kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2017年03月17日

聖パトリックの日に、緑色ではない一角に接した。

時バエは矢を好む。もとい、光陰矢の如し。米大統領選の結果を見て「おーまいがー、来年はどうなってしまうのか」と言っていたのはつい最近のことのように思えるのに、その「来年」はもう3月の半分以上が過ぎ、今日は聖パトリックの日になってしまった。3月17日である。

聖パトリックの日といえば、東京でもだいたいいつも、風が春めいてきたなあなどと感じるころだが、今年は寒い。自転車に乗って横断歩道で停車中に、マスク越しに鼻まで届く沈丁花の芳香が乗ってくる風も冷たく、午後3時をすぎて日が傾きだしたあとは、昼間はぐるっと巻いていただけのマフラーを、ぐる、ぐると重ねて巻くことになる。

そういえば今日は金曜日で、ということはセント・パトリックス・デーが祝日となっているアイルランドの人々は3連休で、今日どんなに飲んでも二日酔いで仕事にならないなどという心配をする必要がない人も多く、Twitterを見てるだけで酒臭くなるレベルで酒臭いことになるだろう。そういえば水曜日くらいから、BBC Northern Irelandのサイトでは、例年3月17日は酔っ払いでひどいことになるベルファストの学生街が、今年は輪をかけてものすごいことになるのではないかという記事が出てたと思う。

というわけで、まあセント・パトリックス・デイだし、成分補給してくれそうなトラッド系の音楽でも聞くか、なるべくバラエティ豊かな方がいいから、コンピレーション盤を探してみよう……とやってみたら、多すぎて話にならない(笑)。みんな、アイリッシュ大好きだな!

……とか何とかやってるうちに、パディ・ライリーの曲が入った「麗しのベルファスト」というこんぴ盤がリストに出てきた。ダブリン出身で、サッカーのアイルランド共和国代表サポをはじめ、アイルランド共和国のスポーツの試合で観客がよく歌うThe Fields of Athenryとフォークソングの最も有名な歌い手で、ダブリナーズでの活動でも知られるパディ・ライリーの曲が、「ダブリン」や「南(アイルランド共和国)」とはちょっと距離感のあるベルファストをストレートに讃えるコンピレーションに入っているのは、珍しいんじゃないかと思った。

言わずもがなだが、北アイルランドにはダブリンやアイルランド共和国を拒否する人々と、ダブリンやアイルランド共和国とのつながりを求める人々とがいて、両者の対立が「北アイルランド紛争」の構図であった。前者が「ユニオニスト」、後者が「ナショナリスト」と呼ばれる。この「ナショナリスト」は「アイリッシュ・ナショナリスト」の省略であり、「アイルランド人」としての自己認識を持っている。「ユニオニスト」の「ユニオン」は「連合王国」のそれで、自分たちは「英国人」と認識している。で、ダブリンとの距離感が近いナショナリストが(打破すべき「英国による支配 British rule」の拠点である)ベルファストをストレートに讃えるということは、若い世代は別として、「紛争」の時代を生きてきた人々に関しては、イマイチ考えづらい。

ちなみに、「麗しのベルファスト」というタイトルを見てからここまで考えが至るまでに要した時間は、2秒か3秒だ。文字にすれば、「へえ、パディ・ライリーで、ベルファスト」くらいのものだ。

というわけで、その「麗しのベルファスト」というコンピレーションは興味深いものに見えた。どんなのだろう。「ブリティッシュ」でも「アイリッシュ」でもなく「ノーザン・アイリッシュ」という自己認識を抱いている若い世代の音楽家たちが、政治的な境界線など関係なく「自分たちの町」としてのベルファストを讃えつつ、パディ・ライリーのような大先輩に敬意を表し、ひとつの大きな流れとして「アイルランドの音楽」を見て、楽曲を提供してほしいと頼んだ企画だろうか。

Beautiful Belfastという2語と、パディ・ライリーの名前だけでここまで期待を膨らませていた私は、しかし、クリックして出てきたそのコンピ盤のジャケを見た瞬間、椅子の上でのけぞって、手のひらを外に向けて軽く曲げた指の関節を口のあたりに当てて「……おーっほっほっほ」と、そう、まるでマンガの月影先生のように笑うなり、椅子から落ちて床の上をごろごろしたのである。

そのジャケが、これ。

Beautiful Belfast

わかるでしょ?

わかるよね?

レッド、ホワイト&ブルーに、ベルファスト市庁舎。ユニオニスト/ロイヤリストにとってのシンボル、心の支え(だからこそ、ここに常時掲揚されていたユニオンフラッグを、ブリテンの各都市と同じく特別なときにだけ掲揚すると議会が民主的手続きで決めたときに、それに反対するユニオニスト/ロイヤリストが大挙して押し寄せ、いわゆる「旗騒動」という事態になったのだ)。

セント・パトリックス・デーで、緑色に染まっている私の見ている画面(下記)の中で、ザ・異質。

stpatricksday2017-tp.jpg


とはいえ、このコンピレーションは、セント・パトリックス・デーに合わせて出されたものではあるまい。雰囲気的に、3月17日というよりは7月12日っぽい……とAmazonのデジタル・ダウンロードのページを見てみると、日本語サイトでは "オリジナル盤発売日: 2014/3/3", "著作権: (C) 2010 IML Irish Music Licensing Ltd." となっている。3月3日に出てるのなら明らかにセント・パトリックの日狙いだが、著作権のところに「2010年」とあるので、元のリリースはきっと「2014/3/3」ではなかろう。リリース元の「アラン・レコーズ」(アイルランドとスコットランドのケルト音楽専門のレーベルのようだ)のサイトを見ても、「麗しのベルファスト」というアルバムは出てこないので、正確なところはわからないが、AmazonのUKのほうには "Original Release Date: 13 Aug. 2010" とあるので、おそらく2010年8月のリリース作品だ。8月のこの時期ということは、特に何かのイベントに合わせて出したのではないのかもしれない(デリーならアプレンティス・ボーイズの大きなパレードがあるが)。

とまあ、何やら謎めいているコンピレーションなのだが、内容は……ええっと、既にリンクしたAmazonで試聴ができるので(JPもUKも)、そちらでどうぞ。曲名を検索すれば、背景情報や歌詞なども調べられる。私は全曲は試聴すらできていないし、曲について調べるのは、今日じゃなくてもいいだろう。ちなみにパディー・ライリーが提供している曲は「女の裏切りでタスマニアに流刑となった男」を歌ったトラディショナルな歌だ。

以下、今日のツイートから。














































下記。1954年の東ドイツ(GDR)のポスター。題材は1923年に発表された戯曲で、物語は1920年にセットされている。このポスターには、アイルランドを南北に分かつ境界線がない。つまり「統一アイルランド」は実現されている。それが1920年の現実を意図したものか、1954年の「東側」の「闘争」への共感を表したものかはわからない。



下記はアメリカの雑誌の表紙。1940年、第二次大戦中だ。シャムロック型のケーキには「○○警察署のみなさんへ」という文字が見て取れる。米国において、アイリッシュといえば警官や消防士だ(という類型がある)。

















※この記事は

2017年03月17日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:00 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448071575
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼