kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2006年03月12日

訃報2件:ジョン・プロヒューモ、スロボダン・ミロシェヴィッチ

「誰それが死去」というニュースに、哀悼の意をおぼえるとかいうより前にただびっくりすることが時々ある。この週末に入ってきた2件の死亡報道が、2件ともそうだ。

ジョン・プロヒューモが死去し、スロボダン・ミロシェヴィッチが死去した。

プロヒューモは年齢が年齢だし、プロヒューモより年下の英国の政治家も特に昨年は次々と亡くなったし、「そうか、亡くなったのか」でびっくりした状態は終わらせられたが、ミロシェヴィッチについてはいまだにびっくりが続いている、という感じ。

■プロヒューモについて:

10日付け、ガーディアンの有料メールニュースThe Wrapより:
BREAKING NEWS: John Profumo, the politician forced to resign in 1963
after an affair with a call girl, has died aged 91.
http://www.guardian.co.uk/uk_news/story/0,,1727997,00.html.


Former Tory minister Profumo dies
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/4792066.stm

ジョン・プロヒューモは保守党の国会議員で、25歳で初当選(1940年)。1963年、今は廃止された「戦争大臣(陸軍大臣:Secretary of State for War)」をつとめていたときに、クリスティン・キーラー(リンク先、ナショナル・ポートレイト・ギャラリー:椅子が有名)というコールガールと関係を持ったことが露見し、その結果、失脚した。

クリスティン・キーラーの顧客には、ソ連(当時)の海軍アタシェも含まれていた。つまり、「軍事情報を把握している大臣→コールガール→ソ連の海軍アタシェ」というつながり。これをメディアも国会も追及した。

キーラーとの関係を国会で問われたプロヒューモは、彼女のことは知っているが深い関係はないと述べた。これが嘘であったことがすぐに判明し、そのためにプロヒューモは政界から追われた。

(トニー・ブレアがイラク戦争の理由とした「イラクの大量破壊兵器」について「嘘をついた」のか「誤った情報を真実だと信じた」のかが焦点となったのは、国会で嘘を述べることが許されないためで、いくつかの記事でプロヒューモが引き合いに出されていたのを見たことがある。)

……という、脂の乗り切った国務大臣が、東側とつながっているコールガールと関係を持ち、という「まるでスパイ小説のような」事件は、映画化もされている。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=11758

当時のジャーナリストが、プロヒューモ死去に際して書いた回想を中心とした記事が、ガーディアンに掲載されている。
http://politics.guardian.co.uk/media/story/0,,1728096,00.html

政界から追われたあとのジョン・プロヒューモは、ロンドンのイーストエンドのチャリティ「トインビー・ホール」(ヴィクトリア朝から続くセツルメント運動)で活動、ファンドレイザーとして多大な能力を発揮したという。

トインビー・ホールのサイトは、次のような文章でプロヒューモを追悼している。
http://www.toynbeehall.org.uk/news.htm

John Profumo always upheld the principles of the organisation's founders, Samuel and Henrietta Barnett who, when they set up the settlement in 1884 invited people to come to Toynbee Hall 'to learn as much as to teach; to receive as much as to give'. Toynbee Hall's role has always been to create new solutions for social problems, to research and develop local programmes that have the power to become national solutions.

Using his existing connections and creating new networks, John Profumo was a model fundraiser. Never overly intrusive, he used his natural charm, his powers of persuasion and his in-depth, on-the-ground knowledge of the organisation to bring in funds that enabled Toynbee Hall to develop and grow over the last forty years.

John Profumo could be described as a 'social entrepreneur'. In his inimitable way, he acted as a perfect intermediary between the poor and disadvantaged people of the East End of London and those at the opposite end of the social scale.


■ミロシェヴィッチについて:

何しろつい先日(今月6日報道)、ミラン・バビッチが独房内で自殺体で発見されたばかりである。

ミロシェヴィッチについては、現段階(検死解剖前)で記事を見る限りでは病死っぽいのだけれど、まだ何もわからない。

ハーグの国際戦犯法廷では「ミロシェヴィッチ元大統領は心臓病と高血圧をわずらっていた」と説明しているので、発作だったのかもしれない。(2月にロシアで病気の治療を受けたいと申請したのが法廷によって却下されているのだけど、よほど悪かったのかもしれない。)

この人物の死それ自体には特に感情はわかない。けど、旧ユーゴで起きたものすごい規模の流血の責任についてはっきりしていない段階で、主要な被告人が死んでしまったということには、やり切れない思いがする。

下はBBCのサイトのキャプチャ。上の段はBBC NEWSのトップページ(トップニュースになっている)。下の段はその数時間後にキャプったyugoslavia_after_milosevicのトップページ(ページ上部のタイトル画像が、「ミロシェヴィチの死」というタイトルに変わっている)。

bbc_milosevic_death.png

※この件についての記事クリップ(BBCばかりですが):
http://b.hatena.ne.jp/nofrills/Slobodan%20Milosevic/

ハーグの法廷のプレスリリース:
http://www.un.org/icty/pressreal/2006/p1050-e.htm
REGISTRY: SLOBODAN MILOSEVIC FOUND DEAD IN HIS CELL AT THE DETENTION UNIT
Press Release

(Exclusively for the use of the media. Not an official document) t

The Hague, 11 March 2006
CC/MOW/1050ef

Today, Saturday 11 March 2006, Slobodan Milosevic was found lifeless on his bed in his cell at the United Nations Detention Unit in Scheveningen.

The guard immediately alerted the Detention Unit Officer in command and the Medical Officer. The latter confirmed that Slobodan Milosevic was dead.

The Dutch Police and a Dutch coroner were called in and started an enquiry. A full autopsy and a toxicological examination have been ordered. Pursuant to his authority under the Tribunal'ss Statute and Rules of Detention, the Tribunal President, Judge Fausto Pocar, has ordered a full inquiry.

Slobodan Milosevic's family has been informed.


http://www.un.org/icty/pressreal/2006/speech/cdp-060312e.htm
PROSECUTOR:
PRESS CONFERENCE BY THE ICTY PROSECUTOR THE HAGUE, 12 MARCH 2006
Statement

(Exclusively for the use of the media. Not an official document) t

The Hague, 12 March 2006

Ladies and Gentlemen,

I deeply regret the death of Slobodan Milosevic. It deprives the victims of the justice they need and deserve.

In the indictment which was judicially confirmed in 2001, Milosevic was accused of 66 counts of genocide, crimes against humanity and war crimes committed in Croatia, Bosnia and Herzegovina and Kosovo between 1991 and 1999. These crimes affected hundreds of thousands of victims throughout the former Yugoslavia.

During the prosecution case, 295 witnesses testified and 5000 exhibits were presented to the court. This represents a wealth of evidence that is on the record. After the presentation of the prosecution case, the Trial Chamber, on 16 June 2004, rejected a defense motion to dismiss the charges for lack of evidence, thereby confirming, in accordance with Rule 98bis, that the prosecution case contains sufficient evidence capable of supporting a conviction on all 66 counts. The Defense was given the same amount of time as the prosecution to present its case. There were in total 466 hearing days. 4 hours per day. Only 40 hours were left in the Defense case, and the trial was likely to be completed by the end of the spring.

It is a great pity for justice that the trial will not be completed and no verdict will be rendered. However, other senior leaders have been indicted for the crimes for which Slobodan Milosevic was also accused. Later this year, the trial of eight senior leaders accused of the Srebrenica genocide will begin. Furthermore, also this year, six most senior former Serbian leaders will be tried for crimes committed in Kosovo. But the most senior perpetrators are still at large. Now more than ever, I expect Serbia to finally arrest and transfer Ratko Mladic and Radovan Karadzic to The Hague as soon as possible.

The death of Slobodan Milosevic makes it even more urgent for them to face justice. Finally, I would like to share a thought for Zoran Dindic, his wife and his family. Exactly three years ago, he was murdered in Belgrade. He is the man who had the courage to bring Slobodan Milosevic to The Hague so that he could face justice.

※この記事は

2006年03月12日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:59 | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼