kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年01月07日

【ガザ攻撃】「毎日、これ以上悪くはなりようがないという感じなのですが、実際には日ごとに悪くなっています」――支援活動日記、1月5日分(翻訳紹介)

2008年12月からのガザ攻撃についてのエントリは
「2008年12月ガザ攻撃」のタグで一覧できます。
記事クリップははてブ@Dec2008_Gazaのタグで。


国際支援組織「イスラミック・リリーフ」のハテム・シュラブさんの支援日記、1月1日の分、1月2日の分、3日と4日の分に続き、5日の分を以下に日本語化します。

Aid worker diary
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7802295.stm

彼の日記は、「イスラミック・リリーフ」のサイトにもアップされています(文面は基本的にBBC掲載のものと同じ)。
http://www.islamic-relief.com/Emergencies-And-Appeals/emergency.aspx?emID=47

ガザ:1月5日

支援物資の配送を予定していましたが、中止せざるを得ませんでした。今日で2日目です。安全状況が1時間ごとに悪化しているので、外に出て支援物資を届けることが非常に難しくなっています。

一般家庭には水道も電気も来ていません。ガザの人々はこの6ヶ月間というもの、1週間に一度の給水しか受けられませんでした。でも今は電気が来なくなっているので、 水を吸い上げるポンプが動きません。

これは大変に危険です。水がない状態が危険なのは言うまでもないのですが、さらに衛生面で問題が出ますし、病気が広がる可能性もあります。

ガザにはイスラエル軍が入っているので、ガザは分断されています。ガザ地区の中央部に行くことはまず不可能です。

ガザ地区中央部の孤児院で仕事をしているイスラミック・リリーフの同僚たちは、そこに行くことさえもままならない状況です。

安全に移動ができないことは、支援活動に甚大な影響を与えています。今日やっと、僕はパン屋の行列に並んで一般の人々と話をしました。爆発音が背後で響いていました。

並んだのは朝の7時半から10時半までだという女性がいましたが、ほかの人たちは最長で10時間並んでいました。 物資欠乏はこんなに深刻です。ある男性は、場所をとっておくために、弟さんと交替でパンを買うための行列に並んでいと言っていました。

僕が話しかけると単に泣き出してしまった人たちもいます。 もう言葉なんて出てこないという感じでした。

何度も何度も同じ話を繰り返しているような気がしますが、人道面での状況はまさに絶望的な状況だと言うべきところまで来ています。国連の同僚たちはこれを人道の危機と呼んでいます。

ガザでは毎日、これ以上悪くはなりようがないという感じなのですが、実際には日ごとに悪くなっています。人々は何をすべきか、あるいは何を予想すべきか、わからずにいます。

お願いです。あなたとあなたの大切な人たちが、食料も水もほとんどなく、電気はまったくない状態でいる状況に置かれたら、どのように感じるか、想像してみてください。そして常に、爆弾やミサイル、砲火といった爆発の音が、そこらじゅうから聞こえてくるのです。

10日もの間、昼も夜も、ガザの人々は恐怖とともに生活しています。もうくたくたになってしまっているのに、毎日がさらなる暴力とさらなる悲惨をもたらしています。


5日の日記に出てきた「ガザ中央部へはいけない」という件について少し補足。

ガーディアンが、イスラエル軍の攻撃と侵攻の状況について、非常にわかりやすいまとめを出しています。要flashです。
http://www.guardian.co.uk/world/interactive/2009/jan/03/israelandthepalestinians

画面の下部にある「Day」の欄で、Day 10をクリックしてください。1月5日の情勢が図で示されます。

ここで、ラファとハンユニスの間、ハンユニスとガザ市の間に点線があるのが確認できると思います。ここでイスラエル軍が交通などを遮断しており、おそらくこの近辺では「動いた者は何でも撃つ」という状態になっているのではないかと思われます。

ハテム・シュラブさんの同僚の方が仕事場としている孤児院は、「ガザ地区中央部」にあるとのことで、ハンユニスからガザ市にかけてのどこかでしょう。シュラブさんたちはガザ市にいるので、この警戒線を超えないと中央部へはたどり着けません。

この「分断」の作戦については、5日のタイムズが報じていました。

Israel splits Gaza in three as soldiers battle Hamas
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/middle_east/article5443427.ece

つまり、ハマスの補給線を断つために、ガザ地区を3つに分断する、ということです。

でも忘れないでください。この「戦闘地域」と化した幅10キロ足らず、長さ46キロくらいの狭い場所には、「戦闘員」もいるでしょうが、「非戦闘員」がほとんどです。

そして、「非戦闘員」は12月27日の空爆開始前にガザ地区を脱出する猶予も方法も与えられていないのです。それどころか、食料・水も、薬も医療消耗品も、電力も与えられていない。

これは、虐殺です。Killingなどというぬるい言葉で語れる事態ではありません。Massacreです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Massacre
he deliberate and intentional killing of a large number of human beings, under circumstances of atrocity or cruelty, or contrary to "the usages established among civilized peoples" (International Humanitarian Law term from the Martens Clause).


そして、この「地獄 hell」が(<トニー・ブレアの認識)、イスラエルが主張している通り、「全住民の一部であるハマスのミリタントがロケット攻撃をしてくるから」という理由で引き起こされたものであるとしてみても、これは紛れもない集団懲罰です。

http://en.wikipedia.org/wiki/Collective_punishment
Collective punishment is the punishment of a group of people as a result of the behaviour of one or more other individuals or groups. The punished group may often have no direct association with the other individuals or groups, or direct control over their actions. In times of war and armed conflict, collective punishment has resulted in atrocities, and is a violation of the laws of war and the Geneva Conventions. Historically, occupying powers have used collective punishment to retaliate against and deter attacks on their forces by resistance movements (e.g. by destroying whole villages where attacks have taken place).

※この記事は

2009年01月07日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 02:00 | TrackBack(1) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112256355
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

繰り返したくない歴史
Excerpt:  産経新聞が2008年12月19日付の「主張」欄で、「南京大虐殺記念館に展示されていた三枚の写真が撤去された」と報道したことに対し、南京大虐殺...
Weblog: Gazing at the Celestial Blue
Tracked: 2009-01-07 18:38





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼