kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2016年12月31日

英国政府の機密文書、いわゆる「30年ルール」での機密指定解除により、今年公開されたのは……

年末恒例、今年も英国で「30年ルール」により、機密指定されている政府の文書がまとめて機密指定解除され、ナショナル・アーカイヴズ(国立公文書館)で公開されている。「30年ルール」というのは、「文書が作成された年から30年間は機密とする(30年経過したら機密指定を解除する)」という規定のことだが、その年限が「30年」から「20年」に短縮されることになり、ここ数年は変則的にごちゃごちゃ、ばたばたと文書が公開されている。今年2016年は、1989年から90年にかけての首相府・官邸の文書が公開された。

Prime Minister’s papers from 1989 and 1990 released
http://www.nationalarchives.gov.uk/about/news/prime-ministers-papers-from-1989-and-1990-released/


1989年から90年なんて、マニアにはたまらないじゃありませんか、ねえ。Poll taxですよ。サッチャー辞任ですよ。東西ドイツの再統一ですよ。冷戦終結ですよ。

でも、読んでるヒマがない。「ヒマ」の問題ではなく、エネルギーの問題かもしれない。

公開された文書のテーマ別一覧は:
http://www.nationalarchives.gov.uk/about/news/prime-ministers-papers-from-1989-and-1990-released/prime-ministers-office-files-prem-1989-90/

直接文書そのものを見るのは大変なので、報道機関がまとめてくれているのを見るのが早い。私はガーディアンで見ている。



いろいろとマニア心をくすぐられる見出しが並んでいるが、現時点で私が見たのは下記の記事のみ。というか、うっかり北アイルランド関連の文書を見始めてしまったので……生々しいなあ、これ。
















ロンドンの公文書館のほかに、北アイルランドのは北アイルランドでまた管理・公開しているので、そっちも見に行かないと……。だが今はとりあえずここまで。

そしてこの件、先ほどちょこっと書いた通り、30日の文書公開時にTwitterのUKでのTrendsに「マーガレット・サッチャー」が入るということになり……






(・_・)


そして、英国外からの目線では、これ、めっちゃえぐそうじゃない?



でも、今からこんなの読んでたら、年が明けてしまうので、また改めて。ていうか「キッシンジャーがー」とか言いながら年越しするの、やだ。いくら2016年とはいえ、もうちょっとましな締めくくり方があると思うので。



2017年1月1日追記:
はてブのトップページに出ていました。今回は、はてブで勝手につけられるカテゴリーがまたぞろ「テクノロジーになっていた点については自分で修正しました。でも「政治経済」でいいのかな? そもそも、高校生じゃあるまいし、大の大人が「政治」と「経済」を一緒くたに扱うというはてなの方針そのものが私には全然わからないので、的外れな分類をしてるかもしれませんが……。

hbkmk01jan2017.png


で、やはりこの件、毎年関心が高いので、大手メディアのどこかでがっつり取材してもらいたいと思います。制度の起源から、関係者インタビューなど。日本での政府省庁における文書の扱いかたも絡めて、意見を聞いてもらいたい。そしてそれを広い範囲に伝えてもらいたい。それができるのは、ネームバリューと実績のある報道機関とジャーナリストの方々です。ネットじゃありません。













んで、はてブで目立つと適当なブコメがつくのはデフォとはいえ、こういうの↓があるので:

commenthbkm01jan2017.png

目立つように書いておきますね (^^)

本エントリで「今年」などと表記していることから、

十二分に読解していただけると思うのですが、

この機密指定解除は毎年恒例で、

わし、この件(「30年ルール」)については、

10年以上前から、

原則として毎年書いてるんですね。

それをいちいち詳しくなんか書いてられないんですね。

何か知りたいことがある方は、お手数ですが、

サイドバーの検索窓などをご活用願えませんでしょうか。

それと、どんな情報が開示されたかってことは、

各自それぞれの関心に応じて、

ナショナル・アーカイヴのサイトで

掘って掘って掘りまくってほしいんですが。

そのためのリンクは、用意してあります。

それだけでは「不親切」なので、

ガーディアンのキャプチャもつけてあります。

(クリッカブルなので、すぐに記事に飛べます。)

英語が読めない? 私の問題ではありません。

※この記事は

2016年12月31日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:54 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445425480
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼