kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年02月23日

ホーム・オフィスからの(めでたくない)お知らせ

ホーム・オフィスからのお知らせがめでたいはずがないのでタイトルはトートロジーになりかけているんですが、ともあれ。

さっきHMGOV(英国政府)のTwitterで何か来たんです。
http://twitter.com/HMGOV/status/1237126118
#Border&Immigration: Migrant workers face tougher test to work in the United Kingdom


これのリンク先が下記。(太字は私による。)
Migrant workers face tougher test to work in the United Kingdom
22 February 2009
http://www.ukba.homeoffice.gov.uk/sitecontent/newsarticles/migrantworkerstoughertest

要点は:
Jacqui Smith announced three significant changes to support British workers and to be more selective about the migrants coming to the United Kingdom from outside the EEA. From 1 April the Government will:

* strengthen the resident labour market test for tier 2 skilled jobs so that employers must advertise jobs to resident workers through JobCentre Plus before they can bring in a worker from outside Europe;

* use each shortage occupation list to trigger skills reviews that focus on up-skilling resident workers for these occupations, which will make the United Kingdom less dependent on migration for the future; and

* tighten new criteria against which highly skilled migrants seeking entry to the United Kingdom are judged, by raising the qualifications and salary required for tier 1 of the PBS to a Master's degree and a minimum salary of £20,000.

PBS = points-based system


つまり、ポイント制でのTier 1の要件がMasterの学位と、年収£20,000に引き上げ、ってこと? つまりただの「大卒」ではTier 1はダメで、「修士号」が必要って? 年収の「£20,000」は今のレートでも270万円くらいだから、Tier 1に入るような日本の人には引き上げはあまり響かないかもしれないけど、Master必須はちょっと影響あるのではと思います。(一応、現行のTier 1の要件についてのページの魚拓。現行は大卒が30 pts, Masterが35 pts, PhDが50 ptsということだった。)

ガーディアンの解説記事から:
http://www.guardian.co.uk/uk/2009/feb/22/immigration-limits-jacqui-smith
Smith signalled that raising the qualification levels for tier 1 – the most highly skilled migrant route – could cut the numbers from 26,000 to only 14,000 a year. The new criteria will require a master's rather than a bachelor's degree and a job offer with a minimum salary of £20,000 rather than £17,000.


ポイント制導入のときにホーム・オフィスはしつこいほどflexibility と言っていたのだけれど、それはこういう意味のようです。

ていうかTier 1の「外国人労働者」を制限することの意味がよくわかりません。そういう人材(医者とか)が足らないから特別待遇枠作りましたよ、ってのが数年前の話だったはず。

あと、HOの文書には書いてないっぽいのだけど、ガーディアンのほうに:
The package includes possible moves to prevent the families of skilled migrants working in Britain and restricting skilled migrants to taking jobs only in occupations with shortages.


とあるので、専門職でワーパミ取った人の同行家族として渡英する場合、家族は基本的に就労不可となる(人員が足らない仕事しかできない=「雇用主が英国人・EU人の採用をかけても業務に適する人が見つからない場合に限る」という意味)ということで。

あー、なんか変化のスピードが速すぎてついていけないし、消化しきれないです。

今回の制度改定の背景については、HOのページにもガーディアン記事にも書かれていますが(ジャッキー・スミス内務大臣の言葉を引いて)、ひとことでいえば「不況」です。

ますます80年代じみてきた……。

というところで、Legend! と言わざるを得ない80年代の象徴による真顔ジョーク。

Margaret Thatcher Dead Parrot Sketch
http://www.youtube.com/watch?v=1WCfAd3S1hc



http://www.youtube.com/watch?v=DQ6TgaPJcR0

※この記事は

2009年02月23日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 00:18 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼