kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年08月31日

だからオージー英語は難しいんだってば。

ウェブログ、「今日の覚書、集めてみました」さんの31日のエントリで、オーストラリアのベテラン外交官(たぶん既に引退しているのだと思うが、元国連大使、元インドネシア大使など、ものすごい経歴)であるRichard Woolcottの著書から、異言語間翻訳作業における言語的混乱(いわゆるlost in translationの状態)についての部分を紹介したガーディアン掲載ロイター記事を知る。

'When I look at my backside, it is in two parts' - how diplomacy got lost in translation
James Grubel, Reuters in Canberra
Friday August 31, 2007
http://www.guardian.co.uk/australia/story/0,,2159630,00.html

内容がほとんど同じ記事がテレグラフに出ている。
Even diplomats get lost in translation
By Martina Smit and agencies
Last Updated: 2:55am BST 31/08/2007
http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2007/08/30/wdiplomat130.xml

オーストラリアの外交官が現場で目撃した通訳珍騒動集、という感じで、米原万里さんのご著書に通じるものがあるのだが、中でもすごいのがオージー英語→日本語の翻訳失敗事例である。

テレグラフ記事から:
According to the book, the former Australian prime minister Bob Hawke left his Japanese audience bewildered when he used the Australian colloquial phrase "I am not here to play funny buggers" to dismiss a trivial question.

"For Japanese interpreters, however, this was a real problem. They went into a huddle to consult on the best way to render 'funny buggers' into Japanese," Mr Woolcott wrote.

つまり、Richard Woolcottの本に、オーストラリアのボブ・ホーク元首相が日本の聴衆を前に話した際、やたらと細かいだけの質問をスルーしようとして、オーストラリア特有の表現である "I am not here to play funny buggers" を使ったときのエピソードが書かれている。

元首相は要するに「そんなどうでもいいことで時間を無駄遣いしたくない」というようなことを言いたかったのだろうが、これを「翻訳」しなければならない言語屋さんたちとしては、はっきり確信が持てなかったのだろう。通訳者同士で、funny buggersを的確に翻訳するにはどうしたらいいかをひそひそと相談した。

……今これを読んでおられる方にも、ここでfunnyとbuggerの意味を見ておいていただきたいと思います。

funny:
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=funny&stype=0&dtype=1

bugger:
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=bugger&stype=0&dtype=1

見ていただけたでしょうか。では先に行きましょう。現場の通訳者さんたちはどう翻訳したか:
The interpreters told him they had then told the audience: "I am not here to play laughing homosexuals with you".

つまり、発言者である元首相に通訳者たちが「こういうふうに訳しました」と伝えた内容は、funny buggersの直訳だった。

いやね、オージー英語の口語表現というかコロキアルなフレーズは難しいです。さらには、明らかにコロキアルだとわかるものでも直訳せざるを得ないほどテンパった現場というのもあると思います。

それにしても、これは可笑しすぎるうえにひどすぎる。真面目な話の場でこれがと思うと、ひどすぎて笑いが止まらない。

funny buggersをググって見つけたワシントン・ポストのページ。ラジオ放送のトランスクリプト:
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/discussion/2006/05/26/DI2006052601169.html
Henke and numbers: Tracy Henke has been criticized in the past for playing "funny buggers" (as the Aussies say) with statistics and forcing career bureaucrats who don't want to push her spin into early retirement. Do we need another Katrina-esque disaster to prove that good spin does not equal good governance?

Dana Milbank: I don't know how you got "funny buggers" through the Post's obscenity filter. Well done.


オーストラリアのサイトから:
http://www.abc.net.au/fly/survival/fullkit/s519369.htm
Tangawarra D.A.A.S: awesome fan sight dedicated to top Aussie funny buggers.


オージーもう1件、個人のブログ:
http://rottenapplesbychrissaliba.blogspot.com/2005/03/chapter-seven.html
Gavin burst out laughing. He thought it a great joke, although Mark was nonplussed. "You're a funny bugger. I've got to hand it to ya. You crack me up. ..."


もう1件:
http://picklebums.blogspot.com/2006/02/finally.html
Blogger has been playing funny buggers all round today but finally I have been able to catch up with a few blogs that I am totally addicted to ...

「Bloggerがまたバグってて」というところでplay funny buggersを用いている。

なお、buggerというのは、UK語でもときどき出てくるんですが(ひどい用例では、Bugger off! で F*** off! とほぼ同意、とか)、オージーではもっと違う用法も(下記引用中太字部分)。
http://www.tripadvisor.com/Travel-g255055-s604/Australia:Important.Phrases.html
The Term "Bugger" is an expression of disappointment usually used as an exclamation when something goes wrong. It is also used in "Bugger off" which is a hostile way of saying 'go away'. Bugger can also be a friendly term. For instance if someone calls you a 'Funny Bugger', or a 'Silly Bugger'.


しかるに、北米ではbuggerは1)sodomiteの意味だけらしい、との説明と、2)littleの意味だとの説明とが混在している。
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=603828
1)
Most educated North Americans would understand "buggery" to refer to sodomy, although I doubt that even one in ten of my freshmen college students would understand the word.

2) 7.Bugger
N. A person or animal, often a small one, such as a child or small pet. Frequently prefaced by "little."

American slang
(particularly rural), not to be confused with the British cuss word.
He's a cute little bugger. She's a tough little bugger.

from my always reliable source...urbandictionary.com

# ソースがurbandictionary.comというのは若干微妙だが、一応ソース:
http://www.urbandictionary.com/define.php?term=bugger

というわけで私も、from my always reliable sourceで『リーダーズ』……おお、play silly buggersが載ってるじゃん。さすがだ。

bugger.jpg

もうひとつ、テレグラフ記事から、別の事例。これはオーストラリア人が中国語でしゃべってやらかした例。
Australia's Labour Party leader Kevin Rudd, now a master of Mandarin, struggled with the language as a young diplomat in 1984 when he interpreted his ambassador's speech on the close relationship between Australia and China.

"Australia and China are enjoying simultaneous orgasms in their relationship," Mr Woolcott quoted Rudd as telling the audience in Mandarin.

オーストラリアの労働党党首のケヴィン・ラッドは、今では中国語はお手の物だが、1984年に駆け出しの外交官だったころには非常に手を焼いていた。彼は両国の関係の緊密さについての大使の発言を、「オーストラリアと中国はその(肉体)関係において同時に絶頂に達し」と発言してしまった。


昔、似たような事例を直接経験したことがある。外国のエアラインで日本に戻ってくるときに、日本語が使える乗務員さんが「みなさま、右手をごらんください。富士山が丸見えでございます」とアナウンスしたことがあった。彼女としてはあまりの絶景に感動して乗客に知らせたいと思ったのだろう。実際に雲ひとつない天候で、富士山が非常に美しく見えたのだが、「丸見え」ではまるでぱんつである。



オーストラリア英語の辞書的なもの:
Australian Slang - Australian Vernacular
http://www.cairnsweb.com.au/cairns_general_information/australian-slang.asp

Australian English Glossary from A to Zed
http://www.uta.fi/FAST/US1/REF/aust-eng.html

National Museum of Australia - Vocabulary of Australian English
http://www.nma.gov.au/play/aussie_english_for_the_beginner/aussie_english_for_the_beginner_html_version/vocabulary_of_australian_english/

辞書にも載ってない、オーストラリアの英語って? ほとんど使えない英語
http://allabout.co.jp/travel/travelaustralia/closeup/CU20030220/

オーストラリアでしか通じない謎の英語の数々… ほとんど使えない英語 パート2
http://allabout.co.jp/travel/travelaustralia/closeup/CU20050823A/
# ほんとにわかんない。なんで「トイレタリー」が「マンチェスター」なんだ。



で、肝心のRichard Woolcott氏のご著書はというと、日本のamazonでは前の著作しか見つからない。
0732271258The Hot Seat: Reflections on Diplomacy from Stalin's Death to the Bali Bombings
Richard Woolcott
HarperCollins Australia 2003-09

by G-Tools

※詳細は:
http://www.harpercollins.com.au/global_scripts/product_catalog/book_xml.asp?isbn=0732271258

ロイターやテレグラフが紹介している新著はUndiplomatic Activitiesというタイトル。外交舞台の裏話的なものを集めたものらしい。おもしろそうですね。
http://www.penguin.com.au/lookinside/spotlight.cfm?SBN=9781921215384
http://www.scribepublications.com.au/book/undiplomaticactivities
International politics is a serious business. But, as Richard Woolcott shows in these witty reminiscences, the diplomatic world has more than its fair share of absurdity, and even high comedy.

Undiplomatic Activities is filled with anecdotes and tall tales from an extraordinary career that spanned the second half of the twentieth century: from junior diplomat in Cold War Moscow to secretary of the Department of Foreign Affairs and Trade in Canberra, via the capitals of Europe, Africa, Asia, the USA, and the United Nations.

Required not only to sacrifice a settled home and family life in the service of their country, diplomats must also heroically offer up their livers to booze, their stomachs to endless official dinners, their integrity to dangerous liaisons and the weasel art of spin, and their sanity to the pomposity and weird protocols that are part and parcel of the international scene. ...

※出版日が2007年9月3日になってるので、そのうちにamazon.co.jpにも出るかも。AUSの本だと微妙だったりもするけど。
タグ:英語

※この記事は

2007年08月31日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53457900
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼