kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2003年09月09日

死を商うトレードフェア。

ロンドンで欧州最大の武器のトレードフェアが開かれます。当然抗議行動もあり,警備が厳しくなっているとのこと。会場はドックランズのExCel centre。

Security tight around arms fair
http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/london/3092146.stm

Government buyers from countries including Algeria, Angola, Colombia, Pakistan and India are expected to come and browse at the ExCel centre in the Docklands.

……キナクサイ面々だこと。

コロンビアについては益岡賢さんのサイトを。(うちの過去記事もありますが内容は薄いです。)

パキスタンとインドについては何も書く気になれませんが,両国ともNPT無視して核兵器保有してます。NPTで認められた核保有国が正しいとも思わないけれど,NPTを脱退して核保有をちらつかせている北朝鮮を「悪の枢軸」として圧力をかけ,「イランと武器の取引してるだろ!」などとして国際包囲網を作っているのだったら,インドもパキスタンも何とかしろよ。

単なる本音と建前かもしれんが。

今朝のニュースで,ラム爺が「そろそろアフガンには自立してもらわないと」などと発言していた。カルザイの隣で。

こういうのがなくても世界はめちゃめちゃなのかもしれんが,死を商うことが利潤を生み雇用を確保するということは,世界をよけいにめちゃめちゃにしていると思う。

----------------------
転記前コメント:
アメリカやスイスには
傭兵の派遣会社があります。スイスの会社に登録している日本人もいます。登録には軍務経験が必須ですが。
投稿者:はなゆー
at 2003 年 09 月 10 日 02:12:54

傭兵
日本人でフランスの外人部隊の経験がある方がテレビに出演していたのを見たことがあります。私の知らないことを知っている方の言葉,すごい考えさせられました。
投稿者:nofrills
at 2003 年 09 月 11 日 02:03:44

さらにさらに
natです。
今夜のニュースで、わりと多くの抗議運動参加者が、44条テロリスト法で逮捕されたと報道されていました。

何と言ってよいのやら、です。

警察の言い分としては、空港に近いし、場所が場所だけに、テロに可能性は無視できなかったため、と言っていますが。。。
投稿者:ゲスト
at 2003 年 09 月 11 日 06:22:33

10日の記事ですがLegal challenge to arms fair policingでは「79人」となっています。さらに増えているでしょうね。Some police officers had used sections 44 (1) and 44 (2) of the Terrorism Act 2000 to stop and search protesters との記述もあります。

sections 44 (1) and 44 (2) of the Terrorism Act 2000 は,http://www.hmso.gov.uk/acts/en/2000en11.htm によると,Sections 44-47: General powers to stop and searchを規定したものですね。
投稿者:nofrills
at 2003 年 09 月 12 日 01:22:30

BBCの写真レポート
参加者や渋滞に巻き込まれた人のひとことインタビュー集。
投稿者:nofrills
at 2003 年 09 月 12 日 01:53:55
タグ:反戦 戦争

※この記事は

2003年09月09日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼