kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年08月26日

UK内務省が同性愛者を死刑にする国に同性愛者を強制送還しそうだ。

8月29日追記:
下記の記事はもう古いです。わずか数日で事態が大きく進展しました。詳細はエントリ末尾にある「タグ」で「難民申請却下事例」をクリックして28日から30日の記事をご覧ください。※以下、取り消し線を適宜補いました。


あちこち見てたらこんな記事を見つけた。

2007年8月25日 (土)
イラン人レズビアン、ペガーのイランへの強制送還に反対します。
http://pega-must-stay.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_2abb.html

詳細は上記リンク先を読んでいただきたいのだが、かいつまんで説明すると:
2005年、あるイラン人女性が英国で難民申請を行なった。しかし申請は却下され、再申請もダメで、彼女はオーバーステイになってしまった。(これは「意図的に法を犯した」のではなく、手続き上そういうことにならざるを得ない……難民申請期間中はオーバーステイにカウントされないのだが。)彼女は入管によって身柄を拘束され、施設に収容され、8月28日(火)には英国から出国地に強制送還される。

問題は、彼女が同性愛者であるということ、そして彼女が送りかえされる先はあのイランであるということだ。

周知の通り、イランは同性愛(より正確には同性間での性行為を行なった者)に対して「死」というものを与えることをも行なっている国家である。もしも彼女がイランに送り返されたら「罪人」として「法の裁き」を受け、投獄されるかもしれない。(この「かもしれない」というのは相当に高い可能性を示す。)それだけではなく、石つぶてを浴びせられて殺されることになるかもしれない。(この「かもしれない」というのは前のより少しだけ低い可能性を示す。)

こういう類の「かもしれない」がある場合は強制送還はしない、ってのが、ゴードン・ブラウンの言う「ブリティッシュネス」なんじゃねぇの?とか私は思うわけだが、UKの言行不一致のことをごちゃごちゃ言ってる時間などない。

http://pega-must-stay.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_2abb.html から:
【私たちに今できること】
……

1.オンライン署名に参加してください。
下記のアドレスからオンライン署名をすることができます。署名文(英語)の内容はペガーの強制送還の中止を求めるものです。
http://www.petitiononline.com/pegah/petition.html

2.イギリス内務大臣ジャッキー・スミスに強制送還を中止するようFAXまたはEメールを送ってください。
FAXの方が効果的ですが、FAXを送るのが難しい場合はEメールを送ってください。
下記のモデルレターに自分の名前と住所を付け加えて使ってもよいですが、自分でレターを作成する場合はペガーのケース番号「Home Office reference number: B1191057」を必ず書くようにしてください。
Fax: Home Secretary's General Office
020 7035 3262  
+44 20 7035 3262(イギリス国外からの場合)
E-mail: smithjj@parliament.uk
homesecretary.submissions@homeoffice.gsi.gov.uk


なお、現状としては:
ペガーの住む地域の国会議員リチャード・カーボーンの要請により、先週予定されていた強制送還は来週の火曜日まで延期されました。今、ペガーに新しく就いた弁護士は新たな証拠、専門家の意見とともに新たな難民申請をする準備をしています。ペガーと弁護士が申請の準備をするために、再度の強制送還の延期が必要です。

という段階であり、これが目的であるので、署名のコメント欄やホームオフィスへのレター(FAXであれメールであれ)で英国に対する過度の非難をしないように注意すること。そうならないように英文を書けない場合はモデルレター(下記)をコピーしてFAXなりメールなりすること。

ただでさえホームオフィスの決定を覆させるのは非常に大変なので、神経を逆撫でするようなことはしないこと。端的に言えば非常識な言葉遣いをしないこと(つまりf-wordなどは絶対に使わないこと……言うまでもないことですが)。

コピペ用のモデルレター:
http://pega-must-stay.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_0759.html
To: Rt Hon Jacqui Smith, MP
Secretary of State for the Home Office
3rd Floor, Peel Buildings
2 Marsham Street
London
SW1P 4DF
Fax no: 020 7035 4745

Dear Home Secretary,

Re: Pegah Emambakhsh – H.O ref: B1191057 – Removal Directions 21.35 Tuesday 28th August 2007

Pegah Emambakhsh is an Iranian woman who sought asylum in the UK in 2005. She is being held in Yarl's Wood Immigration Removal Centre pending deportation on Tuesday 28 August 2007 at 21.35 on British Airways flight BA6633 to Iran.

If returned to Iran, Pegah faces imprisonment and possibly stoning to death. Her crime in Iran is her sexual orientation - she was in a relationship with another woman. Pegah escaped from Iran, claiming asylum, after her partner was arrested, tortured and subsequently sentenced to death by stoning. Her father was also arrested and interrogated about her whereabouts. He was eventually released but not before he had been tortured himself.

Pegah has a more than well-founded fear of persecution if she is returned to Iran. She belongs to a group of people – gays and lesbians – who, it is well known, are severely persecuted in Iran. A change of president at about the time of Pegah's first refusal on Appeal in 2005 has since led to a more conservative and hard line regime in Iran. In 2006 a German court ruled that an Iranian lesbian could not be deported as she risked death because of her sexuality.

The UK Border and Immigration Agency (BIA) have chosen not to believe that she is in danger if returned to Iran, even though they are well aware of the terrible situation gay people face there. Quoting the Islamic Punishment Act, the Home Office, Iran Operational Guidance, 27 Feb 2007, says "Art. 127 to 134 relate to lesbian sexual relations. Punishment for sexual intercourse among lesbians is 100 lashes and in case of recidivity (3 times) execution."

The Foreign & Commonwealth Office (FCO), in a letter from Kim Howells to Linda McAvan MEP 15.8.07 regarding another matter, acknowledges that “Iran's human rights record is poor and deteriorating” and they have concerns about Iran's increasing use of the death penalty, public executions and the possibility of death by stoning; Kim Howells also writes in the same letter that the FCO "policy on the death penalty is clear - we oppose it in all forms”

In addition, Pegah's stated sexual orientation has been picked up on the Internet, including translations into Persian and Farsi. This makes Pegah not only a self-confessed lesbian but also an internationally high profile one. This week Pegah's story has been taken up by a mainstream domestic Iranian news-site, said to have government sponsorship.

Despite serious mental health problems, Pegah has been an active member of the community in Sheffield, volunteering for a refugee-support organization, the Northern Refugee Centre. She is well respected and those who know her and work with her take her claims of persecution if returned to Iran seriously.

Pegah's GP warned that she "would be likely to experience a total psychological breakdown” if she were to be deported. Please act now to stop Pegah being deported to a country where there is little doubt she will be persecuted, prosecuted and possibly stoned to death.

With the intervention of Pegah's constituency MP, Richard Caborn, an attempt to deport Pegah last week was deferred until Tuesday. Since then, Pegah's new solicitors have received new evidence and expert testimonies and intend to make a fresh claim for asylum. The BIA will be committing a serious miscarriage of justice and a gross human rights violation if they insist on Pegah’s deportation.

Home Office officials dealing with Pegah’s have ignored their own Home Office guidance: “Where an individual claimant demonstrates that their homosexual acts have brought them to the attention of the authorities to the extent that on return to Iran they will face a real risk of punishment which will be so harsh as to amount to persecution s/he should be granted refugee status as a member of a particular social group." - Home Office, Iran Operational Guidance, 27 February 2007.

I would respectfully request that you release Pegah from detention and return her to her Sheffield community and reconsider Pegah’s case on Compassionate grounds and if so minded grant Pegah leave to remain.

Yours Sincerely,

Name: ※半角英字で氏名

Address: ※半角英字で住所

City:

Postcode: ※半角英字で郵便番号(ふだん使っているものです)

Country:


Date:

住所氏名などは、次のように打ってください。(住所は「東京都新宿区西新宿1−2−3 メゾンABC405号室」で例示。架空です。)

Name: Anatano Onamae
Address: #405 Maison ABC, 1-2-3 Nishi-Shinjuku, Shinjuku
City: Tokyo
Postcode: 100-0011
Country: Japan
Date: 26th August 2007

※この記事は

2007年08月26日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 03:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Google News英語版でPegah Emambakhshの名前で記事検索してもインディメディアとGayNewsとPinkNewsの記事しか出てこないというよくわかんない状況ですが(イラク戦争関連であるはずの記事が見つからないということはあったけど、ここまで極端なのは初めてだ!):
http://news.google.co.uk/news?hl=en&ned=uk&q=Pegah+Emambakhsh&btnG=Search+News

ガーディアンが24日付で報じているように、イタリアが英国に対する働きかけを行なって(しかも与野党共闘、あのベルルスコーニまで「強制送還反対」の論陣に加わった):
http://www.guardian.co.uk/iran/story/0,,2155893,00.html
http://pega-must-stay.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_09f4.html

インディメディアではペガーさんの第三国出国先としてイタリアが名乗りを上げたとのレポートが:
http://www.indymedia.org.uk/en/2007/08/379691.html
Posted by nofrills at 2007年08月26日 19:39
一方で、Google News英語版でMiddle East Onlineに掲載されていたAFPの25日付け記事(Yahoo UKにも掲載):
http://www.metimes.com/storyview.php?StoryID=20070826-034309-8567r
http://uk.news.yahoo.com/afp/20070825/tuk-britain-iran-gays-deport-a7ad41d_1.html

LONDON (AFP) - A gay woman who is facing deportation from Britain to her native Iran has had her removal deferred pending a legal challenge, her supporters told AFP Saturday.

送還は延期され、法的異議申し立てに、ということで支援者がAFPに話をしている、という内容の記事だけど、これは新たな進展があった(28日に迫った送還が延期の決定になった)ということではなく、単に「これまで報道されてこなかったことをAFPが報道している」ということかもしれないし、よくわかりません。Google News英語版には記事がないのにガーディアンに記事がある、ということが発生している中では何とも。

また、legal challengeといってもアサイラム・トリビューナルではないと思うのですが(彼女はappealしてダメと判断されているはず)……ちょっとここは何がどうなるのかわかりません。
http://www.ind.homeoffice.gov.uk/applying/asylum/asylumaplicationprocess
http://www.ind.homeoffice.gov.uk/applying/appeals/appealsystem
http://www.ait.gov.uk/

以下、記事本文。曜日で書かれてもよくわからないというところがあるのですが:
Pegah Emambakhsh, 40, was arrested in Sheffield, earlier this month after being refused asylum following her arrival here in 2005. She is being held in a detention centre and had been due to be deported on Monday.
→ペガーさんは収容施設に収監されているが、月曜日に送還されることになっていた。(彼女の送還はいったん延期されています。)

Her supporters, including the prominent British gay lobby group OutRage! and organisations helping failed asylum seekers, say that she faces jail, corporal punishment and possibly even stoning to death if she returns.
→OutRage!や難民申請が却下された人たちを支援するNGOといった支援者らは、イランに戻されたら彼女は投獄され、処刑の恐れすらあるとしている。

Paul Snell, a retired medical doctor who volunteers for the asylum support network charity Assist in Sheffield, told AFP: "As I understand it, her deportation was due to have happened nine days ago but it has been deferred.

"But it is by no means cancelled. The issue is being taken up legally."
→シェフィールドで難民支援組織でボランティアをしている元医師のポール・スネルさんはAFPに対し、「彼女は9日前に送還されるはずで、それは見送りとなった。しかし取り消しになったわけではない。この問題は法的に扱われる段階になっている」

He added: "It's clear that her human rights would be breached were she to be deported to Iran."
→「イランに送り返されたら彼女の人権は侵害される」

A spokesman for Britain's Home Office said they did not comment on individual cases but added: "Cases are considered by trained professionals based on all the available evidence."
→英内務省のスポークスマンは個別の事例についてコメントはしないのが通常としながら、「(申請は)手に入る限りの証拠に基づいて、訓練を受けた専門家が検討している」と述べた。(この発言に特に「ニュース」となることはありません。)

以下は、インディメディアやゲイライツのメディアで書かれているのの繰り返し。
Posted by nofrills at 2007年08月26日 19:40

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼