kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年07月06日

解放されたジョンストン記者とファタハとハマス

無事に解放されて、すぐにハマスに絶好のフォト・オポチュニティを提供したかたちになったアラン・ジョンストン記者は、解放されたその日のうちにエレズ検問所を超えてパレスチナからイスラエルに入り、エルサレムの英国総領事館(エルサレムの帰属には問題があり、英国大使館はテルアビブにある)で記者会見を行い、またBBCのエルサレム支局でBBCの生放送に出た。その後は、ヨルダン川西岸地区でファタハと会って挨拶している。というわけで、ジョンストン記者はまだ英国には戻っていない。(スコットランドのご両親・ご家族は早く会いたいだろうに。)

一方で、英国の国会(下院/庶民院)では、所属政党の壁を超え20人の議員が、ハマス(the militant Hamas movement)を中東和平の当事者として扱うよう求める動議に署名した。

MPs urging engagement with Hamas
Last Updated: Thursday, 5 July 2007, 11:41 GMT 12:41 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/6273272.stm

この動議を提出したのは、労働党のRichard Burden議員(BBCにはRichard Burdonというスペルで出ているが、Burdenが正しい→詳細)。この議員は、en.wikipediaによると、1992年に初当選し、ブレア政権では閣僚の補佐役のようなことをしてきた人で、党内の反主流派(rebel)ではないが、2003年イラク戦争、2005年テロ法では反対票を投じた、とのこと。1954年生まれだから、トニー・ブレア(1953年生まれ)とほぼ同い年と言ってよい。

BBC記事にも、そのほかのメディアでも、この動議に署名した議員としては、Richard Burden議員のほかはAlex Salmond議員(下院議員であり、同時にスコットランド自治議会議員であり、スコットランドのファーストミニスターである)しか名前が出ていないのだが、このRichard Burden議員は今年2月にパレスチナを訪問してハマスの人たちと会談し、UKのジューイッシュの人たちが読むメディアに「ハマスとの対話の必要性」についての文章を寄稿している。

また、記事の末尾に Richard Burden is Labour MP for Birmingham Northfield and Chair of the Britain-Palestine All Party Parliamentary Group とある。この議員グループはENOUGH! Coalitionにも名を連ねている。英国会のサイトでthe Britain-Palestine All Party Parliamentary Groupの名簿を見ることができる。グループの名簿にはAlex Salmondの名はない。

・・・という事実から、何を読み取ることができるのか、何を読み取るべきかは私の能力を超えているので措くとして、今回の動議は基本的にこの議員グループによるものと解釈してよかろう。

で、その動議の内容だが、時間&手間的にハンサード(議事録)までは見ていられないので、BBC記事から抜粋すると:
It says Hamas's "pivotal role" in ending his kidnap shows it should join Palestinian reconciliation efforts.

...

It notes the correspondent himself "acknowledged the pivotal role played by Hamas in condemning the kidnapping and securing his release".

...

"The international community's support for Mahmoud Abbas as the legitimate President of Palestine should not preclude contact with Hamas," the motion says.

つまり、記者誘拐事件解決に際し、ハマスが「中心的役割」を果たしたこと、記者自身も「誘拐を強く非難し解放を確実にする上でハマスの果たした中心的役割を認識している」こと、「国際社会がアッバス議長を正当なパレスチナのプレジデントとしてサポートすることは、ハマスとの接触を行なうことと両立する」ことが、その動議に書かれている。

一方、パレスチナでは、ヨルダン川西岸地区のラマラのパレスチナ自治政府(以下、PA)のアッバス議長らファタハの人たちのもとを、ジョンストン記者が訪問している。

Freed BBC reporter thanks Abbas
Last Updated: Thursday, 5 July 2007, 14:55 GMT 15:55 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/6274024.stm

最初のほうはあれもこれも書かれていてやけにとっ散らかった記述の記事だが、主要なのは小見出しの下の部分。

その部分によると、ジョンストン記者はラマラのPA headquartersを訪問し、アッバス議長とサラーム・ファイイド暫定首相らと会談。会談後、「個人的にアッバス議長にいろいろとありがとうございましたとお伝えしたかったので」という内容のことを述べた。

記者の言葉:
"I was aware of how much he was doing to try to secure my release," he said.

"But I have also come to the West Bank to say thank you so much, really with all my heart, for all the Palestinians here, especially the civil society organisations, and especially the journalists of the West Bank, in Nablus, Jenin and Ramallah who campaigned so often and so passionately to try to secure my release."

つまり、「私の解放を確実なものにするため、アッバス議長がたいへんに尽力してくださったことは承知しており、西岸地区に直接足を運んで、心からのお礼を申し上げなければならなかった。西岸地区のパレスチナ人からは多大なご支援をいただいた。特に民間の組織(civil society organisation)や、ナブルス、ジェニン、ラマラなどのジャーナリストの方々は何度も解放を求めて運動してくださった」。

ファタハ側では、Saeb Erekat氏がBBCに対し、パレスチナ全体がジョンストン記者の解放を喜んでいると述べている。Saeb Erekat氏は「ガザの状況を伝える唯一の西側のジャーナリストを拉致するなど、まったく卑劣なことで、パレスチナ人として私たち全員にとって恥ずべきことだった。ようやく終わってみな本当に喜んでいる」と語り、犯人は法のもとで処罰されるべきだと述べた。

・・・ということで、ファタハとしては事態について直接言うべきことがない、というようにも読める(うがちすぎかもしれないが)。ハマスが威勢良く「俺たちってすごいっしょ」という方向のアピールをしていたが、結局のところ、自分たちが解放交渉をしても何週間もうまくいかなかったがハマスがやったら2週間くらいで解決した、というように見える結果になったというのは、ファタハにしてみればおもしろくないだろうし。

ただ、解放直後に"The kidnappers seemed very comfortable and very secure in their operation until... a few weeks ago, when Hamas took charge of the security operation here"(ハマスが実権を握るまでは犯人は余裕を持っていた、つまり、「ハマスだったからできた」という内容とも解釈される)と述べたジョンストン記者に対し、ファタハが「ふんっ、あんたなんか知らないんだからねっ」という態度ではなく、歓迎の抱擁で迎えたことが、「ファタハとハマスの対立」という構図を転換させる何かになってほしい、という思いは、私の中でとても強くある。「私たちパレスチナ人」という言い方はファタハからもハマスからも出ているのだから。

(こういうのが北アイルランドと違うんだよね。NIの「紛争」は、「私たち北アイルランド人」という立場がマージナルで、「私たち英国人」と「私たちアイルランド人」とが社会を二分していたところに存在した。そして「英国人」派と「アイルランド人」派の政治的立場&主義主張&アジテーションの中枢となっていたDUPとシン・フェインを仲良くさせることが、政治的な和平プロセスの目的だった。トニー・ブレアは賢いから、むろん「中東では北アイルランドと同じ図式で考えることはできない」ということはわかっているだろう。「ブレア最後の日」での「北アイルランド和平をやり遂げた首相」としてのプレゼンテーションは、あくまで英国内向けのさよならパフォーマンスだったと思いたい。でなければ、「北アイルランド和平」において「紛争」の真実、「国家テロ」という腐敗の極致が闇に葬られようとしているという非常に暗い絵が中東にももたらされるのではないかという気がして、やり切れん。)



なお、この「記者解放」の直前には、1980年代にイスラエルの核開発について英サンデータイムズに語った件で有罪となり、仮釈放後もイスラエル政府から外国人との接触を禁止されているあのモルデハイ・ヴァヌヌ(バヌヌ)さんが、「外国人と話をした」として、また収監されている。

Vanunu jailed again after talks with foreigners
Conal Urquhart in Jerusalem and Duncan Campbell
Tuesday July 3, 2007
http://www.guardian.co.uk/israel/Story/0,,2117087,00.html




# 全然関係ないけど、英下院には英日議員グループ(British-Japanese All-Party Parliamentary Group)もあります。議院外の献金元としては、日本/日系企業では、Mizuho Bank, Mizhuo International plc, Mitsubishi, Nomura Bank, Canon Europe Ltdの名が。



ところで奥さん、イスマイル・ハニヤって1963年生まれなんですってよ! 44歳? 外見から55歳くらいかと思ってたわ! 貫禄あるわね!
http://en.wikipedia.org/wiki/Ismail_Haniyah
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/4655146.stm

※この記事は

2007年07月06日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 21:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ハニヤ、1963年生まれ

ぐっ、うちの相方の一つ上です。
相方は年の割には若く見える方ですが。

ちなみに、「永遠のメガネ男子」ジャーヴィス・コッカーと同い年ですか。うわ。
(何か全く違うところに反応してしまって、すみません ^_^;)
Posted by ぴこりん at 2007年07月06日 22:18
> ちなみに、「永遠のメガネ男子」ジャーヴィス・コッカーと同い年ですか。

ぎゃはははっ! これはすごい組み合わせ。
ついでに1963年生まれの一覧:
http://en.wikipedia.org/wiki/Category:1963_births

おー、北アイルランドのロイヤリストの「狂犬」ことJohnny "Mad Dog" Adairとか、Tori Amosとか、Jennifer Bealsとか、Emmanuelle Béartとか、Ian Brownとか、Sergei Bubka(鳥人)とか、Bまででギヴしましたけど、いろいろな方が。イアン・ブラウンということはジョニー・マーともタメですな。
Posted by nofrills at 2007年07月06日 23:02

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼