kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2015年09月29日

BanksyのDismaland終了。設備は解体され、フランスへ……(何のためにかというと……)

8月22日から9月27日の期間限定で、ブリストル近くの寂れた海岸リゾート(海水浴場)、ウェストン・スーパー・メアのつぶれたレジャーランドの廃墟化した建物と敷地に手を入れて開催されていた、AmusementならぬBemusement Park, Dismaland (presented by Bansky) の会期が終了した。



敷地内に一度に入れる人数に限りがあるため、毎日時間を区切って入場券をネットで前売りしていたのだが、それも連日完売という大盛況で、開催地となった「寂れた海岸リゾート地」はかなり潤った(2000万ポンド!)という。ちなみに1日あたりの入場者数は4000人くらいとのこと。それが5週間なので、来場者数は14〜15万人。

そもそもバンクシーがこの街を会場に選んだのは、ブリストル育ちの彼が「17歳になるまで毎年ここに来ていた」からで、つまり「がっかりランド」の着想を得たときにすぐに開催場所として思いついたから ("The location was easy to find – I came here every summer for the first 17 years of my life." というのが本人の弁) だという。

Banksyは、そのへんの壁などに絵を描いているうちに妙に「値段がつくアーティスト様」となった自分を冷笑的に見ながらも(※図は、オークションハウスで高値がつき出したころのBanksyのサイトのトップページのキャプチャ。元の絵はこれ)、その「金を引き寄せる能力」を巨大資本によって疎外されつつあるローカル・ビジネスのために存分に活用しようとしていることは間違いない。今回、Dismalandについて「入門レベルのアナキズム」が得られるということを本人がコメントしていたが、その「アナキズム」の根幹は(「破壊」とかではなくて)「地域のオートノミー(自律、自治)」であり、そこには「反資本主義 anti-capitalism」が重要な要素として含まれる。

その「反資本主義」のコアにあるのは「地域のコミュニティのため」という精神、具体的には「大手チェーンのスーパーマーケットで買い物をするのをやめて、個人経営の八百屋・肉屋・魚屋・食料品店で買い物をしよう」というようなことだ。ブリストルでの消費はブリストルに還元されるべきであり、大手チェーンの本拠であるロンドン(や、多国籍企業の場合は英国外のどこかの都市)にいる少数の資本家と、どこにいるのかはわからないがたぶん地域のコミュニティには関心はないであろう株主たちがカネを吸い上げることには反対だ、という考え方。これは「右翼」「左翼」の話では本来ないのだが、「コーポラティヴ」の考え方の流れで「左翼」に色濃いと思う。(「右翼」の側では、何よりまずBuy Britishという標語として現れているような理念だ。)

そんなことは説明するまでもないことだと思っていたが、どうやらそうではないらしい。

ほかでもないBBCで、「反資本主義」のそういう背景・文脈を見ず、単に字義通りにしか捉えようとしない人が、"「資本主義」、つまり「商売」の否定をするのが「反資本主義」である" という浅い前提でDismalandについて記事を書いているのが、残念でならない。今のBBCには、ほかに人材はいないのかと思う。








私のブクマ&ツイートなどどうでもいいので、とにかく記事を読んでいただきたいと思う。私でも苦痛なので、本気で「反資本主義」の人はもっと苦痛だと思うが。

Restaurants have been busy too. In her contemporary Italian eatery on the seafront, Victoria Upward showed me her reservations diary.

Every night has been full, even midweek, which is normally unheard of at this time of year - and attracting a much wider range of customers.

"Traditionally, we would have small families or coach trips," she said. "But we've had Americans, Germans, hipsters, new age travellers, you name it."

Anyone with a small plot of land on the seafront has opened temporary car parks, often charging £5, which is more than the £3 admission to Dismaland itself.

Thousands have come by train. Great Western Railways report a doubling of numbers on the Paddington to Weston line, equating to about £4.5m extra revenue.

Everyone has noted the irony of the anti-capitalist art show boosting business.
But, Banksy said he chose Weston because "I went there every summer until I was 17", so perhaps he would feel a little less animosity to small local traders than multi-nationals.

For Mr Turner, the event shows Weston can laugh at itself.

"It's just like the British, really," he said. "We never take ourselves too seriously.

"Banksy has ripped the Michael out of us, but it's brought a great deal back into the local economy."

http://www.bbc.com/news/uk-england-bristol-34347681


ちなみに、£3の入場料(格安!)では、あの規模の展覧会の設営と参加アーティストへの支払いをまかなうのがやっとで、余剰があったとしても、Banksy自身にはほとんど「儲け」はないだろうと見られている。(毎週金曜日にはステージで音楽のライヴやコメディの舞台もやっているので、機材・セットの搬入・搬出なども含め、けっこうかかっているはずだ。)

こうして、廃墟化していたかつてのレジャー施設(「トロピカーナ」という名称)に、期間限定とはいえふたたび息を吹き込むことに成功したBanksyだが、会期が終わったあとのこの施設はどうなるのか。

ここは1930年代に建設されてから多くの人々を楽しませてきたが、2000年にレジャー施設としては閉鎖され、建物(それ自体はアールデコの美しい建物だ)を利用しての再開発計画が出ては立ち消えになり、浮かんでは頓挫してきた。「NAVERまとめ」にも少し書いたが、ロンドンのバタシー発電所の(建物のガワを保持したままの)再開発計画に似ている。

ロンドンでは、バタシー発電所と同じように残っていたテムズ川南岸のバンクサイド発電所の跡地が、(2000年の「ミレニアム再開発事業」で)「テイト・モダーン」として再生された例がある。

ブリストルの地域の海水浴場でも、「あのBanksyが、あのDismalandを開催した地」というネームバリューを使って、モダンアート系の施設としてやっていくという方向はあるのではないかという意見を私はどこかで見かけたが、メモっておかなかったのでどこで見たのか、わからなくなってしまった。ブリストルとまとめてひとつのエリア、という扱いはたぶんさして難しくはない(バスでつなげる距離)。

が、会期終了後の報道によると、この建物はツーリスト・インフォメーション・センター(完全オンライン化の可能性が取りざたされていたそうだが)が入ることになりそうな気配もある。
http://www.bbc.com/news/uk-england-bristol-34377469

うむ。「Dismaland記念館を併設したツーリスト・インフォメーション」みたいな斜め上の展開もありうるかもしれない。。。 (・_・)

一方で、解体されたDismalandの「シンデレラ城」などの構造物だが、これが……






All the timber and fixtures from Dismaland are being sent to the ‘jungle’ refugee camp near Calais to build shelters. No online tickets will be available.


あははははは。Banksy印のシェルターでは、サルコジでも壊せないだろう。何かあったら「おい、それはBanksyの作品だぞ」というネット署名が必ず出てきてバイラルする。そうなると、選挙に勝つことが第一の政治家は手を出せない。あははははは。

(カレーにはかつて「サンガット難民キャンプ」という施設があり、国際赤十字なども入って運営されていたが、2002年に当時内務大臣だったニコラ・サルコジが音頭を取ってキャンプを閉鎖し、物理的に破壊してしまった。今ある「ジャングル」と呼ばれる施設は、サンガットが取り壊されたあとに人々が作った掘っ立て小屋やテントの集合体。フランス警察がブルドーザーで乗り込んでつぶしたり、人々を拘束したりしている。)

今そこにいる人を死なせないこと、生かすこと。Banksyというアーティストが、そこまでシリアスなことにかかわるようになるとは、彼が有名になりだしたころは思ってもいなかった。単に「きわめて《英国的》な、皮肉で超笑えるストリート・アートをやってる人」、「Prankをいろいろ成功させている芸術ゲリラ」として、にやにやさせてもらっていた。

パレスチナ(ヨルダン川西岸地区)の分離壁への「芸術ゲリラ攻撃」のときだって、ここまで「シリアス」ではなかった。

West Bank wall at Kalandia

banksy-street-graffiti-art-10


なお、私は現地にはいけるはずもなかったので、Exit through the Gift Shop見てました。「何なんだよ、これは」っていう映画だけど、ミスター・ブレインウォッシュみたいなあり方に明確に「それは違う」と言ってるBanksyが、今Dismalandをやってる(&やれてる)っていうのは、とても興味深い。

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ [DVD]イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ [DVD]

Wall and Piece BANKSY YOU ARE AN ACCEPTABLE LEVEL OF THREAT【日本語版】 Wall and Piece インサイド/アウトサイド [DVD] BANKSY'S BRISTOL:HOME SWEET HOME

by G-Tools


タグ:Banksy

※この記事は

2015年09月29日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 08:00 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼