kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年06月29日

「ブレア最後の日・ブラウン最初の日」の笑止千万 according to Boris Johnson(付:汚職疑惑)

ブラウン内閣の顔ぶれを見て、まあ実際、留任したのはたった1人(デズ・ブラウン国防相)なのだが、専門家ではなく野次馬に過ぎない私でも知ってる名前ばっかり(全部ではないがほとんど、という意味で)、つまり、ブレア政権ですでにそれなりにニュースに名前が出てきていた人ばっかりであるという事実に、「ゴードンは首相になってすぐのダウニング・ストリートでの演説でnewとかchangeとか言っていたのになぁ、これはnewなのかなぁ」という気分なのであるが、んなことより、おそらく先週にブレアがcash for honourで3度目の事情聴取を警察から受けていた、というのがね、まったく、最後の最後までトニー・ブレアとその側近は、って感じ。ほんとに「政府への信頼を構築する」(<ゴードン・ブラウンのNo 10でのスピーチより)って方向でまともに(労働党の自画自賛の情報操作なしで)やってくのは大変だろう。あるいは前がひどすぎたからちょっとマジメにやれば、ってことなのかな(皮肉)。

Blair questioned again over cash for honours
James Sturcke and David Hencke
Thursday June 28, 2007
http://politics.guardian.co.uk/tonyblair/story/0,,2113932,00.html
As recently as Monday the former prime minister's official spokesman, Tom Kelly, insisted that Mr Blair had not been questioned again. When Mr Blair was previously interviewed - the first time a serving prime minister had been part of a police investigation - Mr Kelly was deliberately kept out of the loop until after the event.

...

Asked about why Number 10 had kept secret that Mr Blair had been questioned for a third time, Downing Street's new press spokesman said: "I am not the spokesman for the previous prime minister, and I have no comment to make."

Mr Blair's own spokesman, Matthew Doyle, declined to comment.

さらにまた:
"This new revelation comes as no surprise," said the Scottish National Party MP Angus MacNeil, whose complaint to police triggered the Scotland Yard investigation. "However, the fact it has been kept secret until Blair left office is extremely intriguing.

"Nobody is above the law, and it is vital that the police are allowed to continue with their extra investigations requested by the CPS. With Blair out of office, and with no claim to the Number 10 spin machine, it will be very interesting to see what the next few weeks hold."

うはは。さすがSNP! これはもう、ボリス・ジョンソン@保守党が食いつくのを期待して、今後もジョンソンに注目しよう。(でもくだらなさすぎてスルーするかも。首相ばかりか議員まで辞めてしまうブレアはもう保守党の「敵」ではないし。)
http://www.boris-johnson.com/

で、そのボリス・ジョンソンのブログの最新記事(28日)は、「これだからこの人の書くものにははまっちゃうのよね」という感じのボリス・ジョンソン節。昨日の「ブレア最後の日」のメディア・フレンジーのことを書いているのだけれど、もうね、外野からごちゃごちゃ言わせたらこの人は最高。

Goodbye to Blair
June 28, 2007
http://www.boris-johnson.com/archives/2007/06/goodbye_to_blair_1.php

ボリス・ジョンソンのブログはCCライセンスなのだけれども、No Derivative Worksが条件なので、原文のまま貼り付けます。

I am really feeling quite chipper about the political extinction of Tony Blair

...a gloomy Scotch mist has descended on Westminster...


I rejoiced - and then Brown began to speak

You know what, I decided about lunchtime yesterday that I couldn't take any more. The whole thing was turning into a blubfest of nauseating proportions. First we had the Pyongyang-style standing ovation, in which hundreds of hypocritical parliamentarians clapped their hands sore in celebration of Tony Blair - when a great many of them have spent the past 10 years actively trying to winkle him out of Downing Street, a group that includes many on his own side, and above all his successor.

Then poor Margaret Beckett was so overwhelmed that she started to weep, and had to be "comforted" by John Reid, a procedure that is surely enough to make anyone snap out of it. And then we had the cavalcade moving off to the Palace, and what with the hushed tones of the newscasters and the thudding of the television helicopters overhead, the whole thing started to remind me of Diana's funeral.

"It has been a very emotional day," said Sky News's Adam Boulton. "I have seen some incredible things today, things I never thought I would see." What were these incredible things? "I have seen the Blairs' exercise bicycle removed from Number 10," groaned the honest fellow; and across Britain one imagined the Sky audience returning their sodden handkerchiefs to their eyes as they were racked with fresh bouts of sobbing. The exercise bicycle! The Prime Ministerial exercise bicycle! Never more to be used in Downing Street again! Woe, woe and thrice woe!

Even among the cynical brainboxes who sit here in the shadow ministry for higher education, I noticed a certain oohing and aahing, and so you will understand that I was seized with a desire to puncture the mood. Enough, I thought, of this glutinous sentimentality, and prepared to denounce the entire proceedings as a fraud.

Look here, I felt like saying, everyone is carrying on as though Blair's departure is the finest and noblest act of self-sacrifice since Captain Oates walked out into the blizzard. But he was pushed, for heavens' sake. He was forcibly ejected through the parliamentary tent-flaps by a Labour Party that was unable to forgive him for the war in Iraq.

This carefully choreographed handover is just the culmination of the putsch that was launched last autumn by some of his trustiest admirers, such as Siôn Simon MP; and quite frankly, I was going to add, I am myself not completely devastated that he is going.

Sky News may be treating it like the funeral of Queen Victoria, but I am really feeling quite chipper about the political extinction of Tony Blair. Yes, I was going to say, there are some of us who are bearing up pretty well, on the whole, and there are some of us who can't think of a better fate for Tony than to be carted off to the Middle East. I was just about to launch into a polemic on these lines, when something happened on the television that caused the words to die on my lips.

Suddenly my mood changed; suddenly I felt a sense of desolation and morosity that we had lost Tony Blair, and I can tell you the exact moment when I caught the bug and joined the national mourning. It was the moment Gordon Brown opened his mouth, and, with every word he uttered, the mercury of my mood started to sink and the clouds rolled in.

Of course, it was partly a question of style. It was after only a few seconds of Gordonian gurning and grunting that I felt almost suffocated by the earnestness of his utterance. There was such a grimness, such a solemnity, that I instantly missed Tony's gift for catching the taste of the moment, for the joky self-deprecation, for the combination of passion with a sense of optimism and uplift.

Gordon was all about work: working steadfastly, working purposefully, working resolutely, and he went on so long that I remembered that the poor Queen had been closeted with him for fully 50 minutes while he banged on about how hard he was going to work; and it is in this emphasis - on his personal devotion to government activism, as a cure for the ills of society - that one can see the outlines of his strategy against the Tories.

It is going to be Roundheads versus Cavaliers, Puritans versus freebooters, work against play. It is going to be dour, hard-working, nail-biting Gordon against those he will seek to portray as the merrymaking amateurs. And of course there will be many who will fall for this line, alas.

What they forget, of course, is that Gordon's idea of work is really government regulation and legislation and intrusion and interference, with all its fiscal consequences. We all believe in welfare, and in the duty of society to the needy; but it really seems never to occur to Gordon that sometimes people can be genuinely better off - especially people running public services - if we give them back power, rather than endlessly depriving them of their own right of initiative.

Sometimes parents and patients will be happier if we give them the hope and the chance of deciding, accomplishing - even buying - something themselves, rather than making them the victims of depression and disappointment when they are let down, by public services, in circumstances beyond their control.

Gordon croaks, "Let the work of change begin", like some mad professor hunched over a necromantic experiment. What he means is "let the blizzard of legislation continue", with all the dire consequences that implies for the size of the state and the burden of tax. There will be no change: only an intensification of the rhythm that has criminalised 3,000 courses of human conduct over the past 10 years, a process in which Gordon Brown has been the principal player.

Quite what Quentin Davies is doing with this lot I have no idea, though for the avoidance of doubt he should now do two things. He should dispel any possible suggestion of corruption by announcing that he will in no circumstances accept a peerage, and he should offer to be the Labour candidate for Sedgefield, so the people of Grantham can have a proper Tory. That might cheer me up, though as I write these words the rain is drifting past my window in sheets. Yes, a gloomy Scotch mist has descended on Westminster, and who knows when it will lift.

わははは。こんなジョンソンのいる保守党を支持したくなるほどだ。(ちなみにジョンソンは「ブレア弾劾運動」をやってる。)

まずは、昨日の大騒ぎについて実情暴露。PMQが終わったときの議場は「平壌流の」スタンディング・オベーションとなったが、あのときに手が痛くなるほどに拍手していた「偽善的な」連中の多くは、保守党の議員はもとよりブレアの後継者も、この10年間、ブレアを何とか首相の座から追い落とそうとしていたんではなかったか、とボリス・ジョンソンは書く。そして、マーガレット・ベケット外相に至っては落涙する有様で、それをなぐさめるジョン・リード内相という光景に、テレビではニュースキャスターの声のトーンが低くなり、頭上ではヘリの音、という次第で「ダイアナの葬儀を思わせすらした」。

私も昨日はBBC Liveの画質の悪いストリーミングで見ていたんですけど、それを見ながら書いた私のメモからは伺えないかもしれないんですが、実際「何じゃこりゃ」とシラけてたんですよねー。スタンディング・オベーションのときは、画質が悪くて議場の様子が細かくは確認できず、「え、まさか保守党とかウェールズ民族党は立ってないよね」と目をこらしているうちに画面が切り替わってしまったのだけど、PMQからスタジオ解説、インタビューに至るまで、とにかく「ブレアを讃える」言葉言葉言葉(これらはバカバカしいので右から左に流してしまってほとんどまったく記憶してない)。特にスタジオのコメントは、BBCですらああなんだから、マードック組のFOX Newsなんかどうなってることやら、とか思いつつ、そうめったに見られるもんでもない「儀式」として「式次第」を追っていたのだけれども。あとは「北アイルランド」と「中東」を結びつける言説がどのくらい入ってくるかというのが主要な関心事で。(一方でコソヴォへの言及は、ほとんどなかった。)

で、案の定FOXはスゴかったということをボリス・ジョンソンが教えてくれているわけですよ。キャスターが「どうも今日は感傷的になってしまいますね。今日は信じられないようなことがいろいろあります、この目で見ることになるとは思っていなかったようなことを私はこの目で見ています。ブレアのエクササイズ用のバイク(室内用の運動器具)が運び出されていました」とまで言っていたというんだから、ほんとに「平壌流」、「どこの将軍様」だ。運動器具が運び出される光景なんて、ただの引っ越しじゃんか。バカバカしい。

ボリス・ジョンソンが言うに、ブレアが首相の座を去ったことは、「最上にして最も崇高な、自己犠牲の行動」であるかのように扱われていた。うはは。冗談きついなー。いや、ジョンソンがではなくそういうふうに見えていた人がいるということが。(BBCの放送を見ていたから言うけど、これはジョンソンのでっち上げではない。ジョンソン節の書き物ではあるけれども、実際にそのようなトーンはあった。「男の美学」っていうかね、「引き際」っていうか。実際には「あんなにツラの皮が厚くて往生際の悪い奴も珍しい」という系統の話なのだが。)

で、人々に「崇拝」される「偉大なる首相様」は、その裏で、汚職で警察から3度目の事情聴取。うはははっ。

そして、ボリス・ジョンソンはそういう「ブレアの最後の瞬間」の様子を、「ダイアナ妃の葬儀」とか「ヴィクトリア女王の葬儀」とか揶揄しつつ、「ある瞬間に、自分もまたその国葬ムードに飲み込まれた」と告白している。それは、ゴードン・ブラウンが口を開いたまさにその瞬間だったのだそうだ。

確かに、ゴードン・ブラウンの「しゃべり」には、トニー・ブレアの「しゃべり」のような軽快さ、華やかさがない。何であんなにテンション高いのかという意味不明な楽しさがない。

で、私はそう書いているボリス・ジョンソンの文を読んで、小泉から安倍への日本の首相交代のときに、それまで何度も安倍氏の「しゃべり」はテレビで聞いていたにも関わらず、「首相」として口を開いた氏の「しゃべり」を聞いて、「小泉時代が終わった」という感興をおぼえたことを思い出すのだ。(なお、私は決して小泉サポーターではなかった。)

好きとか嫌いとかではなく、単に、慣れているものがなくなるのは、一種の喪失感というか、さびしいなという気持ちを起こさせる。うちから駅に行く道にある、自分にとってはどうでもいい建物が建てかわるときに、その建物がある日作業用シートに覆われているのを見た瞬間に、別に言語化するまでもない気分になるように。

で、事実上「チーム・キャメロン」のシニア・メンバーであるボリス・ジョンソンがこう書いているのを見て、次は保守党は、1997年に「ひたすらグレイなジョン・メイジャー」の後で一般市民を魅了した「軽快で華やかで明るいブレア」にすっかりヘコまされた教訓を活かし、「軽快で華やかで明るい誰か」を持ってくるのかもしれない、と思ったら眉間が痛くなってきた。それってボリス・ジョンソン本人じゃん!

ここらへんからは、ボリス・ジョンソンの筆は、うまい具合に「保守党は労働党とは違います」という方向に進んでいく。そうであるとわかってても読んでしまって、もし私が英国の有権者でいわゆる「ミドル・イングランド」な層(アポリティカルで、すごい金持ちでもなければ特に貧乏でもない)に属していたら、この文章を読み終わるころには「次の選挙では保守党も悪くない」と思っているに違いない。危ない危ない。(^^;)

ま、こういうのは、マイケル・ポーティロに言わせれば、Conservative high command is the victim of wishful thinking. ということだよね。昨日のPMQでのキャメロンの「誉めるだけでツッコミなし」というのも、「ああこれでやっとブレアが終わる、ブラウンなら太刀打ちできる」とwishful thinkingで余裕かましてただけかも。(ブレアは「最後にどんな矢が飛んでくるか」と構えていたのに何も飛んでこなかった、という感じだった。)

いずれにせよ、労働党に欠けているのは、ボリス・ジョンソンのような機知。あの人たちは大真面目に「私たちはすごい」ということを言うのは得意だけれど、どうでもいい無駄なウィットをメディアで披露したりしない。このボリス・ジョンソンのわかりづらいdisから考えると、「ピューリタン」的な、ということかもしれない。(それもまた「実は意味不明なレッテル貼り」なんだけど、すぐに退屈したりはしない。)

だいたいボリス・ジョンソンは楽しすぎるんだけどね。先日hinakiさんのところにリンクされていたBBCの「今週のお言葉」@6月19日には、「2012年オリンピックのロゴはボリス・ジョンソンの頭みたいだ」というのに対し、彼は「私の髪型のことは好きなように言ってくれて構わないのだけれども、私の頭を見ても癲癇発作は起こらないし、デザインにかかった費用は£40万という額にはまったく遠く及ばない」と反論した、とある。なんておそろしく「英国的」なのだろう。



ブレアに対する事情聴取の記事、ガーディアン以外:

テレグラフ:
http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2007/06/28/nhonours128.xml

FT:
http://www.ft.com/cms/s/b45d483a-256d-11dc-b338-000b5df10621,dwp_uuid=5f5b5ef8-b209-11db-a79f-0000779e2340.html
FTだけは「数週間前 some weeks ago」としている。

タイムズ:
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/politics/article2000137.ece

どれを見ても、ブレアの事務所は連絡がつかない状態らしい。これを隠しておくために、ブレアの最後の日々はすごい報道管制だったことだろう。

こんな汚職疑惑のある人に、ファタハのことをどうこう言えるんかいな。少なくとも、中東で仕事するんなら、自身の潔白を法廷で明らかにしてからにしてほしい。ハットン・インクワイアリでも「科学者を死に至らしめた原因はジャーナリストとBBCにあり、情報操作したブレアはまったく悪くない」を勝ち取ったんだから、こんな程度の疑惑でnot guiltyを勝ち取ることは簡単でしょう。(腹が立ちすぎて支離滅裂)

※この記事は

2007年06月29日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼