kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2006年11月06日

ケン・ローチ作品 The Wind That Shakes The Barleyが18日からロードショー。

今年の5月にカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した英国の映画監督、ケン・ローチThe Wind That Shakes The Barleyが、『麦の穂をゆらす風』のタイトルで、今月18日から公開されます。

『麦の穂をゆらす風』公式サイト:
http://www.muginoho.jp/

劇場情報は:
http://www.muginoho.jp/theater.html

東京はシネカノン有楽町と渋谷シネ・アミューズ。川崎チネチッタ、シネマックス千葉、MOVIXさいたまの東京圏と、大阪の梅田ガーデンシネマ、福岡のシネテリエ天神が11月18日からで、ほかは全国各地順次公開です。

この映画についての記事クリップ:
http://b.hatena.ne.jp/nofrills/Ken%20Loach/

公式サイトには「『麦の穂』を見る前に」、「アイルランドについて」といったコーナーが準備されているのだけど、COMING SOON(準備中)とのことなので、もう少し待ちましょう。

すでにアップされている「イントロダクション」から引用:
ケン・ローチ監督は、「この映画は英国とアイルランドの間の歴史を語るだけでなく、占領軍に支配された植民地が独立を求める、世界中で起きている戦いの物語であり、独立への戦いと同時に、その後にどのような社会を築くのかがいかに重要かを語っている」とインタビューで述べている。

また、カンヌ映画祭では、こう語った。「私は、この映画が、英国がその帝国主義的な過去から歩み出す、小さな一歩になってくれることを願う。過去について真実を語れたならば、私たちは現実についても真実を語ることができる。英国が今、力づくで違法に、その占領軍をどこに派遣しているか、皆さんに説明するまでもないでしょう」。


実際、パルムドール受賞後も公開までしばらくあったのですが、この映画に対する英国の反応はすさまじいものでした。私は2000年ごろからずっと継続的にBBCなどで英国のニュースをほぼ毎日読んでいますが、「反英的 anti-British」という形容詞が使われている例はなかった(極右周辺を除く)。それが、この映画のケン・ローチに対しては、通常ありえない規模で「反英映画監督」という言辞が、まさに湧いて出るように出てきた。BBCまでもが「あなたはご自身を『反英』だと思いますか」というインタビューをしていたくらいでした。

が、映画が英国で公開されるやいなや、「反英」というワードは見られなくなり、絶賛の嵐になった。実際、興行的にもけっこう成功したようです。(在英の知己が、近所のシネコンで長く上映していたと教えてくれました。)

・・・って、Wikipediaの外部リンク集、「それもん」のメディアの記事ばっかりで、BBCとかガーディアンとかテレグラフとかがないじゃん。(An Phoblachtの記事3つは多すぎだろう。。。(^^;)あ、よく見たらテレグラフとかは記事の本文にリンクされてますね。

テレグラフの絶賛記事:
Powerful - but never preachy

テレグラフのインタビュー記事:
Hate Britain? Of course I don't

英国は、無茶苦茶な過去を持った国です。特に「大航海時代」後、ポルトガル、スペイン、オランダが握っていた「利権」を我が物とした後は、無茶苦茶です。が、その無茶苦茶の中心にある「植民地支配」の出発点は、同じ島にあるウェールズやコーンウォールなどを除いて考えれば、やはりアイルランドです。アイルランドは日本の高校の世界史ではほとんど出てきませんが、「歴史」を考える上では極めて重要です。そして、「歴史」に対して国家がどう向かい合っているかという点でも。(だから「北アイルランド紛争の終焉」は、細かく見ておきたいのです。)

ところでこの点で、つい先日、BBCの記事に興味深い一節があったので引いておきます。トルコが、アルメニアの殺戮を「ジェノサイド」と認めないことについての文章、より正確には「90年も前に起きたことが、現在でもこれほどまでに微妙な問題であるのは、一体なぜなのか」という問いを中心として、トルコ在住アルメニア人に話を聞いた記事からの一節です。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/6107360.stm
If Britain was asked to acknowledge guilt for something in the past, say the Irish potato famine, there would be fury in some quarters. If the government was pressed by its EU partners to officially label it "genocide" there might be an explosion of incandescent rage in certain papers. But the key is "some quarters" and "certain papers". There would be a lively debate, because many British liberals do feel guilt for the country's colonial past.

もしも英国人が過去における何かについての罪を認識しているかと訊かれたら、例えばアイルランドのじゃがいも飢饉での英国の罪を認識しているかと訊かれたら、あるところでは大変な怒りが起こるであろう。英国政府がEU諸国によって、それを公式に「ジェノサイド」であると認定せよと迫られたら、いくつかの新聞では憤激の嵐となるだろう。だがここで重要なのは、「あるところで」とか「いくつかの新聞では」ということだ。(国を挙げてとんでもないと怒りの声を上げるということにはならない。)英国のリベラルの多くは英国の植民地主義の時代に対する罪悪感があるので、英国では活発な討論が起きるだろう。

トルコとの比較の文脈でのことですが、まあそういうことです。(ただし「植民地主義の罪」云々に関して、「リベラルな人の多くが」という主語で語るのはちょっと違うかもね。あと「じゃがいも飢饉」は実際に関わってた人は誰も生きてないからアレだけど、もっと近いところ---ケニアとか南アとかだと、「活発な討論」じゃ済まないと思うけど。スエズ危機みたいな「失敗」認定されているものは「討論」にもならず、「イーデン首相はアホだった」で片付けられてしまうし。)

というわけで、『麦の穂・・・』はいわば「時代劇」なのだけれども、普遍的ともいえる何かを扱っている映画なのだろうと思います。というわけで、アイルランド独立戦争から内戦までの流れは公式サイトを読むなり何なりして押さえておいたほうが映画の理解にも鑑賞にも役立つと思います。

が、そういったこととは別の観点からこの映画を見るとしたら・・・やっぱりキリアン・マーフィーでしょう。

この夏に公開されていた『プルートで朝食を』では、キリアン・マーフィーはこんなふうでした。
http://nofrills.seesaa.net/article/21688397.html
B000IMUX7Aプルートで朝食を
キリアン・マーフィー ニール・ジョーダン リーアム・ニーソン
ポニーキャニオン 2006-12-22
※DVDは12月発売です。

by G-Tools


B000F7NTN8「プルートで朝食を」オリジナル・サウンドトラック(CD)
サントラ ザ・ルーベッツ ジョー・ドラン
ビクターエンタテインメント 2006-05-24
※サントラは12月まで待たなくても買えます。

by G-Tools


『プルートで朝食を』のキリアン・マーフィーは、友人がカギカッコつきの「革命」に身を投じても、「義勇兵」に惚れて湖畔の小屋で同棲しても、本人は「IRAごっこ」で極めてやる気のない態度を見せていた子供のころのまま、「革命」にも「義勇兵」にも興味なし、という人物でした。時代は1970年代(北アイルランド紛争の暴力が最もひどかった時代の最初の方)、場所はアイルランドの南北のボーダーの小さな村(とロンドン)。

『麦の穂・・・』でのキリアン・マーフィーは、アイルランド南部の港町コーク(キリアン・マーフィーの出身地でもある)での英国の准軍組織the Black and Tansの暴力から、「革命」---「自由国」ではなく独立国家としてのアイルランドの実現を目指す「闘争」に身を投じる人物です。

なお、公式サイトの「ストーリー」のところにある「ゲール語禁止」については、「国家」によって「言語」がいかに殺されるかの典型例として見ることができます。アイリッシュ・ゲール語は結局生き残りましたが。

ついでに。何となくイングランドということになっているコーンウォール(イングランド西部、ランズエンドとかのほう)ではここしばらく、コーンウォール語(英語のようなゲルマン語系統ではなく、ウェールズ語やアイリッシュ・ゲーリック、スコティッシュ・ゲーリックなどと同じようにケルト語系統)の復興運動が行なわれています。BBCには「語学講座」もあります。
http://www.bbc.co.uk/cornwall/connected/stories/new_cornwall_language1.shtml

※この記事は

2006年11月06日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 01:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
UKでは11月6日にDVD化されたそうです。£19.99が希望小売価格で、実売は£12.99が多いみたい。amazonは£12.87で出てます。
http://www.amazon.co.uk/Wind-That-Shakes-Barley/dp/B000HD100Y
http://www.virginmegastores.co.uk/invt/717340

アイルランド(共和国)なら、シン・フェインのブックショップでは25ユーロとなってますが、量販店だともう少し安いのではと思います。
http://www.sinnfeinbookshop.com/?target=dept_73.html

※DVD発売については、シン・フェインのお知らせメール(<An Phoblachtに登録するともれなく来る)で知りました。
Posted by nofrills at 2006年11月09日 22:19
テレビのCMが「おすぎです!」だったのでひっくり返ったら、

「美しい国日本というキャッチフレーズは、ケン・ローチの映画の前では力も色も失います!」

というのがメッセージでした。濃い。

(「美しい国日本というキャッチフレーズ」という言い切りと、「色を失う」という“美しい日本語”が好き。)
Posted by nofrills at 2006年11月16日 01:44

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼