kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年07月18日

Metronetが破産申請。

今月5日のセントラル・ライン脱線事故を引き起こした地下鉄の保守会社、Metronetが資金的にやばいことになった。ケン・リヴィングストン市長は「サービスには問題ない」と述べているとのことだが、どうもそれは「(長期にわたる)列車の運休とか駅のクローズは発生しない」との意味のようだ。

Metronet calls in administrators
Last Updated: Wednesday, 18 July 2007, 12:17 GMT 13:17 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/6903977.stm
London Underground said it had planned for the eventuality of Metronet's collapse, adding that it was vital that planned improvements to the Tube were not delayed too long.

Unions are set to meet Metronet and TFL officials to discuss the crisis on Wednesday.

...

Ultimately, Metronet's responsibilities will be transferred to a newly-formed company - although the financial implications of this are as yet unclear.

Metronetは、Bakerloo, Central, Victoria, Waterloo & City, Circle, District, Metropolitan, Hammersmith & City, East Londonの各線の保守点検を行なっている。そのほかのラインはTube Linesという会社が行なっている(<BBC記事末尾)。

地下鉄の設備改善に予想外の費用がかかり、それがMetronetではまかなえなくなっている、ということが根本的な問題。
Metronet has been involved in a long-running dispute with Transport for London about who should pay for the spiralling cost of upgrading the network's infrastructure.

...

The financial crisis was triggered by a PPP arbiter's decision earlier this week not to award Metronet about £550m in funding which the firm said it needed to pay for budget over-runs which were out of its control.

...

"Metronet Rail requires additional funding to enable it to carry out its contractual obligations," the firm said in a statement.

"This company has now established that it has no access to such further funds."

PPPというのはPublic-Private Partnershipのことで、これについては拙著にもちょこっと書いたし、このブログにも書いていると思う(旧URL=kitaguniの方にしか記事がないかもしれないけど)。PPPは要するに部分民営化、日本でしばらく前にはやった言い方では「民間活力」を公的サーヴィスに導入するということで、要するにサッチャリズムなのだが、立案したのはニュー・レイバー、それも現在は首相になっているゴードン・ブラウンだった。

2001年に初のロンドン市長の選挙が行なわれる前に英国政府がPPPを決定していて(ロンドン交通London Transportを国の行政から切り離し、Transport for Londonとして再編したときにPPPが導入された)、PPP反対論者のリヴィングストンは、市長として当選しても結局はどうすることもできなかった、という経緯もある。

BBC記事から、Metronetの株主の反応:
Engineering firm Atkins, one of Metronet's shareholders, said the decision to seek administration was "clearly disappointing, while not unexpected".

Metronet's other shareholders are Bombardier, Thames Water, EDF and Balfour Beatty.

市長の反応:
"Their company was no longer viable," said London Mayor Ken Livingstone. "It has ceased to exist."

"The shareholders have lost hundreds of millions of pounds," he added.

うはー。(^^;

16日のBBC記事を読むとさらに状況がよくわかる。

Metronet is facing administration
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/6900360.stm

株主のひとつであるボンバルディエはこの時点で既に、というところを抜粋。
"Metronet has been a disaster for its owners, WS Atkins, EDF, Balfour Beatty, Thames Water and Bombardier," the BBC's business editor Robert Peston said.

Montreal's Bombardier said later on Monday that it would write off its investment in Metronet.

The move will result in a second-quarter charge of about $164m (£80m), the maker of regional aircraft, business jets and rail-transportation equipment said.

結局「民間に丸投げ」してみたものの、うまくいかなかった、という話だと思うが、私に知識がなさすぎてわからないところもいろいろある。ただ、日本でのPFI導入・実施についての参考事例として、RailtrackとかMetronetの件は参照されることになっていくと思う。



この記事↓にPPP導入についての簡潔な記述がある。

Squeezing big changes from the Tube
By Tom Symonds
BBC News, transport correspondent
Last Updated: Wednesday, 18 July 2007, 07:52 GMT 08:52 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/6901214.stm
The government had a choice.

It could let London Underground, controlled by Mayor Ken Livingstone, borrow billions of pounds and do the work itself.

Or, bring in the private sector, in a new manifestation of the Public-Private Partnership that was already being used to rebuild schools and hospitals.

Gordon Brown, for it was his pet project, decided on the latter when he was Chancellor.

...

Mr Livingstone was furious and even tried to stop the plan in court. But he failed, and has had to spend recent years presiding over a system he entirely disagrees with.

あと、この記事によると、今週はじめに、先週末に行なっていた保守作業が終わらなくて月曜日の朝になってもVictoria駅がクローズしていた、ということが起きていた。だめじゃん。

そして、PPPで保守作業を行なっているもう1社、Tube Linesとの違いについては:
The problem for Metronet is that the other PPP company, Tubelines, appears to be making ends meet.

Some experts believe the difference between the two is down to the way they operate.

Tubelines subcontracts to other suppliers the work on tracks, trains and stations.

Metronet is a consortium of suppliers - including Balfour Beatty, Atkins, EDF Energy and Thames Water - and it may be that their costs are simply too high.


それと、Railtrack(旧BRでの保守会社、破綻した)との類似点・相違点については:
Metronet's problems may seem familiar, in so much as they are a smaller version of the spectacular collapse into administration of the overground railway company Railtrack.

The difference is that then, it was the government cutting the supply of cash. This time it is the regulator - the official Arbiter.

これは、次のPMQではゴードン・ブラウンがぐりぐりやられそうですな。

※この記事は

2007年07月18日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼