kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2008年06月06日

北アイルランド自治政府、無事首相・副首相指名(イアン・ペイズリー引退)

さて、結局「交渉魔」は何を交渉したのか不明なまま、北アイルランド自治政府のファースト&副ファーストミニスターが指名された。予定通り、前者がピーター・ロビンソン(DUP)、後者がマーティン・マクギネス(シン・フェイン)だ。

Robinson is new NI first minister
Page last updated at 14:44 GMT, Thursday, 5 June 2008 15:44 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/7438306.stm

こういう、ごちゃごちゃしているときはベルテレさんとかUTVとかを見ると余計にごちゃごちゃしてしまうので、あえてBBC一本で。

両者の受諾演説を記事から。まずロビンソン:
The new first minister said it was important that "people learned from the past, not live in it".
...

Addressing a special sitting of the assembly, Mr Robinson said: "If devolution is to be meaningful to the people of Northern Ireland then the responsibility for delivering results rests with all of us.

"Of course the deputy first minister and I will have to roll up our sleeves - and neither of us will duck the challenges or recoil from the hard work that such tasks require."

非常に形式的というか事務的というか、どっかの社長の訓示みたいです。「過去から学んだのであり、過去に生きているのではない」は、DUPのシン・フェインとの関係をいう婉曲表現だけど、それ以外は特に何か行間が読める箇所も、上記抜粋部分にはない。

続いて、マクギネス:
Mr McGuinness said: "The honeymoon period is over. This is now about hard work, people out there expecting results and we are here to deliver."

He added: "We are determined to bring an early conclusion to the talks that begin tomorrow to resolve all of the issues outstanding from the St Andrews Agreement."

うむ、期待通りこちらは「シニフィエは何? シニフィエは? ねぇねぇ教えて!」な感じでステキ! 「セント・アンドリュース合意からずっと積み残しになっている問題すべて」には、当然、アイルランド語法とかpolice and justiceの件とかMaze跡地再開発問題とかがあるのだろうけれど、IRAの解体は? UDAの武装解除は? UVFの解体は?

そして、このエゴばりばりマッチョイズム全開の二大政党以外の政党党首のスピーチが、うはは、毒舌の見本市。(笑)
Ulster Unionist Sir Reg Empey said: "The problems we face do not lie in London and they do not lie in Dublin. The unresolved problems lie here Mr Speaker, in this chamber." (太字にしたところでお茶ふいた)

The SDLP's Mark Durkan said the potential crisis was "a result of political showboating, coming particularly on the part of Sinn Féin". (いつもどおり真面目……でも毒舌)

David Ford of the Alliance Party said it was time "those who have been charged with government in this place actually took up their duties and stopped acting like squabbling children".  (「子供のケンカ」って、きっつー)


なお、ロビンソン指名の前にイアン・ペイズリーが正式に退任したときのスピーチは、私にとっての「DUPらしいスピーチ」そのもので、これがもうNIニュースで読めなくなるのは、悲しくはないが感慨深いものがある。
"We have come from darkness into light," he said.

"I think this 12 months that we've had has been one of the most important 12 months of Ulster's modern history."


ね、ちょっとしみじみするでしょ。ところがBBC、間髪入れずにツッコミ。(笑)
It is 14 months since devolution was restored.

いいじゃん、エクゼクティヴ再起動の儀式は2007年5月なんだから、「12ヶ月」で。

そして、お待たせしました、トリはこの方!
Assembly colleagues paid tribute to Mr Paisley.

Mr Adams said: "Ian Paisley has been part of the political landscape for as long as I can remember.

"And he may be pleased to know that it was his desire to visit the Falls Road and Divis Street in 1964 that first whetted my interest in irish politics."

BBC記事、何の前振りもなくいきなり Mr Adams と書いているのは、記事の書き方として少々雑なのでは、とどうでもいいところにツッコミ。

そしてアダムズの発言内容――「私の記憶にある限りずっと政治に関わってきた人物」、「ペイズリーが1964年にフォールズ・ロードとディヴィス・ストリートを訪れたことで私は政治に興味を持った」――ぎゃはははは。「送る言葉」として最強のイヤミだろう、これは。

結局、すべてを始めたのはペイズリーなのだ。弱小組織だったIRAがボーダーキャンペーンに失敗してなりをひそめていたときに「プロテスタント」をあおりたて、暴力の時代の開始を促進したのは、ペイズリーだった。その彼が、暴力の時代を終わらせた。

ブレアはこれをどういうふうに中東にアプライするつもりなのだろう。



BBC記事の最後に、「指名」の儀式の映像がある。はじめはDUP(第一党)、次がシン・フェイン。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/7438306.stm

DUPは、前党首のイアン・ペイズリーが(宗教的な文言を用いて)ロビンソンを指名。

シン・フェインは、党首のジェリー・アダムズがアイルランド語で何か挨拶をし、指名の前にまず「ナイジェル・ドッズ議員のご家族のご不幸にお悔やみを」といったことを述べ(英語)、それからアイルランド語と英語で「マーティン・マクギネスを指名します」。しかしシン・フェイン側の議員席、正直こわいんですが、雰囲気が。特にジェリー・ケリー(アダムズの左側の顔)。

それから両者が議長に指名され起立して受諾の宣誓。

ここで映像終わりです。2分半くらい。



ロビンソンのスピーチ全文:
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/7438510.stm

最初はイアン・ペイズリーへの言葉(かなり長い)で、本題は次の部分から下。
Yet, Mr Speaker, we must remember that it is only half the job. There is still so much work to be done. A year on, the settling-in period is now over. The time for the executive and assembly to deliver has arrived. There is much important work to be done.

We must secure the peace that has been achieved and remove, once and for all, the last vestiges of all paramilitary organisations and activity that has for too long marred our province.

We must grow the economy and build the prosperity that can help the lives of all the people who live here.

We must address unresolved issues in a way that commands the confidence of our community.

And we must work to transform the institutions to ensure that we move smoothly to democratic normality in the years ahead.

If devolution is to be meaningful to the people of Northern Ireland then the responsibility for delivering results rests with all of us. ...


太字にした部分に「パラミリタリー組織すべての解体」がある。今後数ヶ月のうちにこの点で進展があるかどうかが最大の鍵かな。

あと、下の方に「数週間後にブッシュ米大統領がNIを訪問」というのがあるんだけど、これってキャンセルになったというのをどっかで見たような気もしたのだけど、勘違いか。

米共和党のマケイン大統領候補は「アルスターマン」だって主張したかったのがやりすぎたみたいだし、そういう意味もあっての北アイルランド訪問かもしれないなあ。どうでもいいや。



ペイズリーの引退に「送る言葉」、各党から。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/7438313.stm

ジェリー・アダムズ(お茶ふき警報出しておきます):
He is living proof of why a politician should never say never - or never, never, never.

Today I want to commend Ian Paisley. Today is a day to praise Caesar, not to bury him.

I want to thank Ian Paisley for the way he fulilled his role as first minister alongside Martin McGuinness. He certainly had a lot to put up with. I want to commend Martin McGuinness who also had a lot to put up with.

Throughout all our engagements I found Ian Paisley to be cordial and respectful.

I wish Dr Paisley well. I also want to extend my best wishes to his wife Eileen and to all their family.

笑いすぎておなかが痛い……これだけイヤミを言っておいても「送る言葉」として形になってるのがすごい。

UUP、ダニー・ケネディ副党首(一部抜粋):
It surely is the case, we shall not see his like again.

げに。最後に「議員はお続けになられることはわかっているが」として、アダムズと同様、「お達者で」の言葉。

SDLP、デクラン・オローン議員:
In these past 14 months, he has done the right things, indeed the only things that could create a society here that would be at peace.

Those things involved the elements of partnership government and North-South co-operation that this party has always stood for.

However, we cannot ignore the fact that Ian Paisley stood resolutely against those things for all those long years. But today, I recognise him for what he did in the end.

I and my party wish him, along with his wife, Baroness Paisley, and their family, well for the future.

「両方」を明示する、という点でお手本のようなきれいな文だ。

アライアンス、デイヴィッド・フォード党首:
As he steps down from the office of first minister today, it is right to recognise that Ian Paisley did finally agree to take part in the current arrangements for the formation of an executive.

I suspect that his act of taking office will be seen as more significant than anything that was actually achieved by that executive over the last year.

On behalf of my colleagues, I wish the former minister and his wife a happy retirement from politics with their family.

英語の構文が難しいんですけど。(笑)NI議会で、なんかこの人たちだけ妙にインテリくさいのはいつものことなんだけど。

PUP、ドーン・パーヴィス党首:
He has offered a new hope, I think, a role model in joining with Sinn Fein in government and showing our community that there is a new way forward.

I wish him well and his family well for the future.

ステキなイヤミ、なのかな。「ウィットに富み、『物は言いよう』という態度をまったく見せない率直さがあり、カリスマがあり、言うだけでなく実際に取り組む」という人物だったらしいデイヴィッド・アーヴァインならどう言っていただろう。



ガーディアンでたまたま見つけたので。
Tensions return to Ulster politics as Paisley says farewell
http://www.guardian.co.uk/politics/2008/jun/06/ianpaisley.northernireland

変な記事タイトル(笑)。1年経ってもやっぱり慣れてないというか、なんで「ペイズリーがいなくなって緊張状態が戻る」のだろうと一瞬考えてしまう。

BBCで明示されていない「問題点」を少し。
The main disputes between the DUP and Sinn Féin revolve around security and justice. Republicans clam that the St Andrews agreement stipulated that policing and judicial powers should be handed over to the Northern Ireland assembly within a year of devolution. The DUP is reluctant to see former IRA leaders, such as Gerry Kelly, gain control over such sensitive matters until the organisation has taken one further step and dissolved its ruling seven-man Army Council.

ジェリー・ケリーの顔が怖いのは元々なのだけれど(失礼)、さっき見たBBCの映像でいつにも増して険しい顔でジェリー・アダムズの隣にいたのはやはりこの件なのかなあ、とかんぐってしまう。アダムズも目線は下のままだったし。シン・フェインがどこかで大幅な譲歩をしたのかもしれない。これは数週間後にまた「歴史的 historic」な何かがあるかもしれないなあ。

それと、ペイズリーの退任の挨拶から:
In a valedictory message, Ian Paisley, the outgoing first minister and North Antrim MP, reasserted his belief in the need for former enemies to work together.

"The deputy and myself had some very strong arguments ... but we never used bad language against one another," he said. "We were prepared to differ and were prepared to do what we felt ... was best for the people of Northern Ireland.

"I have found a sea change in the whole attitude of people, not only towards myself but towards what we are doing here."


※この記事は

2008年06月06日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 09:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さっそくお騒がせ。ピーター・ロビンソン夫人でMPでMLAのアイリス・ロビンソン(夫と同じくDUP所属)が「同性愛者はカウンセリングを受けて云々」と発言。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/7439661.stm

金曜日に、BBC Radio Ulsterのノーラン・ショウに出たアイリス・ロビンソンは、「一緒にお仕事させていただいてます方にね、とってもいい精神科医の方がいらっしゃいますの。敬虔なクリスチャンで、同性愛者を助けようと活動してますのよ、ほほほ。同性愛者が関わっている(engaged in)ことから離れさせて差し上げましょうって。ええ、ホモセクシュアルの方全員に、この先生に会っていただきたいと思ってますのよ。これまでにこうやってヘテロセクシュアルになった方もいらっしゃいますし」と語った。(文体は「超訳」、ただし失敗。)

これにレインボウ・プロジェクトの人がカチンときて、アイリス・ロビンソンに面会を申し入れた、という段階だそうです。

アイリス・ロビンソン:
http://en.wikipedia.org/wiki/Iris_Robinson
1949年生まれ。自治政府では閣僚ではないのだけど、Spokesman for Health, Youth and Womenの要職にある。

http://www.theyworkforyou.com/mp/iris_robinson/strangford
> Voted moderately against equal gay rights
http://www.publicwhip.org.uk/mp.php?mpid=1846&dmp=826
欠席が多いからmoderatelyになってるぽいなあ。

※「ゲイ差別はイスラム教の問題」とかいう見方をしている人がもしいたら、こういう事例が「英国(の一部)」にあることを、どうか認識だけでもしてください。ただし短絡はしないでください。
Posted by nofrills at 2008年06月06日 19:58

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼