kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年03月10日

北アイルランド選挙結果

セント・アンドリューズ合意によるストーモント・アセンブリー(北アイルランド議会: Northern Ireland Assembly)の選挙の開票がすべて終了した。全体的にはまったく波乱なくというか、事前の予想(「予定」というべきかも)どおりの結果となったということは、開票が完了しないうちに早々と英国のブレア首相とアイルランド共和国のアハーン首相の共同声明が出されたことからも明瞭だ。

BBCの記事に掲載されている写真では、シン・フェインのジェリー・アダムズ(60歳くらい)は、これまで見たこともないような穏やかな表情をしている。「かわいい」と言いたくなるような顔だ。(ほんとに!)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/6432371.stm

URLを控えていないのだけど、かたやDUPのイアン・ペイズリー(80歳)は、夫人との熱いキスでお祝いしている写真がBBC記事に掲載されていた。(そういえばペイズリー家の内乱、娘が「お父さんは女性差別主義者だ」と反旗を翻した件はどうなったんだろう。)

選挙結果は以下の通り:
http://news.bbc.co.uk/1/shared/vote2007/nielection/html/main.stm
DUP [Democratic Unionist Party] ユニオニスト:
 36議席(前回比+6議席)
SF [Sinn Fein] ナショナリスト:
 28議席(前回比+4議席)
UUP [Ulster Unionist Party] ユニオニスト:
 18議席(前回比−9議席)
SDLP [Social Democratic and Labour Party] ナショナリスト:
 16議席(前回比−2議席)
AP [Alliance Party] どっちでもない:
 7議席(前回比+1議席)
GP [Green Party] どっちでもない:
 1議席(前回比+1議席)
PUP [Progressive Unionist Party] ユニオニスト:
 1議席(前回比±0議席)
無所属(総合病院改善活動家のKieran Deenyだそうです):
 1議席(前回比±0議席)

※これらのうち「主要4政党」は、DUP, SF, UUP, SDLPの4党である。4党とも党首は無事当選したが、UUP党首は当選確定までに長くかかった。4党首のうちで最も早く当選が決まったのは、私が見ていた限りではDUPのイアン・ペイズリー(全議員のうち最も早く当選確定したうちのひとり)、次がSFのジェリー・アダムズ、次がSDLPのマーク・ダーカンだった。

前回1議席を保持していたUKUP(大変に強硬なユニオニスト)は今回議席を失った。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/6434765.stm

PUPは今年1月にカリスマ的党首のデイヴィッド・アーヴァインが急病死して議席の保持が難しいのではないかとの観測もあったが、アーヴァインの後をうけて党首となった人が議席を確保した。

Green Party(緑の党)はストーモントに初の議席を得た。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/6435731.stm

アライアンスからは中国系のAnna Loさんが立候補し(South Belfast)、当選した。エスニック・マイノリティの人がストーモントに議席を得るのは初めてである。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/6431557.stm

北アイルランドには中国系やインド亜大陸系のコミュニティがあり、最近ではEU新加盟国(旧東欧圏)から働きに来ている人たちも多いが、彼らエスニック・マイノリティに対する暴力的な事件はけっこうたびたびニュースになっている。Anna Loさんが「プロテスタント対カトリック」の構図とはちょいと距離を置いてきたアライアンスから立候補して当選したということは、108人の議員の中のたった1人のことではあるけれども、「政治が正常化している」ことを表していると思う。

(なお、アセンブリー議会選挙の選挙権は、英国籍もしくはアイルランド国籍保持でない人にも与えられていた。BBCの記事によると「25カ国の国籍保持者が選挙登録をした」とのことである。)

DUPのイアン・ペイズリー党首とその息子のイアン・ペイズリー(ジュニア)の昔っからの地元であるNorth Antrim選挙区では、真っ先に当選を決めたペイズリーに続いて議席を確定させたのは、シン・フェインから立候補した25歳のDaithi McKayさん(Daithiは「ダヒー」と読む)だった。彼は2005年の地方選挙でローカル・カウンシル(「市議会」相当)で議席を得ているが、今回それに加えてストーモントの議席も得たことになる。(ローカル・カウンシルとストーモントは兼職可能。)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/6432399.stm

25歳というと1982年くらいの生まれで、1998年のGFAのときは16歳、私たちにとって「北アイルランド」といえばおなじみの光景である「警察・軍への投石」や「ウォーターキャノンにCSガス」に「やたらと威圧的な逮捕・拘束」といったものの深い部分のことは、彼はおそらく直接的にはほとんど知らないような世代に属している(体験していたとしても若すぎて、リパブリカン・ムーヴメントの深い話には接していないだろう)。当選を受けて、彼は次のように語っている。
Mr McKay said he believed he attracted the votes of many young people who believed Sinn Fein "had a vision".

"They believe that what we're about is changing society we're not interested in going into the institutions for a career or just to take money for junkets," he said.

"They know that we are serious about making radical changes."

...

After this latest result, he said: " The people have spoken. I fought to get this election, we got it and the people have spoken.

"Now the British government must listen to those that are pledged to democracy and righteousness."


このほか、BBCで大きく取り上げられているのは、ウエスト・ベルファスト選挙区の選出議員6人全員が、再びナショナリスト(SFが5、SDLPが1)となったことだ。
http://news.bbc.co.uk/2/shared/vote2007/nielection/html/45.stm
※記事のURLがわからなくなってしまったので、選挙結果詳報のページ。

ウエスト・ベルファスト選挙区は、アイルランド語しか使わずアイルランドを旅してみようというTG4のNo Bearlaという番組で、番組企画者・レポーターのMaganさんが訪れたエリアである。つまり、ナショナリスト/リパブリカンの本拠地であるFalls Roadがあり、ユニオニスト/ロイヤリストの超強硬派のエリアであるShankill Road(ここでは、IRAのボムで一般市民が何人も殺された)がある。エリア全体としてはナショナリストのほうが多いので強い。ちなみにこの選挙区から選出されている英国下院議員は、ジェリー・アダムズである。

Wikipedia掲載のデータを参照すると詳しいことがわかるが、1998年のアセンブリーの選挙では、この選挙区ではSFが4、SDLPが2議席を確保していた。その次の2003年の選挙でSDLPが1議席減らし、DUPのダイアン・ドッズが1議席を確保していた。その彼女が、今回は落選したというわけだ。

ただ、投票の方式が「1人1票」ではなく、候補者の名前の隣の枠に「最も議員になってもらいたい人には『1』を、次になってもらいたい人には『2』を・・・」というように数字を書き込んでいく方式なので(何番まで書いてもいいそうです)、ダイアン・ドッズは『1』はけっこうたくさん得ていたものの、全体で見たときにSDLPの人に及ばなかった、ということだそうだ。

このほか、落選議員のまとめは下記に。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/6434387.stm

で、全体的に目立つのが、UUPの凋落っぷりだ。1998年のグッドフライデー合意のときに、それまでの方針を転換してシン・フェインとの対話を行い、SDLPとともに和平において主導的な役割を果たしたUUPが、その後IRAが武装解除する・しないでごたごたしていた間に(まさにpeace comes dropping slowで)ユニオニストの支持を失い、より過激でより強硬なDUPが支持を集めた。(DUPはグッドフライデー合意に反対し、レファレンダムでも「ノーと投票しよう」とのキャンペーンを展開していた。つまり「テロリストとは話はしない、力で叩き潰すべきだ」という考え方の政党というか団体である。)

1998年にはUUPはストーモントに28議席を有していた。2003年には27議席、そして今回2007年には18議席だ。

UUPの凋落が誰の目にも明らかになったのは、2003年と2007年の間の2005年の英国会の選挙のときだ。
http://ch00917.kitaguni.tv/e143138.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Ulster_Unionist_Party#2005_General_Election

UUPがどんどん議席を減らしているのには、いろいろと事情があるのだろう。とてもそこまでは調べられないけれども。

そうそう、Wikipediaには1998年からこれまでの選挙のデータがそろっているので、一覧を作ってみよう。


政党名1998年2003年2007年
DUP20議席30議席36議席
UUP28議席27議席18議席
SDLP24議席18議席16議席
Sinn Fein18議席24議席28議席
PUP2議席1議席1議席
Alliance6議席6議席7議席
UK Unionist5議席1議席0議席

※資料:
http://en.wikipedia.org/wiki/Northern_Ireland_Assembly_election%2C_1998
http://en.wikipedia.org/wiki/Northern_Ireland_Assembly_election%2C_2003
http://en.wikipedia.org/wiki/Northern_Ireland_Assembly_election%2C_2007


「両陣営の最強硬派」つまりDUPとSinn Feinがいかに議席数を増やしてきたか、こうやって見てみると、感慨深いというか何というか。。。

いずれにせよ、今後北アイルランドはDUPとSinn Feinの二大政党が「自治」政権を担当するという方向で次の段階に入る。具体的には、DUPからファースト・ミニスター(国家政府でいえば「首相」)を、Sinn Feinから副ファースト・ミニスター(同「副首相」)を出して、両者共同で政権を担当する。

ファースト・ミニスターにはイアン・ペイズリー、副ファースト・ミニスターにはマーティン・マッギネスが、ほぼ確定している。

イアン・ペイズリーといえば1970年代とか80年代に「反カトリック」の立場からさんざんアジってきた人物で(この人は宗教家なのでほんとに「反カトリック」だ)、かたやマーティン・マッギネスはペイズリーがアジってたころはIRAのコマンダー(デリー)をしていた。

「変化」ってのはこういうことか。

しかし、である。2002年10月にストーモントがサスペンドになったきっかけの「IRAのスパイ・リング」疑惑、この疑惑で最も重要な位置にあった当時シン・フェインの幹部だったデニス・ドナルドソンが、2005年12月に「英国のスパイだった」ことが判明して党を終われ、そのわずか数ヵ月後の2006年4月に何者かに射殺されたという非常に陰惨な事件、これはまだ何ら解決していない。

「紛争」のころの英国当局によるdirty warについても、まだほとんど何もはっきりしていない。というか、ようやく、インクワイアリが行なわれることが確定したばかりだ。

IRA 'collusion' inquiry launched
Last Updated: Friday, 9 March 2007, 11:43 GMT
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/6432925.stm

それとこれ。
Republican candidate is arrested
Last Updated: Thursday, 8 March 2007, 22:54 GMT
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/6432381.stm
Independent republican candidate Gerry McGeough has been arrested over "serious terrorist crime".

Mr McGeough, 46, a candidate in Fermanagh and South Tyrone, was arrested after leaving the count centre in Omagh on Thursday.

It is understood he is being questioned about the attempted murder of a UDR member in 1981.

...

Mr McGeough, who received 814 first preference votes on an anti-PSNI ticket, is being held at Antrim PSNI station.

It is believed he is being questioned about an incident in 1981 in which an off-duty UDR man was shot at while he was in a van.

He was able to return fire with his personal protection weapon and injured one of his IRA attackers.

この件、ベルテレさんでは:
http://www.belfasttelegraph.co.uk/news/local-national/article2342191.ece
Independent Republican candidate Gerry McGeough was arrested as he left the Omagh count centre last night in connection with the attempted murder of a UDR man in 1981.

Mr McGeough, a Sinn Fein defector and vocal critic of the party, polled 814 votes in Fermanagh South Tyrone on an anti-policing ticket.

He was leaving the Omagh Leisure Centre when police arrested him in the car park.

The PSNI said the operation was part of an investigation into "serious terrorist crime".

Within the hour, the husband of Sinn Fein councillor Brenda McAnespie had been arrested in Aughnacloy. According to police, 44-year-old Vincent McAnespie was also arrested in connection with alleged terrorist offences.

Mr McGeough, a 46-year-old former hunger striker and vehement pro-life activist and Mr McAnespie, whose brother Aidan was shot dead by security forces, were being held at the Serious Crime Suite in Antrim last night.

In a further twist, the former UDR man who was the victim of the 1981 shooting was also at the count centre in Omagh.

Sammy Brush, now a DUP councillor in Ballygawley, was shot several times in the attack and said last night: "I've thought about it every day since."

...

Sinn Fein MP for Fermanagh, South Tyrone, Michelle Gildernew and Monaghan Sinn Fein councillor Brenda McAnespie described the arrests as "a disgraceful stunt".

"Two of my constituents were arrested this evening," said Ms Gildernew: "Gerry (McGeough) has been living openly in this constituency for some time, he's a neighbour of mine, we live in the same townland and he could have been arrested at any time.

"I believe this is a stunt and it is an example of political policing and Gerry should be released immediately.

"Another constituent of mine was arrested in Aughnacloy. His house was raided, his sister was assaulted and on the warrant it said he was a dissident republican, which is absolutely not true. He is an active member of this party.

"This is one of the worst examples of political policing and the reason why we have to get rid of the people that are involved in creating this kind of mayhem on the day of an election."

Brenda McAnespie told reporters her six children were traumatised by the afternoon's events, adding: "I would like to congratulate the thousands of Sinn Fein supporters who came out today to vote for the party to end that type of policing."

The PSNI commented that it had been aware of Mr McGeough's whereabouts for some time and had "acted as soon as was operationally possible".



さらにちょっとメモ:
The DUP and Sinn Fein have taken more than half the first preference votes between them in the assembly election.

...

The DUP got 30.1% of first preferences - up 4.4% from 2003 - while Sinn Fein got 26.2%, up 2.6%. ... In third place in first preferences, the SDLP received 15.2% of first preferences, the Ulster Unionists 14.9% and Alliance 5.2%.

http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/6433249.stm


And ...
However, DUP deputy leader Peter Robinson said conditions had to be right for his party to go into government with Sinn Fein.

"When the conditions are met, the Democratic Unionist Party is ready," he said.

"It is up to other people to meet the requirements as soon as it is possible. Let them get on with it and stop dragging their feet."


※この記事は

2007年03月10日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 07:19 | Comment(3) | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
nofrillsさん、選挙状況報告お疲れ様でした。私は途中で完全に『NIアルファベット・スープ』に食傷してしまい、自力で検索する意力も失くしてしまったので、はっきり言ってnofrillsさん頼りでした(笑)
ありがとうございます。

結局、あまりにも予想通りでイマイチ盛り上がりに欠けますね。っていうか選挙前からすでに盛り上がってなかったんですけど。私だけ?!とにかく、アルファベット・スープでもうおなかいっぱいです。
Posted by TR at 2007年03月11日 20:43
TRさん、どうもですー。なんかもう、アルファベット・マカロニとか、アルファベット・クッキーとか、そういった類のものはしばらく見たくないですよね。アメリカの州名の省略形も見たくないです。「ABCの歌」も訊きたくない。(笑)

私も、もうBBCだけでいいやという感じでした。ベルテレさんだけはあとからちょっと見たのですが、ROIでの報道もスラオさんも見てないです。

どうやらシン・フェインの集票戦略と選挙戦略はハンパじゃないくらいに上手いようですが、票の集計方法が私には見当もつかないようなものなので、どこがどう上手いのか、想像がつきません。でも一番上手いのはブレアですね。本来レファレンダムで問うような話を議会選挙で通しちゃったんですから。
Posted by nofrills at 2007年03月11日 22:15
ものすごく長いけれども、スコッツマン・コムの下記記事、非常にわかりやすいです。(11日付なのでスコットランド・オン・サンデー。)

The Odd Couple
MARIE MACBAIN
http://news.scotsman.com/uk.cfm?id=385142007
Posted by nofrills at 2007年03月11日 22:52

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼