kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2018年06月11日

英国のEU離脱とロシアの関係についてオブザーヴァーの調査報道記事が出る直前に、「サンデー・タイムズのスクープ」という〈物語〉がBBCなどでもでっち上げられた件

6月10日付のオブザーヴァーで、Brexitを強力にプッシュしたキャンペーン・グループに活動資金を出してきた富豪が、これまで考えられていたより深くロシアとつながっていたという疑惑が裏付けられたという報道があった(オブザーヴァーはガーディアンの日曜版で、ウェブサイトへの掲載は前日の土曜日、9日の深夜というタイムスタンプになっている)。記事に署名があるのは、Facebookとケンブリッジ・アナリティカに関する調査報道で陣頭に立ったキャロル・カドウォーラダー記者。

Arron Banks ‘met with Russian officials multiple times before Brexit vote’
Documents seen by Observer suggest multiple meetings between 2015 and 2017
Carole Cadwalladr and Peter Jukes, Sat 9 Jun 2018 23.35 BST
https://www.theguardian.com/politics/2018/jun/09/arron-banks-russia-brexit-meeting
The communications suggest:

- Multiple meetings between the leaders of Leave.EU and high-ranking Russian officials, from November 2015 to 2017.

- Two meetings in the week Leave.EU launched its official campaign.

- An introduction to a Russian businessman, by the Russian ambassador, the day after Leave.EU launched its campaign, who reportedly offered Banks a multibillion dollar opportunity to buy Russian goldmines.

- A trip to Moscow in February 2016 to meet key partners and financiers behind a gold project, including a Russian bank.

- Continued extensive contact in the run-up to the US election when Banks, his business partner and Leave.EU spokesman Andy Wigmore, and Nigel Farage campaigned in the US to support Donald Trump’s candidacy.


私がこの記事に気づいたのは日本時間で10日の朝8時前のこと。ガーディアンのスマホのアプリをチェックしたときにトップニュースになっていた。

スクショを取っておかなかったのが悔やまれるが(その後、所用を済ませて夕方になるころにはトップニュースはG7サミット閉幕の記事に切り替わっていて確認できず)、Exclusive(オブザーヴァー独占)とは書かれていなかったと思う。だが、形式的には「オブザーヴァーが確認した文書によると」なので「独占」という扱いで出ててもよいはずだ。

「他のメディアにも同じ文書がばらまかれて、各社一斉報道ということなのかな」と思ったが、その時点ではBBCには記事がなく、「各社一斉報道」の線は消えた。

何だろうな、という疑問が解けたのは、所用を済ませたあと、夕方になってパソコンを立ち上げたあとだった。Arron Banksの名前がTrends (UK) に入っていたので、「オブザーヴァーのスクープ(だと私は思っていた)が大反響のようだ」と思いながらクリックすると、目に飛び込んできたのはオブザーヴァーではなく、サンデー・タイムズの記事についての大量のツイートだった。2紙同時報道? ネタかぶり?





このエントリを書きながら2紙の一面を #tomorrowspapertoday のハッシュタグなどで確認してみたら、次のようになっていた。ウェブ版とは多少の異同はあるだろうが、こういうふうな報道である。
DfSFe1wXcAAM9Ed.jpg

サンデー・タイムズが一面に持ってきている写真は、2016年11月にドナルド・トランプが大統領に当選したあとのもので、トランプのもとにお祝いに駆けつけた「友人一行」だ。実際にはこの4人の左右にさらに1人ずついて全部で6人の記念写真だが、サンデー・タイムズの使っている写真での4人は、左から、アーロン・バンクス(Leave.EUの資金提供者)、ドナルド・トランプ、ナイジェル・ファラージ(Leave.EU、UKIP)、アンディ・ウィグモア(Leave.EUのスポークスパーソン)。

というわけで、以下、日曜日の夕方に、Arron Banksの名前がTrendsに入っているのを確認したところから、順を追って記録しておきたい。

まず目に入ったのはサンデー・タイムズの記者のフィード。



タイムズとサンデー・タイムズのウェブ版は、記事そのものは、有料登録していないと読むことができないのだが、見出しとリード文、書き出し部分は誰でも読める(タイムズのウェブサイトでのペイウォール構築後、一時は見出しでさえ見れない&記事URLさえわからないくらいに徹底して非登録者を排除していたが、最近は見出しと書き出し3段落くらいは非登録者でも読めるようになっているし、URLも公開されている)。

そこで記事を見てみると、驚いたことに、Exclusive(独占)と銘打ってある。
https://www.thetimes.co.uk/article/exclusive-emails-reveal-russian-links-of-millionaire-brexit-backer-arron-banks-6lf5xdp6h
sundaytimes10june2018arronbanks.jpg

いやいや、「スクリパル事件後に英国から追放されたロシアのスパイによって紹介」とかいう細部はともあれ、「アーロン・バンクスとロシアとの関係の本当のところ」は、オブザーヴァーでも報じてるじゃない。

目をぱちくりさせながら、登録なしで読めるところだけ読んでみる。




Twitterでは、アメリカの人たちを含め、影響力のあるTwitterユーザーが複数、(オブザーヴァーではなく)このサンデー・タイムズの記事をツイートしていた。(この件に関して、なぜアメリカでの関心が高いかというと、この「Brexitの背後で何かがうごめいていた」というスキャンダルはイギリスだけでは終わらない話だからである。)


















※サンデー・タイムズ記事の要点を連ツイしているAnne Applebaumさんは、英国の主要メディアでジャーナリストとして活動してきた人で、今は学者としてロンドンのLSEに籍があるが、ワシントンDC出身のアメリカ人で、WaPoなどでいわゆる「フェイクニュース」に対抗するための活動を行っている。Caroline Orrさんは行動科学者でフリージャーナリストでShareblue Mediaというアメリカのオンライン・メディアの中の人の一人だが、国際関係についての発言がよくRetweetされている。David FrumさんはThe Atlanticの編集長。Donie O'SullivanさんはCNNの人。Carole Cadwalladrさんはガーディアン/オブザーヴァーの記者(後述)。

フォークストン選挙区の英国会議員(下院議員、保守党)のデイミアン・コリンズ氏も、サンデー・タイムズを参照している。ちなみにウィキペディアで確認できるが、この議員は2016年のEUレファレンダムのときはRemain陣営(EU残留派)だった。




……というように、TwitterのTrendsで見て回ってみたところ、サンデー・タイムズの報道内容がオブザーヴァーのそれと大きく違っているようには思えない。オブザーヴァー/ガーディアンとサンデー・タイムズ、ジャーナリストがたまたま同じネタをつかんでいたのだろうか? それで同時に一面トップに?

いや、それも不自然だ。だってサンデー・タイムズはBrexit推進してた新聞のひとつ。同じネタをつかんでいたのならシカトする方向に行くだろう。それが一面トップとは、方針転換でもしたのか? まさか。

……ということについての疑問に答えを示してくれていたのは、英国のジャーナリストたちだった。

ピーター・ゲガンさん(OpenDemocracy)は「妙な書きぶりだが、アーロン・バンクスのゴーストライターであるイサベル・オークショットが、問題のメールを公にしたと書いてあるように読める」と指摘。


Jim Watersonさん(ガーディアン、元BuzzFeed UK)は「ややこしいなあ(棒読み)。アーロン・バンクスがロシア大使と会っていたことを示す複数のメールを所持していたのはバンクスのゴーストライターで、サンデー・タイムズの政治部編集だった人。だが自分はハッキングにあったのだと言っていて、で、サンデー・タイムズもそれらのメールを見たのだという」。


これについて、オブザーヴァーの記事を書いたキャロル・カドウォーラダーさんは、日曜朝のBBCの政治系インタビュー番組、「アンドルー・マー・ショウ」が当該のネタを「サンデー・タイムズのスクープです」と呼んだことに関して皮肉な調子で注意喚起し、「金曜日に私たちが(日曜の)オブザーヴァーに掲載する記事の内容を把握したときに、イサベル・オークショットはサンデー・タイムズに駆け込んだんだ」と述べている。




BBCのアンドルー・マーの番組がこの報道を「サンデー・タイムズのスクープ」と扱い、サンデー・タイムズ自身も「独占」と銘打っていて、さらに、トップページには "THE KREMLIN CONNECTION" と題した記事3件を含めて関連記事が横に4件も並んでいる(4番目の、ガスリー卿が馬から落ちて落馬している昨日のパレードでの写真は、クレムリン・コネクションとどう関係があるのか、さっぱりわからないが)。

sundaytimes10june2018top.jpg

カドウォーラダーさんがガーディアンでこの件でいかに粘り強く深い調査報道をおこなっているかということで強く印象付けられている私としては、今日のサンデー・タイムズのトップページには、「まあまあ、そう焦りなさんな」とお茶を入れてあげたくなってきた……が、そんなにきれいな話でもないようだ。


サンデー・タイムズの自称「独占」報道のキーパーソンであるイサベル・オークショットは、EU離脱の旗を振ったLeave.EU(保守党のキャンペーン団体とは別の、ナイジェル・ファラージらの団体。アーロン・バンクスがパトロン)に対するキャロル・カドウォーラダーの調査報道を、テレビなどで攻撃していた人物だ。









人それぞれ意見や見解はあるだろうが、万人が共有すべき事実として確定したのは、イサベル・オークショットが問題のメールを持っていたこと。つまりイサベル・オークショットは「ジャーナリスト」の立場にありながら、アーロン・バンクスとロシア大使とのつながりについて知っていて、そして今までずっと黙っていた。そのことが引き起こしている怒りはかなりのものがある。


そして「オークショットをめぐる金の動きを洗え」という声も。




Jessica Simorさんが指摘しているオークショットの本の出版元、Biteback Publishingについては下記。
https://en.wikipedia.org/wiki/Biteback_Publishing

保守党の政治家の著作が目に付くが、労働党の政治家の著作もけっこう出している。ほか、ジェレミー・コービンが労働党党首になって以来急にぎゃあぎゃあと騒がれるようになった「左翼の反ユダヤ主義」についての書籍も出してるし(なお、言うまでもないことだが、「反ユダヤ主義」において最も深刻なのは極右の暴力的なそれである。イスラエルの政策を批判することを「反ユダヤ主義」と位置づけるような方向性をとる人々は、極右の暴力的な反ユダヤ主義はなぜか問題にしないことが珍しくないのだが)、元ウィキリークスで元ガーディアンのフリーランス・ジャーナリスト、ジェイムズ・ボールによる「フェイクニュース」に関する優れた著作(下記)も出している。つまり、「看板だけで実体のない出版社」というわけではないし、「身内だけでヨイショしあっている同人出版社みたいなもの」でもない。だからこそ、「カバーとして完璧」だ。ジェイムズ・ボールの本はおもしろいから読む価値があると思うけど(編集もよい)、正直なところ、この出版社にはあまりお金を落としたくないなという思いはある(ロード・アシュクロフトだしね……)。
1785902148Post-Truth: How Bullshit Conquered the World
James Ball
Biteback Pub 2018-03-27

by G-Tools


オークショットももちろん保身に必死なようだ。ロシアとのつながりを批判しながら、Brexitを支持するだけの簡単なお仕事に余念がない。


「アーロン・バンクスとロシアの繋がりについて、有権者が知っていたとしても、それでもなお投票結果は同じになっただろう」とオークショットが言う根拠は、レイチェルさんが貼り付けている抜粋からだけではわからない。言い切っているからにはオークショットなりの根拠はあるのだろうが、レイチェルさんの書きぶりを見るに、根拠など示されていないか、あるいは示されていてもその根拠には説得力がないのだろう。

やれやれ。 ̄\_(ツ)_/ ̄



……と言って終わるわけにいかないのが、攻撃対象とされてきた調査報道ジャーナリストのキャロル・カドウォラダーさんだ。彼女のTwitterは「激おこ」状態でありながら理路整然としてて、すさまじい。


日本時間で8日(金)の夜(英国では同日午後)、Leave.EUのアカウントで、アーロン・バンクスからデイミアン・コリンズ議員(上述。保守党所属のフォークストン選挙区選出議員)に対するレターが公開されていた。議会の中でEU離脱(というかシングル・マーケット離脱)を食い止めようとしている議員たちについて「魔女狩り」だの「フェイクニュース」だのといった感情的な言辞を使って批判する(というより「ディスる」)内容だ。


この中で名指しされていたカドウォラダーさんが、次のように反応した。


あははははは、アーロン・バンクスが持ちこたえられなくなってきて口をすべらせたらしい。

そしてそのころ、バンクスとその側近であるアンディ・ウィグモアは、公開の場での質疑応答を避けるというわかりやすい行動に出ていた。



コリンズ議員のツイートにある「ミシシッピ」は、米国のミシシッピ州で法廷沙汰になっている件。ケンブリッジ・アナリティカ方面で顕著な活動をしてきた米国のデイヴィッド・キャロル教授のツイートを参照(なお、これらのツイートは、カドウォーラダーさんのタイムラインにあるものを拝借してきている):


(ほんとね、数年前の「これからはビッグデータだ」っていうハイプ、あれは一体、本当は何だったのかということを、ロバート・マーサーと彼の企業を軸にして、しっかり検証したほうがいいと思うよ。FBだの何だのに加えて、スマートウォッチだのスマートスピーカーだのが本格的に日常に浸透してくる前に。)

コリンズ議員の発言には、バンクスはこのように反応している:


そしてバンクスのおこなっている印象操作的なものを、その場で消火して歩いている人もTwitter上にはいる。


こういう不毛な作業もまた、この「高度情報化社会」(笑)には欠かせない。とかく「言った者勝ち、印象を操作した者勝ち」になる情報空間において、事実確認もせずに感情的に反応するだけの言葉があふれかえるであろう中で、少しでも「事実」の居場所を増やすこと。

「事実」なんて、ほっといたら、誰にも見向きもされない。その「事実」がよほどわかりやすく魅力的であれば別かもしれないが。

閑話休題。

バンクスのいやらしい煽りは続く。


コリンズ議員は保守党の人だ。そして保守党で「ガーディアンがお気に入り」であることは好材料ではない。そしてバンクスはコリンズに話しかけているように見えるが、Twitterでそうしているということは、Twitterを見ている有権者や保守党員に向かって話しているわけだ。陰湿。

だがコリンズ議員は淡々と、クールに受け流している。


この件、最終的にどうなったかというと:
Hours after the Observer contacted them for comment on Friday, they published a letter stating they would not attend the hearing, and accused the committee of colluding with a pro-Remain campaign group.

But on Saturday Banks suggested that he would attend after all, and accused the Tory chairman, Damian Collins, of colluding with journalists.
https://www.theguardian.com/politics/2018/jun/09/arron-banks-russia-brexit-meeting


一方、カドウォーラダー記者に対してバンクスは:


このバンクスのツイートへのリプが全部おもしろい。1つだけ引いておくと:

さらに、カドウォーラダー記者:



まとめると、アーロン・バンクスはあたまにきてツイッターできしゃをといつめようとした。アーロン・バンクスはおおきなぼけつをほった。

カドウォーラダーきしゃはげきおこだ。むかしやられたことを、あらためてひとめにさらす。




こういう脅しが、おこなわれているんですね。


そして、アーロン・バンクスと深くつながってる記者が関係するサンデー・タイムズの「自称・スクープ」についても、カドウォーラダー記者は厳しく指摘する。




つまり、ロシア大使と会ったのは1度なのか、それとも複数回かというカドウォーラダー記者の問い合わせに対し、アーロン・バンクスは「今は確認ができないので、日記や事務所のパソコンを調べてから返事をします」と言ったまま放置していた。

そして、その間にサンデー・タイムズに関係するイサベル・オークショットに話をしていたのだろう。

そしてサンデー・タイムズがやったことは:

さらにこれにBBCのアンドルー・マーなども乗っかって、「サンデー・タイムズのスクープ」という〈物語〉を作り上げた。

オブザーヴァー/ガーディアンが記事を出す前に。

だからオブザーヴァー/ガーディアンが出遅れたのだ(記事のタイムスタンプを見ると、サンデー・タイムズがオブザーヴァーより5時間ほど早い)。











……すごい。

さて、サンデー・タイムズ記事が出たあとも、オブザーヴァーのカドウォーラダー記者はバンクスの返事を待っていた。


が、結局返事は来なかったようだ。彼女のTwitterのタイムラインは、上のツイートの次は記事の公開の告知である。

続けて報道内容要旨:











そして記事を出した彼女のところへは、公開の形で、(公開されていたが埋もれていた)情報が寄せられる。



話が前後するけど、アメリカとのつながり。アーロン・バンクス、ナイジェル・ファラージは、ドナルド・トランプと仲良しだ。そして……




英国の保守系メディアは、Leave.EUとロシアとの関係が露呈されたことを矮小化しようと必死なようだ。



というわけで、今回、サンデー・タイムズがやったことをまとめるとこうなる。

かつて、サンデー・タイムズといえば「英国で日曜日に出る新聞の中で最も信頼性が高い新聞」だった。イスラエルの核開発スクープ(モルデハイ・バヌヌさん)など、国際報道でも大きな役割を果たしてきた。シリアのホムスで狙われて殺されたマリー・コルヴィン記者がスリランカなどからすさまじい人道危機を報じていたのもサンデー・タイムズだ。でも、それはもう、過去の話である。ただでさえメディアの経営環境が厳しくなっていろいろと方針転換などがなされているわけだが、BrexitのBritainでは、サンデー・タイムズのようなメディアも「言った者勝ち」の熱狂のビッグウェーブに積極的に関わる。

一方で「サンデー・タイムズ砲」の威力は大きいようで:


余談だけど、デイリー・メイルのPaul Dacreが半年もしないうちに退くことになってて、その後任がメイル・オン・サンデーの現在の編集長。メイル・オン・サンデーはデイリー・メイルとは少し違う方針だそうだが(私は現物は見たことがないから全体としてはわからない)、メイルでまともな調査報道がおこなわれているのはサンデーのほうという印象もある(が、ウェブサイトが別々になっていないので、はっきりとわかるわけではない)。

ちなみにコリンズ議員は、「火曜日に下院のCMS委員会でアーロン・バンクスとアンディ・ウィグモアから話を聞くことになっている」と述べているが:

それに対し、ケンブリッジ・アナリティカの内部告発者(ピンクの髪のエンジニアの青年)、クリス・ワイリーさんは次のようなことを述べている。

「これらのメールや文書を自分の目で見たことがあります。何ヶ月も前に、英米の情報機関にはお伝えしてあります」。

こういう流れの中で、一連の疑惑の台風の目である米大統領がG7サミットで「ロシアも仲間に入れよう」と言ったり、G7首脳の合意文書に関するちゃぶ台返しをしてサミットを終えたり、「リベラル」な政権のもとにあるカナダを滅茶苦茶にけなしていたりといったことが起きている。

(・・)

(o_o)

(O O)

そして、きっと「国際社会」が「トランプ劇場」に振り回されることになるであろう今週前半、私のヲチ先はシンガポールのキム・トランプ会談ではなく、こちらだ。




ちなみにアーロン・バンクスは墓穴堀りの達人である。すっごいヒマだったら、見てるとおもしろいんじゃないかと思う。そのくらいの達人。



そして今回も、カドウォーラダーさん相手に墓穴を掘っているらしい。つまり、オブザーヴァーの独占スクープをつぶしたサンデー・タイムズ記事の情報源は、アーロン・バンクス本人だという話。カドウォーラダー記者が記者としての仁義を通して、どんな疑惑があるかについてバンクスに細かく伝えていた(その上で質問した)のだが、そこから「これは」察知したのだろう、バンクス自身が対抗媒体に駆け込んだということのようだ。







一方でバンクスは、質問には返答せず、ツイッターでこんなことをやってる。これではまるでカドォーラダー記者とピーター・ジュークス記者が不正な手段で他人のコンピューターに侵入したみたいじゃない。マジでこれ、名誉毀損で法廷に行けるレベルでしょ。





バンクスのこの攻撃に対し、ジュークスさんは「そんなことより質問があるんですが」と攻勢に出る。ギャラリーのいるところでこれをやる。


あっ、ゴール前にもう1人飛び込んできましたね……急にボールが来ても対応できる人が。


この一連の調査報道、まだまだ奥は深い。他のピースもつなぎ合わせていかなきゃならない。








そして月曜日のガーディアン。




この「不思議の国、英国」での、アメリカ基準とはかけ離れたジャーナリズムのめちゃくちゃさについて、The Daily Beastが記事にしているとのこと(私は未読)。ツイートにあるだけでも、ひどい話だね。こんな人、「ジャーナリスト」として扱っていいものなのか?




ところでこの「不思議の国」っぷりを見ていると、アメリカ人には疑問が生じるようだ。当然の疑問が。

これ、たぶん、「public inquiryの実施」だと思う。んで、その「パブリック・インクワイアリー」というものが、2005年(労働党ブレア政権)の法律改訂で、おかしなことになっちゃったんだよね。つまり「なるべく実施させない方向」が強化された。その改訂の原因というか背景が、北アイルランド紛争におけるstate murder(が疑われる)事例の数々。つまり、英国という国家にとって、北アイルランド紛争での一番汚い部分を明るみに出させまいとする方向の改訂で、これを労働党政権がやった――というより、1998年のグッドフライデー合意を実現させたブレア政権がやったことの意味は、とんでもなく大きいと思う。どのくらい大きいかというと、ジョン・ル・カレの小説の最後の1ページくらい。その1ページですべてが変わる、っていうね。

※この記事は

2018年06月11日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 09:31 | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼