kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年06月23日

【メモ】CIAの秘密文書の件

CIA to reveal decades of misdeeds
http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/6229750.stm

CIA reveals decades of plots, kidnaps and wiretaps
http://www.guardian.co.uk/usa/story/0,,2109513,00.html
The records were compiled in 1973 at the behest of the then CIA director, James Schlesinger, and collected in a 693-page dossier known as the "family jewels". Although some of its contents have been leaked, the CIA has refused until now to put the full dossier in the public domain.


現物はPDFで National Security Archiveの下記のページに。(ページ末尾にDocuments 1-4として個別リンクされています。)

The CIA's Family Jewels - Agency Violated Charter for 25 Years, Wiretapped Journalists and Dissidents
http://www.gwu.edu/~nsarchiv/NSAEBB/NSAEBB222/index.htm

今回発掘され公開された資料の中身は、上記ページの最後の方にあるように:
1. Confinement of a Russian defector that "might be regarded as a violation of the kidnapping laws."
2. Wiretapping of two syndicated columnists, Robert Allen and Paul Scott.
3. Physical surveillance of muckraker Jack Anderson and his associates, including current Fox News anchor Brit Hume.
4. Physical surveillance of then Washington Post reporter Michael Getler.
5. Break-in at the home of a former CIA employee.
6. Break-in at the office of a former defector.
7. Warrantless entry into the apartment of a former CIA employee.
8. Mail opening from 1953 to 1973 of letters to and from the Soviet Union.
9. Mail opening from 1969 to 1972 of letters to and from China.
10. Behavior modification experiments on "unwitting" U.S. citizens.
11. Assassination plots against Castro, Lumumba, and Trujillo (on the latter, "no active part" but a "faint connection" to the killers).
12. Surveillance of dissident groups between 1967 and 1971.
13. Surveillance of a particular Latin American female and U.S. citizens in Detroit.
14. Surveillance of a CIA critic and former officer, Victor Marchetti.
15. Amassing of files on 9,900-plus Americans related to the antiwar movement.
16. Polygraph experiments with the San Mateo, California, sheriff.
17. Fake CIA identification documents that might violate state laws.
18. Testing of electronic equipment on US telephone circuits.

まるでYear Zeroですな、はっはっは。

というわけで米国内のものがほとんどで、トルーマン・ドクトリン下での共産圏や中東での活動や、チリのアジェンデ政権@1973年関連をはじめ、国外でのあんなことやこんなことは出ていない(カストロらに対する暗殺計画は出ているけど)。アジェンデのは時期的にも入っているかどうか微妙。

PDFが画面では読みづらいので(タイプライターの打ち出し)、プリントアウトして、これから読みます。

693ページもあるという資料全体は、来週、NSAのサイトにアップされる予定だそうです。眼精疲労との闘いですな。。。
タグ:CIA 米国

※この記事は

2007年06月23日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 17:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
問題の資料がNSAに出たみたいですね。ガーディアンの報道:
CIA conspired with mafia to kill Castro
- Agency publishes secret documents detailing plot
- 702 pages reveal illegal activities up to 1973
Simon Tisdall in Washington
Wednesday June 27, 2007
http://www.guardian.co.uk/usa/story/0,,2112302,00.html

エントリ本文にあるとおり、大半が米国内でのCIAの違法行為についてで(反戦運動への監視、ジャーナリストへの監視に関するものがほとんど)、国外でのCIAの違法行為はカストロ暗殺計画など特大のものがいくつかで、それほど大物狙いでない活動(東欧や中東での破壊活動や煽動など)についての記述はなさそうです。

というわけでNSAのサイト・・・あったあった。PDFで702ページ(先週の「693ページ」というのは少なく数えすぎていたのかな)、27MB(でかっ!)。
http://www.gwu.edu/~nsarchiv/NSAEBB/NSAEBB222/index.htm

ハイライトは・・・
[blockquote]
Top Ten Most Interesting "Family Jewels"
Released by the CIA to the National Security Archive, June 26, 2007

1) Journalist surveillance - operation CELOTEX I-II (pp. 26-30)

2) Covert mail opening, codenamed SRPOINTER / HTLINGUAL at JFK airport (pp. 28, 644-45)

3) Watergate burglar and former CIA operative E. Howard Hunt requests a lock picker (p. 107)

4) CIA Science and Technology Directorate Chief Carl Duckett "thinks the Director would be ill-advised to say he is acquainted with this program" (Sidney Gottlieb's drug experiments) (p. 213)

5) MHCHAOS documents (investigating foreign support for domestic U.S. dissent) reflecting Agency employee resentment against participation (p. 326)

6) Plan to poison Congo leader Patrice Lumumba (p. 464)

7) Report of detention of Soviet defector Yuriy Nosenko (p. 522)

8) Document describing John Lennon funding anti-war activists (p. 552)

9) MHCHAOS documents (investigating foreign support for domestic U.S. dissent) (pp. 591-93)

10) CIA counter-intelligence official James J. Angleton and issue of training foreign police in bomb-making, sabotage, etc. (pp. 599-603)

Plus a bonus "Jewel":
Warrantless wiretapping by CIA's Division D (pp. 533-539)
[/blockquote]

それと、今回開示された資料と、30年前の1977年に開示された資料との比較写真もついてるそうです。77年には開示されていた部分が、07年にはオミットされている(白く塗られている)というミステリー。
Posted by nofrills at 2007年06月27日 16:40

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼