kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年01月03日

【ガザ攻撃】アニー・レノックス、ケン・リヴィングストンらの言葉@BBC(書き起こし&対訳)

この件についてのエントリは
「2008年12月ガザ攻撃」のタグ
一覧できます。


英国で、アニー・レノックス、ビアンカ・ジャガー、ケン・リヴィングストンといった人たちが、ガザ地区に対するイスラエルの爆撃を即時停止するようそれぞれの言葉で語りました。the British Muslim Initiativeが主催した記者会見で、下記BBC記事で4分弱の映像レポートで見ることができます。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/7808005.stm

以下は、ぱっと聞いてざっと書き起こしたものと、その対訳(というか、書き起こしの対訳ではなく聞いたもののへっぽこ通訳風ですが)。

※一部、書き起こせるほどしっかりとは聞き取れていません。書き起こしたものも間違っているかもしれません。何かお気づきのところがあれば、コメント欄に是非お願いいたします。

Annie Lennox http://en.wikipedia.org/wiki/Annie_Lennox
アニー・レノックス(音楽家、歌手)
 表情、動作、声音……非常に力強いコメントです。
Few days after Christmas, I came downstairs, put the television on, and saw smoke pyres emanating from buildings. And it shook me to the core, because I was thinking as a mother, and as a human being; how is this going to be the solution to peace? You know, how will we (be) going to find the answer in this way, when you have over a million people concentrated in a very small area, and you see this mighty bombing going on? The de**** of children, women, mothers, brothers, fathers. Is this acceptable? Is this the way that we find the solution? For me, it is a question of human rights, human values. It goes beyond Jewish, Muslim. Nothing to do with any of that. There has to be a place, ultimately, where people come to the table. How many more people will be slaughtered before we get there? And is this the way to go about it? I absolutely don't think so.

クリスマスの数日後、寝室から階下に降りてテレビをつけると、複数の建物から煙がもうもうと立ち上がっていました。私は、心底、震えました。母親として、また人間として、思ったからです――こんなことが平和への策になるのでしょうか。こんなふうにして、どうやって答えを見出そうというのでしょう。非常に狭い地域に、100万人以上が集中しています。そこでこの強烈な爆撃が進行している。子供たちは、女の人たちは、母親たちは、兄弟たちや父親たちは、どうなってしまうのでしょう。これは受け入れられることでしょうか。私にとっては、これは人権の問題です。人間とは何かという問題です。ユダヤ教徒であるとかイスラム教徒であるとか、そんなことはこれとはまったく関係ありません。人々が(対話の)席につく場所がなければならないというのに。私たちがその場所にたどり着く前に、さらにまた何人の人が殺されるのでしょうか。こうすればその場所にたどり着けるとでもいうのでしょうか。私は絶対にそうだとは思いません。


Alexei Sayle http://en.wikipedia.org/wiki/Alexei_Sayle
アレクセイ・セイル(コメディアン)
 お母さんがリトアニア出身のユダヤ人で、British Jewです。リヴァプール出身。
I think it's important that the Jewish people *** have a public profile, that we speak out to say that this is not being done in our name. I think that Israel has an ideal in itself noble, Israeli people have an ideal in themselves being noble. When you attack somebody, but you have this idea with yourselves you're the good guy. You think, how can this be, I'm a good guy and I'm killing these people. What you do is to blame the people you killed. And you hear all the time from Israeli spokespeople that they are angry with the people that they have murdered for making them murder them. And it is the false kind of ... There is the psychology of murderers. It's the psychology of rapists, it's the psychology of the bully. That's what Israelis in this situation ...

名前を知られているジューイッシュが、これは自分たちの名のもとで行なわれていることではないとはっきり言うことが重要だと思います。イスラエルにはそれ自身について高貴な理想があり、イスラエル人には高潔な理想があるはずです。誰かを攻撃するときにも、こういう理想が自分の中にあって、自分は「正義の味方」になっています。そして、自分は「正義の味方」なのに、人殺しをしている、なぜなんだと思う。イスラエルの報道官が始終言っているでしょう、自分たちが殺した人たちに対し、なぜ殺させるんだと憤りを感じている、と。これは偽物の……(言い直し)、殺人者の心理です。強姦者の心理、いじめる側の心理です。それがこの状況でのイスラエル人の……(言葉の途中で映像が切れている)


Ken Livingstone http://en.wikipedia.org/wiki/Ken_Livingstone
ケン・リヴィングストン(政治家、労働党)
 80年代はロンドン市議会を率い、2000年5月から2008年5月までロンドン市長。2005年7月7日のロンドン交通機関爆破のときのスピーチは日本でもけっこう大きく取り上げられました。右翼新聞イヴニング・スタンダードとの20年ものの確執があり、本人もかなり脇が甘くて、いろいろとありましたが。今回は、ある意味非常に政治家らしい、立て板に水のようなコメントです。
Today almost three quarters of people of Europe are broadly sympathetic to the Palestinian case. And their government should recognise them. And I think we need to make a clear sign to Israel what they've been doing is wrong. I believe the European Union, and particularly the United Kingdom, has been so supportive to Israel for so long. Should we draw our/all the ambassadors, signs of disapproval of the slaughter, and the systematic murder of innocent Arabs, taking place today in Gaza.

こんにち、欧州の人々の4分の3がパレスチナに共感的です。欧州各国政府はそれを認識しなければなりません。そして、イスラエルに対し、彼らのやっていることは間違っているという明確なサインを出さなければならない、そう私は考えます。欧州連合、特に英国は、非常に長きにわたり、イスラエルを支持してきました。こんにちガザで起きているような殺戮と無辜のアラブ人のシステマティックな殺害に対する不支持の表明として、各国が大使を引き上げるべきではないでしょうか。


Bianca Jagger http://en.wikipedia.org/wiki/Bianca_Jagger
ビアンカ・ジャガー(社会活動家)
 60年代はスーパーモデル、70年代はミック・ジャガー夫人、離婚後は主に人権の分野で社会活動をしてきた彼女のコメントは、さすがに、形式が整っていて淡々としています。
I would like to add my voice to the voices of thousands of people throughout the world, who have been watching in horror as I have. The images of innocent civilians being killed by the bombardment of the Israeli government. I also would like to condemn the attack of Hamas against Israeli innocent civilians. However, the international community must guarantee the immediate hold of the disproportionate, unlawful use of force by the Israeli against the Palestinian civilian population.

私と同じく、恐怖に震えながら、無辜の市民がイスラエル政府の爆撃によって殺されつつある映像を見ている世界中の数千単位の人々の声に、私の声も加えたいと思います。また、イスラエルの無辜の市民に対するハマスの攻撃も非難します。しかしながら、イスラエルによるパレスチナの民間人に対するこの過度で不法な武力行使は、国際社会が即時停止を保証しなければなりません。


George Galloway http://en.wikipedia.org/wiki/George_Galloway
ジョージ・ギャロウェイ(政治家)
 この人のプロフィールは何度も書いているのでもう改めて書かなくてもいいっすよね。今回のコメントもまた「ギャロウェイ節」です。
How many new radical British Muslims do you think have been created in the last week, by young people watching this slaughter on television? A whole new generation across the world of Muslims and others have been radicalised to the point of rage. I will be very very lucky if the explosions taking place in Gaza today don't blow up in our own face at some time in the future.

先週、いったいどれだけの英国人ムスリムが新たに過激化したことでしょうか。若い人たちがこの殺戮をテレビで見ていたのです。世界中のムスリムやその他の人々、一世代丸ごとが、手のつけようのない怒りを抱くほどになってしまっているのです。今日、ガザで起きている爆発が、そのうちに私たち自身の目の前で起きなければ、非常にラッキーなのだと申し上げておきます。


※ここに書き起こし、対訳をつけるという形で紹介するコメントは、その内容すべてにこのブログの運営者が賛同しているからという理由で紹介しているものではありません。とりあえず、BBC記事のURLをクリックして、この人たちの言葉と声を聞いていただければと思います。

なお、記者会見をオーガナイズしたthe British Muslim Initiativeについて英語で検索すると、Harry's Placeという政治系有力ブログのエントリが上のほうに出てくると思いますが、その件については下記を参照。
http://barthsnotes.wordpress.com/2008/07/10/uk-blog-threatened-with-libel-action-from-british-muslim-initiative-president/

※この記事は

2009年01月03日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 01:00 | TrackBack(0) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼