kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年01月13日

【ガザ攻撃】「昨日、友人の一人が自宅で殺されました。ジャーナリストで、ラジオ局で仕事をしていました」――ハテムさんの支援活動日記、1月12日分(翻訳紹介)

2008年12月からのガザ攻撃についてのエントリは
「2008年12月ガザ攻撃」のタグで一覧できます。
記事クリップははてブ@Dec2008_Gazaのタグで。


国際支援組織「イスラミック・リリーフ」のハテム・シュラブさんの支援日記、2日間更新がありませんでしたが、12日に更新されています(やはり作業量がすごくて日記どころではなかったとのことです)。

- 1月1日
- 1月2日
- 1月3日と4日
- 1月5日
- 1月6日
- 1月7日
- 1月8日、9日
続いて、12日の分を以下に日本語化します。

Aid worker diary
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7802295.stm

彼の日記は、「イスラミック・リリーフ」のサイトにもアップされています(文面は基本的にBBC掲載のものと同じ)。
http://www.islamic-relief.com/Emergencies-And-Appeals/emergency.aspx?emID=47

12日はイスラエル軍がガザ市に入る寸前だと報じられていた日です。

ガザ:1月12日

この48時間、日記を書くことができませんでした。単に時間がなかったのです。極めて悪い状況にある人たちのための食料品の小包を同僚たちと一緒に何千個と用意するのに忙殺されていました。

暗くなる前に、支援物資を配る作業を済ませて家に戻らなければなりません。電気はまったく来ていないし、暗くなってからも街に出ていると家族や大切な人たちが心配するからです。爆撃は夜になると激しくなるので、夜間、外にいることは賢明なことではありません。

ときどき、死者を埋葬するためのスペースは充分にあるのだろうかと考えます。昨日、友人の一人が自宅で殺されました。ジャーナリストで、ラジオ局で仕事をしていました。

ガザに対する攻撃が開始されてから、(複数の)よい友人たちを喪っています。それをどう感じているか質問された場合――よくわかりません、仕事に集中できるように、そのことは考えないようにしているので。

でも私は幸運な者のひとりです。仕事で忙しくしていられるし、人々を支援する活動にエネルギーを集中できるので――実際、これは、それあるから自分は動き続けている、 という要因のひとつです。

部長の家は激しい銃火にさらされました。部長のご自宅はガザ市の境界線に近いところにあります。銃弾がお子さんたちの寝ている部屋に当たりました。

今日は、オフィスの周囲の通りで人々に話を聞いて、どういう状況下をもっと確認しようとしたのですが、人の姿を見つけることが困難で、人がいたと思えば、大急ぎでご親戚やご友人の家に向かうところだという人ばかりです。ご家族のどなたかを亡くされた家に弔問に行くという人たちです。

商店は閉店していて、最も人の多いエリアは病院の近くです。通りでは数人に会いましたが、もっと多くが学校の建物の中の避難所にいます。学校には現在、ここならより安全だろうと願って自宅から逃げてきた人たちが、数百人単位でいます。

「潜在的(隠れ)」ホームレスの人は、遠い親戚の家に滞在しています。何百という家族が親戚のところに身を寄せ、ガザの人たちには親戚の面倒を見るプレッシャーがさらに高まっています。

「イスラミック・リリーフ」には、毛布や食べ物をお願いしますという電話がたくさんかかってきています。暖かくしていなければならないし、家族に食事を与えなければならない。私たちは現在、避難所にいる人たちだけでなくこういった家族にも支援物資を配っています。

イスラエルとの境界線から、より多くの支援物資がガザに到着しつつあります。配送担当の同僚たちが、物資をトラックに積み込んで病院や避難所に届ける手筈を調整しています。

私もくたくたに疲れていますが、私の周囲の誰もがそうです。けれども支援ワーカーとして、私は続けるほかはありません。


地域の気温はこちらで。
http://www.bbc.co.uk/weather/world/middle_east/temperature.shtml

……ってこれ、昼なのか夜なのかわかんないですね。今見たらガザのあたりは摂氏10度くらいですが。

世界の天気のサイトで探そうとしても、
http://www.wunderground.com/global/Region/A2/Temperature.html
"Palestine" という国はないので "Palestine" という表示はなく、Gazaで探してもアメリカの街しか出てきません。これが「パレスチナ」です。このサイトに(このサイトに限りませんが)、Tibetはありますが、Palestineはありません。

仕方がないので地理的に近いテルアビブで見てみると、昼間が20度くらい、夜が6度から10度くらいです。

※この記事は

2009年01月13日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 16:28 | TrackBack(0) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112553911
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼