kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年01月07日

【ガザ攻撃】ハマスの幹部いわく

ガーディアンのComment is Freeに、ハマスのハリド・ミシャールの文章がアップされています。(この人の文章は、これまでにも何度かCiFにアップされています。)

This brutality will never break our will to be free
Khalid Mish'al
Tuesday 6 January 2009
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2009/jan/06/gaza-israel-hamas

以下、原文にかなり忠実に日本語化しました。前置きはありますが、私のコメントはありません。注もありません(が、補わないと日本語で読んでも意味がわからなくなるようなことは補ってあります)。

※関連エントリ:
009年01月05日
【ガザ攻撃】「ハマスについての歪んだイメージを修正しなければならない」(英語解説記事翻訳紹介)
http://nofrills.seesaa.net/article/112207202.html
=12月31日のタイムズ掲載、Forward Thinkingという、特に中東での紛争解決専門のNGO(英国登録チャリティ団体)の設立者であるWilliam Sieghartによる解説。

なお、以下を日本語化する意図は、私がこれを支持しているからではありません。「イスラム原理主義組織ハマス」という日本語の報道のセットフレーズを前提にしないで、「ハマス」という集団を見る経路が1つくらい余分にあってもいいんじゃないのか、というのがメインの意図です。また、ハマスの「プロパガンダ」がどのようなものか――「プロパガンダ」という言葉がきつすぎるようなら、「説得術」とか、あるいはもっとベタに「話し方」でもいいかもしれない――ということを丁寧に見ておくことは、自分にも必要だと思われたからです。

以下の日本語が「理知的」に過ぎると感じられるかもしれませんが(特に各種「テロ組織」の声明文をご覧になったことのある方にはそう見えるかもしれません)、素直に、英語での文体を日本語に移植したつもりです。私は北アイルランド紛争(not「アイルランド」 but「北アイルランド」)当事者のリパブリカンのイデオローグの文章もいくつか読んでいますが、それよりもさらにかっちり書かれているという印象です。NIのロイヤリストのは……比べるだけ無駄です。(ロイヤリストのは、ロジックがひどくて読んでも意味が取れないことがあります。)

また、早尾貴紀さんによる「ハマス政権の評価をめぐって――ヤコブ・ベン・エフラートの論考への訳注として」(と、これが「訳注」としてつけられた論考)もぜひご参照ください。
http://palestine-heiwa.org/note2/200901051913.htm

では以下に。

この残虐行為は、我々の自由への意思を打ち砕きはしない
ハリド・ミシャール
ガーディアン、2009年1月6日
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2009/jan/06/gaza-israel-hamas

18ヶ月にわたり、ガザ地区の私の民たちは包囲下にあり続けてきた。世界最大の刑務所に監禁され、陸上からも空からも海からも包囲され、閉じ込められて飢えさせられ、病人のための薬でさえも許されずにいた。緩慢な死という政策の後に続いたのが爆撃である。この最も人口密度の高い場所では、イスラエルの戦闘機から逃れられるものは何もない。政府機関の建物から一般家屋に至るまで、モスクも病院も学校も市場も、である。540人以上が殺され、数千人が身体の自由を失った。3分の1が女性と子供である。一家全員が殺されたケースも複数あり、そのなかには就寝中だった者たちもいる。

この血の川は、嘘と虚偽の口実の下に流されている。6ヶ月間にわたって我々ハマスは停戦を守っていた。まず停戦を破ったのはイスラエルであった。それも何度も。イスラエルはガザへの検問所を解放し、この停戦協定を西岸地区にまで拡大するという条件だった。しかしイスラエルは、殺人的なガザ包囲を強化する方向に進み、何度も繰り返して送電や送水を止めた。集団懲罰は停止されず加速された。そして暗殺や殺害も。いわゆる停戦の期間において、イスラエルの火器で30人のガザの人が殺され、封鎖の直接的影響として数百人の患者が死亡した。イスラエルは静かなひとときを楽しんだ。我々の民たちはそうではなかった。

この崩壊した停戦協定が終わりに近づいたとき、我々は新たに包括的な停戦を、封鎖解除と、ラファを含むガザ国境検問所すべての解放と引き換えに、行なう用意があると表明した。我々の呼びかけは無視された。しかしそれでも、我々は、ガザ地区からの侵略軍の完全撤退に続き、先と同条件で、新たな停戦協定を結ぶことにはやぶさかではなかった。

西岸地区からは一切ロケット弾は発射されていない。しかし、その西岸で、昨年、イスラエルの拡張主義が執拗に進行し、イスラエルの手にかかって50人が死に、数百人が負傷した。我々は、どんどん小さくなっていく細切れの領土、ほんのわずかの州、それも周りをぐるりとイスラエルに取り囲まれた領土をイスラエルのお情けで得ることで満足していればよいのだとされていた。真実は、イスラエルは、包囲と飢餓と爆撃と暗殺と侵入と植民地的入植地と引き換えに、一方だけの停戦、わが民たちだけが守る停戦を求めていた、ということだ。イスラエルが求めているのは、無償の停戦である。

われわれはレジスタンス(抵抗)を止めるべきだと要求する者たちのロジックはばかげたものである。そういう者たちは、死と破壊の最も強力な武器を持っている攻撃者と占領者には一切の責任はないと認め、一方でその犠牲者、囚人、占領された者たちを責める。われわれの質素な、自家製のロケット弾は、世界に向けてのわれわれの抗議の叫び声である。イスラエルとそのアメリカとヨーロッパのスポンサーたちは、われわれにただ黙って殺されてほしがっている。しかしわれわれは、沈黙したまま死にはしない。

こんにち、ガザに起きていることは、以前、ヤッサー・アラファトに起きたことである。イスラエルの命令に従うことを拒んだとき、彼はラマラの本部に閉じ込められ、2年にわたって戦車に包囲されたのだ。これでも彼の決意を覆すことができず、彼は毒殺された。

ガザは、2008年を迎えたのと同様に、 2009年を迎えた。つまり、イスラエルの砲火にさらされて。2008年は1月と2月の間に空爆で140人のガザの人々が死亡した。また、2006年7月に、(最終的には)失敗に終わったレバノン軍事攻撃を開始する直前に、イスラエルはガザに砲弾の雨を降らせ、240人を殺した。1948年のディール・ヤシンから今日のガザまで、イスラエルの犯罪のリストは長い。正当化する理屈はさまざまだが、現実は同じだ。つまり、植民地的占領、抑圧、終わることのない不正義。もしもこれが、ツィッピー・リブニ外相が言っているように、イスラエルが守っている「価値」を有する「自由世界」であるのなら、われわれはそんなものとは一切関わりたくはない。

イスラエルの指導者は今も混乱に捕らえられていて、攻撃の明確な目標を定められず、合法的に選挙で選ばれたハマス政権を転覆させることとそのインフラストラクチャーを破壊することから、ロケット弾をとめることまで、いろいろと持ち出している。ガザのレジスタンスを破ることができず、基準は下げられている。そして今では、ハマスを弱体化させ、レジスタンスを限定的なものとする、などということを口にしている。しかし彼らにはそのいずれも達成できない。ガザの人々はかつてないほどに団結している。恐怖(テロ)に屈して降伏することなど絶対にないと意を決している。われわれの闘士は、その大義の正しさで武装しており、すでに占領軍の間で多くの死傷者を生じせしめている。彼らは自分たちの土地と人々を守るために戦い抜く。われわれの自由への意思を打ち負かせるものなど、何もない。

再度、ワシントンとヨーロッパは、看守であり占領者であり公的者である者を幇助し、その犠牲者を非難することを選んだ。われわれは、バラク・オバマがジョージ・ブッシュのあまりにひどい遺産を捨て去ってくれるだろうと期待していたが、彼の始まり方を見ているとそのような気はしない。ムンバイの攻撃のときはすぐに非難したのに、ガザの大殺戮についてはまったく沈黙したままだ。しかしわが民たちは孤立してはいない。正義と解放のためのその闘争を支持する数百万という自由を愛する男女が、毎日、アラブやイスラム世界だけではなく世界中で、イスラエルの攻撃に対する抗議行動を目撃しているのだ。

イスラエルは、必ず、ガザでものすごい規模の破壊と死と苦難をもたらすだろう。しかしガザでイスラエルは、レバノンでと同じ運命をたどるだろう。われわれは包囲や爆撃には屈さない。そしてわれわれは、決して、占領には降服しない。

※ハリド・ミシャールは、ハマスの政治ビューローの長。

※この記事は

2009年01月07日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 03:27 | TrackBack(1) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

【ガザ攻撃】停戦はありえないというハマス、など(9日と11日のガーディアン記事の内容)
Excerpt: 今の一曲: http://www.last.fm/music/Nine+Inch+Nails/Year+Zero/The+Great+Destroyer Turn it up Listen to th..
Weblog: tnfuk [today's news from uk+]
Tracked: 2009-01-12 00:07





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼