kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2006年12月30日

年忘れ、BBC「2005年には知らなかった100の事実」より

BBCのMagazineという読み物系のコーナーのブログに、「2005年には知らなかったが、2006年に知った100の事実」というエントリがあります。

100 things we didn't know last year
http://www.bbc.co.uk/blogs/magazinemonitor/index.html#a007948

原文↑には参考記事リンクがついているので、興味がおありのかたはぜひ原文をご参照ください。

では、まずは1から20まで。適当に茶々入れてます(「#」で開始の行)。日本語化はてきとーです。
1. サッカーのペレは「ペレ」というニックネームのことが嫌い。いわく「ポルトガル語では赤ちゃん言葉みたいだから」。

2. 更新停止したままのブログの数は200 million(2億だよね)。

3. 都会の鳥と田舎の鳥は歌い方が違う。都会の鳥は短く速くの「ラップ調」である。
# 2004年に、「ロンドンの鴨はコックニー」と報じられたことがあります。
http://ch00917.kitaguni.tv/e54409.html

4. イングランドで最もASBO(Anti-Social Behaviour Order)の適用件数が少ないのはブリストルである。
# ブリストルはBanksyの出身地で、Banksyのはアートかヴァンダリズムかで激論になったことがあるなあ。

5. インドの男性のほとんどにとっては、普通のサイズのコンドームでは大きすぎる。

6. DJとして有名だった故Alan "Fluff" Freemanは、オペラ歌手として訓練を受けていた。

7. 映画『オズの魔法使い』のライオンの衣装は、本物のライオンの毛皮で作られていた。

8. 英国全体で(警察に)登録されている指紋は650万件。

9. 一般的傾向として、子供の身長を決定するのは父親、体重を決定するのは母親。

10. Panspermiaとは、地球の生命は別の惑星に起源があるとする考えである。

11. 頭じらみがたかることを、pediculosisという。

12. 教皇はプラダの赤い靴を愛用していることで知られている。

13. 英国で最も速いスーパーコンピュータは、1秒で15.4 trillionの計算をすることができる。

14. オンライン・ショッピングをする人は、ページがロードするまで平均で4秒かかったら閲覧をやめてしまう。

15. ドナルド・ラムズフェルドは、米国史上最年少の国防長官であり、最年長の国防長官でもある。

16. 英国でのハロウィーンの支出は、この5年で10倍に増えた(£12 millionから£120 millionへ)。
# ハロウィーンはアイルランド系の土着信仰のお祭りで、英国ではまったく一般的なものではありませんでした。それより11月5日のガイ・フォークス人形の火あぶり祭り(カトリックに対するプロテスタントの勝利の祭り)が、本来の意味で、英国的。

17. 日焼けをおしゃれなものにしたのはココ・シャネル。1923年にクルーズに出たときにうっかり日焼けしてしまったことがきっかけ。

18. 病院のキーボードの25パーセント(最大値)が、MRSAを持っている。

19. 英国の人口は、1日に500人の割合で増加している。英国から海外に移住する人の数を、海外から英国に移住する人の数が上回っている。

20. ローマ時代の売笑婦は、1度につき赤ワイン8杯分の値段で仕事をしていた。


5番の「インドの男性」の記事は、つい最近の記事なんですが、2日か3日くらいずっと、「BBC Newsで最もよく読まれた記事5件」に入ってました。

次、21から30。
21. 英国で最も人気のある大学のコース10のうち、「伝統的」な科目は英語だけである。

22. 英国での自殺者数は史上最低を記録した。

23. 米国では、8人に1人以上がインターネット中毒の気配がある。

24. 全世界で獲られるタラ(cod)の3分の1は、英国で消費される。
# 伝統的なfish and chipsもだけれど、「血中コレステロール過多など健康上の理由で肉は食わない」という人が、白身魚を基本的な蛋白源としているのも関係あるかも。

25. キングストン・アポン・テムズでは、男性の平均寿命は78歳。キングストン・アポン・ハルでは73歳。

26. 1年あたり、1人平均で、55通のグリーティング・カードを送る。

27. 牝牛1頭だけで、1日に400リットルほどの有害なメタンガスを出す。

28. 飛行機事故の9割以上で、生存者がいる。

29. ブレア首相がよく調理するのは、スパゲッティ・ボロネーズ。

30. 脳は柔らかく、ゼラチン質である。硬さはゼリーと茹でたパスタの中間くらい。

29、やっぱブレアって「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」なのかもね。。。

彼らの経典:
4806713406反・進化論講座―空飛ぶスパゲッティ・モンスターの福音書
ボビー ヘンダーソン Bobby Henderson 片岡 夏実
築地書館 2006-11

by G-Tools


次、31から。
31. モナリザは、ナポレオンの寝室の壁にかけられていたことがある。

32. バービーのフルネームは、Barbie Millicent Roberts(バービー・ミリセント・ロバーツ)である。

33. 1日に1袋のクリスプス(ポテトチップス)を食べることは、1年で5リットルの食用油を飲むことと同じである。
# http://nofrills.seesaa.net/article/24380174.html

34. 200年以上も保管されていた植物の種子でも、うまくやれば芽吹く。

35. 最初の英国電話帳には電話番号は1つも掲載されていなかった。掲載されていたのは氏名と住所だけで、交換手がつないでいた。

36. インターシティ125の列車のデザイナーは、アングルポイズ・ランプ(angle-poise lamp)やケンウッドのChef mixerもデザインしている。
# Anglepoise lampは、日本でいう「Zライト」。ケンウッドは英国では音響機器ではなく調理器具で有名で、Chef Mixerはこういうの

37. 歩道は、Pamela (the Pedestrian Accessibility and Movement Environment Laboratory)という研究施設でテストされている。テストに用いられるのは80平米の大きさの歩道である。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/5333936.stm

38. ごく一般的なアメリカヤマナラシ(American poplar)は、ヒトの2倍の遺伝子を持つ。

39. 世界最速のスーパーコンピュータの速度は"petaflops"単位。"petaflops"とは1秒あたり、1,000 trillion回の計算のこと。

40. 10代の青少年の不機嫌(teenage sulking)と関係する脳の部分は、"superior temporal sulcus"と呼ばれる。

41. 英国の郵便切手の中には、女王の肖像があるが、オランダで印刷されているものがある。

42. ヘレン・ミレンは、ロシア生まれのロンドン・フィルハーモニー管弦楽団のヴァイオリニストの娘で、本名はイリヤナ・リディア・ミロノフ(Ilyena Lydia Mironov)である。
# ヘレン・ミレンは、今年、女王を演じました(似てる!)。ピーター・セラーズのフー・マンチューの映画でも「女王(の偽もの)」をやっていました。ちなみにヘレン・ミレンは今年、「最もセクシーな年金世代女性」に選ばれています。
http://nofrills.seesaa.net/article/22650799.html

43. チェダーチーズは英語圏では最も人気のあるハードチーズだが、チェダーには、チェダーチーズを作っているメーカーは1社しかない。

44. エベレスト登頂が成功した場合、10件に1人の割合で死者が出ている。

45. サマセットで牛を研究した音声学の専門家によると、牝牛には地域ごとに訛り(アクセント)があることがある。

46. 意図していないのに言葉遣いが悪くなるということが、トゥレット・シンドロームで10人に1人の割合で見られるが、これは"coprolalia"と呼ばれる。

47. シエナ大学の研究によると、テレビを見ることが、子供にとっては自然の鎮痛剤として作用することがある。

48. Allotment plots come in the standard measure of 10 poles - a pole is the length of the back of the plough to the nose of the ox.
# これは明らかに歴史的な話(土地の測り方)で、元記事を読まないと翻訳できないし、そうするのめんどくさいので放棄。何だろうこれ、オーガニック大好き関連の市民農園の話?
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/4776325.stm

49. 映画で、冬に夏のシーンを撮影するときは、本番直前に俳優は氷を口に含む。そうすることで口内が冷えて、息が白く写らない。
# their breath doesn't condense in the cold airって、「覚えておきたい英語表現」かも。

50. 「アカシア・アヴェニュー(Acacia Avenue)」は英国で60箇所ある。

はー、疲れた。こういう断片的なものを一気に大量に処理するのって、文章量としては10倍の、ひとつの流れがあるものを処理するより消耗するんだよね。よって、以下はおもしろいと思うものだけ。

54. CNDのシンボルマーク(下図)は、NとD(nuclear「核」とdisarmament「軍縮」)の手旗信号の文字を組み合わせたものである。

cnd.jpg# CNDはCampaign for Nuclear Disarmamentですから。。。でも手旗信号だとは知らなかった。このCNDのマークは日本では一般的に「ピースマーク」として説明されていると思います(というか私が最初にあのマークを知ったときにそう呼ばれていた)。
http://www.cnduk.org/


57. 最新のオックスフォード辞書によれば、英語で最もよく用いられる名詞(the most common noun)は "time" である。

# これはおもしろい。6月22日の記事か。。。見落としてた。調査結果は、1位のtime 以下はperson, year, way, day, thing, man, world, life, handで10位まで。governmentが20位、warが49位、peaceが100位。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/5104778.stm

58. イングランドの女性の41パーセントが、パートナーを殴ったり蹴ったりしたことがあるとの調査がある。

# これは内容がおもしろいんではなく(どっちかっていうと、こういうまとめ方はトンデモに近い)、この記事を読んだときの人々の反応を想像するとおもしろい。「ニヤリ」という顔が目に浮かぶ。。。

61. 飼い猫でも、熊が木の上に登らざるを得ないほど、熊とタイマンがはれる。

# この記事は読んだなー。写真がもうちょっと高画質だといいんだけど。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/5067912.stm

62. 英国の人の34パーセントが、王室の「ウィンザー」よりも「ポッシュ(上流)」な名字をしている。

# 「ベッカム」に至っては74パーセントが上にいるそうです。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/5047982.stm

で、BBC記事にリンクがあるSurname profilerで、ためしにThatcherを入れてみたら(笑)なんと、7パーセントしか上にいない! とってもポッシュ!
http://www.spatial-literacy.org/
やばい、これはいつまでも遊べてしまう。。。名字の由来とか、地域分布とか、おもしろいデータがいっぱいだ!

英国の名字についてのデータベース的なものは、下記にクリップしてあります。
http://b.hatena.ne.jp/nofrills/name/

64. Hexakosioihexekontahexaphobiacsとは、「666」という数字に恐怖を抱く人たちを指す用語である。

# 何語だ。(笑) 文節(笑)で区切るとHexa-kosio-i-hexe-konta-hexa-phobiacsか? hexa-は「6」だが、kosioとかkonta... kontaは「10」か。

66. 喫煙者の4人に1人は、煙草を自分で巻く。

# 単にその方が安いからだと思う。調節もできるし。

68. 卵が先。

# あー、これも読んだ。これですな。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/nottinghamshire/5019682.stm

69. ヒトのHIV感染の最初の事例は1930年代。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/5012268.stm


72. 現在のティーンエイジャーは、20年前のティーンエイジャーよりも、素行がよい。セックス、ドラッグ、酒が関係した問題行動は減少している。

# 「昔はよかった」説を一蹴する勢い。(笑)
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/4994538.stm

73. ブッシュが大統領になってから個人的に最もうれしかったのは、3.4キロもあるスズキを釣ったこと。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/4982338.stm

# ノーコメント。

74. 英国(Britain)はいまだにナポレオン戦争以前の負債を支払い続けている。なぜなら、債務証書を買い戻すよりも支払い続けている方が安く上がるからだ。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/4757181.stm

# 第二次大戦のときのは12月29日に記事が出てました。UK settles WWII debts to alliesって。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/6215847.stm

76. ブータンでは、政府の政策は国民総幸福(Gross National Happiness)に基づいている。よって屋外の広告は禁止され、タバコもビニール袋も禁止。

# ブータンのタバコ禁止っていつだっけ、と思ったら2004年ですね。
http://www.jiten.com/index.php?itemid=184

77. 金属探知機マニア(metal detector enthusiasts)は "detectorists"と呼ばれる。英国にはおよそ3万人の金属探知機マニアがいる。

# どういうマニアだよ。

80. アラブ諸国で広く飲まれているラクダの乳は、牛乳の10倍の鉄分を含む。


81. ブロードバンド利用者の密度が世界で最も高いのは、アイスランドである。


86. 聴力に問題がなくてもテレビの字幕を利用している人は600万人。


87. ゴス(Goths)は医者とか弁護士とか建築家になる率が高い。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/4828230.stm

# 何かわかる気がする。。。見た限りでは、ゴスの人って器用だし、細かいこと好きだし、基本的に勉強家(というか本の虫)だし、実際のものでも論でも、組み立てていくのが好きそうだった。

90. ヒマラヤ山脈の表面積は、地球の表面積の10分の1になる。


92. ホッキョクグマとライオンが戦ったら、ホッキョクグマの勝ちになるだろう。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/4809976.stm


96. 平均して、トイレの水は1回流すと1.5ペンスの費用がかかる。


99. 合法的な行為を非合法なやり方で行なうことを、"misfeasance"という。

# 1998年に麻薬捜査の警官に射殺された男性の遺族が、警官をmisfeasanceで訴える、とかいう記事。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/merseyside/4661202.stm

misfeasanceって、見た目的に、英検1級に出てきそうなんだけど(<イメージ)、Cambridge Advanced Learners Dictionaryでは「そんな語はこの辞書にはありません」と言われました。。。Dictionary.comにはあります

100. 1960年代、CIAはスパイ活動のヒントを得るために『スパイ大作戦(Mission Impossible)』を見ていた。

# だから「爆発する葉巻」でカストロ暗殺を試みたりしたんだ。実行する前にカストロがタバコをやめちゃったらしいけど。

638 ways to kill Castro
http://www.guardian.co.uk/cuba/story/0,,1835930,00.html

※この記事は

2006年12月30日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼