kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年06月18日

NYCを100としたとき、ロンドンは126、東京は122、モスクワは何と134!



というわけで、Mercer HRのCost of Living Survey調査結果、原文もどうぞ。解説は同社のプレスリリースで。あと、BBCでMoscow world's most costly cityもね(BBCではポンドに換算さえれた数値が少し出ています)。(AFPさんの記事では「海外駐在員の生活費が最も高い都市」となっていますが、Mercer HRではCost of Living Survey、つまり単に「生活費調査」としています。)2007年3月時点での数値です。調査対象は世界各地の143都市。

トップ5は
1: Moscow, Russia = 134.4 (昨年は123.9で1位)
2: London, UK = 126.3 (昨年は110.6で5位)
3: Seoul, South Korea = 122.4 (昨年は121.7で2位)
4: Tokyo, Japan = 122.1 (昨年は119.1で3位)
5: Hong Kong, Hong Kong = 119.4 (昨年は116.3で4位)

以下、10位までがコペンハーゲン(デンマーク)、ジュネーヴ(スイス)、大阪(日本)、チューリヒ(スイス)、オスロ(ノルウェー)と、若干の順位変動はあれど昨年と同じメンツです。EU加盟国でEuroな国の都市はまだ1つもありません。

で、昨年は10位のオスロが100で、NYCと同じだったのですが、今年はオスロは105.8で、NYCは15位。間に入っているのはミラノ(イタリア、Euro)、サンクトペテルブルク(ロシア)、パリ(フランス、Euro)、シンガポールの4都市。

今年NYCの次に来ているのがダブリン(アイルランド)で、昨年の91.8から99.6に上昇、順位も18位から16位に。

日々アイルランド関連の記事を見ていると、「南は高いので北に」という傾向がずいぶん見られるようになってきているようです。北ももう投資が逃げてくような状況ではないし。

ダブリンの次がテルアビブ(イスラエル)、というのは意外な気が。昨年は89.7で24位、今年は97.7で17位。

18位がローマ(イタリア、Euro)、19位がウィーン(オーストリア、Euro)、20位が北京(中国)で、北京の数値は95.9(昨年が94.9)。

21位がシドニー(オーストラリア)、22位がヘルシンキ(フィンランド)、23位がストックホルム(スウェーデン)、と、このあたりは「物価高リスト常連都市」で、24位がドゥアラ(カメルーン)とようやくアフリカが出てきて(昨年は87.6で27位、今年は92.9)、25位がアムステルダム(オランダ、Euro)、26位はマドリッド(スペイン、Euro)、27位は上海(中国)、28位はキエフ(ウクライナ)で29位がアテネ(ギリシア、Euro)。ここまでがNYCを100とした場合に90を超えている都市。

30位がアルマトイ(カザフスタン)で、昨年の81.9から89.6に上がっているからかなりの上昇幅。『ボラット』効果か?というのは悪い冗談(ごめんなさいごめんなさい)。

31位が同率でバルセロナ(スペイン、Euro)とブラティスラヴァ(スロヴァキア、ERM-IIの段階)、33位がダカール(セネガル)で数値はぴったり89。34位についに出てきたドバイ(UAE)。

んな感じで、一昔前なら「物価高リスト」では見かけなかったような都市が入ってきているのと、一昔前の常連の旧西ドイツが39位でようやく出てくるのと、USAは基準のニューヨークのほかは42位のロサンゼルスだけなのが興味深い。

それと、UKの物価高都市は1位ロンドン、2位グラスゴウ、3位バーミンガム(!)で、バーミンガムはLAやブリュッセル(ベルギー、EUお膝元)より生活費が高く、フランクフルト(ドイツ、欧州中央銀行お膝元)よりちょびっとだけ安い。

で、アジアで一番高い都市は、昨年に引き続き今年も韓国のソウル。先日、ソウルの郊外で英語を教える仕事をしている英語圏の人とちょっと話をする機会があったのだけど、「ソウルも物価は高いから東京でも別に驚かない」って言ってたなぁ。。。確かに、こうやって見ると、ロンドンを除いては欧米の英語圏の都市に、NYCより生活費が高いところはない。

でもこれは為替相場のマジックというか、ドルが弱い(安い)からという側面もあるみたい。

アフリカからは5都市がトップ50にランクイン。中東では4都市。

というわけで、お待たせしました、ロンドンについてAFPさんから引用:
上昇率でモスクワをはるかに凌ぐ結果となったのが、ロンドンだ。ニューヨーク比プラス26.3%は、ドル安も手伝って2006年から16%増。順位も、5位から2位に上がった。

Mercer HRの表でロンドンの数値(110.6→126.3)を見たとき、見間違いじゃないかと思って目薬さしました。対ドル相場までは知らんのだけど、円で見る限り、3月と比べて今はもっとポンド高いし(oandaで見たところ、3月が226円くらい、今日6月18日が244円。。。くはー)、さらに上がっているかもしれない。

まったくもー、ロンドンはこんなところまでモスクワと張り合わなくていいっての。この件だけでオナカイッパイだからさ、ほんとに。



でもBBCの一覧を見ると、家賃ではロンドン<モスクワ=NYC<東京で、東京が一番高いってことになってるんだよね。東京の家賃、£2,110って、1ポンドを235円としても50万円近くになるんですけど、こりゃ調査対象に問題ありだよね。外資系企業の欧米系の駐在員たちだもん。(日本のサラリーマンでそんな家賃が払えるのはほんとにわずかでしょう。)



■関連過去記事:
生活費は東京が一番高い。@2003年07月30日
http://ch00917.kitaguni.tv/e5080.html

ロンドンで生活するのは世界一費用がかかる。@2005年03月01日
http://ch00917.kitaguni.tv/e123900.html

東京とロンドン,物価比較@2005年09月30日
http://ch00917.kitaguni.tv/e189932.html

2007年の英国の値上げとポンド高(もしくは「一気に倍」メソッド)@2006年12月26日
http://nofrills.seesaa.net/article/30345513.html

英国の物価高@2007年01月16日
http://nofrills.seesaa.net/article/31535267.html



※コメント投稿の際は、リンク先AFPの日本語記事、および原文@mercer HRをご参照の上、お願いいたします。

※この記事は

2007年06月18日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼