kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年04月02日

4月1日、新作リリース! 矢継ぎ早っっ! しかもすごいメンツだっっっ……て?

さて、今年も無事に過ぎ去ったスパゲッティ収穫の最盛期ですが、この地球という星に生まれたボクたちには時差というものがあって、←この記事で言及した「サーシャ・バロン・コーエンがBonoとChris Martinというスターを迎えて、映画宣伝用のチャリティ・シングル!」の件、なんかjay-zも絡んでて、Timberlandプロデュースで、あのアーティストの新作らしいんですよね……どうやら。

とにかくすごいメンツです。詳しくはこちらで! といっても、期間限定な気もするので……。

※以下、盛大にネタバレ。


「あ! なんか告知出てる! そうだよねー、12月にツアー終わってから2月にツアー出るまで、スタジオ入ってたもんねー」なんて素直な反応は誰もしません


「え、やっぱり『クリス・コーネルの次はNIN』って噂は本当だったんだ! Timberlandプロデュース! しかも超豪華なメンツ! でも今回はFreeじゃないのかあ、でもしょうがないよね、これだけのメンツだもん」なんて素直な反応は誰もしません


「うーん、いろいろ言ってたけど、やっぱり『盗まれる』のは困るんだろうな、今回のこのメンツでは……ジャケにはそのメンツはいないけど、権利とかいろいろあるんだろうな、まったくRIAAは……」なんて単純な反応は誰もしません

……そして、メールアドレスを入力しなくてもいけるんですけど、そして、オチ

hahahahahahaha!!!

(→この写真を参照。)

※「オチ」のクリックに際しては、Windowsでお仕事されている方、特にシステム屋さんはご注意ください。マシンへのダメージはありませんが、ある意味で精神的ブラクラとして作用する可能性がけっこうあります。



トラックリストのコピペ:
1. intro skit
2. everybody's doing it (featuring chris martin, jay-z AND bono)
3. black t-shirt
4. pussygrinder (featuring sheryl crow)
5. coffin on the dancefloor
6. this rhythm is infected
7. slide to the dark side
8. even closer (featuring justin timberlake and maynard james keenan)
9. on the list (she's not)
10. clap trap crack slap
11. laid, paid and played (featuring fergie of the black eyed peas and al jourgensen)
12. feel like being dead again
13. still hurts (featuring alicia keys)
14. outro skit

「ジャスティン・ティンバーレイク+メイナード・ジェイムズ・キーナン」にお茶ふいて、「ファーギー+アル・ジュールジェンセン」に椅子から転げ落ちました。曲名はもうよくわかりません。

無駄に告知文の対訳(若干「超訳」で):
To download NIN's new full-length album Strobe Light, PRODUCED BY TIMBALAND, enter a valid email address in the fields below. A download link will be sent to you immediately. Your credit card will be charged $18.98 plus a $10 digital delivery convenience fee. Your files will arrive as windows media files playable on quite a few players with your name embedded all over them just in case you lose them. You will also receive an exclusive photo and a free email account with our partner Google's Gmail service.

Your email will be kept confidential and will not be used for spam, unless we can make some money selling it.

なんとTimberlandプロデュースのNINの新作フルアルバム、ストロボ・ライトが出ました! 下の入力欄に有効なメールアドレスを入れてください。ダウンロードのURLをすぐにお送りします。あなたのクレジットカードには、本体価格の18.98ドルと、デジタル配達便利料金としての10ドルが請求されます。ファイルは、Windows mediaのファイル形式でお届けします。あなたの名前があちこちに埋め込まれた形でいろいろなプレイヤーで再生することができます。ちなみに、名前が埋め込まれているのは、どこかに落としたときに備えてのことですよ。それから、ご購入特典の写真を1枚と、私たちのパートナーであるGoogle社のGmailの無料メールアカウントもお届けします。

入力していただいたメールアドレスは公開することはありません。スパム送信に使うこともありません。ただし、それを売って多少でもお金になるのなら話は別かも。




Twitterでの発言(「すごい才能のある人が自らダメな選択をしてダメなものを出すのを見るのはなあ」みたいな内容)といい、いくら神でも、ここまでクリス・コーネル様をけなすのはいかがかなものかと思いますが、でもクリス・コーネル様におかれましては、けなされるような残念なお仕事だったことも確かなようで、とにかくびみょうです。

※この記事は

2009年04月02日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 08:00 | TrackBack(0) | -15BA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼