kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年09月29日

ウスマノフの手は着実にアーセナルに。

no-usuma-small
Oh dear, oh dear, oh dear! ウスマノフの手が伸びてきている。

Arsenal meet with Usmanov partner
Last Updated: Friday, 28 September 2007, 19:17 GMT 20:17 UK
http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/teams/a/arsenal/7019155.stm

いわく、金曜日にウスマノフとイラン出身のFarhad Moshiri氏とデイヴィッド・デインという布陣のRed and White Holdings Ltdが取得株式を23パーセントまで伸ばし(ってことはボードが「株主の皆さん」と呼びかけたにも関わらず誰かが売ったのか、単に株式市場に出ていたのを買ったのか)、アーセナルのボードが急遽Red and Whiteと会った。(Red and White[以下、RAWHL]からはMoshiri氏が出席。ボードからはヒル=ウッド会長、キース・エデルマン。)ボードはこれを「建設的な会合(constructive meeting)」とステートメントで説明。

RAWHLの「23パーセント」は、Danny Fiszman(ガナのdirector)の24.11パーセントに次いで持ち株比率2位。うはー。やばすぎる。

ボードは声明で「アーセナルのボード・メンバーは株式を売るつもりはないということを重ねて強調したい」、「チームの好成績はクラブの独立性によって達成されると考えている」とも述べている。

で、RAWHLは1株£10,000で£6mを投じて2パーセント積み増し、23パーセントを手にしたそうで、ウスマノフはとにかくお金には困っていないどころかものすごい財産家だから、このくらいは痛くもなさそう。

ウスマノフがガナ株を最初に手にしたのは8月、デイヴィッド・デインから£75mで、デインの持っていた14.65パーセントの株を買った。それから9月に入ってまた2度買い増しし、今度はまた買ってついに23パーセントにまで増やした。

いやすぎるー。いやすぎるのだがさらにダメ押し:
Last week Russian media reports said that Mr Usmanov now aims to up his share in Arsenal to at least 25% plus one share.

まだまだ攻めてくる〜。

30パーセントを超えられたら買収されちゃうよーー。

で、先日の「うちの財政は健全です」という説明について、BBC記事では:
The club's financial results showed that its operating profits before player trading and exceptional items was £51.2m, up from £13.7m the previous year. Match income is now £3.1m a game, with total match income over the past year of £90.6m.

However, TV revenues were down on 2005/06, when the club reached the Champions League final, by £10m.

また話は放映権料か。

いずれにせよ、ウスマノフがうちをお買い上げ、などということは阻止すべきだし、阻止してくれたのむから。

ウスマノフは
1)プーチン政権支持者(プーチン政権についてはうちよりほかのブログやサイトの方が詳しいだろうけれども、うちでの記事は「ロシア」のタグで)
2)2005年に、今週のビルマ(ミャンマー)で起きたことを100倍の規模にしたようなことをし、なおかつビルマ軍政と同様に(しかもより巧妙に)隠蔽したカザフスタンの「独裁者」の支持者
3)気に入らないことを書いているブログは潰す(火元のクレイグ・マレーのブログを潰す前に、「こーゆー奴がうちを買おうとしている」と書いたガナサポのブログの記事を削除させている)

きーっ。

# ウスマノフの件については、もうちょっと時系列的なことを書きたいとは思っているのですが、そこまで手が回らないのが現実だったり。法律事務所が「裁判にしたらクレイグ・マレーの言い分が何度も語られる」として、「裁判にしないこと」を戦略として選んだらしいんですが、アホですね、最初にガナサポ・ブログの声を封じようとした時点で完全にオウンゴールです。しかもアクシデントではなく、「あのゴールに入れればうちの得点になる」と思ってオウンゴールしているような感じ。しかもロンドン市長候補として選ばれるかどうかの結論を待っている週でメディアが注目しているボリス・ジョンソンを巻き込むなんて、オウンゴールしに行くときにカードもらいに行ってるみたいなもの。

※この記事は

2007年09月29日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 14:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全然ニヤニヤできないことばかり書くのもフラストレーションたまるので、ニヤニヤできるものを探してみました。

Wenger's Highlights
http://www.skysports.com/gallery/detail/0,20501,12739_2713732,00.html
写真16点。12点目のニヤニヤ指数はスゴいと思います。いろんな意味で。
Posted by nofrills at 2007年09月29日 22:33

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼