kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2017年03月03日

ストーク・オン・トレント補選(2月23日)結果……あれでもまだ、議席を取れないUKIPは注目に値する政党なのか?

英国では選挙が行なわれるのは木曜日という慣行があるが、今日は木曜日で、北アイルランド自治議会(ストーモント)の解散・総選挙の投票日である。ということは、ぼーっとしているうちに、前回の「英国での選挙」から1週間すぎたということで、それについて私は書こうとしていたのに、何という体たらくか、ということだ。

前回の「英国での選挙」というのは、2月23日(木)に投開票が行なわれた、英国会下院(庶民院)の補欠選挙のことだ。この日、2つの選挙区で補選が行なわれ、うち1つについては補選が決定した経緯も当ブログで書いている。つまり、トリストラム・ハント(労働党)の件だ。

2017年01月14日 英国的な、あまりに英国的な(ヴィクトリア&アルバート博物館の新館長)
http://nofrills.seesaa.net/article/tristram-hunt-resigns-as-mp.html

ハントが議員辞職したことで補選が引き起こされることになった選挙区は、ストーク・オン・トレント・セントラル。日本では(何らかのイメージがあるとすれば)おそらく「陶芸の町」というイメージが最も強いであろうイングランド中西部(ウェスト・ミッドランズ)の大都市、ストーク・オン・トレントのいくつかある選挙区のひとつだが、この都市の産業を製陶以上に支えてきた石炭産業・製鉄産業が1990年代以降衰退し(製陶産業も、特に2008年の金融危機以後、縮小している)、近年ここが注目されるのは(注目されることがあるとすれば)「かつて労組(労働党の支持基盤)の町だった産業都市と、極右思想への支持の拡大」という文脈でのことが多かった。BNP (the British National Party) が英国で「伸張する極右」の代名詞だった2000年代、BNPが議席を獲得した地方議会としてメディアで大きく取り上げられていた中には、ストーク・オン・トレント市議会も含まれる(2011年にBNPは同市議会の議席をゼロにしている)。BNPが崩壊したあとのことは、労働党支持の新聞、ガーディアンで「ストーク・オン・トレント」のタグのついている記事の一覧をさかのぼって見ると、様子がつかめるだろう(ヴィクトリア朝を専門とする学者でもあるトリストラム・ハントがウェッジウッド博物館の存続を求める論説を書いていたりするのも味わい深いが)。
https://www.theguardian.com/uk-news/stoke-on-trent

stoke-on-trent-euref-results.pngストーク・オン・トレントは、昨年6月の「EUレファレンダム」の際は、「離脱」派が優勢ということで注目を集めた「イングランドの衰退した工業都市」のひとつだった(「注目を集めた」といっても、この都市に関しては、例えばサンダーランドなどとは異なり、帰結がどうなるかではなく、「離脱」票が「残留」票にどの程度の差をつけるかということだったと記憶しているが)。実際、投票が終わってみれば、右図の通り、「離脱」が69.4%、「残留」が30.6%というすさまじい結果だった(投票率の65.7%は、全イングランドの73.0%という数値を大きく下回っている。投票結果についてはウィキペディア英語版が見やすい。地域ごとに「離脱」「残留」のパーセンテージが一覧できる表がある。並べ替えも可能)。かくして、ストーク・オン・トレント(を含むスタフォードシャー)は「ブレグジットのハートランド Brexit heartland」などとも呼ばれてきたのだが、EUレファレンダム投票直前の2016年6月14日のガーディアンの現地ルポが、Brexitというものをめぐる市井のムードについて、生々しい。

Brexit will hurt your city, Labour tells core voters – but no one's listening
https://www.theguardian.com/politics/2016/jun/14/brexit-will-hurt-your-city-labour-tells-core-voters-but-no-ones-listening
The trouble is, with the exception of one woman who loudly frets about what Brexit might mean for the national economy, everyone we meet is seemingly fixated on different stuff: immigration, obviously, but also their grievances about the decline of their area over two or three decades.

No one – literally, no one – mentions Boris Johnson, David Cameron, Michael Gove, Jeremy Corbyn or Nigel Farage. But what have registered are the arguments from the leave side – and, for that matter, the rightwing media - that may well be highly questionable, but are also primary-coloured enough to fuse with a long-held and deep resentment.

We all know the drill: that if the UK leaves, there might be more money for the NHS, fewer arrivals from eastern Europe, less chance of outsiders being granted special favours (the myth of luxurious council houses for immigrants, and all that) and some sense of Britain back to its supposed best.

This, Smeeth tells us, is “the strongest Labour area in my constituency”, and yet she faces a huge battle. “It’s really tough,” she says. “This is our core vote. If we’re going to make such a stand on this issue – which I think we’ve got to do – then we’ve really got to take these people with us. The leave campaign are appealing to people’s base concerns and it’s getting through.” ...


トリストラム・ハントは、市井のこういうムードとはかけ離れた人だった。本人はそう呼ばれるのを大変に嫌がっていたと思うが、いわゆる「落下傘候補」であったことは否定しがたい。それに、上掲記事から引用する下記の部分にまさに該当するのがハントという政治家だった。

Beyond all the speculation about the result and the immediate future of the Conservative party, there is a deeper theme here. Tangled up in the mixture of panic and sudden resolve that is now gripping the Labour party and the rising sense that its voters hold the key to whether the UK leaves or stays put, there is a big story that has been bubbling away for more than a few years: Labour’s estrangement from whole swaths of its old electoral base, and the sense that the vote on 23 June might turn that political problem critical.

On one side of a widening divide is a Labour party whose membership is increasingly middle class and metropolitan, and enthusiastic about diversity – qualities which run from Blairities to Corbynistas, and which the massed entry of the latter may have made even more dominant.


つまり、突然空いた労働党の議席は、この「斜陽」の工業都市の労組たたき上げとか、市会議員とかいった人が持っていた議席ではなかった。むしろ、市井の人々が嫌っていた「中央にいて物事を動かそうとするエリート」の議席だった。

そこを狙ってきたのが、UKIPである。

EUレファレンダムでたいへんに大きな存在感を示したUKIPは、実は英国の国政では取るに足らないレベルの弱小勢力である。下院の現有議席はわずか1つで、それも元々は、保守党所属の政治家で下院に議席を有していたダグラス・カーズウェルが、2014年、任期途中に党を辞してUKIPに加わったことから始まったものだ(公正を期して書いておくと、カーズウェルは党を移ったあとに「出直し」の補選で有権者の信を問うた上で改めて議席を得ており、またその翌年、2015年の総選挙でも議席を保持している。ちなみに2014年、彼と同じようなタイミングで保守党からUKIPに鞍替えしたマーク・レックレスは、直後の補選では議席を保持したものの、2015年総選挙で保守党候補に敗れて議席を失っている。これにより、一時2議席あったUKIPの下院の議席は、現在は1議席となっている)。このダグラス・カーズウェルという政治家は英国政治ウォッチャーにはたまらない感じの興味深い人物であるが(保守党の「欧州懐疑派」って、興味深いんですよね……共感する・しないはまったく別の話で)、「EU離脱」の結論が出たあと、どんどん声を大きくしているようだ。「国会にたった1議席しか持っていない政党」の議員がメディアに無視されず、むしろ珍重されているのは、単にそれが「新規の現象」(のように見えるもの)だからではなく、おおいに政治力の問題だろうが(アーロン・バンクスの項など参照)、ストーク・オン・トレント・セントラルの補選について書いてるブログのエントリでそこまで話を広げるわけにはいかないから、先に行く。

トリストラム・ハントの辞職で引き起こされた補選に、UKIPは党首を送り込んだ。

「UKIPの党首」というとナイジェル・ファラージだと思う人が多いかもしれないが、ファラージはEUレファレンダム後に党首を辞任し、後任に選ばれたなんとかという人が何かが理由であっという間に辞任したあと一時また党首になったものの、今では党首ではない。UKIPは最終的に、2016年11月下旬にマージーサイド出身のポール・ナットルを党首として選出している(なお、仕事でもなければ調べる手間をかけたくないくらいに興味がなく、関連ニュースも音声では特にチェックしていないので、Nuttallという名字をどのようにカタカナ書きすべきか、私はよく知らない)。彼は1976年生まれ、党首選出当時39歳の若い「政治家」だが(年齢でいえば、ファラージも1964年生まれなので、たいした年齢ではない……昔っからうろちょろしてるから60代になっていてもよさそうなイメージはあるが)、英国での「政治家」らしいキャリアはない。ウィキペディアを参照すると、元々は保守党の一員だったが2004年にUKIPに加わり、その後何度も国政に立候補したがことごとく落選し、2009年と2014年に欧州議会議員選挙で議席を獲得している。彼の主張内容の多くは、一言でいえば「トンデモ」というか、少し前まで英国では "lunatic fringe (on the far-right)" と呼ばれていた(揶揄されていた)ようなものだ(ついでに言うと、引用する部分には含まれていないが、ナットルは学生時代、ホロコースト否定論にかぶれていたようだ)。

A prominent eurosceptic, Nuttall has called for the establishment of an English Parliament. He favours a ban on wearing burqas in public places, has shown support for the reintroduction of the death penalty, and opposed Labour's 2015 plans to include LGBT-inclusive sex and relationship education in schools. He is an outspoken global warming sceptic.

https://en.wikipedia.org/wiki/Paul_Nuttall


いや、ウィキペディアに並んでいるようなきれいな(中立的な)言葉では不十分だろう。ナットルがUKIP党首となったときのBBCの記事には、下記のようにある。

Paul Nuttall is angry with mainstream politicians who think they have a monopoly on "truth".

UKIP's new leader, a substantial figure on the Leave side of the Brexit debate, argues that the millions of voters who have rejected the establishment view of life rightly feel cheated.

Those who claim the rise of his party is part of a global movement towards "post-truth politics" get short shrift. Mr Nuttall promises instead a "post-deceit" age.

Paul Nuttall: The new leader of UKIP, 28 November 2016
http://www.bbc.com/news/uk-politics-38062589


今でこそ、米国の政治の中枢で大統領が毎日「主流メディアはフェイク・ニュース!」と連呼するということが日常になっているのだが、米大統領選の結果が出て3週間もしていない段階では、こういう発言は「もの珍しい」ものだったのかもしれない。あるいは「こういうトンデモ発言は、さらしておけば、人々はまともに考え、まっとうな判断力を行使する」と看做されていたのかもしれない。いずれにせよ、ナイジェル・ファラージという「ピエロ」のあとを受けたナットルは、ファラージ時代と同等の、党の実勢力には不相応なほどのメディアの注目をも引き継いだ。

フリンジの政治家(というか「政治活動家」)レベルなら流されるかもしれないような発言も、主流メディアが一挙手一投足に関心を向けるような(勢力はないにせよ存在感だけは大きな)政党のトップがすれば、あっという間に全国ニュースだ。ファラージは「ショーマン」としては実に巧みで、そういう面でとても上手にメディアを利用して「政治ニュースのスター」的な存在になった。だがナットルはどうか。

結論から言えば、自身の「虚言癖」を露呈しただけだった。それも信じがたいレベルの「虚言癖」を。





























ナットルの「虚言」は、上述の「ヒルズバラの悲劇で大事な友人を亡くした」「The Sunのインタビューには応じてない」という発言だけに留まらない。リンク先の記事に書いてあるので詳細はいちいちツイートの埋め込みはしないが、サッカーでユース・チームに在籍していたが上には行けなかったのに「プロとしてプレイした経験がある」としていたり、「博士号を持っている」と吹聴していたりと、まるで安っぽい詐欺商法の主役のようだ。




さらにこういうのも出てきた。




ちなみに、非常にsubtleな感じだが、主流メディアの最大手たるBBCはこのような「虚言」について十分な断罪をする気がないということを言葉遣いで示している。それはひとつには「公平公正」の理念ゆえかもしれない。しかし今のコンテクストでは、「できることを十分にしていない」ように受け取られている。(せめて、wrongではなくfalseを使うべきだろうと私も思う。)






そして2月23日の投票日。この日、英国は「ドリス」と名づけられた大嵐の襲来で大変なことになっていた(ウルヴァーハンプトンでは強風で飛ばされたものに当たった女性が1人亡くなっている)。投票率は低まるだろうと思われたし、UKIPがそういう悪天候を押して投票に行こうという有権者を大勢支持者に持っていたらえらいこっちゃという結果になるだろうと思っていた。そして開票の結果……。






※埋め込みたいツイートはこういう本文のものじゃないんだけど (・_・) 開票結果の画面の全体画像があるので使わせていただく。ちなみにOfficial Monster Raving Loony Partyは英国ではちゃんと「政党」として登録し、地方議会に議員を出してきた政党。詳細はウィキペディア参照





最終的には、投票率は38.2%の低さだった。
https://en.wikipedia.org/wiki/Stoke-on-Trent_Central_by-election,_2017

ちなみに、前回、2015年総選挙での投票率は、49.9%で、1位の労働党が得票率39.3%、2位が7,041票でUKIPの22.7%(前回比+18.3の伸び率)、3位が保守党、7,008票で22.5%だった。

今回の補選結果も、全体の順位、各党の得票率はあまり違わないし、2位のUKIPと3位の保守党の僅差っぷりも維持されている。あんな悪天候じゃなかったら、おのおのの得票数は当然もっと増えていただろうし、UKIPと保守党の差ももっと開いていたかもしれないが、おそらく、大勢には違いはなかっただろうと思う。観測範囲外に落ちていたLDが、支持の伸び率としては大健闘を見せたが、この倍の得票を得ていても物の数には入らないレベルだ。Greens以下の政党・候補者は「泡沫」扱いでよい数値。




UKIPという「注目の新興政党」の党首の虚言癖が次々と暴露されるということになったこの補選のエピローグとして、大変に情けない一章もあった。






いや、その "go nowhere" じゃなくて (・_・)

しかもポール・ナットルはこのように、投票結果告知に際してのお約束(英国では選挙結果は、候補者全員が壇上に並んだところで選挙管理委員会が最終結果を告知し、当選者が受諾演説を行ない、落選した候補者たちも当選者への辞を述べるというのがひとつの流れとして決まっている)に反する行動を取ったばかりか、投票日前には「あの選挙区はUKIPにとってそこまで重要ではない」と述べるという、何とも言いようのない態度を取っている。
When I asked him what a loss would mean for his leadership of the party, and whether he would resign, he said: “Of course it would be a dent,” but gathered himself: “It wouldn’t be terminal… Stoke was not even in our top 50 target seats, so I’ve really taken a punt on this one.”

http://www.prospectmagazine.co.uk/politics/interview-paul-nuttall-stoke-by-election-ukip-labour-23rd-february


なお、ストーク・オン・トレント・セントラルのこの補選の投票日の前、何が何なのかちょっとよくわからないことが報告されていた。








当選したガレス・スネルは1986年生まれの31歳(写真ではもっと年嵩に見える)。前職はストーク・オン・トレントの西隣にあるニューカースル・アンダー・ライムの地方議会議員だった。つまり「地元の人」である。彼自身は「EU残留支持」だったが、レファレンダムの結果を受けて「ストークのために最良となるようなBrexit」のために尽力すると表明している。













スネル議員が当選者としてのスピーチで言っている「憎悪と分断」は、例えば下記のようなものだ。このツイートは、EUレファレンダムに際し「離脱」側で発言していた(&その後もあれこれわめきたてている)有力アカウントのひとつで、プロフィールによると「ソーシャリストとリベラルにはアレルギーがある。EU反対。UK支持、USA支持、ロシア支持、イスラエル支持、IDF支持。保守党でジューイッシュ」だそうだ。ちなみにこのslanderの画像の中で、真ん中の2人については「そうですね」としか言いようがない。つまり「戦争犯罪者」と「IRAシンパ」だが。

sotbyelxslander.png

労働党の楽勝という結果を受けて、コービン支持者たちも下記のように浮かれていた。




しかし、ストーク・オン・トレントと同じ日に行なわれたもう1つの補選(それが行なわれることも私は知らなかった。注意を払っていなかったので)では労働党は何十年も保持してきた議席を落とすという結果に終わった。メディアを見ると、また「コービン叩き」が開始されていた(ガーディアンはdefeatedをdefeatddと打ち間違えたままトップページに掲示するくらいに慌てていた)。ちらっと見て、うんざりして、見るのをやめた。Twitterでも「コービンは党首をやめろ」というハッシュタグがTrendsに入っていた。ちらっと見て、いつものついったらんどですね、と思って、見るのをやめた。















さて、今回もまた国政選挙で勝てなかったUKIPについてだが、「注目する意味、あんのか?」という声がどんどん大きくなっている。何しろ「Brexitのハートランド」などと呼ばれたストーク・オン・トレントで、労働党の「エリート」が辞職するというチャンスがめぐってきて、党首を担いだ結果がこれだ。

Brexit支持のメディア、デイリー・テレグラフはコラムニストのAsa Bennettが次のような見出しの記事を書いている。

If Ukip can't take Stoke, the Brexit capital of Britain, where can it win?
24 February 2017
http://www.telegraph.co.uk/news/2017/02/24/ukip-cant-take-stoke-brexit-capital-britain-can-win/

(本文はサブスクライブしていないと読めない)

このような指摘は、ほかにも出ている。テレグラフのベネット氏よりずっと本質をついたことを言っているのが、オンライン・メディアのBusiness Insiderのアダム・ビエンコフ氏だ。



The media has overhyped serial losers UKIP for too long
Adam Bienkov, Feb. 24, 2017, 9:57 AM
http://uk.businessinsider.com/british-press-overhyped-losers-ukip-stoke-on-trent-central-by-election-paul-nuttall-2017-2
In the run-up to the last general election, there were repeated reports that UKIP was on the brink of winning up to 30 seats off of the major parties. In the end, they failed to gain a single one, with then leader Nigel Farage falling short of becoming an MP for the seventh time.

The hype started again after the EU referendum when commentators suggested that the party would get a similar post-referendum bounce to that experienced by the SNP in Scotland.

Instead, its vote went down with UKIP suffering poor results in both local and parliamentary by-elections.

The final stage of hype came after Paul Nuttall was elected leader. The ebullient Liverpudlian was immediately written up as a "major threat" to Labour with commentators queuing up to state that Labour "should be worried" about the "game-changer" of a Nuttall-Led UKIP replacing them in their English heartlands.
In reality, UKIP continued to suffer, with polls suggesting that voters were even less favourable towards Nuttall than they had been towards Farage. The hype carried on despite the fact that polling evidence suggests Labour have lost twice as many votes to the Lib Dems since 2015 than to UKIP.

The hype continued when the Stoke-on-Trent Central by-election was called.

Soon after the announcement, a number of publications published an incredibly questionable poll by the group "Labour Leave" suggesting that UKIP would win the by-election.

The Guardian's John Harris seemed to agree suggesting, that it could be "Corbyn's Waterloo."

...

The long-promised UKIP storm had turned out to have been a mere mirage, while the very real rise of the Conservative party continued unabated.

So how could it have been? Here was a seat in Stoke which had so heavily voted for Leave that Nuttall had labeled it the "capital of Brexit". And here was an electorate which was so clearly disillusioned with Labour that the former incumbent Tristram Hunt held the seat in 2015 on the lowest turnout of any MP. And here was a time when Labour were polling at some of the lowest levels in its history.

Absolutely every single circumstance was in Paul Nuttall's favour and yet still he failed to win. ...


(それにしても、ジョン・ハリスがどんどん残念な書き手になっていくのは残念だ。根拠のない、言葉だけ大げさなhypeが増えてきたよね。音楽誌で仕事してたころの流儀に戻っただけかもしれないけど)

テレグラフなど保守系の媒体での仕事が多いジャーナリストのティム・ウォーカー氏は次のようにツイートしている。



これには非常に多くのリプライがついているが、賛否を1件ずつ見ておこう。私が「必死だな」と思ったのはどちらを見たときか、おわかりになるだろう。






デイリー・ミラーのケヴィン・マグワイア氏のツイート。




実のところ、分析・検討といったことに値するのは、「満を持してっ!UKIPがっ!党首をっ!送りこんだっ!!」的な注目が寄せられたストーク・オン・トレントではなく(私もそれに流されていた)、私が補選が行なわれることすら把握してなかったコープランドのほうなのだろう。しかし、そちらのニュースを読もうとしても、「何よりもまず、コービン叩きが第一」という「ニュー・レイバーのスピンドクター」臭が立ち込めていて、私は近寄る気力すら持てずにいる。コープランドの補選について要点を把握するには、ウィキペディアを見るのが一番ノイズが少なく、効率がよいだろう。
https://en.wikipedia.org/wiki/Copeland_by-election,_2017
The incumbent Labour MP Jamie Reed announced his resignation on 21 December 2016 in order to become the new Head of Development & Community Relations at Sellafield Ltd, where he had worked before becoming a politician. He was a critic of the Labour Party leader Jeremy Corbyn, an unpopular politician in the constituency. Reed formally resigned his seat on 23 January 2017.


「コープランド」という選挙区がどこのことかも知らなかったのだが、普通に使う地名としては「ホワイトヘイヴン」の一帯だ(カンブリアの海沿い、南東部の一角)。そして、前任者のジェイミー・リードがセラフィールドで仕事をするために議員を辞職したということからもわかるが、この選挙区はセラフィールドの核施設を擁する選挙区だ。そういう選挙区で、「核廃絶」のCND幹部として長年活動してきたジェレミー・コービンが支持されるわけがない。上記引用部分に "an unpopular politician in the constituency" とあるのは、そういうことである。実際、この選挙区の過去のデータを見ても、「反核」を党是としているGreens(緑の党)は、候補者を立てれば必ず最下位だ。BNPなど極右よりも下である。

今、私に(直感的に)わかったのはこのくらいである。

ストーク・オン・トレントでの結果を喜んでいたコービン支持団体Momentumのアカウントが、コープランドの結果についてどう反応しているかは、チェックしていない。1週間もぼーっとしていたために、今からさかのぼってチェックするのも面倒だな……というくらいになってしまった。

※この記事は

2017年03月03日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 06:00 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447541087
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼