kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2008年09月10日

【特集:航空機爆破計画裁判結果 2】飛行機を爆破する計画は実際にあったのかなかったのかわからない、という評決なのに、それがあったことになっているらしい?

10日朝8時に投稿した「仮記事」の続き。

Google News日本版で見てみたが、日本語での新聞報道はやはり読売新聞だけのようだ。朝日新聞のサイトも見てみたが、「国際>ヨーロッパ」でこの件についての報道は見当たらない。

新聞でないメディアなら、AFP通信の日本語版が報じているが、これがまた何とも頭が痛い。いや、この記事だけでなく、公判(の顛末)そのものが頭が痛いのだが……。



この記事、どこまで正確なのか、かなり大きな疑問の余地がある。見出しもそうだし、被告3人の顔写真に添えられたキャプションが「2006年に発覚した英国発米国行きの旅客機7機に対する同時自爆テロ未遂事件の公判で有罪評決を受けたなんとか被告」であるなど、控えめに言ってもミスリーディング (misleading) だ。

確かに彼らに対する有罪評決が出たのは「旅客機7機に対する同時自爆テロ未遂事件」の公判でのことだが、その「テロ未遂事件」については陪審が結論を出せていない。それが事実である。

見出しやキャプションは字数制限があるから難しいにしても、そのことが、記事本文からも伝わってこないのはいかがなものかと。(ただ、ひょっとしたらこの日本語記事の元となった英文記事の段階からこうなのかもしれない。そこまでの確認はしていない。)

記事本文は(引用文中の強調は引用者による):
【9月9日 AFP】ロンドン(London)東部ウールウイッチ刑事法院(Woolwich Crown Court)で行われていた、2006年に発覚した英国発米国行きの旅客機7機に対する同時自爆テロ未遂事件の公判で8日、3人の被告に有罪評決が下された。

 乗客数百人の殺害共謀罪で有罪の評決を受けたのは、テロを計画していた8人のグループのリーダーとされているAbdulla Ahmed Ali被告とAssad Sarwar被告、Tanvir Hussainの3人。

 検察側によると、8人は英ヒースロー(Heathrow)空港発米国行きの便などに、飲料用ボトルに入れた液体爆発物を持ち込んで自爆攻撃を計画していたという。

 ……

太字にした「乗客数百人の」の部分がおかしい。彼らが有罪となったのは、Conspiracy to murder persons unknownであり、Conspiracy to detonate explosives on aircraftでは評決が出せなかったのだから、"persons unknown" を "aircraft" と結びつけて「乗客」とするのはロジック的にも無理だ。(なお、3人ともConspiracy to cause explosionsについては、自身で有罪を認めている。)

裏づけとして、ガーディアン記事:
http://www.guardian.co.uk/uk/2008/sep/09/3
But yesterday a jury at Woolwich crown court failed to convict any of the defendants of conspiring to murder people by blowing up aircraft.


彼らが殺害しようとしていた対象が「旅客機の乗客」だということは読み取れないのだが。

という次第で、話がちょっと混乱しているのだけど、陪審は、「旅客機爆破の計画はあったとはいえないが、何らかの爆破テロ計画はあり (conspiracy to cause explosions)、不特定の人々を殺害するつもりだった (conspiracy to murder persons unknown)」と判断しているのであって、別の方向から見れば、検察が中心に持ってきた「旅客機への自爆テロ未遂」では検察の主張は通らなかった、ということになる。ものすごく大雑把にいえば、検察側敗訴に近い。

その点、読売新聞の記事は正確だ。見出しは「ロンドン旅客機テロ計画、8人中3人に有罪評決」で微妙な線だが、記事本文に「残る5人のうち、4人は評決に至らず、1人は無罪となった。また、旅客機を標的にしたか否かについては判断しなかった」と明記されている。

あと、どうでもいいんだけど「ウールウイッチ」じゃなくて「ウリッチ」または「ウリッジ」または「ウーリッチ」または「ウーリッジ」。Woolwich, Greenwichなどの -wich の w は黙字なので。

この件についてはあとでまた。



この件についての記事は下記(はてなブックマーク、タグ [air plot verdict] )にまとめてあります。
http://b.hatena.ne.jp/nofrills/air%20plot%20verdict/

※この記事は

2008年09月10日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼