kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年01月08日

Viyellaが経営破綻

ウォーターフォード・ウェッジウッドに続き、またもや「歴史と伝統」系の破綻が報じられている。

Viyella goes into administration
Page last updated at 15:34 GMT, Wednesday, 7 January 2009
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/7815962.stm

Clothing chain Viyella falls into administration
http://www.guardian.co.uk/business/2009/jan/07/viyella-business-administration

創業1784年、英国最古の衣料品メーカーであるViyella (「ヴィエラ」。アメリカ人は「ヴァイエラ」という、音の汚くなる読み方をするらしいけど) がアドミニストレーション入りした。これは婦人服の会社だけで、同じViyellaのブランドの紳士服および家庭用品のほうは影響なしとのこと。

数ヶ月前に、カシミヤについて調べてて「なるほど」と思ったばかり。
http://www.viyellaonline.co.uk/f/about/About-Viyella.html
1850

In 1851 the company participated in the Great Exhibition displaying not only fine merino wools but cashmere, cotton and silk. At the exhibition, it was announced that the company was diversifying into sewing thread, knitting wools and mending yarns.


Viyellaの日本での取り扱い業者さんのサイト。
http://www.ohga.co.jp/viyella.html
(日本ではお三越に行けば買えるお英国のおブランドでございますわよ。)

Viyellaは、19世紀末に開発されたメリノウール55%と綿45%の混紡繊維の商標登録された名称で、後に製品のブランド名になった。
http://en.wikipedia.org/wiki/Viyella

ウィキペディアを見ると、ウェッジウッドと同じく、近年はかなり大変だったらしい。(ウェッジウッドより激しいかも。)
After a merger in 1961, Hollins became Viyella International, led by Joe Hyman, who in the next few years acquired a series of related companies, with Viyella growing to be one of the biggest textile businesses in the UK, owning 40 factories across the country. After a few years as Carrington Viyella and then Vantona Viyella, the company owning the brand became Coats Viyella (Coats Paton, now Coats plc), who in the 1980s built a new mill to produce Viyella cloth in Barrowford, Lancashire, but this was demolished in 1999. In the 21st century much of Coats manufacturing (now specialising in thread) has been moved abroad and it is no longer possible to buy Viyella fabric. Coats underwent major restructuring in 2002 and sold off its Viyella fashion retail business (and Jaeger) to entrepreneur Richard Thompson in 2003 for £1, who re-sold Viyella weeks later to venture capitalist Harris Watson. Viyella Ladieswear has since added home furnishings to its range of goods. The fashion chain entered Administration on the 7th January 2009 citing "an assessment of the current economic situation and the prospects for the future" as the cause.


破綻後、会社は「うちのブランドなら買い手がつくだろう」という内容のことを述べているようだけど、これはかなり厳しいんではないかという気がしなくもない。

なお、7日はこのほか流通業だけで:
- 最後まで残っていたWoolworthsの店舗が閉店。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/7811187.stm

- Marks and Spencerが、Simply Foodの25店舗と通常店舗2店を閉鎖と発表。1200人以上が失職する見込み。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/7814987.stm

※この記事は

2009年01月08日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼