kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2016年12月10日

ドナルド・トランプ支持者、今年もまた、『スター・ウォーズ』の新作をボイコット。そのためにすごいデマをばら撒いている。

昨年の今頃、映画『スター・ウォーズ』シリーズの新たな連作の第一弾、『フォースの覚醒』の公開が迫るころ、ネット上で「スター・ウォーズの7作目(新作)をボイコットしよう」というハッシュタグ運動が起きた。そのときのことは当時書き付けてある。書くときはたるかったが、今は、書いておいてよかったと心の底から思っている。

当該のハッシュタグを見たとき、私は「何じゃそりゃ?」と思ったし、だからこそそのハッシュタグの背景を調べてみようと思ったのだが、調べてみた結果は、「…… (・_・)」だった。Twitterでそのハッシュタグ運動をやってる人たちが主張していたのは、端的に言えば、「黒人が重要な役回りで出ているから」ということだった。そのハッシュタグのツイートの数々は、トランプ支持を声高に叫んでいるアカウントから発していた。中でも主要なアカウントは、私でも把握しているような「アメリカのネオナチ・白人優越主義者」のもので、「人種的多様性」を「文化的マルクス主義」と呼んだりするような活動家アカウント。言い出した本人たちは、自分たちの主張することが世間一般では「トンデモ」であることはおそらく十分に認識している。そして、その上であえてそれをやり、見事、「炎上商法」に成功した。その経緯は、Vox.comのジャーナリストの記事を軸として、去年書いたエントリに入れてあるので、それをご参照いただきたいが、少し抜粋しよう。

ギネヴィアさんの記事は続く。ハッシュタグが、少数の賛同者の間でのやり取りによってトレンドして、彼らの小さな輪の外に出ると、彼らのメッセージに反対する人たちの目にも留まり、「とんでもないことを言っている」というような批判的なツイートが増える。そうして言及数を増やしながら、ハッシュタグは批判の声だけでなく元々のメッセージをも拡散していく。……

「スター・ウォーズ新作ボイコット」のハッシュタグが拡散したことで、実際に、大元のアカウントは大喜びしていることをギネヴィアさんは指摘している。そうしながら、「こう書くことで、私もまた、彼らの望みどおりの情報拡散に寄与している」とも述べている。

http://nofrills.seesaa.net/article/428177297.html


2015年に「スター・ウォーズ新作ボイコット運動」をやったのは、いわゆるAlt-Rightの人たち(ざっくり言えば「トランプ支持者」)だった。

そして、2016年12月、スター・ウォーズは『フォースの覚醒』に続いて、スピン・オフの第1作(ややこしいな)である『ローグ・ワン Rogue One』が米国などで封切られる。(日本での公開は2017年になってから。前作『フォースの覚醒』は全世界同時公開だったが、今回はそうではない。)

Rogue One will premiere at the Pantages Theatre in Los Angeles on December 10, 2016. It is scheduled to be released in certain European countries on December 14, 2016 before its North American release on December 16.

https://en.wikipedia.org/wiki/Rogue_One


ドナルド・トランプの当選で波に乗ってるalt-Right的には、「あれが去年成功したんだから、今年も成功するだろう」と見込んだのだろう。「スター・ウォーズの新作の封切」は自分たちの主張を拡散してくれる社会的装置にすぎず、どんな主張を乗せるかは後から考えたのかもしれない、とすら思う。ちょうど、「買いたいものがあるから100均へ行こう」ではなく、「100均の前を通りがかったらつい入ってしまったので、何か買おう」となるように、「炎上商法が効果的にできるスター・ウォーズの新作があるから、何かやろう」ということではないか、とすら。だって、選挙運動はもう終わっている。彼ら・彼女らはもう、ドナルド・トランプの当選のために尽力しなくてもよいのだ。回線切ってクソして寝てればいいご身分だ。

だが、彼ら・彼女らは寝ていない。

swrott.pngというわけで、日本時間で12月9日(金)の夜、 #DumpStarWarsというハッシュタグが、UKでTrendsに入っていたのだ(英国では金曜日の昼間のことだ)。

『ローグ・ワン』は、『フォースの覚醒』以上に「人種的多様性」に富んだキャストを迎えている。メキシコ人もいれば、パキスタン系英国人もいる。Alt-Rightが「ボイコットせよ」と叫ぶための材料はごろごろしている。つまり、逆から見れば、映画製作陣は昨年の「ボイコット」騒動にビビって今回の作品を白人だけで進める物語にしたりはしなかったということになるが、まあ、この規模の映画で1年前の「ネットでの騒動」によってキャスティングや登場人物の設定を変えるということはないだろう。そのことが気に食わなかったのかもしれない。こういう連中に主導権を握らせてしまったことについて、「ガクブル」なんて言葉では表現しきれない気持ちで見ているのだが(Brexit後の英国がどうなっているかを見れば、それが大げさなことではないのはおわかりいただけるだろう)。

ともあれ、その#DumpStarWars(「スター・ウォーズなんかもう見るのをやめよう」)のハッシュタグだが、Twitterの画面で上から順繰りに見ているだけではよくわからない。何がしたいのか、何が言いたいのか。

もっとも、6月の英国でのEUレファレンダムから、米大統領選前の選挙運動が激しくなってきた時期に、あまりにもトランプ支持者がうるさいので(ありとあらゆる話題、それこそ関係のないサッカーのEuroの話題にまで乗り込んできて演説してた)、目立っていたアカウントはすべてミュートするかブロックするかしてしまっているので、私には話の流れが追えない(話の流れがわかるようなアカウントをミュートしてしまっている)だけかもしれない。ログアウトして改めてハッシュタグを見ればよいのかもしれないが、そこまでは……っていう。

ハッシュタグをクリックしたときに私が見た画面は、下記のようなものだった。(タブを開いたまま数時間放置していたので、新着の数がすごいことになっているが、そこは無視していただければと思う。)

swroat10.png


要点はMomentsのツイートでわかる。そこに書かれているのは、Trendsの一覧のところで書き添えられていたのと同じ説明だ。

No, Star Wars didn't reshoot to include an anti-Trump message

(いいえ、スター・ウォーズはトランプに反対するメッセージを入れるために、撮影をやり直したりしていません)






Twitterでこのようなことを言うということは、「スター・ウォーズはトランプに反対するメッセージを入れるために、撮影をやり直した」という「うわさ rumours」(日本語でいう「デマ」)が流れているということだ。

スター・ウォーズみたいな勧善懲悪のわかりやすい物語で、悪者について、撮り直しなんていうめんどくさいことはしなくてよいのではないか……とか言ってると、「誰が悪者だー」と殴りかかってこられるのがTwitterなのだろう。

で、ここでMomentsを見るのが早いのだろうけれども(見たい方はこちらでどうぞ)、個人的に、Momentsでの表示ってただツイートを並べてあるだけで逆に見づらいし、そのまま検索結果をさかのぼってハッシュタグの発端まで行った方がわかりやすいだろうなと思った。

そしてそうした。

発端の部分はこういうふうになっていた。

swroat01.png


発端はこのPeriscopeの人、@JackPosobiecのようだ。このアカウントがどのようなアカウントなのか、プロフィール (bio) を表示させてみると:

swroat02.png


お、おう……

このあと、何かを書こうとしても何も書けないので、表示されていた画面を全部キャプチャした。さすがに1ファイルにはまとまらないので分割して貼り付ける。各自お読みいただきたい。

※少し重複があるが、画面そのものと同じように、新しいツイートが上に来るように配置する。あと、News Thumpというのはパロディ・ニュースのアカウントなので注意(Alt-rightをおちょくっている)。

swroat10.png


swroat09.png


swroat08.png


swroat07.png


swroat06.png


swroat05.png


swroat04.png


swroat03.png


swroat01.png


@JackPosobiecなどが始めたことは、「撮り直し」などという根も葉もないデマ(脚本家が全否定)をばら撒いて、「みんなが大好きなスター・ウォーズ」の人気を下げよう(そして関係する企業の株価に影響を与えよう)ということだろう。そのために「これまでずっとスター・ウォーズの新作を楽しみにしてきた俺、@JackPosobiecも、今度は愛想がつきた」という設定を用意したのだろう。(去年のは見に行ったんか。)

実際に@JackPosobiecはSWの大ファンで毎作欠かさず劇場で封切日に見てきたような人なのかもしれないが、だからといって、ありもしない話をでっちあげて、SNSという「オルタナティヴなメディア」で広めることは、全く全然1ミリも、理解の余地などない。

@JackPosobiecはドナルド・トランプの応援団組織の人だそうだが、このような「デマ」について、選挙でのトランプ陣営が何かするとは思えない。何しろ、選挙戦始まってからずっとこういう調子で、「編集者・校閲者のいないメディア」であるSNSで、数々の「デマ」を撒いてきたのがトランプ陣営なのだから。

そしてそこまでやっても、popular voteでは、一般の人々の人気がなくて困っていたヒラリー・クリントンの得票数に全然及ばなかったのがトランプ陣営だ。次にしようとするのは、「得票数を増やす」ことだろうが(じゃないと中間選挙がもたない)、そのために何をしようとしているのか……ひょっとして、洗脳かな。「スター・ウォーズがないと生きていけないようなSWマニアを、SWから離反させる」というのは、最も執着の強いものを捨てさせるということで、宗教(カルト)がかっている。オウム真理教などが「出家」した信者たちに、家族を捨てさせ、所有物を捨てさせ……といったことをシステマティックに行なって、「忠誠」の念を固めさせていったことを、連想しないわけにはいかない。

カルトはそのようにして心を支配した信者に「白か、黒か」の二元論を刷り込むのだが、それに対抗できるのは「多様性」だろう。その点でもいろいろ突かれるだろうが、表面的なことに惑わされてはならない(例えば「黒人でもトランプの支持者はいるので、トランプは人種差別的ではない」といったアホな理屈に納得してはならない)。

しかし、何という世の中になってしまったことか。

2008年、暗黒のブッシュ政権のあとでバラク・オバマが当選したとき、先は明るいように思われた。それが実に、夢のようである。



自分のツイート:












※この記事は

2016年12月10日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 12:02 | TrackBack(0) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444766486
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼