kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年01月08日

【ガザ攻撃】「子供たちは自宅を出させられた理由も知らないし、教室を住まいにしなければならない理由もわかりません」――支援活動日記、1月6日分(翻訳紹介)

2008年12月からのガザ攻撃についてのエントリは
「2008年12月ガザ攻撃」のタグで一覧できます。
記事クリップははてブ@Dec2008_Gazaのタグで。


国際支援組織「イスラミック・リリーフ」のハテム・シュラブさんの支援日記:
- 1月1日
- 1月2日
- 1月3日と4日
- 1月5日
これに続けて、6日の分を以下に日本語化します。

Aid worker diary
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7802295.stm

彼の日記は、「イスラミック・リリーフ」のサイトにもアップされています(文面は基本的にBBC掲載のものと同じ)。
http://www.islamic-relief.com/Emergencies-And-Appeals/emergency.aspx?emID=47

ガザ: 1月6日

完全にくたくたです。昨晩は爆撃がありましたが、何とか少し眠れました。どうやって眠れたのか自分でもわかりません。単に、身体がもういっぱいいっぱいになっていたのだと思います。

「イスラミック・リリーフ」 の支援チームは外に出て、爆撃で住処を追われた家族たちのシェルターになっている国連の学校のひとつを訪ねました。

僕が見たのは、胸の張り裂けるようなものでした。

僕の前にいるのは、自分の家を破壊され、すべてを失った家族たちです。

ガザはとても貧しい場所で、多くの人たちは爆撃が始まる前からあまり多くを持ってはいませんでした。そして今では、多くの人たちには、前よりもさらに少なくしか残されていません。

僕が会った人たちは僕に、気付いたら自分の住んでいるところが最前線になっていて、だから自宅を去るしか選択肢がなかったのだ、と言いました。

子供のためにお湯を沸かすのに、紙を燃やしている母親がいました。彼女は、ミルクがないのでこうしているのです。おなかをすかせた赤ん坊にお湯をやってごまかすことができると?

その学校にいる女性と子供たちの数に、僕は驚きました。そしてそれは、非常に気がかりでもあります。

人々はくたびれ果てていて、トラウマを受けている上に、ごく限られた量の食料で何とかしのいでいます――単に、量が足りていないのです。

人々が、特に子供たちがこんなふうに苦しむのを見ているのは、自分はとてもつらいです。

「イスラミック・リリーフ」では、どのような危険があろうとも人々に食べ物を届けるほかはない、と決めました。ガザには危険なら山ほどありますが。

支援活動者として、僕たちは、人々が苦しむのを傍観していることはできません。彼らには何もなく、僕たちは彼らを助けるために何かをしなければならない。

その学校には500人ほどが避難してきています。病気の蔓延を防ぐために重要な、石鹸のような基本的なものが入った衛生キットを配布する準備もしています。

女性や子供たちがこのような状態に暮らしているのを見るのは、耐え難いものです。

子供たちの多くはこの学校に来るのに長い距離を歩いてきました。

親たちは、ここなら子供たちは安全だと思っていたのです。

子供たちは疲れていておなかをすかせています。自宅を出させられた理由も知らないし、教室を住まいにしなければならない理由もわかりません。それはガザ地区のほとんどの人たちも同じで、寒さと空腹のなか、この11日間の出来事に途方に暮れているのです。


時系列的に考えて、シュラブさんが学校を訪問したのは、(たぶん別の)学校がイスラエル軍の標的として攻撃される前です。

※この記事は

2009年01月08日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 02:49 | TrackBack(0) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112304009
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼