kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2008年03月14日

イラン人19歳男性について、一応の朗報

40歳女性の件の展開を見せられた直後では手放しで喜ぶことはできないが、一応、朗報。19歳イラン人男性の難民申請について、英内務大臣が「再考する」と述べました。日本時間14日午前2時過ぎのニュース。

Gay Iranian deportation reviewed
Last Updated: Thursday, 13 March 2008, 17:12 GMT
http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/7294908.stm

つまり、彼がオランダから英国に身柄を戻されてすぐさまイランに送還される、という危険性は、なくなりました。最悪の場合、オランダからの便が英国に到着して、そのままテヘラン行きに、という可能性も考えられただけに、これはひとまずは「よいニュース」だと私は思います。ご本人はハンストもしているとのことで、精神的にも身体的にも疲労困憊していると思われ、何もしていない自分が「ほっとした」などというのは極めて不適切なのですが、私は感情としては、いくらかはほっとしました。

あとで書き足します。書き足しました@15日朝。「続きを読む」でどうぞ。

BBC記事の内容:
英国で難民申請を却下されたイラン人19歳男性のケースについて、ジャッキー・スミス内務大臣【注:ジャッキー・スミスは女性なので、以下の「彼」は19歳男性を指す】が再検討を行なう運びとなった。スミス大臣が再検討をしている間、19歳男性のイランへの送還は延期となる。

19歳男性はオランダに渡っていたが、オランダでの難民申請は通らなかった(ため、英国に身柄を戻される)。イランにおいては同性愛行為は違法であり(Homosexual acts are illegal)、この男性のボーイフレンドは自身が処刑される前に男性の名前を告げていた。

スミス大臣は、「19歳男性に代わっての陳情があり、また、当初の決定がなされて以降の情勢の変化にかんがみて、私は彼がオランダから英国に戻され次第、彼のケースについて再検討がなされるべきだと決定した」

再検討を行なうとの宣言のあと、サザーク&バーモンジー選挙区選出のサイモン・ヒューズ議員(Lib Dems)は、19歳男性が英国に戻ってきたら支援していくと断言した。「彼が英国に戻ってきたときには、彼自身とその家族、(難民申請を)専門とする法律家と私で緊急に会合をひらき、内務省への新たな申請を準備する」

以上が手続き的なことの説明の部分。サイモン・ヒューズの発言から考えて、19歳男性に再申請の道が開かれることはほぼ確実だろう。(つまり、ジャッキー・スミスによる「再検討 review」の結果は、「今の結論のままイランに戻す」ということにはならない。)このBBC記事にはヒューズの名前しか出ていないが、ほかにLibDemの議員(MPもMEPも)も動いただろうし、オランダからの働きかけもあっただろう。ひょっとしたら労働党の議員も動いたかもしれない。

そして、これ自体は「最悪」を脱した、ということだ。ここで終わりではない。

BBCの記事では、このあとはゲイ・ライツ団体のコメント(Stonewallのチーフ・エクゼクティヴのBen Summerskillのもの)、欧州全域でゲイ・ライツ団体が動いたこと、などが書かれている。

そして最後に、この19歳男性について、「2005年に英語の勉強のために英国に来たが、ボーイフレンドがイラン警察に逮捕され、ソドミーで起訴されて絞首刑になったと知らされた」といった説明がある。

ボーイフレンドについて、BBCが「ソドミーで」起訴され絞首刑になったと書いているということは、何らかの裏が取れたのだろうか。そこはちょっとよくわからない。

というわけで、一応ほっとしてよいニュースだと思うが、この記事には個人的には大いに不満がある。

一点は、同時期にイランへの送還の可能性はまだ消えないという決定をつきつけられた40歳女性について何も書いていないこと。

もう一点は、この「問題」を「ゲイ・ライツ団体が動いている問題」として書いていること。

これはゲイ・ライツの問題ではなく人権の問題なのだ、となぜ書いてくれないのだろう。欧州人権規約の存在を、なぜ、少しでもにおわせて書いてくれないのだろう。

個人的には、私は彼がゲイだからこのことに関心を持っているわけではない。ゲイだからという理由で迫害されるおそれが非常に高い場所に送り返されようとしている人間だから、だ。(「ゲイだから」という方向性は、私には、「アンチ・イスラム」の潮流とあまりに親和性が高く、あまりに危険なもののように思えてしかたがない。)

ま、こんなところで私のような、英国籍でもなくレジデントでもない一個人が「関心を持った」からって、何も「解決」などしないのだが、せめて書き留めることくらいはできるのだ。


※この記事は

2008年03月14日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 02:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

[ゲイ]イラン人ゲイ青年メフディ・カゼミさんの現在
Excerpt: 19歳イラン人ゲイ、2月26日オランダから英国へ送還、イランへ強制送還の恐れ イラン人ゲイ、メフディ・カゼミさん強制送還問題(オランダ→英→イラン)・続報 オランダから、彼の難民申請を却下した英国へ..
Weblog: に し へ ゆ く 〜Orientation to Occident
Tracked: 2008-04-03 19:52





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼