kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年01月09日

【ガザ攻撃】「安全な避難所はどこかわかりますかと訊かれました。私には答えようがありませんでした」――ハテムさんの支援活動日記&映像レポート、1月7日分(翻訳紹介)

2008年12月からのガザ攻撃についてのエントリは
「2008年12月ガザ攻撃」のタグで一覧できます。
記事クリップははてブ@Dec2008_Gazaのタグで。


段々とサポーターもしくはファンが増えてきているような気がしないでもない国際支援組織「イスラミック・リリーフ」のハテム・シュラブさんの支援日記:
- 1月1日
- 1月2日
- 1月3日と4日
- 1月5日
- 1月6日
これらに続けて、7日の分を以下に日本語化します。また、記事の末尾に、6日にガーディアンにアップされていたハテムさんの映像レポートについても少し書きます。

Aid worker diary
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7802295.stm

彼の日記は、「イスラミック・リリーフ」のサイトにもアップされています(文面は基本的にBBC掲載のものと同じ)。
http://www.islamic-relief.com/Emergencies-And-Appeals/emergency.aspx?emID=47

前提条件としては、7日からイスラエルは「人道支援活動を可能にするため」として1日に3時間の攻撃停止を実施しています。(そうすることで、「一般市民の犠牲が出ないよう最大限の注意を払っている」と主張することが可能になります。つまり、殺す側が、「死んだ奴が悪いのだ、注意してあったのに」と言える状況が作られつつあります。)

また、前日の6日には、避難民のシェルターとして利用されている国連が運営する学校が攻撃されています。イスラエル軍はその学校が避難所になっていることを国連から知らされていましたが、「学校の敷地内からハマスのロケットが」と主張し、爆撃したそうです。この件についての詳細は下記で。
http://nofrills.seesaa.net/article/112285747.html

では、ハテムさんの7日の日記です。

ガザ:1月7日

今日は何時間かは平穏でした。3時間のあいだ、爆撃を心配することなく支援物資を届けることができました。

忙しい一日でした。

「イスラミック・リリーフ」の支援チームは、小児科病院へ行き、手術セットや包帯、はさみといった常に必要とされる物品など、医薬品を届けました。

また、国連の避難所6箇所に、石鹸などの衛生用品と毛布を届けました。

避難所の人々は、支援活動者が物資を持って到着するのを見て喜んでいました。特に、ガザはとても寒いので毛布は喜ばれました。

3時間の平穏のうちに、ガザの町のひどい状況をもっとよく見ることもできました。

国際赤十字委員会(ICRC)のガザ支局の近くにあるビルにも行ってきました。ここには200人が避難してきています。

そこにいた人たちの多くが、私に、安全な避難所はどこかわかりますかと訪ねてきました。大切な人たちと安全に過ごせるのはどこか、と。私には答えようがありませんでした。

爆撃は一時的に停止されていたのですが、私が会う人たちは老いも若きもみな、悲しみと恐怖でいっぱいになっていました。会った人たちの多くが途方にくれ、くたびれきっていました。

あるシェルターで、アブー・モハメド【注:「モハメドの父」という呼び名】という男性に会いました。

彼は家を立ち退くことを余儀なくされたのですが、是が非でも戻りたいと考えています。

「国連学校に行くことは断ります。危険ですから。昨日、学校が攻撃されて40人以上も殺されたでしょう」

「家族や親類を殺されるがままにはできません。とにかくこんなことはすべて終わってほしい。自分の家に安全に戻りたい」と彼は言いました。

12歳のファティマという名前の女の子にも会いました。家族12人と一緒に避難してきて、国連の学校にいます。

隣の家が爆撃を受け、ファティマの家も半壊してしまいました。

ほかの子供たちと同じく、彼女も安全だとは感じていないのだけれども、校庭でいとこたちと遊んで、爆撃のことは考えないようにしようと最大限に努めています。

危険があるにもかかわらず、ガザの子供たちは元気で、中には(外で)遊ぶことは絶対にやめないという子もいます。

支援チームは、ガザにより多くの支援物資を調達し、ガザ内部に到着している物資を配達するにはどうしたらいいか、考えています。

昼間は、苦難の時を過ごしている絶望的な状況にある人々の元に行くために、1分1秒が貴重です。

11日になります。でも終わりは全然見えません。


次。6日ガーディアン掲載、ハテムさんの映像レポート。第一弾は、3日のエントリで取り上げましたが、ガザ市の基幹病院のレポートが中心でした。今回のレポートは、ご自宅訪問と行列のできるパン屋さんです。(と、明るくフザけでもしていないと、毎日この人が無事でいるのか心配でならなくなってきているので。)

Aid worker in Gaza
http://www.guardian.co.uk/world/video/2009/jan/06/aid-gaza-islamic-relief

全体で2:40です。最初はハテムさんのご自宅の地下。電灯のついていない真っ暗闇のなかろうそくかケロセンのランプがともり、階段脇のスペースにハテムさんのお兄さん(か弟さん)が布団を敷いています。「暗いし、とても怖いのですが、特に家の外で爆発音がしているときには非常に怖いのですが、家族と一緒に一箇所にいられるということだけは不幸中の幸いです」といったことをハテムさんは語ります。

1:09でカメラは外の映像。路上で、男の人たち5人が何かの台に載せた何かを燃やしています。ハテムさんは「ああ、あそこで料理していますね。あの人たちは1つの家族の人たちです。多くの人がこの新しい調理法を使うようになっています」といったことを解説してくれていますが、これが「調理」……とにかく映像を見てください。言葉では説明しがたいです。

1:34でハテムさんはパン屋の行列の脇に立って説明します。「爆撃が続いて、毎日人が殺され、危険も人々の苦難も続いていますが、ここでは数百人が行列に並び、家族の食べ物、特にパンを手に入れようと長時間待っています。5時間待っている人もいますし、もっと待っている人もいます」と説明。最後に「ガザの状況は緊迫しています。死者・負傷者も増える一方で、特に一般市民の犠牲は止まりません。私たちは食料や医薬品を人々に届ける活動に取り組んでいます」。

最後に、AFP BBの記事:

ガザ地区への攻撃による民間人の死者数は、地上部隊が攻撃に加わった3日以来、劇的に増加しているという。

ハテムさんのように、「目立つ」ことをしている人は、自身が非常に大きな危険をおかしながら活動をしていて、それはもちろんご自身ははっきりわかっておられると思いますが、本当に、とにかく毎日のご無事をお祈りしたいと思います。

※この記事は

2009年01月09日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 00:50 | TrackBack(0) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼