kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年01月04日

【ガザ攻撃】「爆撃が止まってほしいと思う。人々が外に出て死者を埋葬できるように」

この件についてのエントリは
「2008年12月ガザ攻撃」のタグで一覧できます。
記事クリップははてブ@Dec2008_Gazaのタグで。


2つ前のエントリで1月1日分の日記を日本語化した国際支援組織「イスラミック・リリーフ」のハテム・シュラブさんの支援日記、1月2日分を以下に日本語化します。

Aid worker diary
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7802295.stm

ガザ:1月2日

外界から切り離され、死と荒廃と破壊に取り囲まれた場所に住んでいる場合、1週間とは長い時間だ。

爆撃は続いている。爆撃が止まってほしいと思う。人々が外に出て死者を埋葬できるように。

ガザに対する攻撃が開始されてから7日。その間に殺された人は数百人、負傷した人はもっと多い。パレスチナ人権センター (Palestinian Centre for Human Rights) によると、死者のうち51人が子供、14人が女性だ。

何とかごくわずかな時間眠ることができた場合、すべては悪い夢だった、ガザは元通り、活気にあふれた場所じゃないか、と言えることを願って目を覚ます。今のここの状況は、すぐには終わりそうにない。悪夢はまだ続いてゆく。

今日、金曜礼拝に来た人の数は、これまで僕が記憶しているどの金曜礼拝よりもずっと少なかった。

モスクは地域の中心地に位置している。政府機関の建物に近接していることも多い。これらのモスクは門を閉ざしてしまっている。中東では耳にしないことだ――モスクが金曜日に閉まっているなんて。

今日、パンを買いに行く途中の女の人と少し話をすることができた。ガザのWihda通りで営業しているほんの数軒のパン屋の1軒に行くという。

ウンム・ナシール【注:「ナシールの母」の意味の通称】には5人の子がある。最年長の子が17歳だ。彼女は僕に、夫は既にない、3年前のガザ空爆で死んだのだ、と言った。

爆撃が始まったときは子供たちと一緒に家の地下に隠れている、と彼女は語る。毎晩、子供たちは母親の近くにマットレスを敷いて眠る。

ウム・ナシールは、パンを買うまでに1時間以上待たなければならなかった。それでも1時間しかかからなくてラッキーだと言う。

彼女は子供たちと離れているのは怖い、と言う。また爆弾が落ち始めた場合に備えて、すぐに帰りたい、と。

ウム・ナシールは何千人といるガザの母親たちのひとりだ。子供たちの安全を案じ、家族を安全にしておくためにできる限りのことをし、家の中ではある種の「普段どおりのこと」をし続けている。

話をしていて、ウム・ナシールの子供たちの2人がイスラミック・リリーフの支援を受けているということがわかった。彼女は本当にかつかつの生活を何とかやっているので、イスラミック・リリーフの支援があるので少しは楽になっている。

イスラミック・リリーフは大規模な孤児支援プログラムを運営している。世界中から個人がイスラミック・リリーフに寄付をし、私たちはそれで子供たちを支援することができる。

英国にあるイスラミック・リリーフのオフィスが僕に伝えてきたところによると、多くの人たちが子供たちは大丈夫か、どうやったら力になれるかという電話をかけてきてくださっているとのこと。

朗報としては、ガザには支援物資が少し、イスラエルとのボーダーから到着しつつある。これでイスラミック・リリーフの支援チームに必要なモチベーションもぐっと高まった。向こう数日で、現地での支援活動を活発化させ、より多くの人々に支援を届けたいと思う。


※この記事は

2009年01月04日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 00:59 | TrackBack(0) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼