な声だったそういう「素朴なつぶやき」が、ネットを介して、その人の直接の人間関係を超えて共有されるようになり、「メインストリーム」に出てきているのが、最近よく見る「海外なんかに行くからテロにあう」という言説なような気がする)

たまたまというべきか、わざわざ7月6日に設定したとかんぐるべきかはわからないが、昨日、2016年7月6日に、イラク戦争に関するトニー・ブレア政権の意思決定の問題点を精査・調査するチルコット委員会(サー・ジョン・チルコットが委員長)の報告書が公表された。それについて、私はまだ書くこともできていない。書くどころか、ろくに読めてもいない。

そして報告書の公表に伴う報道がさかんに行われるなか(といっても、報告書そのものは膨大な文字量で、どんな人でも1日で読むことは不可能であり、これまで書かれた解説などは公表時のチルコット委員長のスピーチと、報告書の要点を抜粋したものに基づいているのだが)、チルコット報告書でめっためたに批判されたトニー・ブレア本人がまた出てきて、要するにこれまで通り「私は悪くない」と言い張っているのが、ブレアのことが大好きなメディアに踊っている。ニュー・レイバー系の有力ブログが「イラク戦争後に起きた悪いことのすべての責任がブレアにあるように言うのは間違っている」と、「まともな人は誰もそんなこと、言ってませんけど?」と指摘してスルーするのが順当と思える見出しを打って記事をフィードしている。

というわけで、今日7日は、ブレアの言い訳や、ブレア支持者のダメージ・コントロールの言説がネットにどっと出ているのだが、今日読むべきものはそんなものではない。

11年前の朝、普通に日常生活をしていて、あの「テロ」に巻き込まれ、人生が変わってしまった人たちの中に、11年という歳月を経て、語り始めた人たちがいる。




【続きを読む】
posted by nofrills at 23:30 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

Brexitの「立役者」がまたもバックレ

今日の夕方、画面見てるときに、「なんだ、ガーディアン、古いニュースをフィードしてるよ、ははは」と思った。しかしリンク先をクリックしたら「古いニュース」ではなく、今日のニュースだった。UKIPのナイジェル・ファラージが党首を辞めた。2015年の総選挙後に続いて2度目だが、「(すぐに復活した)前回と異なり、今回は戻ってこない」と言っている。



煽るだけ煽って、火をつけて、爆発させといて…ナイジェル、UKIP党首辞めるってよ #Brexit
http://matome.naver.jp/odai/2146762573154992501


一応、全部ここ↑に書いてある。英国では「ボリス・ジョンソンに続き、ナイジェル・ファラージも」ということで呆れ返っている人々の反応が多い。UKIP支持者の間ではファラージは個人崇拝の対象なので(周知の通り、「UKIP支持者」というより「ファラージ信者」といったほうがよいような人が大勢いる)、ショックで呼吸が止まってる人がいなければよいのだがと思う(冗談ではなく。高齢者多いし、「伝統的」な脂っこい食事で動脈とかやばくなってる人も多いだろうし)。

あと、EUレファレンダムの前に「移民ガー」という煽動が行われていたのだが(日本社会で最も的確にそのニュアンスを伝えるためには「外国人ガー」と訳すべきだろう。実際「外国人」の悪魔化による煽動は、石原都知事がやっていた)、それについて誰でもいつでも簡単に一覧できるように、6月11日(土)以降の英国の新聞1面のフィード(BBC記者)も全部アーカイヴしてある(スポーツ面も入れてある)。
http://chirpstory.com/li/321110

印刷メディアがこのようなムードだったときに、ナイジェル・ファラージはテレビやラジオに頻繁に出演し、人々が「これまであまり聞いてこなかったようなこと」を(あの「いい声」で)発言しまくっていた。対するEU残留派は、首相だの財務相だの元首相だのといった「見飽きた顔」ばかりで、しかも話す内容には何も新鮮味はなかった。「残留派」の面々がテレビに映っただけでトイレに立つ人や、テレビを消してしまう人も、きっと多かったに違いない。

これがポピュリズムの実相か、と、私など、あんぐりと口をあけたままになってしまうが。

posted by nofrills at 23:25 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

2003年、英国は「ヨーロッパ」として語ることを拒絶していた。

EURO 2016のベスト16に「アイルランド」が2つも入ってたために空気中にホコリより多くのアイルランド成分が舞っていた日々の余韻も冷めやらぬなか、東京では映画『ブルックリン』の公開が始まった。アイルランド出身で、現在は米コロンビア大学と英マンチェスター大学の教授をつとめるコルム・トビーン (Colm Tóibín) の小説を、サーシャ(シアーシャ)・ローナン主演で映画化した作品で、1950年代にアイルランドの小さな町から米国の大都会、ニューヨークに渡ったひとりの若い女性のドラマである。予告編の開始1秒から成分が漂い出す(日本版のは吐息を響かせる系の甘ったるい女性のナレーションといかにもな映画音楽のせいで元の作品のコアの部分が伝わらないため、英語版のを貼っておく)。



映画の原作の小説は、日本でも翻訳出版されている。
ブルックリン (エクス・リブリス)ブルックリン (エクス・リブリス)
コルム トビーン 栩木 伸明

Brooklyn マリアが語り遺したこと (新潮クレスト・ブックス) 異国の出来事 (ウィリアム・トレヴァー・コレクション) キャロル (河出文庫) ワンダー Wonder

by G-Tools


さて、東京でも35度を超えた日曜日の午後、何気なくamazonのページで「コルム・トビーン」のほかの本を確認してみると、『ブルックリン』と『マリアが語り遺したこと』の2冊しかない。ほかにもあるんじゃないかと図書館横断検索などして見つけたのが、下記の本である。

【続きを読む】
posted by nofrills at 22:30 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画Children of Menでの "Only Britain Soldiers On" のところの映像クリップを見つけたので貼っておく。

当方がときどき言及している映画Children of Men(気の抜けた邦題は『トゥモロー・ワールド』)での "Only Britain Soldiers On" のところの映像を、この映画の批評を目的とするvlogで見たので貼っておく。8分近くあるビデオだが、当該の箇所は2分48秒から54秒にかけて。下記URLで直行。vlog主の解説(米語)も的確でわかりやすいので、「とてもリアルなディストピア」に関心がある方はぜひどうぞ。
https://youtu.be/-woNlmVcdjc?t=2m48s
onlybritainsoldierson.png


映像全体は:


この映画から今年で10年になると思うんだけど、まさか現実の世界がこうなっていようとは……という感覚に、大変複雑な思いがしている。当時書いたブログは下記:
2006年12月16日 Thou shalt not killの発展形としてのStop the killing、そして笑いとディストピア。
http://nofrills.seesaa.net/article/29711412.html

ディストピア。Avoiding Fertility Test is a Crime. という電光掲示板。Homeland Securityという、「現在」は存在していないものが当たり前に存在している英国。「独裁者」がまったく登場しないディストピア。

そのディストピアは、その「近未来」は、「現在」と地続きだ。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/5357470.stm

ほとんど誰も「変化」に気づかないうちに、その「変化」は訪れる。


トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション [DVD]トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション [DVD]

月に囚(とら)われた男 コレクターズ・エディション [DVD] レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray] ザ・ロード スペシャル・プライス [DVD] イベント・ホライゾン デジタル・リマスター版 [DVD] ブギーナイツ [DVD]

by G-Tools


posted by nofrills at 22:00 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

「ソンムの戦い」から100年で、英国がすごいことをやっている。

今日は「ソンム」の100周年の日だ。Twitterに流れてきた英国各地からの光景には、びっくりした。教会での礼拝のようなものが行われるだろうとは思っていても、このようなことが行われるとは思っていなかった。

ソンムの戦い(第一次大戦)の開始から100年、英国で大掛かりな記念イベントが行なわれている。
http://matome.naver.jp/odai/2146737215667440401


100年前の「出征」の光景を、今の日常の中にぽーんと放り込むという、こういう思い切ったインスタレーションを行なう政府&メディアを含むエスタブリッシュメントが、「平和主義」を掲げてきた政治家を「臆病者」扱いし、嘲笑してる(2015年のレッド・ポピー・デイのことを参照)っていうのは、ほんとうのところで、まるで理解できない。

ともあれ、上記「まとめ」は、あとでもう少し補うつもりである。

「出征」の光景の再現は、Chirpstoryにてアーカイヴ。
http://chirpstory.com/li/321001
posted by nofrills at 23:43 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

BBCが「労働党がぁぁぁ」と叫び続けて5日くらい経過するが、事件は保守党で起きていた件。

ブログで書こうと思ってたけど、ツイートを貼り込むのが面倒だったので「NAVERまとめ」を使いました(そうしたら、あれも入れよう、これも入れようとなって、余計に時間がかかったんですが。しかもバグが出て修正に時間とられたし)。

次の英国首相は誰になる? 英保守党がぐっちゃぐちゃだし、展開がドラマじみてるし!
http://matome.naver.jp/odai/2146728697993148801


「ボリス・ジョンソンが次期首相の大本命」なんて、寝ぼけたことを明日言ってると、笑われますよ。



posted by nofrills at 23:57 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

BBC Newsのトップページは「見渡す限り、Brexit」の様相だ。

guardian25june2016b.png英国のEUレファレンダムの結果が出て、キャメロン首相が辞意を表明して、EUの偉い人は、ありていに言って、「激怒している」状態……ということが伝えられている。左図は6月25日(土)午前7時ごろ(日本時間)のガーディアンのUK Editionのトップページのトップ記事より。そのときのページ全体のキャプチャはこちらにアップしてある

「激怒」するのも無理はない。UKIPが保守党の票を食うという事態が進行するなか、キャメロンが保守党内からの突き上げによって実施したEUレファレンダムだが、その前にキャメロンはブリュッセルで、EU加盟国首脳を巻き込んで、「英国はEUに対し、物を言えるのだ」ということを示すため、「エクストリーム交渉」のようなことをしていた。そのことについて、当ブログでも少し書いている。(あとでリンクする。)

EUにしてみれば、英国の保守党の党内事情につき合わされ、巻き込まれ、振り回されたわけだ。それだけではない。今回の結果によって、英国以外のEU加盟国(フランス、オランダのような「西欧」も、ハンガリーのような「東欧」も)が「われわれも英国のようにレファレンダムを行なえば、EUというくびきから解き放たれる」という主張をする政治勢力が台頭するという脅威に立ち向かわねばならない。

現在、同じく25日の午後11時半を回ったところだが、BBC Newsのトップページは「見渡す限り、Brexit」の様相だ。



以上、取り急ぎ。今日は、主要紙すべてコンビニで買ってきた。どこもかしこも「怒れる大衆&ポピュリズム対エスタブリッシュメント」というトーンの分析が出ていた。それはそれで正しい。私もそう思う。でも、それだけではない。

6月15日、ジョー・コックス議員が殺される前の日に、ガーディアンに長文記事が出ていた。この結果が出た今だからこそ、いっそう「必読」と言える記事である。「怒れる大衆」だけなら、こういう結果にはなっていないはずである。

Brexit: how a fringe idea took hold of the Tory party
http://www.theguardian.com/politics/2016/jun/15/brexit-how-a-fringe-idea-took-hold-tory-party


posted by nofrills at 23:51 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

EUレファレンダムで「離脱」との結論が出たが、ぐったりしてしまって、ブログの記事タイトルも思いつかない。

標題のとおり。もろもろ、Twitterにて。

今日(6月24日)の夜、新聞の夕刊を買おうと都内の駅売店を見てみたのですが、並んでいたのはいずれも早い版で、EUレファレンダム(国民投票)の結論が出る前のもの。別の売店でも同じだったので、東京新聞の夕刊を買ってきました。最初の4つくらいの結果(ジブラルタル、ニューカッスル・アポン・タイン、フォイル、サンダーランド)が告知(公告)された段階で書かれた記事のようです。

34519.jpg


その後チェックしてみると、毎日新聞ウェブで既に夕刊が新しい版(レファレンダムの結論が出たあとのもの)になっていたようですが、新聞を売ってる近くのコンビニにはなくて、明日の朝刊か、あるいは図書館か……。

mainichi-yukan.png


私も「2時間しか寝てない」んですが、「ミサワ」似のデイヴィッド・キャメロンが辞任しました。投票当日の朝のニュースまでは「結果がどう出ても首相は続投する」、「離脱支持の保守党議員が、結果がどう出てもキャメロン首相を支えていくとの書簡に署名」といった話がどんどん流れてたんですが、誰もそんなの本気にしてなかったですよね。

このレファレンダムでLeave支持者が成し遂げたこととして確実なことは、キャメロン首相とオズボーン財務大臣という鼻持ちならないエリートコンビを、ダウニング・ストリートから追放したことです。そしてその後釜に入るのも、彼らと同じくらい鼻持ちならない上に「目的のために役立つデマはよいデマ」という信条を抱いているエリートコンビになるのだろうと思います。

チェフのこんな言葉を見るのは、つらいです。

【続きを読む】
posted by nofrills at 23:45 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

【朗報】4年前に急性白血病を告知され、治療に専念するために引退していたフットボーラーが、完全復帰する。

【イングランド・サッカー】アストン・ヴィラのペトロフが急性白血病と診断された。→4年後に完全復帰
http://matome.naver.jp/odai/2133311701197502001


2012年3月、発熱という症状で医師の診察を受け、検査の結果急性白血病と診断されたスティリアン・ペトロフ(元セルティック、この時点ではアストン・ヴィラ)が、2016年夏のプレ・シーズンの練習で、アストン・ヴィラの一軍に加わるということが、今日、発表された。朗報である。

本人のTwitterやinstagramでの投稿、がん研究・がん患者の治療支援のためにペトロフが立ち上げた基金のアカウントのツイートを含め、上記「まとめ」の末尾(5ページ目)に更新を加えた。

このような喜ばしいニュースで、何年も前に作成したページを更新できるということは、たいへんにうれしいことだ。

アストン・ヴィラは2015-16年シーズンは散々で、プレミアから降格ということになってしまったが、ペトロフの復帰でメンタル面に大きな影響がもたらされるかもしれない。

2012年、白血病と診断されたときにファンが作った応援のビデオ:



posted by nofrills at 22:40 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

ひとつの歌がボーダーを越えていき、「対立」、「敵意」、「他所者foreignという感覚」は過去のものになりつつあるようだ。



フランスで開催中の欧州選手権(Euro 2016)で、"Will Grigg's on fire" という応援歌が歌われている。Will Griggは、今大会でEuro初出場となった北アイルランド代表 (Green and White Army: GAWA) のプレイヤーだが(ただしここまで出場はなし)、彼にこの歌を捧げたのは代表サポではなく、彼が普段プレイしているウィガン・アスレティックのサポーターである。

wilgriggsonfire.pngこの応援歌の誕生の経緯は、今年5月のデイリー・テレグラフのこの記事などに詳しい(歌詞もこの記事に埋め込まれているビデオを参照。一部をキャプチャした画像が右図)。ちなみにウィガンは2015−16年シーズンはイングランドのリーグ・ワン(3部)だったが、ウィル・グリッグの活躍で、来期からチャンピオンシップ(2部)に昇格する。"Will Grigg's on Fire" は、チームのエースに捧げる応援歌で、これが今年、イングランドでチームの枠を超えてめっちゃ流行ったという。

サッカーの選手応援歌はポップソングなど多くの人が知ってる歌の替え歌であることが多いのだが、"Will Grigg's on Fire" も、90年代後半にヒットしたポップソング、"Freed from Desire" の替え歌である(Desire → on fire)。元曲のYouTubeのページのコメント欄には替え歌の歌詞ががんがん投稿され、 "Most infectious footy chant ever..." などと言われており、完全に「フットボール・チャント」扱いである。この応援歌を思いついたウィガンのサポの人は、来期のシーズン・チケットをクラブからプレゼントされたという。実にいい話だ。

wilgriggsonfire2.pngその応援歌が、Euro開幕にともない、「北アイルランド代表サポが歌ってる歌」として欧州大陸に渡った。替え歌の元となった曲がキャッチーで覚えやすくアッパーなメロディなので耳にとまりやすいのだろうし、歌詞の "Will Grigg's on Fire. Your defence is terrified" の人名の部分を入れ替えれば、アタッカーなら誰の応援歌にもなるという汎用性の高さもあるためだろう、北アイルランド以外のサポーターたちも注目する応援歌となった。元曲のYouTubeページのコメント欄には、ドイツの人やアルバニアの人が「北アイルランド・サポのおかげでこのページにたどりつきました」と投稿している。

アイルランド(共和国)代表 (Boys in Green: Come on, youをつけてCOYBIG) のサポが、スタジアムで歌って騒いで試合を盛り上げ、試合会場の外では誰とでも仲良く陽気に歌って踊って楽しく過ごすということは既に広く知れ渡っているが、今大会は彼らに加えて「もうひとつのアイルランド」が歌って騒いで陽気に踊って楽しく過ごしており、実にほほえましい。が、その「もうひとつのアイルランド」は、最近まで、コミュニティの内部で政治的主義主張に基づいて殺し合いをしていた。その事実は、この様子を見ているほとんど誰もがおそらく知っている。

それを思うとき、今回Euroに出場したことで北アイルランドが成し遂げたのは、単にスポーツ上のことではないのだろうなあと思う。紛争中に代表チームが国際大会に出ることも意義深いことだが、「ポスト紛争」の社会、それもかなり成功している「ポスト紛争」の社会(「紛争」によるコミュニティの分断、亀裂が、無理をせず修復されうるように修復されつつある)の代表が出てくるということは、こういうことなのかもしれない。私もそれなりに長く生きているので、「新たに独立を勝ち取った国」の国際大会初出場は何度か見ていて、それなりに感銘は受けているが(1998年W杯のクロアチアなど)、北アイルランド代表の「国際舞台デビュー」は、個人的に、感銘を受けるとかいう次元ではない。ぴょんこぴょんこダンスに加わりたいレベルだ。

【続きを読む】
posted by nofrills at 06:54 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

EU残留派の労働党所属議員、ジョー・コックスが暗殺された。

英国で国会議員が刺され、銃撃された。現職国会議員の殺害は1990年以来初(2016年6月16日)
http://matome.naver.jp/odai/2146609084847235601

詳しいことは上記の「NAVERまとめ」に書いてある。

英国にいる「過激派」は、「イスラム過激派」だけではなかった――それを改めて思い知らせる事件だ。

米国の極右が「人種戦争 (race war) を始める」っつって黒人を襲撃した事件があったが(チャールストン教会襲撃事件)、あの事件があったときには英国では既に同様の動機で行われた「異人種」に対する襲撃事件が起きていた。ただし加害者が英国人ではなく、政府間交換留学プログラムみたいなので渡英したばかりのウクライナ人で、「外部から来たテロリスト」だった。

今回は違う。「ホーム・グロウン」だ。

【続きを読む】
posted by nofrills at 22:00 | TrackBack(1) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

サッカーEuro 2016開幕と、ステレオタイプと、banterと。

英語圏で、というか英国圏でよく使われる語に、banterというのがある(たぶん、アメリカではさほど使わないと思うが、アイルランドでは英国と同様に使われているし、オーストラリアもそうだと思う)。辞書を参照するとたぶん「冗談」とか「悪ふざけ」といった語義が並んでいると思うが、そういった端正な語は、少し語感が違うように思う。(どの程度広範に通じるかはわからないが)日本語の俗な表現では「調子ぶっこいてる」とかいう感じが近い。ある意味「自己の限界に挑戦する」ような態度なのだが、トライアスロンのようにストイックな感じではなく、基本が「ウェ〜〜イ」系で、(多くの場合)独身の20代の男性("lad" と称される人々)が(多くの場合意図的に)ハメを外して、自分で手に負えないほど挑発的になったり、とんでもない結果を招きかねないことになるのもいとわずに何かをするが、それでいて「冗談」、「悪ふざけ」にすぎない、というのがbanterである。

そんなふうだから、元より下品だし、抑制はきいていない。やっちゃいけないところで尻を出す(ムーニングする)とか、パーティ用の仮装セットで尼僧になってどんちゃん騒ぎをするとかいうのもあるし、もっと日常的なことなら、「パブでざぶざぶ飲んで、道路脇で酔いつぶれて寝込む」という、20年前はほとんど見られなかったような(←これほんと。いろいろ理由というか今との違いはあるのだけど)ことも、banter(の初歩の初歩)に入るだろう。女性に対する性暴力をはたらいておいて「あれはbanterだ」と開き直るとかいう悪質なのもあるが、からっと笑える「痛快」なbanterももちろんある。ケン・ローチの映画『天使の分け前』での主人公たちの行動は、(フィクションだからという要素も作用しているが)そういう「笑えるbanter」の例と言えるだろう。

天使の分け前 [DVD]天使の分け前 [DVD]

Whisky World 2016 JUNE スコッチウィスキー・トレイル 蒸溜所に行こう! パレードへようこそ [DVD] ケス [DVD] SINGLE MALT WHISKY TRIP / 02: Isle of Islay シングルモルト ウィスキー トリップ / アイル オブ アイラ (DVD付き)

by G-Tools


さて、そのbanter, 複数形でbantersとなるが、それをbantzと表記すると、より「ウェ〜〜イ」系というか、lad系の色が濃くなる。

vivlabantz.pngそれを今回のEuro 2016(サッカーの欧州選手権)に際してのキャッチフレーズに使っているのが、賭け屋大手のPaddy Powerである。フランス・サッカーのシンボルである雄鶏とサッカーボールをあしらったロゴで、"Vive la bantz" ("vive le/la 〜" は、フランス語で「〜万歳」を表す)とうたいあげている。

この賭け屋が稼ぎ時(ビッグな国際大会)になるとbantzを広告として展開するのはいつものことだ。前回、2014年のサッカー・ワールドカップのときのこの賭け屋のbantzには私も見事に釣られた。このときは手の込んだ「釣り」をしていたが、今回、Euro 2016は「釣る」とかなんとかじゃなくもっとストレートに「ばかげた大言壮語」をやってる。それもEuroというわりと狭い地域内のことで、昔っから(数百年前から)のつきあいのある相手との間のことだから、ポリティカリー・コレクトであるかどうかは極めて怪しいステレオタイプ・ジョークが全開だ。

【続きを読む】
posted by nofrills at 23:52 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

今週のチョットいい話〜小学生の思いつきと、「お手紙」と、巨匠となったストリート・アーティスト

「チョットいい話」って表記すると週刊誌とかスポーツ新聞みたいな雰囲気にならない? ということはどうでもよくて、いい話すぎてどうすることもできないブリストル系の感動秘話。

小学生「校舎の名前をBanksyにしよう」→Banksyがその学校(の壁)に新作をプレゼント
http://matome.naver.jp/odai/2146527542713336901


書くことは、全部↑ここ↑に書いた。

posted by nofrills at 23:00 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

被害者は200人とも…英国でも「最悪」と言われる性犯罪者は、「英語教えます」と、アジアの貧困につけこんだ。

TwitterのTrends (UK) に「リチャード・ハックル」という人名が入っていた。知らない名前だが、何となくクリックしてみたら、とんでもない奴だった。表示されていたニュース系のフィードにあった「英国で最悪のペドファイル(のひとり)」というフレーズに、「また報道が大げさなことを」と思いつつそのリンク先を見てみると、これは確かに「英国で最悪」だ。というか「英国でも最悪」、「英国ですら最悪」と言うべきか。

【この下は、ちょっとあんまりひどいので、「続きを読む」の先に置いておきます。当ブログのトップページ等からではなく記事個別URLから閲覧されている場合は、このあとわりとすぐにその「最悪」の話が始まります。】

【続きを読む】
posted by nofrills at 03:00 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

なぜか5月にクリスマス映画の謎

whitexmasmay.png5月最後の月曜日。英国ではバンク・ホリデー(公休日、つまり休日)である。

この時期、日本では「薫風」と形容されていた空気がもっちゃりもっちゃりしてきたりして「ああ、もうすぐ梅雨だなあ」と感じるなどすることが多くなる時期だが(実際、今年は先週が異様な暑さで、梅雨のない北海道で何日も連続して30度を越えていたが、東京も暑かった)、英国では5月といえば青い空に白い雲がぷかぷかと浮かび、日差しを浴びた緑の芝が輝くという「メリー・イングランド」のイメージそのもの(2012年の五輪開会式で、式典が始まる前の会場の光景)のような時期だろう。そんな季節の休日の月曜日、遅く起き出して、お茶を入れてテレビをつけたときに古典映画をやっているとしたら、どんな映画だろう。『若草物語』のような文芸作品だろうか。あるいは『わが谷は緑なりき』のような社会派の人間ドラマ。

しかし今朝、英国のテレビで流れていた映画は、全然5月っぽくないものだった。

5月の末に、テレビで『ホワイト・クリスマス』やってるんだけど……?
http://matome.naver.jp/odai/
2146461082986470901


理由はよくわからない。はっきりするようなことがあればまた書き足すけれど、はっきりするようなことはないと思う。





【続きを読む】
posted by nofrills at 23:59 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

イスイス団: 西ロンドンでの「過激化」のキーパーソンは、難民申請を却下されても一時滞在許可を得ているエジプト人

1つ前のエントリで、「イスラム国」を自称する勢力(ISIS, ISIL, またはIS。ネットスラングで「イスイス団」)で、拉致・拘束した西洋人などの人質を監視し、拷問を加え、殺害するなどしていた「ブリティッシュ・アクセントの4人の男たち(通称「ビートルズ」)の全員が特定されたこと、4人とも西ロンドンで「過激化」されていったと見られることを、ざっくりと書いた。

この「4人の男たち」で最も有名になったのが、「ジハーディ・ジョン」というあだ名で報道記事で言及されていたモハメド(ムハンマド)・エムワジだった(2015年11月、ラッカで米国のドローン攻撃で死亡)。ルーツのあるクウェートを幼少期に離れて英国に渡ってからロンドン西部で育った彼は、大学(元ポリテクの実務系の大学)に進んでIT系の技能を身につけるという「まっとう」なルートを進んでいた青年だが、どこかの時点で「過激化」されていた。

その「過激化」の過程については、エムワジを標的としたドローン攻撃のことが報じられた2015年11月13日付けのBBCの「プロフィール」の記事(記事が出た時点で死亡が確定していたら「オビチュアリー」だったに違いない記事)にも、同じ日付のデイリー・テレグラフの人物紹介記事にもはっきりとは書かれていない。

だが、そのときにはもう、エムワジの「過激化」に大きな役割を果たした人物(の1人)が誰かはわかっていた(詳細後述)。その名前を、1つ前のエントリで扱った「イギリスのしゃべり方をする4人の男たち」の4人目の身元が、エル・シャフィ・エルシャイク(あるいはエルシェイク)という、スーダンにルーツのあるロンドナーだと特定されたという2016年5月の報道で見ることになった。

つまり、エムワジの過激化に関わっている人物は、エムワジの仲間の過激化にも関わっている。というか、彼ら西ロンドンのジハディストたち(「ロンドン・ボーイズ」と呼ばれる)は完全に別々に過激化(「教化」と言ってもよいかもしれない)されたわけではない。その点、フランスのジャーナリストが「カモ」になりすまして行なった潜入取材(下記書籍)や、アメリカのジャーナリストが勧誘対象者の自宅などで行なった密着取材で明らかにされたような、いわば「一本釣り」の手口とは異なる。

4822250911ジハーディストのベールをかぶった私
アンナ・エレル 本田 沙世
日経BP社 2015-05-20

by G-Tools


人質たちによって「ビートルズ」と呼ばれていたイギリス流の話し方をする4人組の「4人目」と特定されたエル・シャフィ・エルシャイクがどのように過激化されていったかについて、母親は次のように述べている。機械いじりがすきなエル・シャフィが裏庭の作業小屋にこもっているときに、彼を訪ねてきていた若者が「ジハード」について語り聞かせているのを耳にした母親が、「そういう話をするなら、うちには二度と来ないでちょうだい」と怒ってその若者を追い返したあとのことだ。

【続きを読む】
posted by nofrills at 23:57 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

今年のカンヌ国際映画祭、パルムドールは(またもや)ケン・ローチの作品に。

https://twitter.com/nofrills前回は『麦の穂をゆらす風』。これが2006年だったので、10年ぶり2度目ですね。受賞のニュースがあり、UKのTwitterではもちろん、Trendsに入っています(キャプチャ via kwout)。生涯で2度、パルムドールを受賞したのは、the British Film Instituteによると、ケン・ローチで8人目……ってけっこう多くないですか。

現行のパルムドールは1975年に始まった賞で(その前はカンヌの最高賞は別の名前だった)、一覧で調べてみると、二度受賞しているのはデンマークのBille August,ユーゴスラヴィア/セルビア・モンテネグロのEmir Kusturica,ベルギーのJean-Pierre Dardenne and Luc Dardenne,オーストリアのMichael Haneke,日本のShohei Imamura,そして英国のKen Loach……6人(6組)ですね(ダルデンヌ兄弟を別々に数えると7人)。現行の賞になる前の時代を入れると、スウェーデンのAlf Sjöbergが2度受賞しているので、ダルデンヌ兄弟を2人で数えて、これで8人になります。

ともあれ、今回パルムドールを受賞したケン・ローチの "I, Daniel Blake" の映画評はこちら(ガーディアン、ピーター・ブラッドショー記者)。ケン・ローチは前作 "Jimmy's Hall" を撮ったときに「よる年波には勝てず、目もよく見えないし、体も悪くなってきているし、いろいろ限界を感じているので長編劇映画はこれで終わり」というつもりだったそうです。実際、この映画はケン・ローチの(暖かい系の)映画の集大成という感じで、私は映画館でエンドロールを眺めながら「これで最後なら、納得できる(最後というのは残念すぎるけれど)」と思ったものでした。

しかし、やはりそんなふうには引退できなかったのか、引退させてもらえなかったのかはわかりませんが、『ジミー』のあとでもう1本、今度も相棒のポール・ラヴァティの脚本で作ったのが、"I, Daniel Blake". 昨今の「福祉切り捨て」政策下の英国の実情を、切り捨てられる側の立場から物語った映画のようです。ただしまだ具体的なことはわかりません。ガーディアンのピーター・ブラッドショーは、"Many are happy to concede the value of films like this set in the developing world, showing sympathetic people trying to retain their dignity while being hungry. But the same thing set in modern Britain gets dismissed with an embarrassed shrug as strident or hectoring, as if going hungry is impossible for British non-shirkers." (多くの人は、このような映画は発展途上国での物語、空腹を抱えながら人間の尊厳を保つ優しい人々の物語と前提しているだろう。しかし同じ物語が、現代の英国を舞台にすると、まるで受け入れられないのである。あたかも、怠惰な人間でなければ英国人が飢えるはずはないといわんばかりに)といった文章でこの映画を紹介しています。

カンヌでプレミア上映されたこの映画、まだ予告編も見当たらず、YouTubeで検索してもフランス語字幕つきの抜粋が出てくるだけ。



【続きを読む】
posted by nofrills at 04:00 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む