kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2010年12月25日

【冬休み中】Wikileaks米外交文書大公開〜「読者リクエスト」から、ACTA周辺 #WL_JP

10日に少し書いた通り、ガーディアンが、しばらく前から、Cablegateに関して「読者リクエスト」を受け付けている。探してほしいトピック(単語)と大まかな時期をTwitterで @GdnCables に連絡すると、調べてくれる、という取り組みだ。

22日付のそのコーナーで、ACTA (the Anti-Counterfeiting Trade Agreement) が話題になっている。
http://www.guardian.co.uk/world/blog/2010/dec/22/you-ask-we-search-december-22

The Anti-Counterfeiting Trade Agreement (Acta) is very much a WikiLeaks story. The site published a leaked discussion paper from the closed-door negotiations in July 2008 when the secrecy surrounding the proposals on piracy and other intellectual property issues from the US, Japan, EU, Canada and some others (but not China) meant very little was known of it.

ACTAとWikileaksには因縁がある。2008年7月、WikileaksはリークされたACTA非公開交渉でのディスカッション・ペーパーをサイトで公表した。米、日、EU、カナダなど(中国は含まれない)から出された海賊行為などの知的財産に関する問題についての提案は秘密の壁で取り囲まれており、ほとんど何も知られていなかった。

So what do the cables say? Well, that the lack of transparency was a problem for some of the participants, too. A November 2008 cable from the Rome embassy reports that Fabrizio Mazza, head of the intellectual property office in the Italian foreign ministry, told US diplomats that the level of confidentiality attached to the negotiations made it "impossible for member states to conduct necessary consultations with IPR [intellectual property rights] stakeholders and legislatures". The cable stated that the "level of confidentiality in these Acta negotiations has been set at a higher level than is customary for non-security agreements".

【大意】というわけで今回の米外交公電だが、あの透明性の欠如は、参加国の一部にとってもまた問題になっていた。2008年11月にローマの米国大使館から送られた文書では、イタリア外務省の知的財産部門の長であるファブリツィオ・マッツァが米外交官らに対し、交渉については極秘とするとの制限がきついので、「加盟国はそれぞれ知財権のステークホルダーや立法と交渉をしなければならないが、それが不可能となっている」と述べている。公電には、「ACTAに関する交渉は、安全保障関連ではない事柄について慣習で決まっているよりも高いレベルで機密とされている」ということが書かれている。


上記のイタリアの公電:
http://www.guardian.co.uk/world/us-embassy-cables-documents/176810

それから1年後(つまり2009年11月)、今度はストックホルムから、ACTAに関する機密指定の影響は政治家にも、ということを書いた公電が出されている、とのこと。その公電:
http://www.guardian.co.uk/world/us-embassy-cables-documents/236363
Swedish media and the usual blogger-circles have expressed similar concerns about the on-going Acta (Anti-Counterfeiting Trade Agreement) negotiations as we have seen in many other countries, mostly focusing on the secrecy and the internet chapter with its reported demands for graduated response systems. As the Swedish justice ministry has negotiating for the EU during the second half of this year, this has led to domestic criticism of the government. Media reporting has forced the Swedish government to go public saying that Sweden will not agree to Acta provisions requiring revised Swedish laws.

スウェーデンのメディアおよび通常のブロガーの間では、現在進められているACTAに関する交渉について、他の国でみたのと同様の懸念が示されている。そのほとんどが、内容についての機密の件と、graduated response systems(注:いわゆる「スリーストライク法」のこと)が要求されるというインタネットに関する条項に関するものだ。スウェーデン司法省が今年後半、EU代表として(注:2009年後半、EU議長国はスウェーデン)交渉に当たった際にみられたように、このことは国内で政府批判を引き起こす。メディアの報道により、スウェーデン政府は、スウェーデンは国内法改定が必要となるようなACTAの条項には賛成しないと、公に述べることを余儀なくされた。

また、スウェーデンの人は米国側に対し、「ACTAの書類を公表することを拒否していることは、周囲を憶測の壁で囲んでくださいといわんばかりだ」というようなことを述べている、と。

その言葉、そっくりそのまま、ジュリアン・アサンジの性暴力容疑についてのスウェーデンの態度にあてはまるね。EAWで動いておきながら、起訴したのかどうかすら曖昧なまましばらく経過という、刑事手続としては最悪のグダグダっぷりの上に、「わが国では(っていうかどの国でもだけど)性暴力の場合は被害者のプライバシー保護を前提に」という主旨で開示されない資料が多く、代わりに憶測と、断片のリークで「たぶんこういうこと」という絵が描かれる。

とまあ、ACTAについてはスウェーデンは「内容を開示しろ」と米国側に強く圧力をかけていたのだそうですが、それって2009年のことだから前政権。今の政権は前のと違って親米右派らしいのでどういう態度なのかよくわかりません。(ソースは脳内。何か考えたい方はそれぞれ固いソースでご確認のほど。)【修正:「脳内ソース」はまずいということの立証になってしもた。在スウェーデンの@tassaleaksさんご教示、「スウェーデンの政権交代(社民→穏健党などの右派連合)は2006年です。なので2009年と2010年の与党は同じです。今年9月の選挙でも右派与党が左派連合に勝ちました」とのこと。多謝!】

一方、欧州委員会は、米国政府は米国の知財産業界と相談はしているけれども、欧州は欧州の産業界と話をすることができませんよ、ということで懸念、だそうです。

ACTAの草案は今年4月、ようやく開示。その後11月に最終稿が出ているそうです。
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/10/1504&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en

ほんでこのACTA(今さらですが日本語では「模倣品・海賊版拡散防止条約」といいます)をめぐっては、アメリカがハリウッド映画などを掲げて「俺の言うことを聞け」状態であるということはずっと伝えられていて、その問題点を書いているブロガーさんは英語圏でも日本語圏でもけっこうおられる。

私は情報が流れてくると何となくチェックだけはしておく、という程度にしか関わることができていないが、要は日本に対する「改革要望書」のようなもので、米国の「国益」を確保することは“みんな”の利益になる、という「善意」が背後にある腐った制度の押し付けであり、こんなのは9-11前なら「文化帝国主義 cultural imperialism」としてガーディアンやテレグラフなどで嘲笑されていたに違いない。

そういう「米国の圧力」に関連して、@heatwave_p2p さんのブログ:

スペイン議会、ファイル共有サイト閉鎖法案を退ける
2010.12.23 Thu
http://peer2peer.blog79.fc2.com/blog-entry-1738.html

TorrentFreakの記事の訳出部分から、少し引用(※太字は引用者による):
スペイン下院は、現在合法的に運営されている数多くのファイル共有サイトを閉鎖に追い込むための法案を否定した。これは……エンターテイメント産業やアメリカ政府など、この法案の支持者には失望をもたらした。

これまでのところ、スペインは裁判所によりP2Pサイトが合法的であると判断された数少ない国である。こうした状況を変えようと、スペイン政府は、著作物へのリンクを提供するサイトを裁判所の命令なしに閉鎖に追い込むことのできる規定を含む新たな法案を提出した。

この規定は、サステナブル・エコノミー法(Sustainable Economy Law: LES)という一括法案の一部として、米国政府の後押しをうけたアンヘレス・ゴンザレス-シンデ文化大臣によって起草された。……

……

長い議論の末、スペイン下院経済金融委員会はサステナブル・エコノミー法案を採択する一方で、問題の部分については除外することを決定した。つまり、P2Pサイトの強制閉鎖を含まない法案が上院に渡ることになる。

……

スペインのインターネットユーザ協会は「人々の意志が、我々の立法府に対するロビイストや大使館、外国政府からの圧力を打破したのです。」と、このニュースについて述べている。

「そして、この勝利は別のことを意味してもいます。我々の民主主義や法の原則は、誰かが守ってくれるものではないということです。いついかなるときでも、私たちがそれを確実なものとしていかなければなりません。私たちが関心を失ったとして、誰がそれを守ってくれるというのでしょうか。」

……

で、ここで語られているような「我々(スペイン)の民主主義や法の原則」と対立する「大使館、外国政府からの圧力」、つまり米国の圧力については、今回(もまた)、Wikileaksの流した米政府文書で、容赦なく明らかにされている、ということだ。

「自動車摩擦」とか「牛肉・オレンジ」とかいったフレーズに記憶がある立場としては、キャプテン・アメリカはお変わりないのですね、という感想。

※この記事は

2010年12月25日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 03:00 | TrackBack(0) | Wikileaks | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼