kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年01月15日

【ガザ攻撃】「『貯水タンクがめちゃくちゃにやられていたよ』と彼は私に告げました」――ハテムさんの支援活動日記、1月13日分(翻訳紹介)

2008年12月からのガザ攻撃についてのエントリは
「2008年12月ガザ攻撃」のタグで一覧できます。
記事クリップははてブ@Dec2008_Gazaのタグで。


国際支援組織「イスラミック・リリーフ」のハテム・シュラブさんの支援日記:
- 1月1日
- 1月2日
- 1月3日と4日
- 1月5日
- 1月6日
- 1月7日
- 1月8日、9日
- 1月12日
続いて、13日の分を以下に日本語化します。

Aid worker diary
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7802295.stm

彼の日記は、「イスラミック・リリーフ」のサイトにもアップされています(文面は基本的にBBC掲載のものと同じ)。
http://www.islamic-relief.com/Emergencies-And-Appeals/emergency.aspx?emID=47

支援日記: 第15回
ガザ: 1月13日

ガザでの水の状況はひどいものです。貯水タンクに水をいくらかでも持っている幸運な人たちは、できる限り節水しようとしています。多くの人たちは貯水タンクを爆撃や銃撃で破壊されてしまいました。

ラファやハンユニス、ガザの中部や北部のエリアでは、一般家庭では水も電気もほとんどありません。 ガザの人々の80パーセントが国際支援に頼っています。ガザの人々のほとんどは水を買う余裕などありません。

今日ようやく、同僚のDiya Skaikが自宅に戻りました。10日前に激しい爆撃のために退去を余儀なくされていたのです。

「貯水タンクがめちゃくちゃにやられていたよ。うちの小規模な家族にとってはそれしか水を入手できる手立てはないのに」と彼は私に告げました。

「屋上に上って、ちらっと見てみるだけ見てみた。そこにいるのはあまりに危険だから、すぐにその場所を離れなければならなかった」

数ヶ月前に、うちの父が、ガザに何かひどいことが起きるかもしれないという予感がしたとかで、うちは通常より大きな貯水タンクを購入していました。

けれども、うちにあった水もそろそろ尽きそうです。実際に必要最低限にしか使わないように切り詰めて使っていたのに、 です。父は、口には出しませんが、(水の)貯蔵が乏しいということを心配しているのだということを、私はわかっています。

ガザでの水不足は、健康上・環境上の問題を引き起こしています。

わずか数ヶ月前、「イスラミック・リリーフ」はガザの主要な水の汲み上げ施設に、予備部品を届けました。設備は老朽化していて、修繕が必要で、そのとき既に18ヶ月間の包囲(封鎖)でまずい状態になりつつありました。

今日、私たちはガザの避難所8箇所に、爆撃で家を逃れてきた何百人という人たちの飲料水を届けました。避難所の多くは収容人数を超えるほどになっていて、きれいな水は手に入らない状態です。私たちはひとり当たり20リットルを配りました。

疑いの余地なく、戦闘が終わった後で、家屋や屋上の貯水タンクがものすごく大量にやられているのを目にすることになるでしょう。

支援ワーカーとして、私は今ここですべきことをこなすことに集中しています。しかしガザの全ての人たちと同様に、私は戦火が止まるのを待ち、それを祈っています。 私たちが生活を立て直そうとすることができるようにと。

今は、私たちの支援チームは自分たちの周りで起きていることに対応しています。

しかし、ガザにはめちゃくちゃになったインフラを再建するために、外の世界からの長期的な支援が必要になる、ということは非常によくわかっています。

この戦争の物理的、心理的ダメージからガザの人々が立ち直るのには、それよりももっと長くかかることになるでしょう。

ちなみに、今目の前で破壊されているパレスチナの上下水道設備などインフラ設備は、もちろん今の攻撃が始まる前に破壊されていたものもたくさんありますが、日本の支援で作られたものがいろいろとあるそうです。そういったことをはじめ、パレスチナにおける水という問題については、下記ページに詳しく解説されています(2003年。翻訳/構成は役重善洋さん)。
http://www.palestine-forum.org/water/

以下、何箇所か抜粋しますが、URLをクリックしてページ全体をぜひお読みください。「ハマスのロケット」という「脅威」が紛争の「出発点」であるという主張は、それ自体が既にプロパガンダであるということが見えてくると思います。問題は「パレスチナ側か、イスラエル側か」ではないし、ましてや「ハマス支持か、イスラエル支持か」などではありません。そこにいる人たちが「人間としてまともな暮らし」を送れない状態にあり、それには明確な原因がある、ということであり、その原因を作っている側は爆弾・砲弾の類で脅すだけでなく、それらを実際にその人たちの上に使っている(2008年12月27日の前に、何度それが報じられてきたことか)、ということです。
日本政府は、1993年以降、井戸や上下水道を含めたインフラ整備を中心に、6億3000万ドルものパレスチナ支援を行っている。

パレスチナ人が1年間に4億5000万立方メートルの水を要求したのに対して、オスロ合意では、家庭用に2860万立方メートルが認められただけでした。

ガザの沿岸滞水層への水補充の一部は、かつては、ヘブロンから流れてくるワディ・ガザが担っていましたが、イスラエルはその流れを止めてしまいました。ガザの沿岸滞水層では、年間5500万立方メートルの安全ラインを超えて、年間1億1000万立方メートルも揚水されています。

水質については、とりわけガザで問題となっています。ガザでは、過度の揚水による滞水層の塩水化や肥料の使い過ぎによる硝酸ソーダ汚染、設備不備からくる下水および砂の混入によって滞水層が脅かされています。これらの問題を解決するためには、下水の浄化が必要ですが、それには高いコストがかかります。塩水化問題は現在のところ持続可能な解決策がありません。


それからこれも。
http://palestine-heiwa.org/feature/about_gaza/
- 水や電気などのライフ・ラインは、全てイスラエルのコントロール下にある。よって、パレスチナに固有の水資源に対しても、パレスチナ人は占領者であるイスラエルに料金を払って手に入れなければならない。

- 水に関しても、圧倒的少数のイスラエル人入植者がそのほとんどを独占しており、パレスチナ人が利用できる水の量は悲劇的に制限されている。……


こんな番組が10年ほど前にあったんですね。
パレスチナ水物語
イブラヒム・カンディール

放送日 1998年11月22日
http://archives.nhk.or.jp/chronicle/B10001200999811220130233/


JICAのサイトにも。2004年の記事です。
http://www.jica.go.jp/study/odajournalist/94.html
もうひとつは、4月下旬、来日したUNDP(国連開発計画)のロザメル・パレスチナ支援プログラム特別代表らとの会見だった。この会見にはシャリフ・パレスチナ水資源庁長官が同席していたせいもあり、パレスチナにおける深刻な水問題が話題になった。

シャリフ長官の話を聞いていて痛感したのは、パレスチナ和平は単に政治交渉だけ進めていても実現しないということだ。つまり、政治交渉と並行して水などパレスチナ人が人並みに暮らせる生活環境を整備することが極めて重大で、政治交渉よりこっちの方に優先順位があることを改めて感じさせられた。


上下水道がむちゃくちゃで、それが原因で衛生状態が悪化した事例としては、イラクでのコレラの蔓延がすぐに想起されます。

厚生労働省・検疫所の2007年10月の資料:
イラクでコレラの発生−更新3
http://www.forth.go.jp/tourist/topics/p2007/p70.html
イラク政府は、今回の流行に対して多数の領域に及ぶ対策を講じている。特別制圧対策が補強され、未感染地区への伝播リスクを軽減するための予防対策が実施されている。しかし、コレラ汚染を促進する要因である、飲料水と環境衛生の全体的な質は非常に劣悪である。WHOは飲料水消毒剤500万錠を調達中であり、WHOの国際的疫学者2名がイラク保健省を支援するため派遣されている。


チグリス川、ユーフラテス川という大河を有するイラクでも、水の質があまりに劣悪でこんなことになっていました。

アフリカ大陸のジンバブエではコレラが蔓延して、ついに死者が2000人を超えたとのWHO報告があったばかりですが:
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2557612/3682923

ジンバブエの場合も上下水道がひどくて(というより社会インフラすべてがひどい)水の汚染がコレラ蔓延の原因になっています。それについてムガベ大統領は、「英国が我が国を滅ぼすためにコレラを持ち込んだ」と言い出す始末で、実際この人に何があったのだろうという状況ですが、そんなこんなしているうちにも人々はコレラに罹り、死んでいく。

どうにかなんないんすかね、この世界。

※この記事は

2009年01月15日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 06:00 | TrackBack(0) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼