kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2008年06月24日

finetuneの "NI Related" に入ってる曲を再生順にちょっとだけ説明するプロジェクト (1)

finetune.comで作っている「NI Related」のプレイリストに入ってる曲を紹介してみよう@第一弾(思いついたときにやるだけ):
http://www.finetune.com/playlist/1843359

自分で再生ボタンを押して、再生された順番で、「なぜこれがNI Relatedなのか」を中心に、簡単に説明することにする。現状100曲以上入っているのだけど、ちょっとずつね。「NI」でまとめているだけで、音楽的には統一性はないです。

……だが、そんなこと書きつつのっけからスゴいのが出てきたらお茶ふくよね。

※以下、アーティスト名と曲名を太字で示し、参考URLを貼り付け、入手可能なCDを貼り付けます。

Flying Lizards, "Money (That's What I Want)"
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Flying_Lizards
David Cunninghamが北アイルランドの人らしい(citation neededになってるけど)。
ミュージック・ファクトリーミュージック・ファクトリー
フライング・リザーズ

曲名リスト
1. マンダレイ・ソング
2. ハー・ストーリー
3. TV
4. ロシア
5. サマータイム・ブルース
6. マネー
7. ザ・フラッド
8. トラブル
9. イベンツ・デュアリング・フラッド
10. ザ・ウィンドウ
11. オール・ギターズ
12. チューブ
13. マネー(シングル・エディット)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


U2, "Sunday Bloody Sunday"
http://en.wikipedia.org/wiki/Sunday_Bloody_Sunday_(song)
これはもうもう説明不要っしょ。
http://nofrills.seesaa.net/tag/articles/Bloody%20Sunday
War(DELUXE EDITION)War(DELUXE EDITION)
U2

曲名リスト
1. Sunday Bloody Sunday
2. Seconds
3. New Year's Day
4. Like A Song...
5. Drowning Man
6. The Refugee
7. Two Hearts Beat As One
8. Red Light
9. Surrender
10. "40"

1. Endless Deep
2. Angels Too Tied To The Ground (Previously Unreleased Track)
3. New Year's Day (7" single edit)
4. New Year's Day (USA Remix)
5. New Year's Day (Ferry Corsten Extended Vocal Mix)
6. New Year's Day (Ferry Corsten Vocal Radio Mix)
7. Two Hearts Beat As One (Long Mix)
8. Two Hearts Beat As One (USA Remix)
9. Two Hearts Beat As One (Club Version)
10. Treasure (Whatever Happened to Pete The Chop)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


The Roches, "Troubles"
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Roches
USのヴォーカルグループ(女声)。
We're going away to Ireland soon
we're going away to Ireland Ireland
Ireland soon
Ireland soon
we'll try not to get in the way of the guns
as we always do
try not to get in the way of the guns
soon
http://www.stlyrics.com/songs/t/theroches3298/thetroubles156222.html

The RochesThe Roches
The Roches

曲名リスト
1. We
2. Hammond Song
3. Mr. Sellack
4. Damned Old Dog
5. Troubles
6. Train
7. Married Men
8. Runs in the Family
9. Quitting Time
10. Pretty and High

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Enya, "Silent Night"
Enyaはアイルランド(南)の人で、これはアイルランド語で歌われている。なんでこれがNIのプレイリストに入ってるんだろと自分でも思ったが、このコンピに入ってるから入れたんだった。
Across the Bridge of HopeAcross the Bridge of Hope - Liam Neeson
Various Artists

曲名リスト
1. Cure at Troy
2. Chiquitita - Sinead O'Connor
3. Sunrise - the Divine Comedy
4. Words - Boyzone
5. What Can I Do? - the Corrs
6. Beyond the Great Divide - Daniel O'Donnell
7. Healing Game [Alternative Acoustic Version] - Van Morrison
8. I'm Gonna Fall - Ash
9. Please -U2
10. Broken Things -Juliet Turner
11. Island - Paul Brady
12. Bridge - Liam Neeson
13. Across the Bridge of Hope - Omagh Community Youth Choir
14. Silent Night - Enya

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


David Holmes, "Sick City"
http://en.wikipedia.org/wiki/David_Holmes_(musician)
David Holmesは北アイルランドの人。ちなみにこの曲のヴォーカルはボビー・ギレスピー。
Bow Down to the Exit SignBow Down to the Exit Sign
David Holmes

曲名リスト
1. Live from the Peppermint Store
2. Compared to What
3. Sick City
4. Drexler's Apt. - Aftermath, Afternoon
5. Bad Thing
6. Voices, Siren, Rain
7. Incite a Riot
8. 69 Police
9. Outrun
10. Living Room
11. Happiness
12. Slip Your Skin
13. Zero Tolerance
14. Commercial Break
15. Hey Lisa
16. Jackson Johnson

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


The Undertones, "Teenage Kicks"
説明不要っしょ。デリー(ロンドンデリー)のバンド。
ザ・ベスト・オブ・アンダートーンズザ・ベスト・オブ・アンダートーンズ
アンダートーンズ

曲名リスト
1. ティーンエイジ・キックス
2. マイ・パーフェクト・カズン
3. ジミー・ジミー
4. ヒア・カムズ・ザ・サマー
5. ウェンズデイ・ウィーク
6. ユーヴ・ガット・マイ・ナンバー(ホワイ・ドント・ユー・ユーズ・イット?)
7. ゼア・ゴーズ・ノーマン
8. イッツ・ゴーイング・トゥ・ハプン
9. ゲット・オーヴァー・ユー
10. ウェン・サタデイ・カムズ
11. メイル・モデル
12. ジュリー・オーシャン(シングル・ヴァージョン)
13. トゥルー・コンフェッションズ(オリジナル・ヴァージョン)
14. (シーズ・ア)ラナラウンド
15. マーズ・バーズ
16. クライシス・オブ・マイン
17. レッツ・トーク・アバウト・ガールズ
18. ザ・ラヴ・パレード
19. ガールズ・ザット・ドント・トーク
20. ビタースウィート

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B000244THEストーリー・オブ・アンダートーンズ
アンダートーンズ
BMG JAPAN 2004-07-21

by G-Tools


ASH, "A Life Less Ordinary"
http://en.wikipedia.org/wiki/A_Life_Less_Ordinary_(1997_single)
Ashは北アイルランドのバンド。
A Life Less OrdinaryA Life Less Ordinary
Original Soundtrack

曲名リスト
1. Dead Weight - Beck
2. Love Is Here - Luscious Jackson
3. Life Less Ordinary - Ash
4. Velvet Divorce - Sneaker Pimps
5. Kingdom of Lies - Folk Implosion
6. Leave [New Version] - R.E.M.
7. Don't Leave - Faithless
8. Oh - Underworld
9. It's War - The Cardigans
10. Always on My Mind - Elvis Presley
11. Peace in the Valley - Alabama 3 Lis
12. Beyond the Sea - Bobby Darin
13. Put a Lid on It - Squirrel Nut Zippers
14. Deeper River - Dusted
15. Full Throttle - The Prodigy

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


The Golden Palominos, "Belfast"
http://en.wikipedia.org/wiki/Golden_Palominos
ジョン・ゾーンとアート・リンゼイとビル・ラズウェルとフレッド・フリスとアントン・フィアーと……なんだけど、Belfastという曲がある。(ゴールデン・パロミノスはいろいろな意味で敷居が高すぎて、探してみるまでBelfastという曲があるなんてことは知らなかった。)以下、この音源についてのウィキペディアの説明。
Dead Inside (1996) was another stylistic turnaround for the Palominos, and their last proper album. This time, the record had a deathly, industrial sound, with the line-up consisting only of Fier, multi-instrumentalist Knox Chandler (who before joining the Palominos, was also in a band with Lori Carson), Nicky Skopelitis, and poet Nicole Blackman. Blackman's dark and deliberate lyrics (tellingly, Blackman had also recently worked with the industrial German band KMFDM) made Dead Inside a challenging record; its sound and tone stand out decidedly as unlike any of the others. The album's opener is the brutal, spoken-word track, "Victim".

In 1997, The Palominos released another EP, named Dead Outside, composed of five remixes of tracks from Dead Inside. However, this EP was released as free MP3s on the Internet, made available for a limited time through Nicole Blackman's website and also through a fan-created band website (since decommissioned).

"Dead Outside" consisted of these five remixes, which were available for download for one month only, as per Fier's instructions. 'Victim: The Last Thing' by Sean Beavan (whose credits include 8MM/Nine Inch Nails/Marilyn Manson) with John Van Eaton (a frequent Blackman collaborator who has worked with NIN for 10 years) 'Ride: Pragmatic Spasmatic' by Raymond Watts (of KMFDM/Pig) "Belfast: Empty As Wire" by Scanner (another Blackman collaborator) "Ride" by Mark Walk (of Ruby) "Victim: Interference" by John Van Eaton

というわけで、NI関連リストに入れたのは曲名と歌詞から。リミックスは、レイモンド・ワッツじゃなくてScannerでよかったっていうか、レイモンド・ワッツだったらレア音源を求めて旅が始まるところだったかもしれない。(個人的に。)

いずれにせよ、歌詞がすごすぎて泣ける。
Empty as wire, violent as fire

You lick her diamond and kiss her pearl
But you can't get the Belfast out of the girl
This is how you throw her, you think you know her
Empty as wire, violent as fire
...

You fuck her flag and feel it unfurl
But you can't get the Belfast out of the girl.
...

http://www.free-lyrics.org/The-Golden-Palominos/276686-Belfast.html


CDは、amazon.comにレビュー多数。
Dead InsideDead Inside
The Golden Palominos

曲名リスト
1. Victim
2. Belfast
3. Ride
4. Ambitions Are
5. Drown
6. Holy
7. You Are Never Ready
8. Metal Eye
9. Thirst
10. Curses

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Elton John, "Belfast"
Belfastというタイトルの曲では一番有名な曲なのかもしれない。あと、Belfastという曲は、OrbitalとかBoney Mとかもプレイリストに入ってます。

Van Morrison With The Chieftains, "Shenandoah"
http://en.wikipedia.org/wiki/Oh_Shenandoah
曲はアメリカン・フォークなのだが、ヴァン・モリソンは北アイルランドの人、チーフタンズはアイリッシュ・トラッド音楽の超有名なグループ@ダブリン。「シャナンドー」っていう言葉もアイリッシュかな。
The Best of Van Morrison, Vol. 3The Best of Van Morrison, Vol. 3
Van Morrison

曲名リスト
1. Cry for Home [#]
2. Too Long in Exile
3. Gloria
4. Help Me [Live]
5. Lonely Avenue/4 O'Clock in the Morning [Live]
6. Days Like This
7. Ancient Highway
8. Raincheck
9. Moondance
10. Centerpiece [Live]
11. That's Life [Live]
12. Benediction [Remix]
13. Healing Game [Remix]
14. I Don't Want to Go Without You

1. Shenandoah
2. Precious Time
3. Back on Top [Remix]
4. When the Leaves Come Falling Down
5. Lost John [Live]
6. Tupelo Honey [#]
7. Meet Me in the Indian Summer [Orchestral Version][Mix]
8. Georgia on My Mind
9. Hey Mr. DJ
10. Steal My Heart Away
11. Crazy Love
12. Once in a Blue Moon
13. Little Village
14. Blue and Green
15. Sitting on Top of the World
16. Early in the Morning
17. Stranded

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Snow Patrol, "Shut Your Eyes"
http://en.wikipedia.org/wiki/Snow_Patrol
スコットランドを拠点とする北アイルランドのバンド(ややこしいわね)。グラストンベリーか何かでのこの曲のライヴがすごかったので、Snow Patrolからはこの一曲をプレイリストに入れた。
Eyes OpenEyes Open
Snow Patrol

曲名リスト
1. You're All I Have
2. Hands Open
3. Chasing Cars
4. Shut Your Eyes
5. It's Beginning to Get to Me
6. You Could Be Happy
7. Make This Go on Forever
8. Set the Fire to the Third Bar
9. Headlights on Dark Roads
10. Open Your Eyes
11. Finish Line

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


The Belfast Harp Orchestra, "MacAllistrum's March - Mairseail Alasdroim"
アイリッシュ・ハープのオーケストラでベルファストの人たち。曲はアイリッシュ・トラッドの有名な曲。
The Celtic HarpThe Celtic Harp
Anonymous Irish Anonymous Paddy Moloney

曲名リスト
1. Mac Allistrum's March/Máirseail Alasdroim [Live]
2. Tribute to Bunting
3. Parting of Friends/Kerry Fling
4. Planxty Bunting [Live]
5. Madame Cole
6. Blackbird
7. T'Aimse 'Im Chodladh
8. Sonny Brogan's Mazurkas [Live]
9. Wild Geese
10. Green Fields of America
11. Carolan's Concerto [Live]
12. Lament for Limerick

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


David Holmes, "Got Fucked Up Along the Way"
http://en.wikipedia.org/wiki/David_Holmes_(musician)
David Holmesは北アイルランドの人。この曲ほんとすばらしい。
This Film's Crap, Let's Slash the SeatsThis Film's Crap, Let's Slash the Seats
David Holmes

曲名リスト
1. No Mans Land
2. Slash The Seats
3. Shake Ya Brain
4. Got ****** Up Along The Way
5. Gone
6. The Atom And You
7. Minus 61 In Detriot
8. Inspired By Leyburn
9. Coming Home To The Sun

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Paul Brady, "Help Me to Believe"
http://en.wikipedia.org/wiki/Paul_Brady
ポール・ブレイデイは北アイルランドのアイリッシュ・フォークの有名なシンガー。
Common Ground: Voices Of Modern Irish MusicCommon Ground: Voices Of Modern Irish Music
Various Artists

曲名リスト
1. O' Bhean A'ti
2. Mary of the South Seas
3. Tomorrow
4. Cavan Potholes
5. Help Me to Believe
6. On Raglan Road
7. As I Roved Out
8. Night Before Larry Was Stretched
9. Mná Na Héireann
10. Whistling Low/Errigal
11. My Heart's Tonight in Ireland
12. Cathain
13. Bogie's Bonnie Belle

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Omagh Community Youth Choir, "Across the Bridge of Hope"
上に挙げたアルバム、Across the Bridge of Hope の収録曲、というかタイトル曲で、オマーの子供たち・若者たちが歌っている。

このアルバムは、1998年8月15日のオマー爆弾事件で命を奪われた人たちの遺族(事件後、今に至るまで血のにじむような「真相究明」の努力を続けている)のための資金を集める目的で (In aid of Omagh Fund)、ベルファストとデリーのレコード会社の人が企画し、ビッグスターが協力してできた。楽曲を提供するスターもいれば、朗読を提供するスター(リーアム・ニーソン!)もいて、詩を提供するスター(シェイマス・ヒーニー!)もいる。このアルバムの制作を伝える98年11月の記事が、今も閲覧できる。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/206240.stm
http://findarticles.com/p/articles/mi_qn4161/is_19981101/ai_n14483966

BBCから:
Belfast-based record company boss Ross Graham, who put the album together with Derry-based colleague Tim Hegarty, said the album would be a "much-needed" fund-raising opportunity.


オマー爆弾事件の29人の犠牲者のひとり、ショーン・マクローリン(12歳)が書いた詩が、このアルバムの由来だ。この詩は、アイルランド共和国大統領メアリ・マカリース(ベルファスト出身で紛争で家を終われ南に逃げた)にプレゼントされたのだそうだ。
The Bridge

Orange and green, it doesn't matter
United now, don't shatter our dream.
Scatter the seeds of peace
Over our land,
So we can travel hand in hand
Across the bridge of hope.


ショーン・マクローリンはカトリック教会でaltar boy(ミサのときの侍者)をしていた。この曲を歌っているthe Omagh Community Youth Choirは、爆弾事件の約2ヵ月後、1998年10月に、クロス・コミュニティな活動として立ち上げられた。
http://www.ocyc.org.uk/

The Pogues, "Streets Of Sorrow / Birmingham Six"
http://en.wikipedia.org/wiki/Streets_of_Sorrow/Birmingham_Six
これはSlugger O'Tooleで「マスト」的に言及されていたはず。暴力が続く北アイルランドを去る人の心境がテーマの静かなStreet of Sorrowに続いて、イングランドでの爆弾事件の犯人だと決め付けられデタラメな裁判で有罪判決を受けて投獄された人たちについてのBirmingham Sixは、あの顔が目の前に浮かんでくるような曲。歌詞は:
http://www.shanemacgowan.com/lyrics/streets.shtml
In Ireland they'll put you away in the Maze
In England they'll keep you for several long days
God help you if ever you're caught on these shores
And the coppers need someone
And they walk through that door


Stiff Little Fingers, "Barbed Wire Love"
http://en.wikipedia.org/wiki/Stiff_Little_Fingers
ベルファスト・パンク・シーンで一番有名なバンド(元はメタルのコピーバンドだったとのことで、同じベルファストのどパンクから「SLFは本物じゃねぇ」とか言われたりもしているが)のファーストの6曲目。ただでさえポップなSLFでもこの曲はドゥーワップも入ってたりして特にポップだから、ウッカリしていると聞き取れるところだけ聞き取って勝手に「青春ラヴソング」とか思い込んでしまいそうだが、まあ、歌詞を読め。いきなり "I met you in No Man's Land" だから。"Barbed wire love snags my jeans" とかね、もう。

Inflammable MaterialInflammable Material
Stiff Little Fingers

曲名リスト
1. Suspect Device
2. State of Emergency
3. Here We Are Nowhere
4. Wasted Life
5. No More of That
6. Barbed Wire Love
7. White Noise
8. Breakout
9. Law and Order
10. Rough Trade
11. Johnny Was
12. Alternative Ulster
13. Closed Groove
14. Suspect Device [Single Version][*]
15. 78 Rpm [*]
16. Jake Burns Interview by Alan Parker (13/6/01), Pt. 1 [*]

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Gang of Four, "Armalite Rifle"
http://en.wikipedia.org/wiki/Gang_of_Four_(band)
……1つ前のエントリ(放送禁止歌)でちょこっと書いたよな、この曲について(連想したので)。この人たちの放送禁止歌といえば、フォークランド紛争での "I Love a Man in Uniform" で、Armalite RifleはシングルのB面だったから放送禁止の対象になったのかどうか……

Gang of Fourではこの曲と、あと "Ether" (メイズ刑務所と拷問についての曲) をプレイリストに入れてある。
http://www.lyricstime.com/gang-of-four-armalite-rifle-lyrics.html
Armalite rifle police and ira
Armalite rifle use it everyday
Breaks down easy fits into a pram
A child can carry it do it no harm
Armalite rifle and the holy trinity
It's used against you for irish jokes and the bbc
...


でさー、CDなんだけど、
EntertainmentEntertainment
Gang of Four

曲名リスト
1. Ether
2. Natural's Not In It
3. Not Great Men
4. Damaged Goods
5. Return the Gift
6. Guns Before Butter
7. I Found that Essence Rare
8. Glass
9. Contract
10. At Home He's A Tourist
11. 5-45
12. Anthrax
13. Outside the Trains Don't Run on Time (Bonus Tracks)
14. He'd Send in the Army (Bonus Tracks)
15. It's Her Factory (Bonus Tracks)
16. Armalite Rifle (Bonus Tracks)
17. Guns Before Butter (Alternate Version) (Bonus Tracks)
18. Contract (Alternate Version) (Bonus Tracks)
19. Blood Free (Live) (Bonus Tracks)
20. Sweet Jane (Live) (Bonus Tracks)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これ↑はUS盤のリマスター盤で2005年に出てて、20曲入り。16曲目が「アーマライト・ライフル」なんだけど、これの出る10年前、1995年のUK盤(リイシュー)では15曲しか入ってない。オリジナルが12曲入りで、それにファーストシングルの4曲をボートラで入れた企画なんで、16曲ないと変なのだけど、「アーマライト・ライフル」がカットされとる。(^^;) ウィキペディアを見る限り、1995年リイシューのUS盤では「アーマライト・ライフル」が入って本体12曲+ボートラ4曲の計16曲で出ていたというのだけど、いやー、さすが、グッドフライデー合意前ですな、はっはっは(GFAは1998年)。(最近、保守党の一部が英国/イングランドの「伝統的」な、マグナカルタ以来の「市民的自由」で大騒ぎしてるけど、笑わせんじゃないっての。)

Christy Moore, "Back Home In Derry"
http://en.wikipedia.org/wiki/Christy_Moore
クリスティ・ムーアはアイルランドの超有名シンガー。ジェリー・アダムズのiPodの中に入っていることでも知られる(?)。無心に聞いていると涙が出てくるほど美しい曲だが、書いたのはボビー・サンズで、オーストラリアに事実上の流刑になる囚人が、移送船の中と現地で「故郷のデリーに帰りたいなあ」と語る歌。
http://en.wikipedia.org/wiki/Back_Home_in_Derry

この曲が入っているアルバム、Ride On (1984) はいろいろと中身が濃いとのこと。

Ride OnRide On
Christy Moore

曲名リスト
1. City of Chicago
2. Ride on
3. Vive la quinte brigada
4. Song of wandering aengus
5. Mcilhatton
6. Lisdoonvarna
7. Among the Wicklow hills
8. Sonny's dream
9. Dying soldier
10. El Salvador
11. Back home in Derry
12. Least we can do

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


……とりあえずこんなところで。また思い立ったときに「第二弾」を書きます。

最後にエンベッド・プレイヤーを貼り付けておきます。再生はランダムなので、上に書いたとおりには再生されないと思います。



あ、そうだ、ウィキペディアに「資料」として参照できるリストがあります。ここにある曲でFinetuneで見つかる曲はプレイリストにいれてあります。1件、仮にFinetuneで見つかったとしても絶対に入れないのがありますが(Nazi-punks fuck offで)。
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Troubles#Songs_about_or_related_to_the_Troubles

XTCのは……うむー、あのボックスセットに入ってるデモ音源か……試聴はamazon.comのページで、amazon music samplarがいいと思います。
http://www.adriandenning.co.uk/xtc.html#comc
http://www.lyricstime.com/xtc-the-troubles-lyrics.html
The soldiers are only teenage boys
The same as in Durban or Dover
So rein aside all your warring toys
The troubles will soon all be over

いい歌詞だなあ。

同じ盤に入ってるこれもすごい歌詞。試聴した限りでは……これは今は放送禁止になる。
http://www.lyricstime.com/xtc-terrorism-lyrics.html
Terrorism
But you're Sikh, Jew, Muslim and Christian, you say
Now which religion will you wear today?
And in whose Bible do you find your cause
That says bomb children in department stores?




※当分コメント欄はクローズで運営します。すみません。→6月27日解除。



追記:
このエントリへのはてなブックマークのコメントとして、tfjさんが3曲挙げてくださっています。

- Au Pairs, "Armagh" (1981年のPlayin with a Different Sexに収録)
→ Artist Directで試聴は見つかりました。
歌詞がすさまじいです、この曲は。アーマーの女性刑務所での拷問・強姦の問題を扱っているので。で、あまりに直球でリパブリカン支持なので、今はあまり語られることがない曲だと思います。(80年、81年のブランケット・プロテスト、ダーティ・プロテスト、メイズのハンストのころの複雑な背景がある。)

- Everything But The Girl, "Sean" (1985年のLove Not Moneyに収録)
→ amazon.comに試聴あり。
歌詞

- McCarthy, "Take The Shortest Way With The Men Of Violence" (1990年のBanking, Violence and the Inner Life Todayに収録)
→ last.fmで試聴できると思います。歌詞は見つからない。

ですが残念なことに、いずれもFinetuneに入っていないのです。(Au PairsとMcCarthyはまったく入っていない。EBTGは、盤は何枚か入っているのだけどこの曲が収録されているアルバムがない。)なのでプレイリストに入れることができず。。。

Finetuneではレーベルとの契約ができしだいカタログに入るので、これらもそのうちに入るかもしれません。そしたらプレイリストに追加します。

※この記事は

2008年06月24日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼