kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2015年09月29日

I've logged out of Twitter and won't be logging in for a while. しばらくTwitterの画面を見ないことにします。

I've decided to log out of Twitter. I mean I won't be logging in for a while, except when I need to in order to retweet, check DMs, etc. I will keep "tweeting" via my social bookmark, but I won't be there; I won't be looking at twitter.com or twitter.com/nofrills. I won't check who retweets/favs my tweets. I won't see replies.

In fact I've seldom seen twitter.com lately. I "tweet" via b.hatena.ne.jp (auto feed), open my page (twitter.com/nofrills) to view Trends, to check typos in my "tweets (feed)", and to add some extra notes onto my bookmark/tweet (see fig below).



It worked fine. Until today.

Twitterからログアウトし、しばらく戻らないことにしました。もううんざりしました。はてブからのフィードや、当ブログのサイドバーに表示させているリストからのRTは続けるし、そういったことのために必要な範囲でログインはしますが、twitter.comもtwitter.com/nofrillsも見ないし、RTもFavもチェックしません。リプライも見ません。といっても最近はほぼずっとそんな調子で(twitter.comは見ず、twitter.com/nofrillsは、Trendsの確認と、自分のツイートのタイプミスのチェックや、はてブのページに追加で表示させたい補記を行なうときは見る、という感じ。あと、画像投稿のときも)、それはそれでよかったのですが、さっき、うんざりするようなことがありました。

I was "tweeting" via b.hatena.ne.jp on Syria; the UNGA is currently on, which means there are a lot of news articles on Syria.

国連総会が始まっているのでシリアについてのニュースが増えていて、それについてまとめてはてブからTwitterにフィードしていました。



それに対し、シリアとは関係のないリプライがつけられました。日本語と英語が併記され、@BBCWorld(私がブクマしてツイートしたのはBBC記事なのですが)にも宛てられたそのリプライは、「イエメンではこんなに民間人が殺されています」という内容で、折り重なる死体の写真が添えられていました。

自分が話している話題でもないことへの誰か知らない人からの一方的な投稿で、なぜ、そんなものを見せられなきゃならないんですか。ていうか、一方的に話しかけるのなら、一方的に話しかけているという自覚を少なくとも持ってください

Twitterってこんなことばっかりで、本当にうんざりです。

Somebody posted a bilingual reply (in Japanese and English) to one of them. It's about Yemen, which is a different issue from Syria. Posting an unrelated reply is enough for me to block the user (see what happened a few weeks ago) but you just can't do that to news from Yemen, can you?

No, that's not a problem, in this case. What bothered me was that the reply showed yet another horrific picture. Yes, dead bodies everywhere. Again.

Such pictures no longer move me. They only make me feel sick. They only make me close the browser window.

"Saudis are killing civilians," it said, as if I hadn't been aware of the atrocities brought on the Yemeni people KSA and its allies.

I've been well aware of it. But what can I do? I'm only an individual. I'm not a news org like @BBCWorld or @guardian. I'm not a human rights NGO like @HRW or @Amnesty. Why do I have to be shown such horrific pictures personally, by a complete stranger on the Internet, when I myself am not prepared at all? All it does is just to put me off. Forcing individuals to know/see graphic pictures is not same as sending such pictures to the BBC, the Guardian or the New York Times.

This is the ultimate limit of Twitter, IMHO. Twitter is not the "fourth estate" that is sometimes supposed to have power to bring about changes.

Look at Syria. Look at Bahrain. With tons of tweets that showed the horrific reality of the oppression, nothing was sorted.

Contrary to some popular utopian views, the "democratic" internet managed to do very little for the oppressed people. Of course it matters a lot that people have the freedom of speech. But let's face the music, the internet itself can't change the way in which a country is run, and/or the United Nations works. I've seen Bahraini pro-democracy movement (many of the activists speak English and are on Twitter) ignored by the "international community". Syrian activists and their supporters were called terrorists or puppets. Even I was slugged as a "brainwashed, CNN-loving moron" because I tweeted and retweeted about the violence by the Assad regime. (BTW I seldom read CNN articles.) Even so, many including me have tried to "spread the word" and help them.

And?

Nothing. Nothing at all. Except for the confident smile on Putin's face, and handshakes between the US/UK leaders and the KSA regime.

And here are new atrocities. Are we supposed to do the same? Are we going back to 2011?

Nope.

We on the internet basically let them down. The people in Syria and Bahrain who have wanted freedom (of speech, from oppression) have instead got tear gas, live rounds and bombs, and the internet couldn't stop it.

More over, pictures of dead bodies have traumatised me really badly over the years. I'm not a type of person who can't look at graphic pictures, but I'm not a trained journalist. I don't have a counselor or therapist to rely on unless I personally pay the hefty fee. When you send me horrific pictures, you would be satisfied, feeling you've done something good. And who pays for my trauma? Do you even know me? I don't know you. Who are you to send me such images?

I just can't handle graphic pictures any more after these four years. Enough is enough.

Only on Twitter have I seen such horrific pictures. If I log out of Twitter, I'm basically free from those bloody images.

And so, I haven't looked at twitter.com for a few months, and it worked fine, until today, when somebody posted an unrelated reply to my tweet that I looked at to post an additional note. Otherwise I wouldn't have checked that horrific reply.

:(













というわけで。

私は嫌いな表現なんですが、「不意打ち」の意味で「テロ」って言いますよね、日本語圏では。「めしテロ」みたいに。それを死体写真でやられる場になってしまってるんですよ、私にとってのTwitterは。

ほか、セクハラと自覚されていないセクハラ、「『揉め事』好きな人々」による煽りや一見尤もらしいけど悪意にあふれている発言など、本当にうんざり。あと、スパムの問題もある。

なので、もういいです、という感じ。あとは、「はてブからのフィードともろもろのRTをまとめてTwilogに入れて、検索可能にしておく」という目的だけなんで。

もう私、やれるだけのことはやったと思いますよ。

ほっといてください。

※この記事は

2015年09月29日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 12:00 | TrackBack(1) | 事務的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426923701
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

Twitterを使うことを基本的に停止します。RTやブログからのフィードは続けます。
Excerpt: 子供の頃に(限らずとも)、コップに水をなみなみと注いで、硬貨を1枚1枚投入し、あるいは一滴ずつスポイトで水をたらして、コップの上面に盛り上がってくる水がどこまでこぼれずに耐えられるかという遊びをしたこ..
Weblog: tnfuk [today's news from uk+]
Tracked: 2015-11-08 11:53





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼