kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2015年02月15日

「またあの人か」的な著名人の暴言を、アパルトヘイトという非道とネルソン・マンデラについて、より広く知られるきっかけにしていくために

2月11日、リアルタイムでは見ていなかったのだが、産経新聞に「移民を受け入れ、人種で分けて居住させるべき」という主張の文が掲載されたことで、Twitterの日本語圏には非難、怒り、ドン引きなどなどの反応がたくさん出されたという。「人種で分けて居住させるべき」、つまり「人種隔離(それを英語ではracial segregation, または単にsegretationと言い、南アフリカの言葉ではapartheidと言う)をすべき」という主張の主は、曽野「またあの人か」綾子氏。

個人的に、2月11日はリアルタイムではISISに拘束されていた人道支援者、ケイラ・ミュラーさんの死亡確定の報が消化しきれずにいる中で、アメリカでの「メディアはなぜ報じないのか」の怒りの声(一度に3人も殺された事件で、事件とあればヘリを飛ばすのがお約束視されている全米ネットが報じるまで9時間とか10時間経過していた)ばかりにTLが埋め尽くされるのを見て消耗しつつ、イランの革命記念日に関する非常に抑制的なトーンのツイート(イラン国内から、また在外イラン人のジャーナリストから)を見て、シン・フェイン系統が「ネルソン・マンデラの釈放から25年」で深々と回想するツイートをぽつり、ぽつりと流してくるのを見ていたが、当の南アの人たちのアカウントは、私がフォローしている範囲では、ズマ大統領の施政方針演説前ということでの報道記事のURLをツイートしているような感じだった。私の見ていた範囲では、日本語圏は、米国の「コメディ・ニュース」の雄たるジョン・スチュワートの引退発表(年内のいつか)が話題で、それは英語圏ではもっとしつこくて(view数、クリック数がかせげるんだろう)、私は正直fed upするほどだった(ジョン・スチュワートはかなり好きだけど)。同時に、NBCのハンサムな看板キャスターが実はとんでもない大嘘つきのフカし野郎だったということが軍人筋の告発でバレたあとの処分(6ヶ月の停職)についてもしつこく流れてきた(ダン・ラザーと比べてせつなくなってた)。盗作がバレたファリード・ザカリアも何事もなく仕事してるようだし(さすがにジャーナリストはスルーしているが、米政府系のアカウントからRTされてきたりする)、アメリカも何だかねー、という心境になっていたのだが、私の場合、別にアメリカには特段の興味はない(メディア周りのゴシップなら英国ネタの方が好物)。

ともあれ、「曽野綾子が変なことを言っている」というのも正直「またか」だし、「日本ではマンデラ釈放から25年目の記念日だということも通じていない」のも「またか」でしかなく、つまり自分にとっては特に何の意味も持たないことだった。ほかにやることがあるのでそっちの資料を読むほうが大切だ。

しかし、そういう「またか」がよくないこと、というか、いけないことだという意識はどっかにはあって、それが明文化されていることばが、私がフォローしているどなたかのRTで13日に回ってきたときには、「またか」で終わらせてはいけないんだけどね、と思った。




それに加えて、あの津山直子さんが抗議文を書いておられるということを知った。
http://www.ajf.gr.jp/lang_ja/archives/sonoayako-sankei20150211.html





現在、「アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum; AJF)」の代表理事をつとめておられる津山直子さんは、「世界で活躍する日本人」が大好きな日本の一般大衆に知られていないとしたら不思議でならないのだが、反アパルトヘイト闘争という全地球規模の人権闘争の現場を知る日本人として有名な方である。

2006年にe Womanにアップされたジャーナリストの佐々木かをりさん(90年代に南アを繰り返し取材されている)との対談があるので、ぜひお読みいただきたい。そこから少し引用する。

http://www.ewoman.co.jp/winwin/75/1/4
http://www.ewoman.co.jp/winwin/75/1/5
津山
スウェーデンに福祉の勉強に行ったんですね。……当時、南アフリカは、アパルトヘイト下で非常事態宣言が出ていて、子どもたちまでもが拘留されたり拷問されているっていう状態でしたが、普通のスウェーデンの市民が、それに対してなにをできるか、スウェーデンの子どもたちや女性たちも含めて、どういうことができるかっていうことを、地域の中で取り組んでいたりしていたんです。

日本とかアメリカだと、当時、それは政治的なことで援助の対象にはならなかったと思うんですけれども、スウェーデン政府は、南アフリカの反アパルトヘイト運動に対する支援をしていたっていうことで、影響を受けたと思います。

佐々木
それは、興味深いですね。でもスウェーデンでの運動に参加したっていうことが、すぐにANCの東京事務所の勤務につながってるんですか? 

津山
そうですね、でもやっぱり偶然っていうか……。ANCはアジアには事務所がなかったんですね。欧米には南アの現状をより知らせていくっていうことで事務所があったし、スウェーデンの事務所は、政府が資金援助してたんですね。けれど、日本は国連の経済制裁があったにもかかわらず、1987年に南アとの貿易が世界一で。世界的にも批判されていました。

それで88年に、ANCが、もっとアジアの中で、特に日本で支援や理解を広げていく必要がある、っていうことで事務所を開くことになって。……その頃、取材されたんですよね?

佐々木
ええ。初めて私が取材に行ったときというのは、アパルトヘイトの南アですから、取材規制もたくさん受けました。ソエトに黒人たちが住み、高級住宅街に白人が暮らしている様子も取材しました。日本人は当時「名誉白人」と言われて、白人居住区に住んでいましたよね。……

津山
南アフリカは金とかプラチナとか、そういった鉱物資源が、世界でも一番多く採れる所で、日本は大きな貿易相手国だったんですよね。それで、「名誉白人」という特別な称号を、特別に名誉で(笑)……。

佐々木
白人社会にビジネスで一番資金を運んでくれる日本人、ということですね。

津山
そう。称えているわけではないんですが、白人としての地位をあげることによって、商売ができるように。たとえば同じホテルで商談ができるとか、同じ地域に住んでもいいとか、事務所を構えていいとされました。アパルトヘイトっていうことを否定すると、名誉白人であることは当然、おかしいことだと思うんですけれども。

そういったことがあって、1988年にANCが日本に事務所を開いたんです。そのとき知人を通して、「働いてみないか?」っていうふうに言われて、働くようになりました。


その津山さんの名義で出された「抗議文」を読んで、産経新聞で曽野綾子が時代錯誤の人種差別論を展開していることは「またか」で流しちゃいけないことだな、と強く思った。

そして、どうせ日本では、どんなに「ネットで」発言したところで、「ネット以外のメディアで発言する権利や機会を有する人々」によって「どうせ、ネットでしょう?」と鼻で笑われて終わるだけなのだが(この感覚が15年前で止まっていることが、ほんとに信じがたい。「ネット」というと「デマ」と決め付けてきたり、「金を出さなくても手に入る情報など価値はない」と鼻の穴を膨らませてみたり……何も言わずに、ガーディアンやアルジャジーラ・イングリッシュ、シュピーゲル英語版を半年ROMってみればいいのに)、紙に印刷されていることがネットで書かれていることより常に絶対的に優位であり、優秀であるというそのくだらない前提は、それこそ放置しておくわけにはいかない。

(「ネットを使う人々」は、いわゆる「ネット民」ではなくても、「デジタル・ディバイド」という表現を使うなどして「ネットで情報を入手できない人」のことを「自分たちより遅れている」と見做しがちであるが、日本においてはなぜか、「ネットなんかに頼らない俺たちはすごい」という変なエリート意識が、一昔前の流行語でいう「バカの壁」の向こうで守られ温存されているのが現実だ。報道機関のトップが「ネット」という存在に気づき、その価値をいち早く認め、そこでの展開を率先して模索した英国や米国とはまったく環境が異なる。ちなみに私が「ネットなんか」云々と最初に言われたのは自分がネットを使うようになった1998年だが、その後、1999年にも2000年にも、21世紀になってからも散発的に、なおかつ継続的に言われている。多言語話者に対し、多言語環境でのリサーチが必要な仕事を依頼しておきながら「ネットで見つけた資料は出典にしないでください」という無理ゲーをふっかけられるとかいう事例があるとも聞いている。)











こうして書いたのが下記だ。




現時点で、はてブが100件を超え、Twitterでの言及数が1600件を超えているが:



ざっと見たところ、産経新聞について批判的に言及すると必ず出現する「このような批判的な言説は、反日勢力によるものである」といった主張は、ほとんど見られないようだ。さすがに「人種別居住」案というか、アパルトヘイト政策が行なわれていたころの南アで、「名誉白人」に属していた立場の一個人が記憶している範囲の「私が目撃したこと」を根拠として「人種別居住」をこれからの日本に必要なものとして提案するなどという妄言は、弁護のしようがない (undefendable) ものということで、広く合意が取れているということではなかろうか。そこから「わが国」(←用語として使う)の人種・民族差別(レイシズム)の問題を、対話と議論を通じて考える(検討する)ということはできるはずだ。




さて、この「作家・曽野綾子による産経新聞のコラム」についてだが、日本の大手新聞はスルーするんだろうなと思っていた。日本ではなぜか、新聞はよその新聞がやってることには、基本的に知らん顔をする(そのようなものは存在しないという振る舞いをする)ことになっている(ただし「朝日批判」だけは別。朝日新聞の記事や方針が批判されるべきということとは別に、朝日のときだけ「叩く」という現象は一歩離れて見るとすごい奇異に見えるはずだが、その「一歩離れて見る」ことは「バカの壁」の向こうでは行なわれていないらしい。別の視点から眺めている「国境なき記者団」などにはめっちゃ奇異に映っているとしても、「彼らはわれわれではない」以上は、猫がにゃあと言ってる程度にしかならない)。

しかし、そんな中で毎日新聞が記事にしているというのが、どなたかのRTで流れてきた。見てみると、はてブもけっこうついているようだった。




はてブのコメントはこれを書いている時点でもまだ見ていないが、ともあれ、毎日新聞の東京本社編集編成局長をしておられる小川一さんは次のように述べておられる。私も同感である。




そしてこの記事を見たのだが……ひゃーっはっはっはっははっは




そうか、届いてないんですかー。

FAXって届くのに日数かかるようになってたんですねー (・_・)


AJFさんの「抗議文」を告知するAJFさんのサイトのページでは、一番上(「抗議文」本文の上)に、「AJFは、2015年2月13日、以下の抗議文を、曽野綾子さんおよび産経新聞社・飯塚常務取締役あてに、FAXおよび郵便で送りました」と記載されている。下図参照。



しかるに、AJFさんが曽野氏と産経新聞に宛てて抗議文を送ったということを伝える毎日新聞の記事では、冒頭で「14日までに、産経新聞と曽野氏あてにコラムの撤回などを求める抗議文を送ったことを明らかにした」と(AJFさんのサイトの記載に基づいて記事化していることがわかる文体ということに新聞業界ではされているが一般人にとっては「そんなこと知らんがな」である文体で)記載されているだけで、「郵便だけでなくFAXでも送った」ことは書かれていない。情報が省かれているのである。

そして、「FAXで送った」という情報を省くことによって、この記事を「産経新聞社は毎日新聞の取材に対し、『抗議文は現時点(14日正午)で受け取っておらず、コメントできない』としている」と述べて終わりにしても、特に変には見えないということになっている。



私は新聞報道にとても大きな期待をしているということが、こういう記述にがっくりくるということで改めて自覚される。









そして、これもまた基本的には「タイミングが最悪だった」だけだと思うが(だが曽野綾子をあくまで「作家」としてのみ扱うというのも、どうかと思うよ。安倍政権のブレーンだ)、AJFさんの「抗議文」について報じる記事を出す前に、毎日新聞ではこんな「ゆるネタ」系の記事を出していたそうだ。(こういう「ゆるネタ」の人選って、誰がどのようにやるんでしょうね。担当記者の裁量? 担当部署の判断?)




「産経新聞に掲載された曽野綾子のコラム」は、意図的に「マンデラ釈放から25年の記念日」を選んで掲載されたものではなかろう(単に、書き手も編集者もその「記念日」を把握していなかっただけだと思う)。内容的にありえないほど最悪のものが、タイミング的にも偶然(無知から)ありえないほど最悪のときに世に出てしまい、日本にいる英語圏のジャーナリストたちやロイターのような大手報道機関によって世界のあちこちに、それこそ「日本についてはネットでしか見てない人」にも「日本のことは特に興味はないがネットでニュースは見てる人」にも広まった。本質的には、タイミングが悪かったことが問題なのではなく、書かれている内容が信じがたいほど最悪であることが問題であるということは、強調しておきたい。

そして、この一件によって、「2月11日は日本の建国記念日であるだけでなく、ネルソン・マンデラの釈放によって南アのアパルトヘイト終焉が現実化しはじめた日である」ということが広く知られ、多くの人の記憶に残るものになったということは、ポジティヴなことだと思う。




※本当は「ウブントゥ」と書きたかったんですが字数削減した。

http://en.wikipedia.org/wiki/Ubuntu_%28philosophy%29
Ubuntu (/ʊˈbuːntʊ/ uu-BOON-tuu; Zulu pronunciation: [ùɓúntʼú]) is a Nguni Bantu term roughly translating to "human kindness." It is an idea from the Southern African region which means literally "human-ness," and is often translated as "humanity toward others," but is often used in a more philosophical sense to mean "the belief in a universal bond of sharing that connects all humanity".


「私」は決して「あなた」ではないし、「あなた」は「他の誰か」ではない。だから人間は分断されることは簡単だ。それでも分断を求めるのではなく、「一緒にいること」を求めるし、その「一緒にいること」の中から言葉が生まれ、対話が生まれ、議論が生じる。それこそがhuman-ness(人間ということ)だ。

NAVERまとめのページにも入れたけど、最近読んでよかったと思う書籍。特にちくま評伝シリーズのほうは、ティーンエイジャー向けに書かれている(ので用語などが平易)が、「子供向け」と侮るなかれ、という内容である(「子供向けなので簡単でいいんですよー」などと言ってる編集者がいたら、正座してこの本を読んでくださいといいたい)。「ネルソン・マンデラって名前と写真しか知らないけど」という方にはご一読をおすすめしたい。

ジョン・カーリンは、映画『インビクタス』のベースとなった、南アのラグビー代表とアパルトヘイト終焉についての本を書いた英インディペンデントのジャーナリスト。至近距離で接していたネルソン・マンデラの等身大(といっても大人物であるが……背の高さ的にも度量としても)の姿は、決して「聖人君子」のそれではない。でも、並外れている。「こんな人になるのは私には無理」ではなく、「こんな人に私はなりたい」と人に思わせる人物だ。

4480766243ちくま評伝シリーズ〈ポルトレ〉ネルソン・マンデラ: アパルトヘイトを終焉させた英雄 (ちくま評伝シリーズ“ポルトレ”)
筑摩書房編集部
筑摩書房 2014-09-25

by G-Tools


4267019959二人のマンデラ――知られざる素顔
ジョン・カーリン 新田享子
潮出版社 2014-11-05

by G-Tools


インビクタス / 負けざる者たち [Blu-ray]
インビクタス / 負けざる者たち [Blu-ray]モーガン・フリーマン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-04-21
売り上げランキング : 36516


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

※この記事は

2015年02月15日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 01:55 | TrackBack(0) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼