kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年01月16日

【ガザ攻撃】「砲撃が続いています。爆発で家が揺れています」――ハテムさんの支援活動日記、1月15日分&医療機関への攻撃

2008年12月からのガザ攻撃についてのエントリは
「2008年12月ガザ攻撃」のタグで一覧できます。
記事クリップははてブ@Dec2008_Gazaのタグで。


国際支援組織「イスラミック・リリーフ」のハテム・シュラブさんの支援日記、1月15日の分です。

Aid worker diary
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7802295.stm

彼の日記は、「イスラミック・リリーフ」のサイトにもアップされています(文面は基本的にBBC掲載のものと同じ)。
http://www.islamic-relief.com/Emergencies-And-Appeals/emergency.aspx?emID=47

15日は戦闘激化で家を一歩も出ることができずにいて、この日の日記は(おそらく電話で)口述されたものだそうです。ハテムさんのご自宅の裏手に、イスラエル軍に3発撃ちこまれたUNRWAの本部があるそうです。

ガザ:1月15日

ずっと自宅にいます。今日は非常に難しい状況です。私の家のある区域の隣、同僚の家族のいる区域に戦車が来ています。

オフィスに行ってパソコンを使うことができないので、同僚が私の言葉を書き留めています。

多くの人たちがこの区域を去って、ガザ市のもっと深いところにある親戚のところに身を寄せています。

窓から外を見ると、人々が小さなバッグを持って出て行くのが見えます。多くは家族を連れています。女性と子供が大勢います。

数メートル先で大きな爆発音がしています。砲撃はますます激しくなってきています。ロケット弾も落ちてきています。

うちの裏手にある建物から煙が上がっているのが見えます。

近くにUNRWAの建物があります。同僚の話ではそれが攻撃されたとのこと。

砲撃が続いています。爆発で家が揺れています。家族は一部屋に集まっています。全員が無事だと確認しています。家も大丈夫です。

母が大声を出して、全員が同じ部屋にいることを確認しています。

義理の姉妹たちが一緒にいます。子供たちも。窓ガラスが割れて降りかかってくるといけないので、身をかがめています。隣の子が泣き叫んでいるのが聞こえます。

姉(妹)からさっき電話がありました。何とかこっちに来たいと言っていました。

姉には小さな娘が3人と息子が1人あります。でもここに来るのは無理だと思います。移動するのは安全ではないので。

家族で付き合いのある人たちは今、国連の避難所に向かっています。ここで一緒にいたいと言っていたのですが、ここに来ること自体があまりに危険すぎたのです(だから国連の避難所に向かいました)。

濃く黒い煙がますます濃くなっていて、太陽をさえぎっています。戦闘はうちのほうにどんどん近づいてくる。兵士たちは都市区域に入っています。こわいのは、私たちの家々が攻撃されるかもしれないということ、そしてますます多くの死と破壊があるということ。

本来なら、「イスラミック・リリーフ」の緊急救援チームでガザ全体の病院に支援物資を届けているはずでした。

昨日は何とか、病院用トロリーや心臓の機械(? heart machines)、包帯や使い捨て手袋や注射器など救急用具を、ガザの5つの病院に届けることができました。

今日はもっと多くの支援物資を届けているはずだったのです。でもガザ中心部での攻撃が激化したため、活動が中断になっているのです。

イスラエル側から、またエジプト側から支援物資はガザに入ってきています。でも、人々は食料や薬を取りにいけない。自宅を出るのは安全ではないからです。

数日前、イスラミック・リリーフではラファの国境から救急車を20台受け取ることができました。基幹病院であるシーファ病院や、そのほかの規模の小さめの病院に寄付されるものです。

今日で攻撃が20日目になります。毎日、今日が最後であることを願いますが、攻撃は続き、人々は落ち込み、心底恐怖を感じています。

ガザの人々は、これはそう早く終わるものではないと感じています。人々に会うと、死について無感覚になっているといってもいい状態だということがわかります。死は遠くにあるものではないので。

この20日間で、1000人を超える人たちが殺されました。その多くが女性と子供でした。平均的なガザ市民に、死が近づいてきたのです。

同僚が、あなたはどうやってこの状況に対応しているのか、どうやって恐怖を克服しているのか、と質問してきます。

深く息を吸って、できるかぎり、説明してみようと思います。

昼間は、イスラミック・リリーフの仕事で外に出ていて、その間は気を強くしていられるし、疲れとか恐怖は表に出しません。

自分がそこにいるのは、多くの場合何も持っていない人たちを助けるためです。

帰宅したあとも、家族のためにしっかりしていようと努めています。特に姪や甥たちはとても小さくて怖がっているので。

夜に、晩のお祈りを読み上げると自分でも抑えがきかなくなって、夜通し泣きます。

朝になると、私は飛びあがって絶望も傷も払いのけ、外に出てガザの人々を支援する活動の準備をします。


国際支援組織「イスラミック・リリーフ」のハテム・シュラブさんの支援日記:
- 1月1日
- 1月2日
- 1月3日と4日
- 1月5日
- 1月6日
- 1月7日
- 1月8日、9日
- 1月12日
- 1月13日

なお、彼の日記は実際には12月からスタートしています。それらは下記のURLのいずれかでお読みください。

Aid worker diary
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7802295.stm
http://www.islamic-relief.com/Emergencies-And-Appeals/emergency.aspx?emID=47

さて、こうやって、彼ら支援ワーカーがまさに決死の思いで物資を届けたりしている医療機関が次々と破壊されています。15日には英赤十字が、アル=クドゥス病院 (Al-Quds Hospital) と赤十字の病院が砲撃を受けたと述べ、また、医療物資を運んでいる船舶がレバノン沖の公海上でイスラエル軍の船 (warships) に囲まれたためキプロスに引き返したと支援団体が述べました

13日には、ガザ市Shujaiya地区にある産婦人科のクリニックが標的として攻撃され、破壊されたことが報じられています。

Gaza clinic destroyed in strike
Page last updated at 08:29 GMT, Tuesday, 13 January 2009
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7825215.stm

このクリニックはChristian Aidが資金を出し(→CAでの記事)、the Near East Council of Churchesが運営しているとのことで、つまりキリスト教系の組織が資金も運営も担っている医療機関です(患者は特に宗教別ではないだろうと思いますが。ガザはそんなに宗教色の強い地域ではないというし)。クリニックの建物には赤十字の印があり、表には救急車が停められていました。でも攻撃されています。

土曜日、クリニックの建物の所有者に電話で事前警告があり、その15分後にミサイルが1発撃ちこまれて、クリニックは瓦礫の山になりました。Chiristian Aidが寄付した高額な医療機器もろともに。

ただし、クリニックはその前の火曜日に安全状況を鑑みてNECCの判断で閉鎖されており、負傷者はいなかったそうです。

このクリニックは新生児健診とか母子健診、家族計画などを地域の人たちに無料で提供しており、検査の施設と小さな薬局を併設していたそうです。

建物は二階建てで、クリニックの上の階はアパートで住民がいましたが、イスラエル空軍のジェット機が警告射撃を行なう直前に脱出していたそうです。

このクリニックを運営するNECCのエクゼクティヴ・ディレクターは次のように述べています。
Constantine Dabbagh, executive director of the NECC in Gaza, said another of its clinics had been closed for two weeks because the owners of a neighbouring building had received repeated warnings from the Israeli military that it was about to be bombed.

つまり、NECCが運営する別のクリニックは、隣接する建物の所有者にイスラエル軍が爆撃する爆撃すると何度も警告をしてきているので、2週間にわたって閉院されている。

イスラエルは、「ハマスのロケット攻撃を止める」ためにはガザの医療を麻痺させなければならないと考えているようです。そして新生児医療を行なう医療機関はミサイルで叩き潰さねばならないし、医療支援はガザにはなるべく入れさせないようにすべきだ、と。

戦争において行なわれる敵の殺害は、戦闘員の無力化という目的で行なわれるものだと思います。(今のこれは「戦争」ではないという議論は今は措いておきます。)では、医療に対する破壊は何の為に行なわれているのでしょう。戦闘員の治療しかしない病院であっても、それを攻撃することは国際人道法で完全に違法です。しかし今、ガザで破壊されているのは野戦病院ですらない。ふつうの市民生活に欠かせないごく当たり前の病院です。

いったい、何をどうしたいんでしょう。



あまりのことに本当に何ら余裕がないので、このブログはしばらくコメント欄を閉じます。ただしコメント投稿専用のエントリは開けてありますので、誤訳・誤読のご指摘などはそちらにお願いします。
http://nofrills.seesaa.net/article/101617619.html

※この記事は

2009年01月16日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 08:00 | TrackBack(0) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼