kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2016年04月04日

【パナマ文書】マネー・ロンダリングに関する話をするときに、ソース・ロンダリングしてませんか? ということにも留意。

近頃パナマで流行るもの、脱税目的、不正蓄財……というわけで、租税回避地 (タックス・ヘイヴン: tax haven) として知られるパナマにきっとたくさんあるであろう法律事務所のひとつ、モサック・フォンセカから内部告発者が出て、世界各国のあの人やこの人が関係者や家族を経由してどんなことをしているかが暴露された。Panama Papers (パナマ文書) として、世界各国の報道機関が連携し、1年間調査報道を重ねてきた結果が、2016年4月4日に公開された。

これが日本語圏では「なんと、あのメッシも!」とかいう方向になってるらしいので頭が痛いが(これには実際の「被害者」がいる。今も出続けている)、ものすごい時間かけて(ちんたら作業してたにしても、10時間くらいかかった)いろんな情報を1ヶ所にまとめておいたのでご参照いただきたい。

複数の国のトップもやってた租税回避地での蓄財。詳細がリークで明らかに。#PanamaPapers
http://matome.naver.jp/odai/2145975940070986501


内部告発者(リーカー)が主に接触したのはドイツのSüddeutsche Zeitung(南ドイツ新聞)、全体の取りまとめというかハブ的な役割を果たしたのがThe International Consortium of Investigative Journalists (ICIJ) で、ピュリッツァー・センターとICIJがこのために制作した解説ビデオが下記である。



冒頭が、オフショア、租税回避とは関係のないシリア内戦の話なので「あれ?」と思うかもしれないが、間違った映像ではない。シリア内戦は「これらの戦争犯罪はしっかり記録されている」というために使われているだけで、本題は「しかし、それを支えてきたオフショア・ファイナンスの活動はそうではない」。そして「そのように蓄えられた金は、シリア空軍に……」と展開し、今回文書がリークされたモサック・フォンセカというのがどういう会社なのかが、「ロシアで13歳で誘拐された少女の人身売買」というあまりに非道な実例や、ウガンダで起きていることを通じて説明される。英語聞き取り必須。

それから、ガーディアンのスタイリッシュな解説ビデオもわかりやすい。ロシアのプーチン大統領のケースを例として、モサック・フォンセカによる蓄財と資金洗浄(マネー・ロンダリング)がどのように行なわれているかをわかりやすく説明してくれている。英語が聞き取れなくても読めれば大丈夫。



さて、この「大型リーク」、規模がものすごい。文書量が2.6テラバイト。文書数にして1150万通。

一生かかっても読めないよ。

文書の大量リークは、2010年にウィキリークスが手がけた3件(チェルシー・マニングによるアフガン戦争ログ、イラク戦争ログ、米外交公電のリーク)以降、いくつも続いているが、今回のはケタが違う。というか単位が違う。

これをどうやって「全貌が見えるように報道していくのか」というのも報道機関にとっては難しいのではないかと思うが、今日は初日である。

そして、初日に報じられていないからということだけで陰謀論が出回るのもまたネットである。

何かあったら、とりあえず「陰謀論」ではないことは確認しよう。その情報の出所がアレックス・ジョーンズ系統ではないかどうか。

先ほどリンクしたNAVERまとめのページを作成するためにハッシュタグをチェックしてて、何度も何度も遭遇したのが下記の一連のツイート(画像)に含まれている2枚目の画像だ。というか、このツイート主も、短時間の間に同じことを何度も何度も繰り返してツイートしているが(1時間のうちに4度フィードしている)、そういう人がほかにもいた。何度もツイートすれば、そのたびに「釣られる」人は増える。これはいつもの「あの界隈」のやり口だ。

conspiracytheory04.png


上記のツイッターユーザーがソースとしているのは、なぜかいまどき短縮URLを使っているので表からは見えないが(見えなくしているのだろう)、Zero Hedgeの記事である。※下記、直接クリックできないようにURLにスペースを入れて壊してある。
h t t p://www. zerohedge .com/news/2016-04-03/unprecedented-leak-exposes-criminal-financial-dealings-some-worlds-wealthiest-people

Zero Hedgeは運営者もはっきりせず(複数の人物によるグループ・ブログだが、全員がFightclubのタイラーの名前で投稿している)、'The site was described by CNNMoney as offering a "deeply conspiratorial, anti-establishment and pessimistic view of the world." Other writers have characterized the site as conspiratorial. A Forbes article described the site as a source of hysteria and occasionally misleading information.' と評されているサイトである。記事の中身は「報道の抜粋とまとめ」なので、あえてここを読まなくてもよそで十分に得られる情報ばかりなのだが(その昔のアンドルー・サリヴァンのブログと同様)、便利は便利だし、ひところの流行語でいうと「キュレーション」っていうんですか、そういう「味」に引かれて読者が集まっている。その「味」が「陰謀論風味」なのだ。

好き好んで電波浴などしようと思わないから私は自分からは見ないサイトだが、基本的には「報道の抜粋」のブログなので、そういう「風味」が好きな人が読むのはその人の自由だ。ここのほかに「陰謀論」と見られているサイトよりはライトでマイルドなので、あんまり濃いのは敬遠している人でも近づきやすいのかもしれない。そして、たとえ今回「ウクライナのポロシェンコ大統領」(ヤヌコヴィッチ前大統領を追放した勢力、ロシアになびかない派)がガンガン名前出されて叩かれてても、「アメリカがー」、「ソロスがー」と言ってるのが楽しいという人は、事実をまともに検証したりせずにそういい続けるのだろう。そういう人が読んで「やっぱり!」と思える場所としてZero Hedgeに集っているのなら、まあそれはそれなのではないかとは思う(支持はしないし、そっち系の趣味なんかなかった友人がそっちに行きかけたら全力で止める。いやがられても止める)。

ただ、ソースを(短縮URLによって)隠して拡散するのはどうなのか。

上のキャプチャ画像に入っている2枚目の画像は、Twitterで実に多く「拡散」されていた。その中には911陰謀論やボストン・マラソン爆弾事件フォルス・フラッグ説などで知られるアレックス・ジョーンズ/プリズン・プラネット系統と認識しているアカウントもあった(げんなりしていたのあまりしっかり見ていないけれど)。

この「ソロスがー」、「USAIDがー」はもう次の段階にまで発展している。「釣られる」人はとても多いだろう。

ICIJが出しているバナーのA Global Investigationを、deceptionと書き換えているのを見かけたので、ユーザー名をクリックしてみたら、堂々と「ロシア支持のメディア・スナイパー」と名乗っているけど、そんなことで「これはだめだ」と思う人ならこんなところまで来ていないと思う(ただしヲチャは除く)。

conspiracytheory04b.png

これを思い出すよね。昨年11月、パリでの連続攻撃のあとに出てきていたプロパガンダのアカウント。ハッシュタグを使って、微妙な心理状態にある人に直接働きかけるようなことを述べていた。

とにかく、何かを引用しておきながらソースを明らかにしていないようなのは鵜呑みにしないというのは当たり前のことだけど、それに加えて、同じことを短時間で何度もフィードしているようなのは要するに「拡散希望」なのだから、それなりの扱いをするということを心がけておいたほうがよいと思う。

なお、今回の報道で「アメリカ人の名前がまったく出てこない」のは、単にこの法律事務所の顧客のアメリカ人には、今の濃いメンツ(ウクライナ大統領だとか、カタールのエミールだった人だとか、アルゼンチンの前大統領だとか、ホスニ・ムバラクの息子だとか、パキスタンの首相の子供たちだとか)の中に入るような人がいなかったということだろう。

こういう「サービス」を提供しているのはパナマのこの法律事務所だけではない。パナマだけでもほかにいくつあるだろう。パナマ以外の租税回避地を考えたら、気が遠くなる(数だけでなく程度でも……英国でそれなりにニュースを追ってれば、「ジャージー」と聞くと気が重くなったりするはずだ)。

そういうことを、2秒くらい考えてみたら、「今日、今ここでキーキー言い出さずに、明日まで待とう」と思えるのではないだろうか。何しろ相手は2.6TB分の1150万通の文書である。

今回の内部告発者が最初に接触した「南ドイツ新聞」のデジタル版編集長、Stefan Plöchingerさんのツイート。





ドイツ語が読めない私はBing翻訳を利用して "Just wait what still comes..." という意味であることを確認した(言われてみれば、後半のwas noch kommtにはwhatとcomeが見える)。人力翻訳でも下記の通り。






しかし今回の「なぜアメリカ人が1人もいないのかーーー」騒動を見て、改めて、みんな、アメリカのことが大好きなんだな、と思った。私、ほんとに興味ないから言われるまで全然気にならなかった。それよりパキスタンのナワズ・シャリフの名前が出てきたこと(出ても政治的には無傷だろうとパキスタンの英語話者のツイッタラーさんたちはあきらめを口にしてることもあるが、全体的に、非常に怒っている)や、ウクライナの大統領が叩かれてることのほうがよほど気になる。



And now, from Russia with... what?








5日追記:
























……というわけで、次項はデイヴィッド・キャメロンの父親の件について。

※この記事は

2016年04月04日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:59 | TrackBack(1) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

【パナマ文書】名前が出てきた世界各国の政治トップや政治家・官僚について。(含: 英首相の海外資産問題とメディアの当初の沈黙)
Excerpt: #PanamaPapers (パナマ文書) は、全部で2.6テラバイト分の文書で、関係するペーパーカンパニーは何十万のオーダー、出てくる人は何百人単位で過去何十年分ものものである……と、規模が大きすぎ..
Weblog: tnfuk [today's news from uk+]
Tracked: 2016-04-05 21:36





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼